映画 けいおん!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > 映画 けいおん!
 > (レビュー・クチコミ)

映画 けいおん!

[エイガケイオン]
K-ON!
2011年【日】 上映時間:116分
平均点:6.53 / 10(Review 38人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-12-03)
コメディアニメ青春もの音楽ものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2011-12-03)【8bit】さん
タイトル情報更新(2018-05-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山田尚子
石原立也(スーパーバイザー)
演出山田尚子
豊崎愛生平沢唯
日笠陽子秋山澪
佐藤聡美田井中律
寿美菜子琴吹紬
竹達彩奈中野梓
真田アサミ山中さわ子
米澤円平沢憂
中村千絵川上さん
脚本吉田玲子
音楽ポニーキャニオン(音楽制作)
製作TBS(映画「けいおん!」製作委員会)
ポニーキャニオン(映画「けいおん!」製作委員会)
京都アニメーション(映画「けいおん!」製作委員会)
制作京都アニメーション(アニメーション制作)
配給松竹
作画石原立也(絵コンテ)
山田尚子(絵コンテ)
録音鶴岡陽太(音響監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.起伏が弱く退屈という意見も分かるのですが
一つ一つの演出の強さで勝負しているという見方もあるかと思います。
アニメーションの細かい動きなどが高水準で、その辺りを意識して見るといい作品だと思います。
Donatelloさん [DVD(邦画)] 7点(2017-07-25 11:12:30)
37.《ネタバレ》 私は漫画もアニメも見ておりませんし、そんなに興味も持つような年代の
人間ではありません。つまりジジイって事ですね。
つまり自分から進んで見たわけではなく、流れで見る事になりました。
せっかく見たのでレビュー。
正直最初はキツかったです。登場人物は多いが全員同じキャラクターにしか感じず、
声もキャピキャピしすぎて早いので聞き取りづらい。展開は平坦・・・。
これがあと数時間続くと思うと耐えられないなぁと内心思いながら見ておりましたが・・・。
ロンドンに行った当たりから、慣れて来たのか、ちょっと楽しくなりました。
街ブラのTVを見て観光を楽しむような感覚で見ることができました。
そんな感じで見ていると、次第にキャラクターや世界観への否定的な気持ちも薄れてきて、
なんやかんや、終わってみると、まぁいいんじゃないの?と。そんな感じでした。
ファンから見たら6点は低いかもしれませんが自分の中では思って居たより良かったので
ちょっとオマケの得点です。
デミトリさん [地上波(邦画)] 6点(2016-10-06 13:58:57)
36.《ネタバレ》 ロンドンに行きっぱなしかと思ったらそれはスパイス的な物でいつも通りでした。
ユルいアニメをユルい映画にしていただけだったとは恐れ入りました。それでいてなんだか仲良く青春しちゃってる彼女達が眩しくも見える。
若干ロンドンでクライマックス感があって、そのあとがアニメラストの裏話的な話になってちょっとダラケてしまった気もするけど。それでもやっぱりイイもんはイイですね。各ライブシーンはきっと映画館の音響で見ればもっと楽しめたのだろうと思うと、あの頃天邪鬼に見なかった自分を少し後悔していたりもします。
面白いアニメでした。
えすえふさん [DVD(邦画)] 6点(2016-08-07 20:00:50)
35.テレビシリーズ未見。縁遠かったジャンルだが、食わず嫌いをいったん取り払ってみると意外と見れた。
テレビシリーズを見直そうとまでは思わないが、キャラがかわいらしいので人気になるのも理解できる。
飛鳥さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-08-03 01:54:45)
34.相変わらずのほのぼのマイペースでした。
高校時代帰宅部だった私には、こんな先輩後輩の関係はイマイチ想像できないのですが、一人しかいない後輩は先輩達にとって、とても可愛い存在で、女子ばかりだときっとこんな感じになるんでしょうね。
それと、このシリーズは、グループ内外にライバルや目標となる存在が全く出てこず、従って競争という概念が存在しません。
この「100%仲良しこよし」な感じが、在りそうで実はなかなか無いパターンで、この作品の雰囲気を形作っているように思います。
現実の世界でも、これから先の未来に向けて、こういった感じが実は大事なのではないかという気がしています。
マー君さん [DVD(邦画)] 6点(2016-05-04 19:17:47)
33.原作漫画及びアニメ版ノータッチ。そのような一見さんにはこの映画を語る資格はないだろう。逆にアニメだけでも触れている人にとっては、いろんな感情がないまぜになった青春アニメの傑作だろう。ロンドンに卒業旅行する以外は、特に何てことのないストレスフリーな軽音部の日常。女性目線で描かれた、友情とは違う絆を匂わせながらも、平穏な空気のまま終始していくのが良い。ネガティブな要素を一切拒絶した"理想郷"にいろいろ言いたくもなるものの、最後まで割り切った作風は潔くすら感じる。自分は「別に映画でやらなくても、OVAやテレビの特番でも十分では?」と思ってしまったが。
Cinecdockeさん [DVD(邦画)] 5点(2015-06-30 20:24:04)
32.この作品における「青春」。それは、“非現実”という多幸感だ。
現実を執拗に突き詰めていく青春劇も勿論あろうが、敢えてそれ(現実)を無視することで生まれる幸福と娯楽。この作品の在り方が意図することは即ちそういうことだと思う。

と、意識的に堅苦しく綴ってみたが、要は何の事はない。
軽音部の彼女たちに対して、“萌え萌え”の“ペロペロ”だったということに尽きる。
はっきり言って、そのこと以上に特筆するべきところなどなく、それが総てで良いのだと思う。

テレビシリーズは未見。
当然登場するキャラクターたちに何の思い入れもないままこの映画化作品を観始めた。
ストーリーは非現実的だし整合性もなくグダグダ感に溢れている。作品として鑑賞後の満足度が高かったわけでもない。
けれども、まんまと彼女たちの一挙手一投足に萌え、「テレビシリーズ観たいかも……いや観たい!」と思わせたこの映画の在り方と、アニメーション技術の確かさは、まったくもって正しいのだと思える。

この映画作品では流石に泣けなかったけれど、テレビシリーズを観終わる頃には号泣している自分の姿がわりと容易に想像できてしまう。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-06-14 23:25:28)
31.雰囲気がTVシリーズそのままで安心しました。
卒業旅行の行き先はロンドン以外には考えられないでしょう。
音楽的にもHTT的にも。
機内食とか、悪夢に魘されるあずにゃんとか、小ネタも楽しかったし、ラストはちょっと感動的で泣いちゃいましたよ。
TVシリーズからずっとあずにゃんには孤独感とか疎外感が漂っていたけど、そういったものがすべて払拭される素敵な曲でした。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2014-11-07 20:12:44)
30.テレビ版のまったり緩々感をそのまま本編に持ち込んだ、ある意味アニメ「けいおん!」の完結編ですね。登場人物が軽音楽部なのに音楽に打ち込むシーンとかがほとんどないのは相変わらず(苦笑)。海外旅行をする以外は大きな出来事やドラマチックな事件もなく進むのですが、まあこれはこの作品の味ということで。
ライヒマンさん [地上波(邦画)] 6点(2014-08-31 21:14:53)
29.《ネタバレ》 とにかく初めて海外旅行のときに味わう感覚が完璧に再現されています。
前日の荷づくり、空港へ向かう際の待ち合わせの雰囲気(「パスポート忘れた」のボケ具合とか最高。)、動く歩道ではしゃぎたくなる感じ、離陸時のワクワク感とちょっとの不安、「ここからは日本語禁止ゲーム」、窓から見える朝焼け、無駄にドキドキする入国審査、そして到着した時のちょっとした国際人感・・・etc。
海外旅行の醍醐味をここまで純粋に描いた作品は観たことがありません。
しかし内容自体はロンドンである必要性があまり感じられず。
単にロンドンの名物や観光地を背景に作品のキャラクターを置いただけなのが残念。
「放課後ティータイムと行く、ロンドン観光ツアー」という旅行映画として楽しめました。
アニメなのに実写映画を観ていると錯覚してしまうような映像づくりは秀逸の一言。
8bitさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2014-02-21 01:15:38)
28.《ネタバレ》 そーいやこんなのあったよな程度の状態で鑑賞(原作未読・TVアニメも未見)。なんだこのまったり感は…各キャラも全く最初はわかんないから何もコトが起きない「ぬるい」展開にあ~今時の空気系(というのも初めて知った)かーと思いつつも、、、卒業旅行にロンドンにいくあたりから慣れて?きたのか段々面白くなってきて後輩へ送る歌をつくるあたりの流れからは感動してました(笑)。皆様が仰せのとおり、徹底的に「マイナス的要素」を排除したつくりは、ある意味純真無垢な輝きを放っており京都アニメーションの繊細かつ丁寧な作画は観る者の絵的要求もクリアするという素晴らしいもの、イヤーなんか久々感動した、あれはいい歌だね、ちょっとホロっときちゃうよ。放課後ティータイムの存在も初めて知ったけど、ごはんはおかずって歌面白いね~なかなかのものでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-01-29 09:34:44)
27.びっくりしました、こんなしっかりしている映画とは知らずに見たので。何もかも緻密で見ごたえが十分にありました。唯一、最後4人はばらばらの大学に進学する方がよかったのかなと思ったのですが。。。ネガティブなことが一切出ないのもたまにはいいですね。
HRM36さん [DVD(邦画)] 7点(2013-07-16 11:44:45)
26.この映画が初。初でも観れたのでよしかな。最初のヘビメタとロンドンってのが良かった。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 6点(2013-05-19 15:39:12)
25.漫画もTVアニメも見ていませんが、WОWОWでレビューがよかったので観賞しました。
正直、私には何が面白いのか理解できませんでした。
キャラクターの顔は皆同じ顔に見えるし、声優も全てタラちゃん。
私は何かしら葛藤があって、それを乗り越えるような映画しか高く評価できないことがわかりました。
私のように80年代のアニメしか好まない人間にも面白いと言わせる作品を、誰か紹介してくださいな。
クロエさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2013-05-01 00:33:46)
24.《ネタバレ》 今の職場に勤めて8年、好きで始めた仕事なのに、気がつけば会社の愚痴ばかり言うようになっていた。また、7年半の結婚生活も、相手の嫌な面ばかり目に付くようになり、ここ最近は喧嘩が絶えない。転職、離婚などという言葉が脳裏をよぎり、何をしてもつまらなく、好きな映画を観ても心底楽しめない、鬱々とした毎日を送っていた。そんなクリスマスのある夜、たまたまTVでやっていた『映画 けいおん!』を観た。『けいおん!』の存在は以前から知っていたが、あまりアニメは観ない方なので、原作・TVシリーズ共に未見。最初は登場人物も満足に把握できなかったが(みんな同じ顔に見える)、観ているうちにふとあることに気がついた。他のレビュアーさんも指摘しているが、ここには〈好きなもの〉しか描かれていないのだ。ネガティブイメージを一切取り払った世界。女子高を舞台にしたその世界では、陰湿なイジメも男女関係のもつれも存在しない。ただ、放課後の部室でアフタヌーンティーを楽しみ、おしゃべりに花を咲かせ、思い立ったらバンドの練習をする。そんな緩やかで幸福な日常が淡々と描かれているだけなのだ。そんなファンタジーを体現したキャラクターが、ボーカルの「唯」である。彼女の頭の中を覗けば、きっと〈お菓子〉とか〈友だち〉とか〈音楽〉とか、好きなものだけで溢れ返っているはずだ。好きなもの・ことがいつの間にか嫌いになったり、しんどくなったりしていた。物事の嫌な部分にしか目が向けられず、そんな自分さえも嫌いになりかけていた。だが、好きなものをただ「好き!」と言えることの素晴らしさを、なんてことのないアニメ映画が教えてくれた。もっと自分を好きになって、もっと人を好きになって、頭の中を〈好きなもの〉で溢れさせてみよう。そうすれば、きっと、もっと、今より少しだけ楽に生きられるようになる。そんなわけで、ぼくは『映画 けいおん!』が大好きだ。
フライボーイさん [地上波(邦画)] 8点(2012-12-29 07:12:11)(良:2票)
23.《ネタバレ》 30分完結のテレビ版の方がいいかも。いくら「けいおん」ファンでも、この底の浅い脚本では100分以上の鑑賞は厳しいですね。前半はロンドン旅行、後半はあずにゃんへのプレゼントというテーマですが、どちらも見せ場的なシーンもなく、またそれぞれの内容のつながりもほとんどないので、これでは長編にした意味がありません。でも背景や風景の色彩感覚はいつも通り素敵でした。岩井俊二の映画のような光のコントラストなど、美術的なこだわりは、アニメ映画の中でも群を抜いていると思います。
ramoさん [DVD(邦画)] 4点(2012-12-21 10:29:57)
22.大学ならともかく、高校の卒業旅行でイギリスに行くかぁ?(最近は知らないが、20年前は考えられん。)←こんなとこ突っ込むヤツも珍しいと思うが・・・
フワフワとしてつかみ所がない感じは、ある意味新鮮だがなんだか盛り上がりに欠けるよんぁ。
ちなみに原作未読、アニメ未見。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 6点(2012-11-25 10:23:53)
21.《ネタバレ》 まったりふわふわした「けいおん!」の世界観を、英国に持っていっただけの劇場版なのですが、一点の曇りもないその弛緩みきったふわふわ感は、ファンからすれば安心なんでしょうねぇ。

結局アニメシリーズを予習してしまった私的の浅い意見としては「可もなく不可もないまったりふわふわ感」なのですが、京都アニメーションの細部にまでこだわった美術には「さすが」と唸らされた。
aksweetさん [DVD(字幕)] 6点(2012-10-11 22:47:33)
20.TVアニメ全話視聴。
劇場版でしたが、基本的にはいつものけいおん!でした。相変わらずのまったり具合
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 6点(2012-09-13 20:07:25)
19.TV版のファン(全話鑑賞済み)..う~ん、映画にするほどの内容ではないような..作画も、TV版のレベルが高いので、ほとんど差が見られないし..無難と言えば、無難な出来..故に物足りなさも、大 .. 最大の謎は、海外旅行に “なぜ” 楽器持って行く?..
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 6点(2012-08-17 18:32:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 6.53点
000.00%
100.00%
200.00%
312.63%
425.26%
5410.53%
61642.11%
7513.16%
8513.16%
9410.53%
1012.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review4人
4 音楽評価 8.50点 Review4人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS