Menu
 >
 >
 > 悪の教典

悪の教典

Lesson of the Evil
2012年【日】 上映時間:128分
平均点: / 10(Review 76人) (点数分布表示)
ホラーサスペンス犯罪もの青春もの学園もの小説の映画化バイオレンス
[アクノキョウテン]
新規登録(2012-10-21)【+】さん
タイトル情報更新(2017-01-17)【イニシャルK】さん
公開開始日(2012-11-10
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督三池崇史
キャスト伊藤英明(男優)蓮実聖司
二階堂ふみ(女優)片桐怜花
染谷将太(男優)早水圭介
林遣都(男優)前島雅彦
浅香航大(男優)夏越雄一郎
水野絵梨奈(女優)安原美彌
山田孝之(男優)柴原徹朗
平岳大(男優)久米剛毅
吹越満(男優)釣井正信
荒井敦史(男優)加藤拓人
西井幸人(男優)高木翔
藤原薫(男優)田尻幸夫
永瀬匡(男優)鳴瀬修平
工藤阿須加(男優)松本弘
小島藤子(女優)阿部美咲
秋月成美(女優)柏原亜里
松岡茉優(女優)白井さとみ
菅野莉央(女優)高橋柚香
山崎紘菜(女優)塚原悠希
藤本七海(女優)林美穂
岸井ゆきの(女優)星田亜衣
山谷花純(女優)三田彩音
伊藤沙莉(女優)永井あゆみ
三浦透子(女優)横田沙織
篠井英介(男優)酒井宏樹
岩松了(男優)灘森正男
小島聖(女優)田浦潤子
滝藤賢一(男優)清田勝史
矢島健一(男優)下鶴
山中崇(男優)真田俊平
山口馬木也(男優)蓮実芳夫
眞野裕子(女優)蓮実佳子
貴志祐介(男優)蓮実の同僚教師(国語)
原作貴志祐介「悪の教典」
脚本三池崇史
森下佳子(脚本協力)
音楽遠藤浩二
撮影北信康
製作市川南〔製作〕
東宝(「悪の教典」製作委員会)
電通(「悪の教典」製作委員会)
OLM(「悪の教典」製作委員会/製作プロダクション)
プロデューサー坂美佐子
山内章弘(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
美術林田裕至
松井祐一(特殊造形)
編集山下健治
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
76.《ネタバレ》 一見模範的な教師が実はサイコキラーという設定で、それを演じるのが正義感の強い役柄を演じることの多い伊藤英明というギャップを狙ったようなキャスティングは確かに面白いし、この教師によるクラス全員皆殺しというセンセーショナルな内容もどことなく「バトル・ロワイアル」を思い出すが、この教師の背景の描き方が中途半端(ほかの登場人物も浅い。)なため、ドラマとしての見ごたえが薄く、ただ単にクライマックスの大量殺戮だけを見せたかっただけの映画という気がして、同じく非情な教師が主人公の「告白」を先週に見ているせいもあって、つい比べてしまうのだが、「告白」があくまで主人公教師の恨みを持つ生徒への復讐劇だったのに対し、こちらの教師の犯行至る理由は完全に自分の都合で、「告白」の主人公にも感情移入しずらかったのだが、本作ではこの教師に感情移入以前に完全に傍観者として見ているしかなく、この時点で差が激しい。(中島哲也監督ならもっとうまくドラマとして仕立てたのではないかと思えてしまう。)この教師の背景をもっと知りたいなら前日壇を描いたテレビ作品である「悪の教典 序章」を見ろということなのかもしれないが、とてもそんな元気はない。「告白」にも出演していた人が何人か出ていて、中でも少年AとBを演じていた二人が本作でも共演しているのは意識してやっているとしか思えない。次回へ続くと出て終わるのだが、本当に続編は作られるのだろうか。あまり興味ないが。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2016-08-18 18:27:18)
75.これは。。。流石に厳しいか。原作を読んでからで無いと、なぜハスミンがああしたのか、分かりづらいし、その狂気が描ききれていなかった。
rain on meさん [DVD(邦画)] 4点(2016-03-22 11:44:27)
74.《ネタバレ》 ある程度予想していたが、予想を超える内容のないスプラッタ映画で非常につまらんかった…
原作はどうなのか知らないが中途半端な脚本である。
「ハスミン」の心理と過去ははっきり見せるかバッサリ切るかどっちかにして!
あの程度で「クラス全員」皆殺しに切り替えるって…無理があるだろう…;計画性があるのかないのかどっちかにして!
生徒も他の教師の描き方も中途半端。どう使いたいんだ?はっきりして!
自分としては、「ハスミン」と彼の異常性に気づき始める生徒と教師の心理攻防をもっと描くべきだったと思う。
そこを重点的にすれば、もっと深みがでたかもしれない。
アメリカの猟奇殺人の相棒部分は蛇足だったと思う。
原作にある程度忠実にしようとして、くだらない脚本になることが多々ある。この映画もその部類かもしれしれない。
そう考えると、昔「え?原作と全然違うじゃん?;」という映画があったが、「映画として撮る」ことに重点を置いた改変だったのだろう。
今の「優れた脚本の不足」は深刻になりつつあるようだ。
あ、本編の最後に「サイコキラーだから裁けない」などという台詞があったが、電車で教師を自殺にみせかけ殺害していたり(刑事に話をしているのですぐにばれるだろう)遺書まで残している点で「計画性」があるということだから、「精神異常」は認められないだろう。
そういう点でもこの映画の「浅さ」が感じられて非常に白けた…
果月さん [DVD(邦画)] 2点(2015-09-21 01:31:53)
73.《ネタバレ》 何を面白がればいいのかわからない。同じく非情な教員の出る「告白」(2010)を同時期に見たので違いが際立って見える。
内容としては前半はひたすら地味で何かが起こるのを待つだけ、後半はひたすら大殺戮が続いて終わるのを待つだけの映画である。個人的感覚でいえば、自分が死んでもらいたいタイプの人間は別として、特に恨みのない連中が死ぬのを見るのが面白いとは思わない。また殺される者の心情を描写することで何らかのドラマが生じるなら共感の余地があるが、この映画は大殺戮を見せること自体が主目的のようで、これに共感できない限り無味乾燥な作り物の殺害映像を延々と見続けることになる。
これで商売になるというなら別に結構だが、個人的には面白くないので点数は2点としておく。
ちなみにこれを見てから原作まで読む気にはならない。これより少しは文学的なのだろうが。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 2点(2015-06-30 23:49:07)
72.《ネタバレ》 こんなヒドイもん撮るな作るなって怒ってる側の御意見って意外と少ないんですね まさか意外。
しかし、こんなにも大量の生徒が学園内でバッタバッタと殺されまくる地獄絵図のような作品に撮影許可を出し、自校舎を貸し出した学校って一体何処のどんな学校なんだろうかって心配になってしまいましたよ。(学校側はこの内容を知っていたのかって意味でですね) 以降、それがずっと気になってしまい 最後、待ってましたとばかりにエンドロールを食い入るように見入ってしまってましたよ そしてロケ地(学校名)を確認。はい なになに 加藤学園 御殿場キャンパスですってか・・(そこからその加藤学園御殿場キャンパスについてウィキること数分。) はい なるほど 分かりましたよ ロケ地の名所でしたか つまりはちゃんと廃校使って撮影されてたわけですね はい わかりましたよ そりゃそうですよね 一般生徒が通う一般学校であんな撮影してるわけがないよね 貸し出す学校あるハズないよね はい 分かりましたよ 心配御無用 私の考えが浅はかでした バカでした。今回これを機会に一つ勉強になりました。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-03-02 23:42:59)
71.《ネタバレ》 蓮実の過去に同情を抱かせないつくりはとてもよかったが、もっというと過去を一切見せて欲しくなかった。今は見せるだけでこの人物がどれだけ狂っているかを過去にまで想像させるようにして欲しかった。
ちゃじじさん [DVD(邦画)] 5点(2014-12-29 13:59:40)
70. 先生がなぜ? という部分がないので、最後まですっきりしませんでした。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-12-20 22:03:59)
69.《ネタバレ》 伊藤英明を蓮実聖司役にキャスティングしたのは大正解だと思う。「一見」爽やかで誠実そうなキャラにぴったりだ。しかしながらこの映画がB級スプラッタレベルに留まったのは、やはり脚本のせいで、伊藤の責任ではない。
原作は大変ボリュームがあるので2時間枠に収めるのは大変だ。所々改変している部分は概ね納得の仕事で、全体の流れとしてはむしろ巧みな脚本だとは思う。
どうしても残念なのは、監督が猟奇場面を偏愛するあまりに、学祭準備中の惨劇シーンに時間を割きすぎて、稀代のサイコパスである蓮実の内面を描ききっていないことだ。傍目には異常としか思えない蓮実の行動は、彼自身にとってはきっちり理論的に整合性がとれているのだ。彼にとってはそうせざるを得ない理由がちゃんとあるんである。原作で丹念に描写されているそこんところをバサーッと省略しているので、映画でこの物語に初めて出会った人はこの教師がなんでこんなことをやらかしているのか訳が分からないだろう。
「理解不能」だから蓮実は怖いのだ。後半の銃撃場面を削ってでも、早水圭介を拷問している場面で原作どおり奴の内面を語らせるべきだったのに、と思う。
tottokoさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-12-10 00:43:51)
68.面白い映画ではあった。ただ、肝心かなめの殺りくシーンで、ドキドキ感とか恐怖感が感じられなかった。残念。「一命」の殺陣シーンも平板な印象だったし、三池崇史監督はアクションとかサスペンスをうまく撮れないのではないかと疑念をいだかざるをえない。
えぴおうさん [DVD(邦画)] 5点(2014-11-12 16:33:36)
67.《ネタバレ》 いやぁ、傑作。
こういうのを待ってました。
海外には、ジェイソン・ボーヒーズやマイケル・マイヤーズなど、名だたるスクリーンの中の殺人鬼が大活躍してくれているのに、日本に生まれてくれないのを残念に思っていましたが、ついに「ハスミン」という傑物が生まれました。
まず、何の感情も込めない殺しっぷりがいいですね。死の確認のために、わざわざ点呼するところが素晴らしい。他のレビュワー様も書いてたように、殺す間も良いです。よいしょ、よいしょという感じでパンパン殺していきます。
見ているコチラは「ハスミン、頑張れ!」と応援せずにはいられません。
二人殺し逃した時には、「チキショー、この設定じゃ続編作れないじゃないか!逃げるなんて、何て酷いことするんだ!!」と憤りを感じましたが、「To be continued」で一安心。

減点ポイントとしては、途中、快楽殺人っぽく描かれたところ。あれはいけません。サイコパスはあくまで利己的に、邪魔な雑草を抜く感覚で人を殺します。相棒とかなんだかんだ言ってるのは余計です。彼らにとってはただの作業です。もう一つは、他のレビュワー様の仰るとおり、モブキャラ以外にはもう少し感情を込めたかったです。物理教師とかのくだりはバッサリいらないです。それよりももっと殺し方の幅をもたせたほうが楽しめたと思います。せっかく学校には凶器になりそうなものがいっぱいあるので、使って欲しかったです。さらに言えば、全員、点呼して殺して欲しかったと思います。

何はともあれ、スッキリしました。次回作があれば、劇場に見に行きます。
シン*トーさん [インターネット(字幕)] 9点(2014-11-09 17:11:42)
66.《ネタバレ》 真面目な教師が狂ってゆく、みたいな学校版「シャイニング」みたいなのを想像していたら、全然違いました。
命がどうのとか高尚なテーマや主張などない、過激さだけが売りの商業バイオレンス作品。
たしかに一般の観客には刺激が強いかもしれませんが、好事家には物足りないんじゃないでしょうか。
クライマックス30分の大殺戮シーンはただ行き当たりばったりに撃ってるだけだし、
それまでの生徒側の描き込みも薄いので、次々に殺される彼らを観ていても、大きく感情を揺さぶられることがありませんでした。
どうせならもっと悪ノリして、悪趣味に突っ走った方が良かったかも。
個人的には山田孝之くんのドラムソロからのパンティ→絶命がのくだりがピークだったかなあ。
”役者の正しい無駄遣い”って感じで良かった思います。
あと、エンドクレジットに流れる歌が最低。
劇中の音楽に結構意味を持たせてた作品なのに、最後のアレは無いでしょう!
あと大島優子さん。この映画がお嫌いとのことですが、
あなたの映画女優としての代表作は「テケテケ」だということをお忘れじゃございませんか???
8bitさん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2014-11-01 23:11:31)(笑:1票)
65.《ネタバレ》 猟銃で高校生をバカスカ打ち抜く映画なんだけど、撃たれた高校生が死んでいるように見えない。至近距離で猟銃なんだから、しかもアクションコメディなのであれば、『キルビル』や『地獄でなぜ悪い』や『ブレインデッド』よろしく盛大にやってほしかった。けれども命乞いする高校生を何のためらいもなくぶっ殺していく様子は、スカッとした。前半、もっと高校生たちを憎らしく(もしくはいとおしく)描いてくれれば、それらが殺されていくさまにエクスタシーを覚えただろう。
no_the_warさん [DVD(邦画)] 5点(2014-05-21 01:08:48)
64.《ネタバレ》 伊藤英明はお決まりマンネリのヒーローをさせられるよりも、こういう歪んだ役をもらった方が本人も楽しめて良かったんじゃないかなと思いました。ハスミンのサイコぶりを観る映画なんだと思っていたので、それほど期待していなかったのですが「生徒のなかで誰が生き残るのか? 誰がハスミンをやっつけるのか?」という大詰めに入ってから『バトル・ロワイヤル』を思い出すような面白さを感じました。映画館で観たらおそらく『ターミネーター』をはじめて劇場で観た時のような緊張感が味わえたかもなぁとも思いました。でも、生き残りを見せるタイミングがどうしても早すぎます。それだけが、ものすごく勿体無いと思いました。なんで最後もう少し粘った演出しなかったんだろう? そしたら「うわぁ、完全犯罪やっちゃったよ~、こうしてまた別の学校に移るのか…」と思わせといて、ドンデン返しのふた山目を味わえたかも…といっても、今時「いやいや、これで終わるわけない。生き残りがいてバレるはず」くらい考えちゃうので、逆に潔くまとめちゃったのかな? だとしても、バレバレでもそうして欲しかったかなぁ。原作を読んでみたくなりました。山田孝之は存在感ある役者さんなのに、この映画ではあまりに小粒な役だったんですね。もうちょい活躍して欲しかったかな。
だみおさん [DVD(邦画)] 7点(2014-05-12 03:37:43)
63.《ネタバレ》 伊藤英明演じる教師が教え子達を皆殺しにしていくという内容は知っていましたが、思っていた以上に容赦なく惨殺されていくので衝撃を受けました。逃げ場が無く、泣き叫んでいる生徒の集団を「海猿」の熱血ヒーロー像がある伊藤英明が無表情に一人一人銃殺していくシーンは圧巻でした。唯一の笑いどころは山田孝之演じるセクハラ教師の最期です。
nyarameroさん [DVD(邦画)] 7点(2014-04-16 13:06:25)
62.《ネタバレ》 この映画を見て得たものは「伊藤英明の笑顔は好感度高いなー」ぐらいかな。

回想シーンででてくる海外の風景が安っぽいです。
たかしろさん [映画館(邦画)] 3点(2014-04-08 16:01:49)
61.《ネタバレ》 設定とかストーリー展開は子供だましというか、学生が喜びそうだなーという感じで(エンドロールの主題歌それかよって感じもありつつ)、大島優子が試写会で作品を貶したとかいうのが、観てみたらおそらくただの話題作りだったんだろーなーというぐらいの感じでしたが、1シーン1シーンはエンターテイメントとして楽しめたし、伊藤英明もどころどころ魅力的だったように思えます。ただ、見せ場もたくさんあったので、もう一段階、狂気じみたキャラクターを演じることもできた気がするなーと個人的には思いました。
なこちんさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2014-02-16 23:30:53)
60.中盤までは良い意味でイカれていて、邦画でもこんな映画を期待して良いのだなと思ったが、以降終盤はただイカれているだけで、グロいだけの印象。TO BE CONTINUEDと言われても「んなこたぁない」と思ってしまった。
元祖さん [DVD(邦画)] 6点(2014-01-08 17:44:05)
59.3ヶ月ぶりに映画を見るのに、この映画をチョイスしてしまう自分が大好き。
センブリーヌさん [DVD(邦画)] 6点(2014-01-06 18:57:00)
58.原作を読んでいるので、ストーリーの上っ面を映像化しているだけのような感じがして少し残念だ。
しかし、伊藤英明はよくこの役を引き受けたよな。海猿でのイメージが台無しになるじゃないか・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2014-01-01 20:18:48)
57.《ネタバレ》 知能犯が周囲に犯人が知られないよう、様々な方法で一人、また一人と徐々に生徒を消していく。
そんなサイコサスペンスをイメージしていましたが、どちらかと言うとホラーに近かった印象。

一見知的に見える犯人だったが、結局、最後は無関係に惨殺していくのだが。
そこに深い、生徒との心理駆け引きは無く、次々と手当たり次第殺していくだけ。
生徒の側も、犯人に立ち向かう訳でもなく、ただ逃げ惑い次々とやられるだけ。
最後に何かオチがあるのかと思って見ていたが
最終的に、何のどんでん返しもなくあっけなく逮捕されて終わるだけ。
内容が乏しいので、振り返るとつまらない映画だったと言う印象しか残らない。

無差別殺人としての恐怖感の演出は、そこそこ出来ていたと思いますが
それを目指すなら、もうちょっとリアリティが欲しかった。こまかなツッコミ所も多く気になります。
そもそも散弾銃は鳥などの小動物の素早い動きを止める為の物でしょ。
つぎつぎ遠距離のターゲットをほぼ一発で次々と即死に至らしめる殺傷能力はないでしょう。
教室から校庭に離れた生徒を打つシーンがありますが、あの距離なら
小動物でも死んでないでしょう。そもそも弾帯も無いのに、あれだけの玉が次々と。
手品師かとツッコミたくなります。見た目がホラー主人公ならその時点で現実離れした
世界観なので良いですがジェイソンなどと比べてリアリティがあるだけに、
どうしても細かなところを突っ込みたくなる。
もっとも、理由無き殺戮で残虐な部分を、これ以上リアルにされても
胸クソの悪さが残るだけの映画になりそうだが。
あとどうせ過激なバイオレンスを描くならセットでもうすこしエロ要素が欲しかったかな。
デミトリさん [DVD(邦画)] 4点(2013-12-24 16:09:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 76人
平均点数 5.53点
011.32%
100.00%
267.89%
356.58%
467.89%
51823.68%
61013.16%
72431.58%
845.26%
911.32%
1011.32%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.25点 Review4人
2 ストーリー評価 4.42点 Review7人
3 鑑賞後の後味 4.33点 Review6人
4 音楽評価 6.00点 Review5人
5 感泣評価 1.50点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS