Menu
 >
 >
 > ミッション:8ミニッツ

ミッション:8ミニッツ

Source Code
2011年【米・仏】 上映時間:93分
平均点: / 10(Review 101人) (点数分布表示)
サスペンスSFラブストーリー
[ミッションエイトミニッツ]
新規登録(2011-08-22)【onomichi】さん
タイトル情報更新(2015-10-22)【DAIMETAL】さん
公開開始日(2011-10-28
公開終了日(2012-03-21)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ダンカン・ジョーンズ〔監督〕
キャストジェイク・ギレンホール(男優)コルター・スティーヴンス
ミシェル・モナハン(女優)クリスティーナ・ウォーレン
ヴェラ・ファーミガ(女優)コリーン・グッドウィン
ジェフリー・ライト〔男優〕(男優)ラトリッジ博士
スコット・バクラドナルド(コルターの父)
高橋広樹コルター・スティーヴンス(日本語吹き替え版)
宮島依里クリスティーナ・ウォーレン(日本語吹き替え版)
中村秀利ラトリッジ博士(日本語吹き替え版)
土田大デレク・フロスト(日本語吹き替え版)
青山穣マックス・デノフ(日本語吹き替え版)
石住昭彦ドナルド(コルターの父)(日本語吹き替え版)
佐藤しのぶ【声優】(日本語吹き替え版)
天田益男(日本語吹き替え版)
村治学(日本語吹き替え版)
編曲ピート・アンソニー
ジョン・アシュトン・トーマス(追加編曲)
撮影ドン・バージェス
製作マーク・ゴードン
製作総指揮ハワード・W・コッチ・Jr
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
編集ポール・ハーシュ
録音スコット・ミラン
ゲイリー・A・ヘッカー
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
シカゴで列車爆破事件が起きる。アメリカ陸軍のコルター・スティーブンスは、政府の開発したシステム『ソース・コード』によって、テロの犠牲になった一般人の死ぬ直前8分間の記憶に侵入し、犯人の手がかりを掴むというミッションを与えられる。彼は、カプセルの中に拘束されながら、他者の記憶への侵入を繰り返す。 このミッションの成否により、次に予告されている大規模爆破テロを防げるかどうかが決まる。繰り返される8分間の中で、彼は「何故自分なのか?」という考えに囚われつつもミッションを果たすために奮闘するのだが。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
101.ぶっ飛び過ぎたSFはあまり評価しない事にしていますが、これには負けました。
悲劇の主人公に、大規模テロを阻止の為更に過酷な仕事を強いる研究施設の連中。
戦士の休息はいつ訪れるのか、ハッピーなようで、でも違う結末。深いですねえ。

前作・月面基地の映画も、ヨカッタのですが、この映画も素晴らしい。
前作が5億円程度で製作していますが、今回は30億円以上の制作費。
この差って、役者さんのギャラでしょうか。ヒロインのミシェルさんがキレイなので
見る側にはうれしい限り。ある程度の売り上げもあったようですが、
この映画の存在、自分は全く気が付きませんでした。
現実には不可能だと思うのですが・・ 良い映画だったなあとしみじみ思います。
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 9点(2017-04-16 23:20:26)
100.アフガンの戦場で肉塊となったスティーヴンスを道具として使用する事しか頭にない博士と人格を尊重するグッドウィンの対比が見応え十分でした。存在する魂の世界観の描かれ方が見事な作品。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 7点(2017-03-19 23:29:33)
99.《ネタバレ》 この映画は、もしも運命を変えることが出来るなら…という願いも込められた作品なのだろう。
変えようと足掻き続けた者の、それを見守り続けた人々の表情と葛藤。

海岸沿いにそびえる摩天楼、列車、窓にもたれかかり眠りから目覚める男。
相席で話しかける者、胸ポケットから取り出すもの、電車内で蠢く人々、窓に映るもの、鏡、写真、列車内を奔る“風”が無情に告げる別れ。

目覚めた先で見たもの、窓の向こうで動く人々。

繰り返される光景と“8分”、視点変え、“変える”ための行動、登った先にあるもの。
ぶん殴ってでも黙らせたかった、救いたかった。
“戻る”度に刻まれる異変。

挨拶、聞き出す名前、人間観察、荷物、口づけ、中から外への追跡、隣に座った後にぶん殴る。

“出る”…いや“繋がる”ための足掻き。移動、懐中電灯でこじ開けるもの、紙に記る“印”、電話、駆け巡る記憶、焔。

突き付けるもの、扉が閉ざされるならこじ開けるまでよっ!

ポケットの中身、車越しに倒れるもの。

選択、共謀、迫り来る時間、時が止まったように残され完全に切り取られる“一瞬”、箱の中身。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2016-12-15 04:16:08)(良:1票)
98.ありえないだろうけど、もしかしたら可能かも。という絶妙な設定が見事。
もし、自分があんな状況になったらと思うと怖いけど、やっぱり主人公と同じような行動を取ると思った。
物凄く救いようがないんだけど、希望にも満ち溢れた素晴らしい物語だった。
因果さん [地上波(字幕)] 8点(2016-11-03 18:45:50)
97.《ネタバレ》 何か自分が観てない面白い映画ってないかしらん?と、このサイトのマニアックランキングでいろいろ並べかえてて、「あ、これ観てないけどおもしろそうだな、なになに…あ、これスターチャンネルで公開の翌年くらいに観たじゃん!」と思った映画。
実は2013年くらいまで7年ほど、何も書いてない時期があったのでその間に観た映画(かなりの数になる)のレビューって全然書いてないんですよね。
という事でいまさらですがレビューを書きます…が、しかし観たのは4年ほど前ですから、細かい演出などはすでに残念ながら語れません。

そのときかなり面白いと思った事、これだけSF的な設定だと理解できない人も多いだろうなと思った事、無理やりにでもハッピーエンドにつながったのはいいんじゃね?と思ったこと、でもフラッシュバックで未来が見えるのはなんかちょっとおかしいんじゃね?と思ったこと、管理してる女性管理官の人はお約束のなかなかいいやつだな、と思ったこと、そして、ハッピーエンドの影に隠れてるけど乗っ取られて消滅した高校教師はちょっとかわいそうなんじゃないか、と思った事。
…ぁ、結構覚えてますね…ネタバレ有にしておこう。

恋愛絡みの複雑な過去改変パラドックス平行世界物が好きな方ならぜひ一度ご覧になってみる事をおすすめします。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-11-02 11:11:46)
96.《ネタバレ》 博士はタイムトラベルではないとは言ってるけど、やっぱりタイムトラベルもの。脳にある記憶映像をたどるということならリアリティ抜群なんだけど、その記憶の中で活動しろとなるとやっぱりSFだよねということになるなあ。過去は変えられないという設定のしばりでギリギリのリアリティ感を保てていたけど。そこにパラレルワールドが存在するというオチですっきり感。もう死んでいるのに意識上は生きているという切なさややりきれなさはクローン人間ものの作品、例えば「月に囚われた男」なんかの切なさと似ている。と思ったら、本作ダンカンジョーンズ監督が「月に囚われた男」も撮っていた。納得。アイデンティ関わるものが好みなのかな。面白かったです。ただ、思ったのはあのプログラムがあったらスティーブン大尉が死ななくてすむ世界も構築できるはずで。なんにせよ面白かったです。ジェイクギレンホールの演技力、ミシュルモナハンの愛らしさ、ヴェラファーミガの色気に1点加点。
タッチッチさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2016-09-19 12:16:16)
95.《ネタバレ》 平行世界の行き来を可能にする理屈がこの手の映画の肝になるかと思うのですが、このアイデアはかなりイイと思いましたし、映画自体とても面白かったです。決して過去に行っている訳ではない。
この面白さをキープできるかどうかを無視してよいとすれば、爆破事故で唯一(脳が)生き残ったショーンに、同じ事故で死んだ脳でシンクロ率の最も高いものから取り出した情報を用いてこの装置を使用した。。。といった設定にすれば、よくある平行世界の一つにたどり着くパターンに落ち着かせることもできたような。。。でも、ショーンじゃない誰かに入っちゃうのでやっぱダメか。やはりラストはストップモーションで終わらせるに一票!
マー君さん [DVD(吹替)] 7点(2016-09-18 15:25:14)
94.《ネタバレ》 過去ではなく平行世界へ意識だけをおくる機械ソースコード。平行世界というのは、同時に存在する別な可能性の世界で、現実でも一応、理論として研究されているものである。この映画は、その平行世界を題材にしたサスペンス映画ではあるが、ハートフルな人間の可能性も示唆したお話にもなっている。面白いのは、生命維持装置を外した瞬間の展開。一瞬、時がとまるのだ。普通なら主人公の意識はもとの世界へ帰ってくるが、肉体が死んだことにより意識がそのまま平行世界の別な人の体に残ったままとなり、そしてその新しい平行世界が形成される。あの時が止まった瞬間は、それが作られてるとこかな。なんだかパソコンのデータ書き換え処理に似ている。観てる僕らも、ここで終わりかと思っていたら、その先の世界がちゃんと作られ、なんだかホッとする。そしてその新しい世界のグッドウィンにメールが届くのだ。まだ実験前の段階で(この世界ではまだ主人公の意識は平行世界へ送られていない)。するとこの先、どーなるのだろう。この世界の主人公の意識がまた別の誰かに移され、そこで主人公がまた別の平行世界を作って、それが繰り返されると、主人公の意識がドンドン増えて、そのぶんだけ平行世界が作られて、そんないろんな事を考えちゃう映画でした。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2016-01-15 16:15:32)
93.《ネタバレ》 ジェイクとループ物が好きなので観ました。彼は一度死んでそれは取り返しがつかないですが、自分の力で運命を切り開いていくのが良かったです。私も大きな怪我をしてそれは取り返しがつかないですが、彼の行動には今後のヒントがある気がします。ヒロインがもっと可愛い人だと良かったです。
DAIMETALさん [DVD(吹替)] 8点(2015-10-21 17:20:18)
92.《ネタバレ》 「リプレイ」的世界観に立ちながら、8分間という短いサイクルと人工プログラムという背景設定によって、見事に換骨奪胎して新たな創造を提示した佳作。列車内の主人公が実体を伴っていないことは鏡のシーンで早くも明示されるし、現実の主人公も同様であることも前半で明示される。つまり、全体を通じて、主人公には、脳による意志の力しか存在していない。この作品が優れているのは、その意志の力を強く讃美し、その一点ですべてを覆せる(テロもそうだし、プログラムもそうだし、主人公の人生もそう)という希望を与えていること。8分間の設定もテロ阻止の目的も、そのメッセージに至るまでの手法にすぎない。だから、この作品は、単なるサスペンスやSFの枠を超えて、見る側の心に到達するものになっている。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-06-30 02:37:56)(良:1票)
91.《ネタバレ》 冒頭からしばらくはバーチャルリアリティものかと思っていましたがパラレルワールドですか。亡くなる直前8分間の他人の記憶から別世界にアクセスできるというプログラムに抱く違和感は、「次はどうなる?」のスリリングでワクワクする展開に見事に消え去っています。主人公が最後に転送された世界で、8分後の静止映像からその世界が続行するクライマックスには思わずグッときます。その後にオチような「万事うまくいく」の世界がまた続きますが、心に響くSF・サスペンス・ミステリー・人間ドラマに、あっという間の満ち足りた1時間半でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-06-29 21:55:32)
90.《ネタバレ》 最近見た映画でここ迄面白い作品は他に思い当たりません。

質量が0に近づけば近づく程その事象の振る舞いの不確定性が増大する量子力学の法則では、ショーンの記憶というほぼ質量0の世界では彼の記憶という範疇を飛び越えてコルターによる無限の選択肢が取れるのは自然な事ですが、同時に古典物理学の及ばない世界という事にもなるので鉄道警備員に掛けられた手錠も腕をすり抜ける事も可能ですし、極端に言えば8人のコルターが同時に存在して事件解決にあたる事も出来た筈です。
映画なのでそんな事まで言ってしまえば身も蓋もないのですし、上記の解釈もあくまで半分はSF世界での理屈です。

SFとしてもそれをベースとしたドラマとしても非常に良く出来た面白い作品だと思います。
量子力学と死生学というまだ解明されていない分野の要素をリンクさせている所も興味を唆られます。
爆破テロ犯が誰なのかという事やコルター自身が何故本件に関わっているのかという事が徐々に明らかにされていく過程も楽しめますし、コルターとグッドウィンの会話がプログラム越しだと分かってからは切なくなってしまいますし、そんな2人に信頼関係が生まれ最後のダイブを許可して貰った時のコルターの晴々しい表情などは感動的です。
また、コルターとクリスティーナがハッピーエンドを迎えられたのも素直に喜べました。
コルターの脳内世界とショーンの記憶世界を行き来する狭間で何度もクラウド・ゲートにいるクリスティーナが出て来ます。
それはラストでの2人の姿に繋がり科学では説明のつかない運命のようなものを感じさせてくれます。
しかし、最後がコルターの死によって新しく生まれた平行世界での研究所に対する解説といったような印象で、映画のラストシーンとしては疑問に感じてしまいました。
この世界ではコルターとグッドウィンの関係性が生まれていないので彼等2人を映しても弱い印象しか残りません。
上記のシーンとクラウド・ゲートのシーンをひっくり返して後者をラストシーンにしても良いですし、個人的にはキスシーンのストップモーションが動き出し2人もコメディアンの輪に加わってみんなで笑っているカットからオープニングの様な俯瞰で捉えた電車のカットで終わって欲しかったです。
しってるねこのちさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2015-06-27 20:47:28)
89.《ネタバレ》 久し振りに、興味深くて面白くて、そして頭を使って観られた映画。
列車でのシーンがむしろ現実的で、建物の中の方が非現実的という逆のイメージで作られている。途中で飽きることが全く無くて、展開も適度に速い。
理屈上は理解し難い最後で、本来は静止画の中で終わる方が(スッキリしないけど)あきらめがつくのかもしれない。それでも、量子論的に言えば、また別の世界が出来上がったということで無理矢理自分自身を納得させることも出来る。
希望が持てるハッピー・エンドで良かったと思うが、結末はいくつかのパターンが考えられる作品だと感じた。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-06-27 11:47:57)
88.《ネタバレ》 映画として、おもしろく観ることができました。しかし、最後のシーンは論理的に矛盾しています。8分後にショーンが死ななければ、コルターは彼の記憶の中に入れなかったはず。だから、8分後は、あの良く出来た静止画ではなく(それで終わっても良いのだが)、キスをした後、ゴメンって言って自分だけ拳銃で自殺するなどの方法で命を絶たないと、他の人を助けることはできないのです。まあ、映画なので論理矛盾をパラレルワールドって言って、うやむやにしてもよいのですが。8分後に自分のみが死を選ぶシーンも観てみたい気がします。それならば8点くらいの映画にレベルアップするかも。
cogitoさん [DVD(字幕)] 6点(2015-06-26 00:16:42)
87.《ネタバレ》 人間が死ぬ間際に後悔する大きな問題として「家族との和解」があるらしい。本作は主人公が現実世界では死んだ事になっており、もはや日常生活はおくれない状態(脳死とも言えないのだが)であるのがキモ。別人に成りすましての父子の和解はある種のファンタジーであり死人にとっての願望でもある。国や正義か?家族か?という隠れたテーマでもあるし、「息子にとっては部隊が家族なのでしょう」という台詞も意味深であり、もう少し父子の確執についての描写・説明が欲しかった。
人間は必ず死ぬ、そして人間いつ死ぬかわからない。列車の乗客は8分後に死ぬとは思わず、日常を無為に過ごしている。その日常の有難さをわかっているのは主人公だけ。またラストでは自分が死ぬとわかっているからこそ他人に優しくもなれた。8分のリピートによる主人公の変化・成長過程は見応えがあった。
人は死ぬ時に後悔する。それでは遅い。が、1回死んでやり直さないとその事に気がつかないのが人間の愚かさでもある。現実には時間を戻す事はできないし、ましてや他人としてやり直す事もできないが、今日は残りの人生の最初の日でもある。サスペンス的要素はどうでもよく、ラブストーリーにもなっていない。が、SFの体裁により毎日を「新バージョン」として大切に生きていく事の重要性を訴えてくる作品である。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-06-24 10:36:48)
86.《ネタバレ》 いやぁ~面白い構成。
といっても、ラストは3回くらい観てようやく意味を把握したのですけど。
気分高揚ついでに、Wikipediaでの本作あらすじも更新しちゃったくらいです(違ってたら編集してみて下さいね)。
ショーン先生がちょっと不憫なので-1P、ですかね。
pattioさん [地上波(字幕)] 9点(2015-06-24 06:36:32)
85.《ネタバレ》 映画の中では常に列車かカプセルの中か研究所。
なのに飽きさせないストーリー性。
もやもやしないラスト。
集中して見れました。
映画泥棒さん [映画館(字幕)] 8点(2015-06-24 02:09:18)
84.《ネタバレ》 冒頭からの映像がきれいです。ストーリーはよく練られています。1回では理解が難しいところもあったので、何度か見ることをおすすめします。多くの方が書かれているように、やはりラストはみんなの笑顔で終わった方が素敵だとおもいます。ショーンがかわいそう。
エイドリアン・モンクさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2015-02-01 18:00:00)(良:1票)
83.《ネタバレ》 脚光を浴びた「月に囚われた男」監督のセカンド作品。こちらもプロット、ストーリー、見せ方、監督の価値観、どれも素晴らしいものでしたが、やはりなんだか少し地味でした。
設定がわかり辛くて予習必須といった感じですが、そもそも量子力学やパラレルワールドというのはチョット勉強したくらいで理解できる代物ではないので「?」が付く人も多いと思います。(もちろん私も??)

ラストに関しては皆さんご指摘のようにストップモーションで終わったほうが余韻が良かったと思いますが、主人公は乗客を生かし、そして自分も生き残る方法としてパラレルワールドにとどまるしか方法がなかった訳で、公開版のラスト以外に選択肢は無かったと思います。いい映画でしたがあまりにも判り辛い部分が多いので5点でとどめたいです。(もう一回観てみます)
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2015-01-02 14:07:38)

82.《ネタバレ》 まず冒頭の列車が走る鉄道映像の綺麗さ。完全に映画の世界観に入ってしまった。
犯人が判明した時は、若干の小物臭にがっかりした。
しかし、犯人のメンタリティが露わになるにつれてそのクレイジーさが浮き彫りになって、がっかりから納得に変わった。
個人的にはコメディアンが観客を笑わせる最後の静止画で終わっていれば、冗長さがなくなりよかったかな。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 9点(2014-11-30 16:59:20)《更新》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 101人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
421.98%
532.97%
61413.86%
72928.71%
83332.67%
91615.84%
1043.96%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.45点 Review11人
2 ストーリー評価 8.07点 Review13人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review12人
4 音楽評価 6.90点 Review10人
5 感泣評価 7.40点 Review10人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS