Menu
 >
 >
 > ヤング≒アダルト

ヤング≒アダルト

YOUNG ADULT
2011年【米】 上映時間:94分
平均点: / 10(Review 33人) (点数分布表示)
ドラマコメディ
[ヤングアダルト]
新規登録(2012-02-28)【3737】さん
タイトル情報更新(2013-08-28)【HRM36】さん
公開開始日(2012-02-25
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェイソン・ライトマン
キャストシャーリーズ・セロン(女優)メイビス・ゲイリー
パトリック・ウィルソン〔男優・1973年生〕(男優)バディ・スレイド
エリザベス・リーサー(女優)ベス・スレイド
メアリー・ベス・ハート(女優)ジャン
J・K・シモンズ(男優)メイビスの担当編集者
コレット・ウォルフ(女優)サンドラ・フリーハーフ
魏涼子メイビス・ゲイリー(日本語吹替)
桜井敏治マット・フリーハウフ(日本語吹替)
咲野俊介バディ・スレイド(日本語吹替)
込山順子ベス・スレイド(日本語吹替)
久保田民絵ヘッダ・ゲイリー(日本語吹替)
鈴木れい子ジャン(日本語吹替)
脚本ディアブロ・コディ
音楽ロルフ・ケント
製作ジェイソン・ライトマン
ディアブロ・コディ
シャーリーズ・セロン(ノンクレジット)
製作総指揮ネイサン・カヘイン
ジョン・マルコヴィッチ
配給パラマウント・ジャパン
美術ケヴィン・トンプソン[美術](プロダクション・デザイン)
衣装デヴィッド・C・ロビンソン[衣装]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.《ネタバレ》  序盤にて(うわぁ、嫌な女だなぁ……)とゲンナリ。
 中盤辺りで(あぁ、でも結構可哀想だな。彼女なりに幸せになろうと頑張っているんだな)と同情。
 そして終盤にて頭を抱え込まされるという、良くも悪くも、観賞中ずっと主人公に釘付けになってしまった映画ですね。

 基本的には暗い作風なのですが、何処か軽快でオシャレな匂いも感じさせる辺りは、この監督さんの持ち味なのだと思います。
 過去作の「JUNO/ジュノ」に比べると、どうにも主人公の成長を感じられない内容だったりするので、それが意図的なのかどうかも気になるところ。

 印象的な場面は幾つもあるのですが、特に「離婚した旦那との写真が、実家に今でも飾られている」件なんかは、本当に上手いなと感心させられましたね。
 その一事だけでも、主人公が実家に帰るのを忌避する理由が把握出来たし「失敗した結婚なんだから、何時までも飾っておくのは止めて」と訴える気持ちも分かります。
 帰省する車内にて、楽しそうに聴いていた「元カレとの思い出の曲」を、彼の奥さんが歌ってみせるのを目の当たりにして、呆然とするシーンなんかも良い。
 それらの積み重ねがあるからこそ、主人公が単なる「嫌な女」で終わらずに、感情移入出来る存在となっているし、無茶苦茶な行動を取っても、何処か納得させられる説得力があるのですよね。
 主人公が元カレの家に乗り込んで、二人で駆け落ちしようと迫るも、当然のように断られてしまう件なんかは、本当に痛々しくて目を背けたくなりましたが、彼女が何故そんな行動を取るのか理解出来ないという事は無く、混乱せずに見守る事が出来るのだから、凄い脚本なのだと思います。

 ただ、彼女の最大のトラウマが「流産した事」というのは、少々安易に思えてしまって残念。
 それほど独創的なネタでもないでしょうし、それなら終盤にて、さも驚きの真実のように告白させる形ではなく、もっと前の段階で分からせていても良かったんじゃないかな、と感じられました。

 元カレに固執する理由が「一番良い時の私を知っているから」というのは、過去に囚われた彼女を表す台詞として、非常に良かったと思いますね。
 その後、友人の妹から「この町は最低。都会で暮らす貴方が羨ましい」と言われて元気を取り戻す事になるのですが、正直そこに関しては、どうしても賛同する気持ちになれず、カタルシスを得られませんでした。

 「相手の男を放ったらかしにして、一人だけベッドから抜け出す彼女」というシーンを、序盤と終盤とに挟む事によって、彼女が成長していない事を描いてみせる表現技法などには感心させられるのですが、それが感動にまでは結び付かない。
 事故で傷ついた車のまま走り出すラストシーンなんかも「傷付きながらも生きていく女性の力強さ」を象徴しているようで、爽快ではあるのですが(結局、彼女って他人を思いやる優しさを持たないまま終わっているよなぁ……)と、ついつい考えてしまいます。
 最後の最後で主人公を救う解決法が「他者を否定する事によって自己を肯定する」という形であった以上、どうしても後味が悪かったですね。

 丁寧に作られた、クオリティの高い品である事は、疑う余地が無いと思います。
 だからこそ、ラストシーンの主人公に共感出来ない事が、勿体無く感じられる映画でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 4点(2016-06-23 15:45:08)(良:1票)
32.《ネタバレ》 私も25年ぶりぐらいで中学の同級会に参加したのだが、やはり、当時綺麗だった女性は40になっても綺麗にしていた。それでも、正直既婚で40歳をすぎると、40歳の綺麗なおばさんより、30歳で普通くらいの方が魅力を感じてしまう。というわけで、特にドキドキもない同級会だった。
何がいいたいかというと、40歳の未婚者の魅力は40歳の未婚者じゃないと感じない。なんで、セロンとオタクはお似合いだと思った。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2016-02-05 15:32:45)
31.《ネタバレ》 ずっと学園のアイドル的存在で綺麗だ綺麗だ、って言われてた人が歳とって相応になって。でも過去の栄光があるから「まだいける、まだいける」と自分では思って、なんとなく向上心もないまま生きていく。でもそのうち、あれれ?周りの人みんな結婚して子供うまれて幸せそう。私ってイケてる女じゃなかったっけ…?それなのに、一人ぼっちで不幸せ・・・。世の中にもこういう女の人たくさんいそう。案外美女よりも、フツーのルックスの女の人のほうが幸せになっているっていうのもあるのかもしれないなあ。美女はプライドも高いですしね。(きっと若いうちはそれでもいい!)だから主人公が学園でいじめられていた全然かっこよくない男性と結ばれた(ワンナイトだろうけど)、っていうあのラストの描写は過去の「高飛車」で「学園ナンバーワン」だった今までの自分との決別という意味なのでしょうね。でもまあ、ちょっとありえないだろ、と思ったけどね。やっぱりシャーリーズセロンが美しすぎるせいでしょうね。あんなに綺麗でひとりぼっちのわけない。と言い出したら映画をまるごと否定してしまうことになっちゃうのでやめておきます。だって、ぼろぼろのアルコール中毒でも美しいんですもの。あ、あとポメラニアンが可愛すぎて癒されました。
ギニュー隊長★さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-10-14 12:37:21)
30.《ネタバレ》 地方から上京してきた身としては、都会生活と帰省のギャップがすごく共感できる。
都会のマンションで犬と暮らし、ビル街のカフェでノートパソコン開きながら、異人種の友達とランチ。40近くなっても結婚せず、クリエイティブの仕事をしながら独身ライフを満喫。
しかし田舎では同世代は皆結婚し子供もいて、パパやママとなってすっかり所帯じみてる。太ったりハゲたり服装もウニクロ一色になってたり。。
どっちが「大人」で、どっちが「成功」で、どっちが「幸せ」なんだろう・・
ジェイソンライトマンのJUNOとかマイレージもそうだったけど、「大人」になりきれない人達の話は、実に身につまされる。
この映画の場合は主人公が強烈なので共感はしずらいけど、後半の展開はアリ、というかこの「大人」問題にまた違った答えを提示された感じで、自分にとって永遠のテーマになりそう。
教訓としては、地元に帰省した時、メイビスのように浮きまくんないように気をつけないと笑
kosukeさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-10-20 22:58:46)
29.《ネタバレ》 軽く観れると思ったらそうでもなかった。あそこまで勘違いできる人っているのかね?まぁ最後はは前に進んでくれて良かったよ。それにしてもシャーリーズ・セロンは年を取ってもまだまだキレイだな~。ミニとのコンビも懐かしかった。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-08-17 23:42:47)
28.《ネタバレ》 シャーリーズセロンのすさんだ演技がすごい。こういう女性は実は結構沢山いると思うし、独りよがりな考えと暴走ぶりがあまりに痛々しく観ていて辛くなってきます。シャーリーズの美しさが救いのように感じられました。でもそれで終わりではなく、最後は前に進もうと決意するところがよかったです。強く生きていくであろうメイビスには今一時的に病んでいただけでたいしたことではないのかもしれません。将来「あーそういえばあんな時期もあったわね」くらいの出来事なのかも。
ベーコンエッグバーガーさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-08-03 15:51:32)
27.もっと軽いタッチのコメディだと思って見始めたのですが、思っていた以上にシリアスなドラマでした。

勿論いい思い出や懐かしい思い出もあるけど、多かれ少なかれ青春時代のトラウマのようなものってあるんじゃないのかな。それが後の人生に与える影響。僕もドがつくほどの田舎町の出身。そんな田舎が厭で都会に出てきた。若い頃は故郷に帰ると、故郷に残った友達に仕事のことや都会の暮らしを思いっきりカッコつけて着飾って話していたっけ…。

僕とシャーリーズ演じるメイビスは全然違うけど、分らなくもない。シャーリーズのかなりイタイ演技は素晴らしかった。本作は彼女にこれといった解決策を見出している訳じゃないけど、それでも生きていかなくちゃいけない。ジェイソン・ライトマンは「マイレージ・マイライフ」といい、本作といい、まだまだ人生これからだけど、もうそんなに若いわけじゃない。そんな人間ドラマを独特の切り口で見せる監督さんですね。ちょっと考えさせられるドラマでした。そんな僕もいまだに実年齢に精神年齢が追い付いていないと思う今日この頃です。
とらやさん [DVD(字幕)] 6点(2013-06-28 21:12:22)(良:2票)
26.結局何も変わらないで、また都会に戻ると・・・。じゃぁこの作品は、何を言いたいの?と多くの人が思うのではないかと。エンディング、着地点をミスしてると思います。かなりイタイ話で見ているこっちの方が先送りしたい場面がいくつもありました。それでもこれをシャーリさまがやると、いかにもありそうな話で、普段着もやっぱりハマっています。ちょこっとキャメロンディアズ路線やりましたみたいな。シャーリー様はミニミニ作戦のころが光ってたな。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-04-07 18:50:39)
25.《ネタバレ》 シャーリーズ・セロンがすぐそばにいるような気がした。嫌なところ、痛々しいところも含めて共感できる。まさに等身大のヒロイン。わたしにはベスが一番嫌な女にみえた。赤ちゃんの命名パーティーにバツイチ独身の旦那の元カノを、かわいそうだからと理由をつけて招待するなんて偽善者以外のなにものでもない。
はちかつぎひめさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-03-21 08:56:23)
24.定番の流れなら反省して最後に違う幸せを見つけそうなもんだが、かつての自分のような考え方を持つ妹に説かれ、あっというまに元通り。そもそもその兄とベッドを共にした翌朝のシーンは、最初の方のシーンと全く同じ構図。観客はそこで違うものを想像する。例えばベッドから抜けずに寝ている彼を優しく抱擁するとか、また幸せそうに眠りにつくとか。しかし彼女は全く同じようにベッドから抜け、着替え、妹の居るリビングへ行く。そして説き伏せられもとの自分に戻るのだ。つまりベッドを抜けた時点で元の自分のままでいることが暗示されている。車と同じように、へこんだまま走り続けるのだ。そこが定番の映画と一味違う脚本のよさだろう。佳作。
Balrogさん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-26 23:29:02)
23.学生時代のように余りにも真っ直ぐ過ぎる生き方は大人になれば無理なことなんでしょうね!!身に染みました。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-02-09 11:40:47)
22.《ネタバレ》 彼女のプライドの拠りどころは、自分の容姿と都市部で働いていること。前者は経年劣化する相対的な価値で、後者は引っ越すだけで誰でも入手可能。つまり、期限付きで極めて狭いエリアに対してだけ有効なプライドです。彼女はそのプライドを意地でも貫こうとします。おそらく、本人もその愚かさを少しは自覚しているはずです。
本作の大半は、虚栄とも言える彼女のスタンスをこき下ろし続けます。徹底的にイタイ負け犬女の遠吠えです。でも、彼女が尻込みして終わらないところがテーマだと思います。見栄であれ虚栄であれ、それが彼女のパワーの根源になっているからです。
幼少から思春期を生れた土地で過ごした後、そこを離れて都市部で働く人は多い。彼らにとっては、都市部で働くこと自体が成功の記号のひとつなのです。それは自己満足以外の何物でもないけれど、自分の中の価値を追求することは人生の意義でもある。そんな気分を本作は代弁していると思います。
原題は「成熟しきれない大人」という意味でしょう。成熟しきれない。結構じゃないですか。それが貪欲へ前へ進む動機とパワーの源になるなら、成熟なんて糞くらえだと思います。私はかなりいい歳ですが、ヤングアダルトでいたいと思っています。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-01-31 22:14:55)
21.《ネタバレ》 ワリと期待してみたものの、やや肩透かし。シャーリズ・セロンがダレててもキレイだったのが救いか。こんなに魅力的な女性なのに元彼があまり動揺しないのはわからなかった。そこを描くと題材が増えてブレたのかもしれないが深みが増して話に入り込めた気がする。とーいうのは自分が男性だから思うのだろうか。やや残念。
reitengoさん [DVD(吹替)] 6点(2013-01-25 00:48:04)
20.自己チューで嫌な女の典型なメイビス。でも、そんな彼女にかなり共感した。田舎から出てきて東京でそれなりに活躍していたつもりの自分は、田舎でくすぶっている旧友に潜在的な優越感を感じていたように思う。結婚もせず独身を謳歌し、やがて不況の波にもまれている自分にとって、静かに幸せに暮らしている旧友たちがうらやましく思うようになったこのごろ。なーんて考えさせられる映画でした。単なるラブコメだと思って観たけど、予想外の収穫、良かったです!
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2013-01-19 01:01:28)(良:2票)
19.《ネタバレ》 パッケージ裏のあらすじだけなら面白そうなのにもったいない。鑑賞直後の感想は『あっちの田舎町は飲酒運転に寛容だな』
SINさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-01-06 11:57:31)
18.僕自身、より広い世界で何かを成してみたいという望みはあった。そういう望みをがすべて消えてしまったわけではないけれど、いつの間にか生まれ育った土地で結婚をし子供が生まれ、日を追うごとに人生の方向性が確定し始めている。「幸福だ」ということに疑いはないつもりだけれど、完全に割り切れてもいない。
そんな三十一歳になったばかりの男にとっても、この映画が伝えるものは、色々な意味でイタく突き刺さる。

シャーリーズ・セロン演じるこの主人公のことを「馬鹿女」と一蹴してしまうことは簡単だし、とても楽だ。
実際彼女が馬鹿でイタい女であることは見紛うことなく確かなことだ。
彼女がああなってしまった原因の大部分は、彼女自身の人間性によるものであり、自業自得でもある。
しかし、その主人公の馬鹿でイタい言動の始終を追って呆れる反面、誰にも彼女を蔑む権利などないとも思える。
誰だってかつては彼女のように立ち振る舞いたかったはずだし、彼女自身、周囲がそうあることを望んだからこそ、無意識の強迫観念の中で自らの人間性を構築していったのだろうと思う。

ただそのまま歳を重ねるだけ重ね、一般的な価値観における「大人」になれなかっただけのことだ。
もちろん、社会の中で生きていく上で“ただそれだけのこと”では済まなくなる部分は多い。しかし、それを批判出来ることが出来るのは、何も知らない他人などではなく、彼女自身に他ならないと思った。
言い換えれば、辛かろうが、苦しかろうが、彼女自身が「それで良い」と心の底から割り切れれば、それが「正解」なのだと思う。

脚本も演出も素晴らしいが、敢えて特筆したくなるのはやはりシャーリーズ・セロン。
37歳のバツイチ女の荒み切った生活感を惜しげもなく表現したかと思えば、ある種狂信的なドレスアップ後には完璧な美しさを見せる。一人の女の中のこの激しいギャップが、殊更に主人公の悲哀を強め、キャラクターのオリジナリティーを高めている。“はまり役”といえばまさにそうだが、衝撃の“ヌーブラ姿”も含めて見事だったと思う。


この映画は、馬鹿でイタいオトナの女が、「痛み」を経て成長する物語……などではない。
己の馬鹿さもイタさもすべて抱えて、今一度「自分一人が大切だ」ということを噛み締め、髪を掻きむしりながらボロボロの体と心でそれでも前へ走り出す、そういう映画だ。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2012-11-30 16:14:05)
17.いたたたた!痛い!印象的なのが2シーン。①地元の町並みを、鼻に皺を寄せんばかりに忌々しく見回すところと②実家にまだ結婚式の写真が飾られていたところ、バツ1なのにーー。そういうのもまた彼女を刺激してしまうのよね。ゴーストライターの、「ライター」ではなく「作家」と呼ばれたいのよね、よく切り取られた大人になりきれないプライドが高い女の一編だと思いました。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2012-10-22 09:48:15)(良:1票)
16.幸せになれない肉食女子を描いた痛いブラックコメディなのですが、『JUNO/ジュノ』でオスカーを受賞したディアブロ・コーディによる脚本が相変わらず素晴らしく、男女を問わず楽しめる作品に仕上がっています。あらすじはかなり現実離れしているのですが、過去の栄光を懐かしんだり、初めての恋人を特別視したりといった主人公の心理には一定の普遍性があり、この点が観客と映画との間の共感の接点となっています。また、主人公の職業を小説家とし、彼女の歪んだ性根を小説によって明快に表現するという映画的工夫も素晴らしいと感じました。単なるバカ女にしか見えなかった主人公が、実は苦しい過去を抱えていたことが判明する終盤の急展開にも驚きと意外性があり、隅から隅まで計算し尽くされた脚本だと思います。。。
ジェイソン・ライトマンによる演出も安定しています。皮肉家で嫌味な性格なんだけど、どこか愛嬌を感じさせるキャラクターを描かせると、毎度この人は素晴らしい仕事をします。主人公のやっていることは最低で、その言動には同情の余地ゼロなのですが、それでもこのキャラクターを好意的に見てしまうのです。ハッピーエンドでもバッドエンドでもないクライマックスはいかにもライトマンらしい終わり方で、観客に何も押しつけてこないラフな姿勢に好感が持てます。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 8点(2012-10-13 02:47:36)(良:1票)
15.《ネタバレ》 こんなキチガイ女、実際にいるのかな・・・って感じ。
いたら絶対関わりたくねー。
虎王さん [DVD(字幕)] 5点(2012-10-10 11:50:25)
14.《ネタバレ》 見ていて?がちょこちょこ浮かんだが、結局シャーリーズ・セロンの美貌でかき消された。シリアスとのコメディ、どちらにとって良いのかよくわからず、実際中途半端なものであったと思う。単純なラブコメを期待しているとがっかりするとおもう。
lalalaさん [DVD(字幕)] 6点(2012-10-09 00:19:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 6.64点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
426.06%
5412.12%
6824.24%
71030.30%
8824.24%
913.03%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS