Menu
 >
 >
 > シングルマン

シングルマン

A Single Man
2009年【米】 上映時間:101分
平均点: / 10(Review 20人) (点数分布表示)
ドラマ同性愛もの小説の映画化
[シングルマン]
新規登録(2010-08-13)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-03-23)【イニシャルK】さん
公開開始日(2010-10-02
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督トム・フォード〔監督・デザイナー〕
キャストコリン・ファース(男優)大学教授 ジョージ・ファルコナー
ジュリアン・ムーア(女優)ジョージの友人 チャーリー
ニコラス・ホルト(男優)ジョージの教え子 ケニー・ポッター
マシュー・グード(男優)ジョージのライフパートナー ジム
ジニファー・グッドウィン(女優)ジョージの隣人 ストランク夫人
リー・ペイス(男優)同僚の大学教授 グラント
ジョン・ハムジムの従兄弟 ハンク・アカリー(電話の声)
内田直哉大学教授 ジョージ・ファルコナー(日本語吹き替え版)
日野由利加ジョージの友人 チャーリー(日本語吹き替え版)
原作クリストファー・イシャーウッド"A Single Man"
作曲セルジュ・ゲンズブール"Beaudelaire"
梅林茂"George's Waltz 1"他
製作クリス・ワイツ
トム・フォード〔監督・デザイナー〕
配給ギャガ・コミュニケーションズ
衣装アリアンヌ・フィリップス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》 うーん。意味がわからない。わからないのでつまらない。
ゲイの人が観たら印象はかなり違うんだろうか?
虎王さん [DVD(吹替)] 4点(2016-12-15 15:12:11)

19.監督の自意識過剰な美意識しか感じられない。ストーリーは絵空事で、お洋服のプロモーションビデオを淡々と眺めていた。コリン・ファースは動いて喋るマネキンのようだった。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 4点(2016-12-11 14:43:27)
18.何が言いたい映画なのかさっぱり分からずじまいでした。
Kさん [DVD(字幕)] 2点(2014-02-23 10:20:10)
17.《ネタバレ》 ありえない、ファンタジー的な映像と展開だが、センスの良さ、美しさが光っていた。
最終的に死んでしまうのは、意外なラストで好印象。

フランス映画的なファンタジーから、不条理さと原色的な感じ(上手く言えないが)を抜いたらこういう作品になるのかなーと。
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-09-25 22:16:35)
16.昔の彼氏が忘れられずいつまでもメソメソしてるだけの一切テーマがわからん映画でした。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-03-17 09:49:01)
15.ファッション・コレクション用に撮った映像の延長線上で映画になった感じがある。ナルシズム感が強い。映像は美しいのでトム・フォードに興味があるならおすすめできます。
xnoranoraxさん [DVD(字幕)] 6点(2012-12-04 21:11:21)
14.スタイリッシュな映画。映像は素敵。お話もそれぞれの思いをせつなく描いてるけど、見終わったら記憶倉庫(海馬)にはほとんど残らない感じ。でもオシャレだね。
movie海馬さん [地上波(字幕)] 5点(2012-08-01 02:47:50)
13.《ネタバレ》 自分には楽しめなかった。生の意味を取り戻すが、結局意図しない形で命を落とす、という「これこそが人生」的なオチがどうにも…。画が映えているとは思うが、彩度の変更による直接的な表現も、それを前半わざわざ直接説明しているのもあまりに説明的すぎないか?
楊秀清さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-01-17 19:09:48)
12.《ネタバレ》 トム・フォードは知らないが、とても雰囲気のいい映画だった。大切な人を失った孤独。過去、現在、未来と思いをはせては、孤独を重ねていく。ゲイを演じるコリン・ファース、夫と別れ子供と離れて孤独をぶつけるジュリアン・ムーア。どちらもクセの現れそうそうな役だが、感情を押し殺して現実味のある感じが良かった。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 8点(2011-09-12 22:03:44)
11.60年代というマイノリティがまだ息を潜めて暮らさねばならなかった時代。その男の目に映るもう別れようとしている世界。他者たちは目や口元やに分解してしまっている。しかしその世界も「少数派への恐怖」が支配している。異端への恐怖と言ってもいい。共産主義からプレスリーの腰つき、おそらく同性愛者に至るまで。「マイノリティの恐怖」と「マイノリティへの恐怖」とが、見えない水面下でがっぷり組み合って停止していたような、当時のアメリカの息苦しさがカメラに乗りうつっている。隣人の笑顔さえ息苦しい。死を決意した男の一日の物語。ルイ・マルにも同種の作品があったが、あちらが旧友たちを訪れるのに対して、こちらはそれほどの交際範囲もなく生徒と(大学教授なの)昔の女ぐらい。死を決意しながら、それでもテニスをしている若者の肉体や町で出会うスペイン人の若者には目が惹かれていく。生徒だった若者に惹かれては、自分で「情けない」と呟く。もううじうじした陰気きわまりない映画で、ときに美少年の尻を見るのが好きな人用のフィルムかと思うときもあったが、あの息苦しさには、ゲイという特殊を越えた普遍性が感じられた。死んだ「連れ合い」が飼っていた犬と同種の犬を見かけると、飼い主に変に思われてもつい匂いを嗅いでしまう。息苦しさをしばし忘れさせてくれるのは、その犬の匂いだけ。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-05 09:57:20)(良:1票)
10.トムフォードの第一作目ということで鑑賞。予備知識なしに、「所詮イメージムービーに毛の生えた程度のストーリー」ぐらいに思っていました。そこから大きく裏切られた感じです。映画として本当に洗練されている印象でした。トムフォードだけあって映像や音楽はもちろんのこと、プロップなど全てに偏執的に思えるほど拘りが感じられました。単純な「白シャツにナロータイ」がここまで美しく撮れる監督は彼ぐらいでしょう。ストーリー自体も画に合わせてこじつけたようなチープなものではなく、全体のバランスが取れていてセンスの良さが窺い知れました。ゲイを題材にしながらも嫌な色気を感じさせず、スタイリッシュな映像に調和させる手腕は流石の一言です。「プラダを着た悪魔」とは全く違う意味で、ファッションは映画になる、そう思わせる映画です。次回作も期待大。見ていて損はない映画です。
goatherdさん [DVD(字幕)] 6点(2011-07-05 10:08:04)
9.《ネタバレ》 この映画は、一人の男が、「死」に向かう“一日”という道中を描いた“ロード・ムービー”だと思う。

孤独に苛まれた男が、何処か遠くに行くわけではない。普段と変わらない一日をある「決意」を込めて生きるだけの話である。
だけれど、そこには起伏に富んだ出来事と出会いが繰り返される。

“孤独感”に埋め尽くされて色彩の無かった世界が、ふとしたことで色味を帯びていく。
それは、世界中のすべての人間の何気ない日常の中に、「生きる」ということの意味と価値が溢れているということを物語っている。

それと同時に、世界が色を帯びていく過程には、「死」を決意した男自身が、「生きたい」という本能に気付いていく様を感じた。それは、「明快」という言葉を隠れ蓑にして現実から目を伏せてきた男が、自分が在る世界を直視したということだったと思う。

結果的に、一日の最後に主人公の男が得た結末は、目覚めたときに決意したままのものだったかもしれない。
しかし、そこには明確な違いがある。

“死ぬために生きる”のか“死ぬまで生きる”のか。

同じように聞こえる言葉の価値の違いを強く感じる映画だった。


世界的デザイナーのトム・フォードという人が初監督をした映画だけに、作品全体に強い「美意識」が溢れている。
そういうタイプの映画は多いけれど、この映画の美意識は決してビジュアルの表面的な部分だけではなく、人間のインサイドに至るまで徹底的に反映されている。

素晴らしい才能だと思う。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 8点(2011-04-05 14:17:29)(良:1票)
8.《ネタバレ》 突っ込むところは色々あるのだけど、まあがっかり。

トムフォードの映画~?そんなのオシャレっぽいくそ映画でしょ~
と思っていたのだけど、レビュー意外と良い?
コリンファースノミネート? 
もしかするともしかするかも~!?

なんて思っていたんで,まあ予想どうりというか。くそ映画,って程ではないけど,位。
ディテールは凄い。スタイリングやロケーションへの執着(?)は凄いです。
小物から車から家まで、まさにこだわり。トムフォードらしい。

しかし、演出が,酷い。。無駄なカットやスロー等興醒め。

コリンファースも良いかな~?
冒頭の台詞どうり、芝居じみてる。過剰。大袈裟。
それはジュリアンムーアも同様か。

ストーリーは、まあありがちというか、マイノリティの視点から共感出来る部分は
凄くあったんですけど、だからといってあのラストは、とか。
ストーリーはほんっとどうでもいいです。

良くも悪くもまさにトムフォードな映画。
映画を撮る才能までは無かった,様な気がします。ほっ
Peccoさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2011-03-26 22:43:04)
7.退屈で、気持ち悪いホモ映画。最後まで観れませんでした。映像はそこそこキレイ。
kaaazさん [DVD(字幕)] 2点(2011-03-18 23:35:33)
6.デザイナートム・フォードが監督というだけあって、まあ、いたるところがファッショナボーです。そしてなんといってもコリン・ファースがすごい、幸せな時とのギャップをうまーく演じておられます、切ない物語です。できればもう一度かみしめながらみたい一本です。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-08 20:44:50)
5.《ネタバレ》 この作品が世界的にかなり高い評価を得ているという事は、自分の映画審美眼がズレているって事なんでしょうか?ゲイが主役だからとか、どうのこうのっていうんじゃないんです。主役のコリン・ファースは好きな役者の一人だし、18年間愛し続けてきた相方さんの、突然の死による底なしの喪失感だって良く理解出来る。著名なデザイナー、トム・フォード氏の、自伝的要素が強い初監督作品だと鑑賞後知ってナルホドと納得。自分は、この映画全体にヌラヌラとまとわりつく、クローズアップを多用した「過剰なナルシシズム」が、どーにもこーにも感覚的に受け付けられなかったんだなあって。「僕ってば社会的地位にも恵まれた才能あるイケメンだから、ちょっと視線絡ませるだけで狙ったオトコは寄ってきちゃうんだよね。ゲイだけどイケメンだから、女性にも粉かけられちゃうし。もうモテてモテて困っちゃうんだ~今までの人生、ハッハッハッ!」てな、監督のご自慢げなお顔が背後から透けて見えてきちゃったんですよ。だもんだから、拳銃で自殺する体勢をあれやこれやと試しているシーンあたりから、「(ダウンタウン浜ちゃんの口調で)早く、死ねばいいのに・・・」と、醒めた視線で主人公を冷たく傍観している自分がいました。それにしてもコリン・・・、最近自分が見た彼の出演作、「秘密のかけら」「マンマ・ミーア!」そして本作と、すべてバイセクシャルかゲイの役なんですが・・・。(今月に日本公開控えてるのはなんと「英国王」!)一体、こういう役柄を頻繁にオファーされるっていうのには、彼の肉体から発せられる雰囲気が「それらしい」からなんでしょうか?う~ん、それも俺にはあんまピンと来ない。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 5点(2011-02-02 21:51:55)(笑:1票)
4.監督第1作でもあるし、完成度を求めたわけではないのだが、かなり期待外れだった。とにかく、有無を言わさぬほどの美意識を見せつけてくれることを望んでいたのだが、評論等で言われているトム・フォードならではのそれは、さほど感じられなかったように思う。机上に整然と並べられた品々を真上から捉える構図など、逆に陳腐に見えてしまったし。細かいことを言えば、コリン・ファースは佇まいは美しいが、踊らせたり走らせたりするとかなりがっかりしてしまう。なにより、ジュリアン・ムーアのゲテモノ的な撮り方には驚いた。もしかして監督は彼女に悪意でもあるのかと思ったが、単に女に興味がないだけなのでしょう。あんな役を引き受けて見事に演じたジュリアンにこの点数は捧げます。
showrioさん [映画館(字幕)] 5点(2010-12-18 13:21:30)
3.ボクの大好きな花様年華にインスパイアされたと聞いて胸踊らせて見に行きました。
トム・フォード先生のファッションでのディレクションは好きです。
梅林茂先生の音楽はサイコーです。

が、まーハイセンスなイメージムービーかなー。BGV。
「花様年華のような小さい話なら、うまくディレクションできるかなー」と思ったのかなー。残念。次回作楽しみにしてます。
reitengoさん [映画館(字幕)] 5点(2010-12-11 20:01:41)
2.《ネタバレ》 期待が大きかっただけに、脚本には肩透かしを食った印象だが、撮影方法や背景、音楽、そして登場人物たちのオシャレ感がすごくて、それなりに楽しめた。トム・フォードについては最新の007でボンドの着るスーツを手がけた人という知識しかなかったが、こういう映画も撮れちゃうとは多才な人である。この作品は同性愛の映画だが、それすらもかっこ良い。イカした顔の男どもなので、絡み合ってもあまり不快感がない。というか美しい。自分は同性愛者ではないが、こういうのなら同性愛ってありかもとさえ感じた。彼らだから許されるという面もあるとは思うが。
さて、映像についてだが、予告編でも映されるスローモーションを使った車の運転のシーンや海で泳ぐシーン、その後のジョージの家のシーンなどどのシーンでも監督の持つ美意識がビンビン伝わってきて思わず見惚れてしまった。そういえば、恋人が死ぬシーンや酒屋のシーンも良かった。そもそもジョージの家からしてオシャレですごく好きなタイプの家だ。完璧な背景でカッチリした構図。寸分の隙も見当たらない。ピアノを主体とした音楽も雰囲気によく合っていた。
だからこそ残念だったのは脚本。ジョージとチャーリー、ケニーとの関係性、ジムの思い出、それらがあくまでもバラバラに動いているのが残念だ。ジョージを中心として、彼らは周辺人物でしかない。ジョージと彼らの関係は完全に個別である。ジョージの意識の中だけでも彼らが溶け合って、もっと有機的に物語をつむぎだして欲しかった。ラストもコーエン兄弟っぽくて流行に流された印象が拭えない。
バーでBGMのように音を消して映像だけ流すには、最高の映画だと思った(悪口ではなく良い意味で)。ウィスキーを飲みながら観てみたい。最高に渋くて美しい映画。
枕流さん [映画館(字幕)] 6点(2010-11-23 19:51:31)(良:1票)
1.《ネタバレ》 デザイナーのトム・フォードのことはそれほど好きではなかったが、本作のデキは素晴らしいと言わざるを得ない。全体的に高い“美意識”に支えられており、彼が描こうとしたヴィジョンも明確であり、才能の高さをひけらかす様な嫌らしさも微塵も感じさせない。単なる道楽ではなくて、彼がGUCCI、イヴ・サンローランを捨ててまで、映画の監督にこだわった理由というものがきちんと見えた気がした。
最愛の恋人を亡くし、自殺を決意した男の、いつもと変わらないようで何かが変わっている一日を通して、彼の『過去』『現在』『未来』を浮き彫りにしている。
『人生』『孤独』『恐怖』『希望』といった哲学的な要素を交えながら、前向きに生きることができるような一筋のまばゆい光が感じられる。
どんよりとした曇り空が晴れるような感覚、海の中で呼吸ができないでもがいている中で陸地に辿り着いたような感覚を味わえる。
ラストの展開は結果的には同じかもしれないが、明確な違いを打ち出している。
大切なことは“結果”ではなくて、“気持ち”の問題であろう。
孤独から逃げた果てではなくて、最愛の恋人に迎えられるというハッピーエンドと捉えることもできる。
彼の専門分野のファッションについてももちろん輝いている。
しかも、映画の本質とは無関係に輝いているのではなくて、映画を盛り立てるための道具としてしっかりと輝いている点が素晴らしい。
登場人物のキャラクターの性格や生き様をファッションなどのライフスタイルという形を通して代弁しており、デザイナーならではの感性が活かされている。
『ウィンザーノットで』と指示を書き加えるシーンには、主人公がイギリス人であるという誇りが込められているだろう。
また、トム・フォード自身ゲイであることは有名であり、本作もゲイを扱った映画である。ゲイに対する差別や偏見などを直接描いた部分がないにも関わらず、ゲイに対する差別や偏見なども本作を見ることで緩和していくような気がした。
彼らも我々と何一つ変わることのない普通の人間であり、普通に誰かを愛する人間であるということが描かれている。
声高々にストレートに主張してうっとうしいと思わせることなく、自分のメッセージを相手の心に伝えているということも評価できる部分だ。
男同士のラブシーンもあるが、嫌らしさなどは全くなく、トム・フォードのセンスの高さが垣間見られる。
六本木ソルジャーさん [映画館(字幕)] 8点(2010-10-14 23:17:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 5.25点
000.00%
100.00%
2210.00%
315.00%
4315.00%
5525.00%
6525.00%
715.00%
8315.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 2.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 0.50点 Review2人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review2人

【アカデミー賞 情報】

2009年 82回
主演男優賞コリン・ファース候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS