Menu
 >
 >
 > 青天の霹靂

青天の霹靂

2014年【日】 上映時間:96分
平均点: / 10(Review 43人) (点数分布表示)
ドラマコメディファンタジー小説の映画化
[セイテンノヘキレキ]
新規登録(2014-01-21)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2017-03-20)【イニシャルK】さん
公開開始日(2014-05-24
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督劇団ひとり
キャスト大泉洋(男優)轟晴夫
柴咲コウ(女優)花村悦子
劇団ひとり(男優)轟正太郎
風間杜夫(男優)雷門ホールの支配人
笹野高史(男優)医師
稲川実代子(女優)
柄本佑(男優)
前野朋哉(男優)
黒田大輔(男優)
原作劇団ひとり「青天の霹靂」(幻冬舎文庫)
脚本劇団ひとり
橋部敦子
音楽佐藤直紀
北原京子(音楽プロデューサー)
編曲小林武史「放たれる」
Mr.Children「放たれる」
主題歌Mr.Children「放たれる」
撮影山田康介
製作東宝(「青天の霹靂」製作委員会)
電通(「青天の霹靂」製作委員会)
企画川村元気(企画プロデュース)
プロデューサー山内章弘(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
美術杉本亮
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.定番なナンセンスという感じですが、登場人物を極力絞り、日本映画にありがちなクサいセリフもなく、シンプルにまとまっていて好感が持てます。今のところタイムスリップは万人にとって難しいですが、この映画のテーマである「せつなさ」には万人が共感するんじゃないでしょうか。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2017-04-25 01:40:32)
42.《ネタバレ》 ん?劇団ひとりの初監督作品?ふぅん、期待せずにまぁ観てみるか。ってな感じで鑑賞して見たら、めっちゃいい映画でびっくりしました(笑)。
すごいですね。本当に初監督作?内容的にもヴィジュアル的にも、とても良く出来ていましたよ。
出生を恨み、人生にも絶望した男に突如雷が落ちタイムスリップ。
今まで知らなかった自分の両親についての真相を知ることになっていくわけですが、素直に感動いたしましたよ。
劇団ひとりが出るとどうしても漫才臭くなるんですが、その相方役として大泉洋が見事な演技をしているので
最後まで説得力を持って見せてくれましたね。
あろえりーなさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2017-04-03 22:08:39)
41.使い古されたネタだけにもう一ひねり、二ひねり欲しいと思わなくもないが、振り返ればやっぱり一番には感動がくるんで、それなりに良い映画なんだと思う。悦子さんに生まれてくる子供(自分)の未来を語る場面にはうるっときた。大泉洋はコミカルからシリアスまで幅広く演じるが、広く浅くではなく、どちらもがっちり嵌ってくるのが凄い。いい役者だ。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-04-02 14:03:06)
40.《ネタバレ》 極めてシンプルなのですが、そのシンプルさが良い。タイムスリップ後も、ごちゃごちゃした周囲とのやりとりに浮気せず、さっさと本題に入る。ギャップの部分は、路地を一直線に走ってカメラを上げるというワンカットで処理。その他、手際の良い部分はいくつも発見できます。「客が増えていく過程」は、もう少し丁寧に見たかったかな。最後の豪華なピンステージがちょっと唐突です。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-04-02 01:34:38)
39.期待しないで観たが、オーソドックスなドラマ展開でなかなか良い。
話の筋は読みやすいが、逆にその安定感がある。柴咲コウがキレイ過ぎるのがちょっと非現実的ではあるが、それはそれで悪くない。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2017-04-02 00:38:20)
38.《ネタバレ》 まったく予備知識なく観た。「涙とともに飯を食ったことのない奴に、人生の本当の味はわからない」とはいうが、惨めな自分の人生を想うとき「生きていくだけで 辛れえなぁ」の独白は琴線に触れた。最後にタイムスリップの種明かしとばかりに父親があらわれるが、晴夫にラストの台詞を云わせるために、あるいはそこから逆算してこの映画(あるいは小説)を作ったのではあるまいか?と思えるくらいあの台詞が効いていた。晴夫がこの後どのような人生を歩むのかはわからないが。
kainyさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-03-31 09:35:54)
37.《ネタバレ》 描写のしすぎでダラダラ時間をのばしたり、色々詰め込もうとして話が長くなったりせず
無駄が無くて良いですね。ベタでシンプルな物ほど作るのが難しいと思うのですが。
凄く良かった。感動しました。タイトルへの誘導と出し方。ビンタの自身のネタを仕込む所も。
また設定を芸人ではなくマジシャンにしたところも良かった。最後のマジックのシーン。
鮮やかでしたね。ただ欲を言うと次回作があるなら、もうちょっと
ストーリーにひねりや凝った物で完成度の高い物か話に深みがある物などにも挑戦して欲しい。
そう次回を期待させる出来の良さでした。
デミトリさん [DVD(邦画)] 8点(2017-03-30 00:18:38)
36.面白かった。作家としてのストーリーだけでなく、映画監督としても合格な劇団ひとりの才能に驚いてしまう。
また、大泉洋にあわせて作ったのかというほどの、ぴったりとしたはまり役。
バカリズムもそうだが、お笑いピン芸人は才能が豊かな人が多いということを感じる作品でした。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-12-13 16:04:27)
35.《ネタバレ》 導入のマジック&一人語りから立て続けに大小の不幸が襲い、父の写真を手にするまでの序盤の出来は秀逸。「生きる」ことの意味を失う気持ちに見事に感情移入させられます。ただ、タイムスリップ後の展開はベタすぎてちょっと・・・。結局、主人公は、それから何が起きるかを知っていても過去を変えようとするわけでもなく、ある種の「傍観者」になってしまうのが残念。この展開だったら、タイムスリップなくても過去の母親の日記を見つけるとか、そういう展開でも十分成立しちゃうわけだし。あと、柴咲コウのキャラが美人でいい人過ぎて場末の劇場に似合わなさすぎ。ビンタ癖はそのへんを補ってのことなのかもしれないけど、マジシャンの助手の段階ですでにオーラありまくりで、ちょっと不自然過ぎた。とはいっても、この映画で感心したのは、劇中の「ぺぺと陳さん」のマジックコントが本当に笑えてしまうこと。芸人を描いた映画って肝心の芸が面白そうに見えないと本当に悲惨なことになるのだけれど(音楽映画とか芸術映画でも一緒だよね)、その点、あのマジックコントは大泉洋と劇団ひとりのキャラにもあってて本当に面白そうだった。その説得力は、芸人出身の監督さんでもなかなか難しいはず。そういう意味でも、劇団ひとり監督の次作もちょっと楽しみです。
ころりさんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-11-24 00:01:52)
34.爆笑問題の太田が絶賛していたので、気になっていた作品。劇団ひとりのあの過剰な芝居が苦手で、食わず嫌いだったが、手練の演出は、芸人の映画のクオリティを越えて、ベテラン監督の映画を見ているようだった。洋ちゃんとひとりの芝居なんて、一歩演出間違えれば、それこそ耐えられない作品になってしまうところを、見事に「映画」になっていた。それから、柴咲コウはいいね。好きな女優さん。風間杜夫も久々に銀ちゃんテイストでよかった。いい映画でした。
かさやんさん [インターネット(字幕)] 8点(2016-11-23 23:16:50)(良:1票)
33.《ネタバレ》 劇団ひとりの思わぬ才能に驚き。ベタな話ではあるが、泣き所をしっかり押さえている。
母の無償の愛と父の不器用な愛。物語自体はよくあるタイムスリップものだし、都合の良すぎる箇所はいくつもあるのだけれど、役者の力もあって泣かされる。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 8点(2016-10-05 23:05:19)
32.《ネタバレ》 ほんわかしたパッケージや「笑いと多分一粒の涙」のコピーとは違い、全体の8割程が、いがみあったり、落ち込んだり、悲しんでたりした映画です。 ほんわかした映画って作るの難しいんだな。
紫電さん [DVD(邦画)] 4点(2016-09-18 17:17:38)
31.普通に良かった。大泉洋が上手いです。シナリオは過去にタイムスリップするパターンの典型の様な映画だけど、落ち着いて観れた。劇団ひとりは映画監督や俳優まで出来ちゃうんですね。
SUPISUTAさん [DVD(邦画)] 6点(2016-09-04 10:27:17)
30.予告編で散々ネタバレされてたので、中盤くらいから泣けて仕方なかった。
それくらい予告編見てたはずなのに何故かヒロインは常盤貴子と思い込んでいて、柴咲コウが登場した瞬間は驚いた。
地下鉄に乗ってとか、アフタースクールとか、いろいろ混じって記憶が混乱してたようだ。
それでも、柴咲コウの妊婦役も見事に嵌ってて良かったです。
あと、ぺぺとチンも面白かった。
僕の中でペペと言えばスペイン人なんだけど、そんなことはどうでもいいですね。
もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2016-08-12 13:40:21)
29.タイムスリップもの、母親がいない本当の理由、この2点を軸としてキッチリしっかり造り込んでいった感じ。演出、見せ方みたいな部分も、オリジナリティは感じないけど、良いお手本通りでケチをつける点が見当たらない。脚本は共同のようですが、原作、監督と劇団ひとりの才能は認めざるを得ないところではないでしょうか。また、彼のこれまでの経験から想像される「良い映画」を作るために、細部まで相当な執念をつぎ込んだのではないかと想像します。
そして、その彼が主役に抜擢した大泉洋も十二分に期待に応えていたのではないかと思います。
良い映画であることは間違いないと思うのですが、あえて言うと、綺麗で無難な方向に整えすぎている感じもします。でも初監督としてのアプローチの仕方としては、間違っていない、むしろ正しいし、完成度としても観る側の予想を確実に超えているのではないかと思います。
彼に次回作への意欲があるようなら、同じようなエネルギーと執念をつぎ込みつつ、彼らしいメッセージみたいなものが伝わってくる作品を期待したいと思います。
マー君さん [DVD(邦画)] 7点(2016-04-17 10:58:28)
28.《ネタバレ》 なかなかじゃないすか、とっても良かったですよ。大泉さんはじめキャスティングも的確でした。まったく前知識ゼロだったので、監督が劇団ひとりサンとは知らずびっくり。とてもいろいろな要素がうまく働いていたように思います。それって監督さんのお人柄!? カモですね
Kanameさん [DVD(邦画)] 7点(2016-03-08 19:48:42)
27.はっきり言って、期待していなかった..どうせ、映画好きの、お笑いタレントが、才能もないのに監督のまねごとをして撮った、映画..って思っていた..「ドロップ」「漫才ギャング」 品川ヒロシ 然り、「ボクたちの交換日記」 内村光良 然り..(「陰日向に咲く」は退屈な映画だったし..) ところが、本作を観て びっくり! いやいや どうして、とても良く出来ている! ストーリー、演出、撮影、編集..どこをとっても、映画として、合格点! 脚本は、共同執筆のようだが、シンプルで上手くまとまっていて、ムダが無く、観ている者を飽きさせない..映像は、撮影監督が良いのだろうか..手慣れたカメラワークで、普通に違和感なく、むしろ上手い、って言えるシーンも、随所に見られ..演出、編集も、なかなかの高レベル..これは、監督のセンスなのか..周りのスタッフが、優秀だったのか..定かではないが、素人が簡単に真似出来るものじゃない..さらに、役者陣、大泉洋! 彼の貢献は見逃せない..演技が上手い! クサくなりがちなベタなシーンも、ナチュラルな芝居で、顔の表情(顔芸)が絶妙! マジックシーンも吹き替えなしだそうで、相当練習したらしい..役者魂!が見て取れる..劇団ひとり 演じる父親、無思慮で、だらしなく..そして 不器用..作中いろいろとやらかしてくれるが..なかなかの好演で、物語の中で良く効いている..映画のラスト、ここも、一捻りされていて、玄人好みのニクイ演出..すべてにおいて、良い意味で期待を裏切ってくれた、良作..ドラマ好きの方、オススメ!!
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 8点(2016-02-15 20:59:45)
26.《ネタバレ》 大泉洋が良い!
こういう笑わせて泣かせる映画は、もはや右に出るものはいないのでは??
駆け込み女でもそうだが、とても素晴らしい俳優になったと思う。(BARで遊んでる場合ではない)
劇団ひとりの演出も初監督とは思えず、とくにラストにはやられた。
一番シンプルで、一番わかりやすい言葉で、ここまで泣かされるとは・・
kosukeさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2016-01-20 01:51:06)
25.《ネタバレ》 タイムトリップ親に会っちゃう系の王道、というか、標準ストーリー。
本や映画になるであろう『物語』ですが、この手の設定は数多ありすぎて物珍しさがありません。
まぁコンパクトに過不足なくまとまっていたとは思います。
自分の産まれる時代に立ち合うなんて凄いはずのストーリーで驚きがないんだから、本や映画の創り手にはやりづらい時代になりましたね。
劇団ひとりさんのビンタ芸は、さすがの一言です(笑)
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-11-16 02:00:59)
24.《ネタバレ》 北海道民の私にとって大泉洋が出ているだけで応援したくなるのだが、心配もまたしてしまう。雪原の飛び魚とかやっちゃうんじゃないかと(笑)。

あったりまえの杞憂であった。劇団ひとり、うまく大泉を使ってくれてありがとう&お前もまたビンタくらいまくってくれて面白かったよ&柴崎コウグッジョブ。

満足度のとんでもなく高い良作だったなと。

次々と明らかになる秘密。エスカレーションする物語。これは心を癒す映画だ。

映画館で観たかった(><)

劇団ひとりの持つ「人間観察力」と「テクスト作成能力」をエンターテイメントで包んだべタな大傑作。
JFさん [DVD(邦画)] 7点(2015-10-26 14:39:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 6.74点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4511.63%
524.65%
6920.93%
71534.88%
8920.93%
912.33%
1024.65%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review4人
4 音楽評価 6.25点 Review4人
5 感泣評価 7.25点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS