Menu
 >
 >
 > ミッション:8ミニッツ

ミッション:8ミニッツ

Source Code
2011年【米・仏】 上映時間:93分
平均点: / 10(Review 102人) (点数分布表示)
サスペンスSFラブストーリー
[ミッションエイトミニッツ]
新規登録(2011-08-22)【onomichi】さん
タイトル情報更新(2015-10-22)【DAIMETAL】さん
公開開始日(2011-10-28
公開終了日(2012-03-21)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ダンカン・ジョーンズ〔監督〕
キャストジェイク・ギレンホール(男優)コルター・スティーヴンス
ミシェル・モナハン(女優)クリスティーナ・ウォーレン
ヴェラ・ファーミガ(女優)コリーン・グッドウィン
ジェフリー・ライト〔男優〕(男優)ラトリッジ博士
スコット・バクラドナルド(コルターの父)
高橋広樹コルター・スティーヴンス(日本語吹き替え版)
宮島依里クリスティーナ・ウォーレン(日本語吹き替え版)
中村秀利ラトリッジ博士(日本語吹き替え版)
土田大デレク・フロスト(日本語吹き替え版)
青山穣マックス・デノフ(日本語吹き替え版)
石住昭彦ドナルド(コルターの父)(日本語吹き替え版)
佐藤しのぶ【声優】(日本語吹き替え版)
天田益男(日本語吹き替え版)
村治学(日本語吹き替え版)
編曲ピート・アンソニー
ジョン・アシュトン・トーマス(追加編曲)
撮影ドン・バージェス
製作マーク・ゴードン
製作総指揮ハワード・W・コッチ・Jr
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
編集ポール・ハーシュ
録音スコット・ミラン
ゲイリー・A・ヘッカー
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
シカゴで列車爆破事件が起きる。アメリカ陸軍のコルター・スティーブンスは、政府の開発したシステム『ソース・コード』によって、テロの犠牲になった一般人の死ぬ直前8分間の記憶に侵入し、犯人の手がかりを掴むというミッションを与えられる。彼は、カプセルの中に拘束されながら、他者の記憶への侵入を繰り返す。 このミッションの成否により、次に予告されている大規模爆破テロを防げるかどうかが決まる。繰り返される8分間の中で、彼は「何故自分なのか?」という考えに囚われつつもミッションを果たすために奮闘するのだが。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

82.《ネタバレ》 まず冒頭の列車が走る鉄道映像の綺麗さ。完全に映画の世界観に入ってしまった。
犯人が判明した時は、若干の小物臭にがっかりした。
しかし、犯人のメンタリティが露わになるにつれてそのクレイジーさが浮き彫りになって、がっかりから納得に変わった。
個人的にはコメディアンが観客を笑わせる最後の静止画で終わっていれば、冗長さがなくなりよかったかな。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 9点(2014-11-30 16:59:20)
81.《ネタバレ》 みんなで笑ってるシーンで終わってた方が自分は好きかな。
ドンマイさん [DVD(吹替)] 6点(2014-11-02 23:49:43)
80.なかなかいい映画。
内容は全く違うけど、恋はデジャブに通じるものもある。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-07 13:48:29)
79.《ネタバレ》 さりげないけどとってもよく出来てて面白い!シンプルながら練られた脚本と的確なキャスティングが光る一本ですね。ラストについては、あえて、いろいろ解釈できる方向に持って行ったと解釈するようにしましたw。観終わって「あれはこういうことなのかな~~」と考えるひと時って楽しいですよね♪そこらへんも映画を観る楽しみの一つだなぁと思ってイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-03-24 09:23:44)
78.《ネタバレ》 公開時に劇場で鑑賞したものの、お恥ずかしいことに話を理解できなかったのでレビューを書くことを断念。それから2年、この作品の存在を思い出してブルーレイを手に取ったのですが、2度目の鑑賞で、ようやく映画の内容を理解することができました。。。
本作のキーとなるのは、原題にもなっている「ソースコード」と呼ばれるプログラム。これは、死者の脳を利用して並行世界へとアクセスするためのプログラムなのですが、生者では当該並行世界への旅行ができないことから、植物状態にあり、死者に限りなく近い身となっている兵士が、このプログラムの一部として利用されています。この基本設定を押さえておくことが本作の理解への第一歩となるのですが、初見時にはバーチャルリアリティの変種だと勘違いしたために、私は途中でお話を見失ってしまったようです。。。
中盤、主人公は8分後のテロ事件を知る自分の行動によって、列車に乗り合わせた人々を救うことができることに気付きます。彼はそのことをプロジェクトの責任者であるラトリッジ博士に報告するのですが、こちらの世界の住人である博士では、そのことの価値を共有することができません。「並行世界で人助けをしたところで、俺らの世界には何の影響もないんだよ。そんなことより、さっさと犯人探しをしろよ」。こちらの世界で生きる者にとっては当然の意見です。しかし、こちらの世界では植物状態でプログラムの一部に過ぎない身であるが、あちらの世界では人間として生きることができる主人公にとっては、あちらの世界を救うということが非常に重要となってきます。それがクライマックスの決断へと繋がるのです。。。
以上の理解にまで漕ぎつければ、本作のテーマは、監督の前作『月に囚われた男』と共通していることが分かります。システムの一部として非人道的な形で生かされていた男が、その呪縛から解き放たれるべく挑む戦い。相変わらず70年代チックなテーマを掲げているのですが、本作についてはその戦いが報われる美しいエンディングを準備したことで、従来のどのSF映画とも似ていない、独自の作品となりえています。なかなかうまいまとめ方だと思いました。。。
本作の欠点は、ラトリッジ博士を完全な悪人にしてしまったということです。博士を悪人にしなければ、より多面的に楽しめる作品となっただけに、その点だけは惜しいと感じました。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2014-01-03 01:50:59)(良:1票)
77.《ネタバレ》 全員笑顔の静止画で終わらせるべきだ。あのシーンは自然と涙が溢れた。切ないけど少しだけ救われたって思えた。それだけにあの静止画以降の蛇足感が凄まじい。主人公に体を乗っ取られた人が可哀相すぎるだろ!蛇足エンドにマイナス2点!
繰り返しになるが、静止画で〆てシナリオに矛盾が生じるなら、そのシナリオを変えるべきと思えるくらいにあの静止画は完璧すぎた。本当に勿体なかったと思う。
Hiroさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-12-27 10:15:12)
76.《ネタバレ》 死亡した男の脳が8分間過去の仮想空間にアクセスするだけではなく、リアルなパラレルワールドを作り出すアイデアはSFとして秀逸。
ただ、最後はストップモーションのところで終わったほうが余韻の強いものになった気がする。
皆が救われた奇跡のハッピーエンドに見えるが、ショーンの意識がコルターに上書きされたとしたら、乗っ取られたともいえるのでショーンだけが救われていないような。
それを考えても、奇跡が起きる前で終わったほうが哀しくも美しいラストできれいな締めくくりになったはず。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2013-11-22 20:22:39)(良:1票)
75.《ネタバレ》 なかなか面白かった。犯人は冒頭からぷんぷんニオイ過ぎてバレバレだけど。しかし私もラストの世界観は不要派です。ストップしたところでスタッフロールだったらもっと点数あげたけどな。好みの問題だね。でも良作。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-11-16 00:18:26)
74.《ネタバレ》 死んだ方の脳にアクセスして犯人を捜すというアイデアは最高ですね。でもSFとはいえ、これが本当にできるとは思えないのだけどね。ラストの部分は私の能力では理解不能。ここの皆さんの感想を見てそうかと思ったのですが、まだ釈然としない。また暇なときに見てみよう。
pokobunさん [DVD(吹替)] 8点(2013-10-27 20:15:02)
73.《ネタバレ》 面白くて、スリリングで、感動して、涙して、こんな映画は滅多にない。
最初から最後まで夢中になれて最後に泣ける。欠点などありません!
アメリカ映画ってすごいなあ、こんなのをサラッと作ってしまう。こっち方面では日本映画は手も足も出ないな。
傑作!と言ってしまっていいんじゃないですか?
kosukeさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-10-20 23:07:53)
72.《ネタバレ》 過去に起きた事故を何度も繰り返すという設定が面白く、次々とストーリーが展開していくので一気に観れます。最後に『恋はデジャ・ブ』と同じく、「その瞬間の隣人を精一杯愛することの大切さ」を説いており、それも感動的でした。佳作という言葉がピッタリくるSF作品です。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2013-10-15 22:47:20)
71.面白いけど、ラストがダラダラとしてなんか惜しい。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 6点(2013-08-17 13:20:26)
70.《ネタバレ》 途中下車する駅での出来事や犯人の車とか列車外の状態がなぜわかるのかという部分と、「あ、ここでエンドロールかなー」と思いきや続きがあって、しかもいやにハッピーエンドになる部分は腑に落ちない。でもサスペンスではなくファンタジーで最後の部分はパラレルワールド、というか主人公の脳内が創りだした世界だと考えればまああれはあれでいいと思う。
秀吉さん [DVD(吹替)] 6点(2013-08-17 01:35:28)
69.ただのアイディア倒れかと思いきや、良作。
DVDのパッケージを見て、衝撃のラスト!とあったから、ダメ出しする気で借りてきたけどいい意味で裏切られた。
 
ぽやっとした人は多少量子論、は難しいから、ドラゴンボールでループしないパターンのタイムスリップあたりを予習しておくとストーリーが理解しやすい。劇中ではあまり説明してくれないから楽しむためには必須かも。
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 8点(2013-07-12 21:57:30)
68.《ネタバレ》 列車爆破テロ犠牲者の残像である生前8分間に入り込む、8度に及ぶ反復タイムループ。犯人逮捕後の最後の1回で新しい世界へ。斬新な設定アイデアと目が離せない展開、爽快な後味。小品ながら良作のタイムループ・サスペンス。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-10 01:05:42)
67.《ネタバレ》 「恋はデジャ・ブ」(1993)、「バタフライ・エフェクト」(2004)、「デジャヴ」(2006)。ああ、ワタシはデジャブものが本当に好きだ。こういうのを、もっと作って欲しい。本作について。これで本物の歴史の先生が筋にからんできていればと思っています。時間が止まったキスシーン。次、動き出すときにはショーンに入れ替わっているとか、どすか? スティーヴンス大尉の意識は、再び基地に戻りカプセルの中でプログラム開始を待つワケです。
なたねさん [DVD(字幕)] 9点(2013-06-30 12:01:42)
66.《ネタバレ》 よく出来ている映画と感心。欲を言えば犯人が意外と簡単に見つかったのがなんともだったのでもう少し伏線が欲しかった。とにかく最後のミッションには涙。でも報われたようで良かった。でも主人公は歴史の先生できるのかなぁ・・・。
とむさん [DVD(吹替)] 8点(2013-05-12 16:22:58)
65.《ネタバレ》 わりとよかったかな。
何度も繰り返される系のお話、変化が分かりやすくて好きです。
もっとちゃんと説明してほしいなーというところもあるけれど、
あえてそういう演出でミステリアスな雰囲気が出るのかなあと思いました。
ラスト、私も他の方が言われてるように過去が改変されたのでなく
別の世界が出来たのではないかと思います。
解釈の違いですけど改変されたにしてもおもしろい締め方ですよね。
ラストの時間が止まってしまってそのままエンドロールなら、
哀しさが引き立ってこれもまた良かったと思います。
結局のところどれに転んでもよかったと思えるストーリーでした。
らんまるさん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-27 21:07:37)
64.SFとラブストーリーの見事な融合。
一歩間違えば分かりにくくマニアックになり勝ちな危うさがあったと思いますが、バランス良くまとめてあり、後味も良かったです。
牛若丸さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2013-04-27 21:02:33)
63.《ネタバレ》 ラストの数分さえなければ・・・という作品です。SFに多い自分よがりの破綻したストーリーでもなく、緊迫感のある秀作。なのにあの締め方はないでしょう。キスシーンで、そのままインパクトのあるエンディング曲へ流れれば完璧。ヒロインのミシェル・モナハンよりヴェラ・ファーミガの方が役的にも際立っていましたね。人にお勧めしたい作品。
マーク・ハントさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-03-23 02:07:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 102人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
421.96%
532.94%
61514.71%
72928.43%
83231.37%
91716.67%
1043.92%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.45点 Review11人
2 ストーリー評価 8.07点 Review13人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review12人
4 音楽評価 6.90点 Review10人
5 感泣評価 7.40点 Review10人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS