Menu
 >
 >
 > るろうに剣心 伝説の最期編

るろうに剣心 伝説の最期編

2014年【日】 上映時間:135分
平均点: / 10(Review 49人) (点数分布表示)
アクションドラマ時代劇シリーズもの漫画の映画化
[ルロウニケンシンデンセツノサイゴヘン]
新規登録(2014-06-26)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-09-13)【イニシャルK】さん
公開開始日(2014-09-13
公開終了日(2015-01-21)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督大友啓史
演出谷垣健治(アクション監督)
キャスト佐藤健(男優)緋村剣心
武井咲(女優)神谷薫
伊勢谷友介(男優)四乃森青紫
青木崇高(男優)相楽左之助
蒼井優(女優)高荷恵
神木隆之介(男優)瀬田宗次郎
土屋太鳳(女優)巻町操
田中泯(男優)柏崎念至(翁)
高橋メアリージュン(女優)駒形由美
滝藤賢一(男優)佐渡島方治
三浦涼介(男優)沢下条張
丸山智己(男優)悠久山安慈
村田充(男優)魚沼宇水
江口洋介(男優)斎藤一
藤原竜也(男優)志々雄真実
小澤征悦(男優)伊藤博文
島津健太郎(男優)才槌
福山雅治(男優)比古清十郎
原作和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」
脚本大友啓史
藤井清美
音楽佐藤直紀
主題歌ONE OK ROCK「Heartache」
製作ワーナー・ブラザース(「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会)
集英社(「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会)
配給ワーナー・ブラザース
編集今井剛
録音益子宏明
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

49.前作の最後に出てきた「謎の男」福山雅治が、実は主人公の師匠でした、ということなんですが、どうもこの師匠、貫録がない。しゃべり過ぎ。師匠なんだったら、長いアゴヒゲをさすりながら、ただうなずいていればよいものを(←それは別の映画ですが)、こうもペラペラしゃべると、いくら強くったって、弟子と同格に見えてしまう。師匠たるもの、時には背中で語ってみせろ! と思うのですが、そこがスター・福山のかなしさで、せっかく背中をカメラに向けていてもすぐに振り返ってしまうし、振り返らなければカメラの方がわざわざカットを切り替えて彼の前面にまわってしまう。
この3作目も、あいかわらず「ほらスピーディでしょスゴイでしょ」といわんばかりのチャンバラが続きますが、クライマックスは妙なコスチュームの5人が一堂に会して戦いを繰り広げ、その意味ではインパクトのあるシーンになってます。
ラストの海岸の場面、夕日でも差していれば、サマになったかも。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-09-13 22:49:54)
48.《ネタバレ》 実は志々雄が一番強かった。というお話。
リニアさん [映画館(邦画)] 5点(2017-05-07 15:14:30)
47.日本もこういうアクション映画が作れるようになった。というのは1作目の時点では良いんだけど、2でも3でも同じようなことやってたら単に飽きるのが普通。いろいろ強い奴が出てきて、戦いを繰り返すけど、大体同じ調子だし、尺も取りすぎてる。茶番(劇中のセリフから拝借)のあと、いよいよラスボス戦を迎えるも、まさかの4対1で目が点。原作はよく知らないんで、キャラの描き方などについて不満、怒り等はないが、話の盛り上げ方は正直上手くないなーと。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-01-30 19:41:41)
46.どうせやるなら、プロジェクトAくらいかっこよくやって欲しい。
マー君さん [DVD(邦画)] 6点(2016-10-15 13:28:01)
45.《ネタバレ》 最後はみんなで寄って集って嬲り殺し。
卑怯としか言い様が無いけど、これでもまだ殺してませんよって言い張るつもりなんだろうか。
中学生のリンチ殺人で、口を揃えて殺してないって否認してるのと同じようなもの。
これじゃ不殺の誓いのルールが自分勝手過ぎるわな。
そもそも青紫はどこから湧いて出たんだか謎。
そんなのに高額なギャラを払うより、十本刀にもうちょっと予算を廻せなかったんだろうか。
本当に10人居たのかすら怪しいレベルで存在感が無かった。
もとやさん [地上波(邦画)] 5点(2016-09-03 15:37:23)
44.青紫の部分が展開的に無駄なんですよね。その分十本刀の方に尺に回せたでしょうに。一作目で青紫登場させておけばもっとスムーズに話に絡ませることが出来たのに勿体無い。日本映画としてはホントアクション頑張ってて、それだけで最後まで十分見れる作品に仕上がってました
映画大好きっ子さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-07-12 21:39:50)
43.あんまり覚えてないが、おろろっていうセリフは違和感を感じる。
六爺さん [DVD(邦画)] 5点(2016-01-26 14:56:21)
42.やっぱり実写で剣心達の超人振りを表現するのは難があるなあという感想。
どう見ても主要キャラ個人の力よりも、憲兵達の数や武器の方が強そうだわ。
ひとりの人間が超人的な強さを発揮するのは、漫画だけの世界の話だよねと思ってしまう。
その意味で物凄く茶番感の漂う映画。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2016-01-25 14:17:21)
41.薄っぺらな脚本に驚いた。不遇かつ雑な扱いを受けたその他の十本刀に笑うしかなかった。
真尋さん [DVD(邦画)] 3点(2016-01-18 00:02:05)
40.《ネタバレ》 1部観てた時もこんな話だっけなぁ、と思うところが所々あったけど、
2部を観てオリジナルに描きなおしてるとやっと気づいた。
殺陣が増えた分1部よりはまだ観れたけど、
全体的に見れば、お金を掛けただけの内容かというとやっぱりしょっぱい。
良い所を探すのが難しくなってる。
原作物は忠実にしないと!とまでは、思わないけど原作への愛がないのがモロに作品に出たのだと思う。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 3点(2015-12-20 08:32:55)
39.テレビ放送があったので、つい観てしまったけど、これは酷い映画ですね。もう何がなんだかわかりません。原作漫画読んでないからなのか。2作目映画を観てないからなのか(1作目は観たけどつまらなかった気がする)。とにかくつまらん。日本を代表する人気役者をふんだんに使ってこれほどの駄作を作るとは。佐藤健がやたら頑張るアクションシーンが哀愁を誘いますな。以上
ぽじっこさん [地上波(邦画)] 2点(2015-11-17 20:00:27)
38.《ネタバレ》 斉藤一が「茶番だ」と言い放つ場面があったが、まさにそれ。前作で中途半端だった部分がここにきてツケが回ってきた。原作にない新政府絡みの話で時間を費やし、わざわざ東京で決着を付ける展開が分からない。これだけで大幅なロスタイムに繋がり、宗次郎を初めとする十本刀の扱いといい、善と悪の境界線、贖罪といったテーマに消化不良感が残った。最後の戦いもやはり一本調子で飽きる。頑張ってはいるけどただただ空回り。酷い実写化の前例と比べれば残念な出来ではないにしろ、日本だけでマーケットが完結しているようでは世界と勝負する実感が湧かないから、誰が撮っても結果は同じだろう。
Cinecdockeさん [地上波(邦画)] 4点(2015-11-09 21:55:43)
37.今回は全体的に淡々として盛り上がりに欠けていたような気がする
misoさん [地上波(邦画)] 5点(2015-11-09 10:40:03)
36.《ネタバレ》 なんでわざわざ伊藤博文がテロリストの本陣に出向いてお食事会するんですか?政府は大砲ブチ込んだらすぐぶっ壊れる船1隻にビビりすぎ。なお、原作だと炸裂弾でぶっ壊れます。
たろささん [地上波(邦画)] 2点(2015-11-07 01:01:45)
35.《ネタバレ》 コスプレ大会。
前半の修行があまりにも長くて退屈だ。何言ってるのかわかりにくすぎて字幕表示有りで観てた。
10本刀がどいつもこいつもかなり適当にやられていく。雑魚扱いじゃないか・・・。
ラスボスがいきなり燃え出すとか、説明不足すぎて意味わからんのではないか・・・
(原作は読んでるのでなぜ燃えるかは知ってますが・・・)
虎王さん [DVD(邦画)] 4点(2015-09-02 11:17:53)
34.殺陣はハイスピードでいい。アニメからの配役も悪くないし世界観を壊すことなく実写化に成功している。
凄く良い・・・。のだけど、ちょっと中途半端に長い。2作目3作目は30分ほど短く再構成して
テンポ良く進んだ方がより殺陣の爽快感が出たと思うので惜しいね。
原作にとらわれず、カットする所はカットして、話しもリアル過ぎてつまらなくならない程度に
リアルにしても良かった気がする。中途半端にアニメ要素出すから「えっ?」となる。
あと音楽をもう少し和にして欲しかった「飛天」って曲がアバターの
「Shutting Down Grace's Lab」みたいで世界観に合ってない。長時間見た上でこの曲を聴くと疲れる。
良い曲が当てれないなら映画オリジナル曲にこだわらずアニメの曲をアレンジして使ったらと思う。
デミトリさん [DVD(邦画)] 5点(2015-09-01 01:05:15)
33.《ネタバレ》 テンポ悪いなぁ。アクビ出ます。3匹の怪獣で、よってたかってキングギドラを退けた昭和の某ゴジラ映画を思い出しました。主人公は誰なの、って感じです。
原作にあるモチーフをつまんで、映画のオリジナル脚本にしたみたいです。でもねぇ、照れ隠しに「茶番」なんて言うようなシーンは入れるなよ。ホントに茶番だったよ。変な例えですけど、アニメのテレビシリーズの再編集で仕立てられた映画を見せられているような感覚です。もちろん原作を知る者の意見ですけど。
繋ぎ合わせは、どうしても無理矢理感が滲みます。宗次郎クンが「ボクが間違ってたのかぁ?」と半狂乱になっても、そんなん知らんがな。前後が繋がりませんよ。これは、情感を煽る為の大仰な台詞でリズムを崩し、観る側は覚めて行くと云う悪しき邦画の典型です。最後、剣心にプロポーズさせるところだけは気が利いてましたが、それ以外はマイナスばかりが目立つ脚本でした。ゴロゴロ死体が転がる場所で、呑気に長々と敬礼なんかするな。
悪口を続けますけど、この作品からはテーマが見えません。ぶつぶつ独り言を言いながら、めっちゃ早いチャンバラが続くだけの映画でした。クチの悪いレビュー、すみません。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2015-08-07 01:05:46)(良:1票)
32.福山雅治が福山雅治にしか見えなかったし、ボソボソしゃべりすぎで何を言ってるかよく分からなかった。修行の場面が長いし、福山雅治の顔のアップも多くて、PVを見せられているのかと思った。
もっと前半を短くして、茶番処刑の場面を失くして、敵側にフォーカスを当てて、宗次郎と剣心の過去を対比させる事で、善悪は紙一重であり状況次第、境遇次第(剣心が始めに出会う人が志々雄のような人物であれば状況はまったく変わっていたかもしれない)で、人間は善にも悪にもどちらにもなり得る、また単純に善と悪に分ける事はできないといった事も描け、作品自体にもっと深みが増したのではないかと思った。
ちゃじじさん [映画館(邦画)] 4点(2015-07-30 16:58:02)
31.《ネタバレ》 もうね、何が一番ダメだったかって、、、福山さんです、、、師匠なのに強く見えないし、アクションがブルース・リーって、、、。あとね、これは原作未読だから文句も言えないけど、志々雄が燃えるって、、、。剣心の敵として一番強そうなの蒼紫だったから、ラスボスにはがっかりだったなぁ。でも三部作では楽しめました。チャンバラアクションが大好きなので、佐藤さんのアクションシーンはワクワクしながら観られました。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-07-27 20:24:11)
30.《ネタバレ》 私的には前半の師匠とのやりとりはよかったとお思います。テンポもよく、神木君とのチャンバラもいい感じだった。しかし、志々雄との対決がよくない。強すぎる。おしまいかなと思っても終わらない。無駄な台詞が多い。まるでTVドラマの最終回のごとく、次から次へといろんな人が出てくる。そのくせ全二作では大事なポジションだったヒロインは全く出てこない。前2作が結構いい感じだっただけに、もったいなかった。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-07-12 22:48:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 5.24点
000.00%
100.00%
224.08%
3510.20%
4714.29%
51632.65%
6918.37%
7612.24%
836.12%
900.00%
1012.04%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review3人
2 ストーリー評価 4.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review5人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 4.00点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS