Menu
 >
 >
 > 映画 ビリギャル

映画 ビリギャル

(ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話)
Flying Colors
2015年【日】 上映時間:117分
平均点: / 10(Review 59人) (点数分布表示)
ドラマコメディ青春もの学園もの実話もの小説の映画化
[エイガビリギャル]
新規登録(2015-02-09)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2016-07-16)【イニシャルK】さん
公開開始日(2015-05-01
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督土井裕泰
キャスト有村架純(女優)工藤さやか
伊藤淳史(男優)坪田義孝
吉田羊(女優)工藤あかり
田中哲司(男優)工藤徹
野村周平(男優)森玲司
あがた森魚(男優)峰岸誠
松井愛莉(女優)本田美果
安田顕(男優)西村隆
矢島健一(男優)校長先生
中村靖日(男優)
峯村リエ(女優)玲司の母
脚本橋本裕志
編曲サンボマスター「可能性」(ビクターエンタテインメント)
主題歌サンボマスター「可能性」(ビクターエンタテインメント)
製作TBS(映画「ビリギャル」製作委員会)(製作幹事)
KADOKAWA(映画「ビリギャル」製作委員会)
東宝(映画「ビリギャル」製作委員会)
電通(映画「ビリギャル」製作委員会)
WOWOW(映画「ビリギャル」製作委員会)
毎日放送(映画「ビリギャル」製作委員会)
朝日新聞社(映画「ビリギャル」製作委員会)
市川南〔製作〕(映画「ビリギャル」製作委員会)
平野隆
配給東宝
あらすじ
名古屋市。素行不良のギャルで、高校2年生で小学4年生程度の学力しかない少女・工藤さやか(有村架純)は、塾講師の坪田信貴(伊藤淳史)の指導を受けて学力偏差値を上昇させ、慶應義塾大学に見事現役合格をする。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.《ネタバレ》 実話ものらしいが映画からは真実味というものはあまり伝わってこない。担任の教師と塾講師が主人公のことで喫茶店で話をするシーン。塾講師が熱く語る傍らには塾の生徒二人が見守っているというあまりに出来過ぎたシチュエーション。家庭においては父の歪んだ愛情は息子にのみ注がれるという極端な環境。母の端から見れば異様に見えるくらいの娘を守ろうとする姿勢。本当にこんなことがあったのかと思わせるところが多く、おそらくいろんな脚色がされているんだろうなという思いで観ていた。

しかし、そういう極端さはこの映画においてはあまりマイナスになっていない。それはこの映画が愚直なまでに何かにのめり込む人たちの物語だからだ。愚直なまでに主人公を信じる母親と塾講師。息子をプロ野球選手に育てるべくその環境を何の迷いもなく用意する父親。そして、主人公のさやかは不良ぶっていて教師に反抗的な態度をとってはいるが、塾に来てからの彼女は素直そのものだ。反抗的な態度をとるのは挫折しそうになった一度だけ。あとは塾講師の言うことに耳を傾け一心不乱に勉強に打ち込む。
こういう作品にひねりの利いた展開やリアルさを追求することは逆に邪魔になるだろう。愚直の何が悪いんだと言わんばかりの真っすぐな展開が逆に気持ち良いくらいだ。塾仲間の野村周平との間に恋愛要素が微塵もないところが良い。

キャストは皆熱演しているが母親の“あーちゃん”を演じた吉田羊が素晴らしい。本当に家族に対しているかのような彼女の演技がこの映画に必要なリアルさを引き出している。受験の話と思わせているが実は家族の再生の話でもある今作においてとても重要な要素だと思う。有村架純はあまりギャルっぽく見えない感じだが素直さがにじみ出るような雰囲気が良い。へそ出しで出てきたときは素直にかわいいと思ってしまった。

ベタな展開は良いのだが終盤の手紙のやり取りは少々くどい。そこまで言葉にしてしまうのかと。テレビ的な作り方をしているとはいえやはり映画ならではの描き方もしてほしかったというのも正直な感想。
さん [インターネット(邦画)] 7点(2017-12-06 01:35:37)《新規》
58.なかなかに熱くなれるいい映画でした。映画の最初の頃と最後で全然違う風景で見てて気持ちよかった。

個人的に伊藤淳史さんはネガティブな役ばかりで嫌いなほうでしたが、この映画で見直した感じ
ラスウェルさん [DVD(邦画)] 7点(2017-12-04 23:52:29)
57.《ネタバレ》 母ちゃんが、バットで車をぶち壊すところが胸熱です。
へまちさん [DVD(邦画)] 8点(2017-08-14 03:03:47)
56.《ネタバレ》 気合入った努力、ほとばしるような青春、必死になることを思い出しました。いい映画でした。恋愛を絡めないのも良かった。しかしながら、題材としての限界を感じます。担任の先生を無理矢理、悪者にする必要はなかっただろうに、もう少し展開の余地を見せて欲しかったです。おし、おっさんもがんばろ!
Keytusさん [ビデオ(邦画)] 6点(2017-08-13 03:59:30)
55.子供のせいで呼び出された母親が「この子はとてもいい子なんです」と連呼している前半、何となく違和感を覚えていたのですが、後半なぜか結構泣けました。吉田羊のパワーがかなり効いていたと思います。
それと、私自身にとって受験はもう何十年も昔の話ですが、中途半端な結果で終わらせてしまったという思いが、頭の隅っこにずっとあったのかも知れません。
あの頃に戻って受験をやり直したいか?と聞かれたら、そこまでとは思いませんが、何かのきっかけで強制的に高校生に戻されるようなことがあったら、可能な限りの時間を勉強に費やせるのではないかと考えたりします。
マー君さん [DVD(邦画)] 8点(2017-08-05 23:26:42)
54.素直な心。最強です。
リニアさん [映画館(邦画)] 8点(2017-07-17 01:59:06)
53.いくら実話に基づく話であっても、非常に嘘っぽいタイトルのこの映画は最初は見る気がしなかったが、主演が有村架純と知って軽い気持ちで鑑賞。朝ドラ「ひよっこ」の田舎娘が金髪へそ出しミニスカートのビリギャルを好演して惹き込まれてしまった。娘を信じる母親役の吉田羊もすばらしいし、塾講師の伊藤淳史もとてもいい。「ダメな教師はいてもダメな生徒はいない」のことばは衝撃的だった。学習塾の個別指導はどこにもあるが、ここの塾は子別指導、人を育てるにはその子にあった指導が欠かせないことがわかる。感動的な映画だったが父親と息子の扱いが少し不満。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 8点(2017-06-12 16:10:09)
52.《ネタバレ》 あー、なんだかんだいって私ってば、こういうベタなものが好きなのね、と思い知らされた作品。
「受験版ロッキー」の称号を与えても過大評価ではないでしょう。
有村架純の良さも存分に出てるし、その他キャストも存分に輝いています。
私が名古屋人だからというのもあるのでしょうけど、小ネタのチョイスもツボでした。(芥川龍之介の親、絶対中日ファンっしょ、とか)
トリッキーで緻密な完全犯罪的な脚本が増えてきたけど、こういう大理石の灰皿つかんでガツーーーン!っていう感じなのが潔くて素晴らしい。
こういう観終った後に幸せな気分になれる映画が日本にあることは。もっと誇って良いと思うのです。
商業主義に偏りつつある匂いもありますが、それを匂わせていても力強い作品だと思います。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 10点(2017-02-24 23:02:17)
51.見て、前向きに進んでいけそうになる映画。話がオーソドックス兼こじんまりしているので、ストーリーが破綻することはない。
しかし、役者の演技がぴったりはまっていて、見ていて、引き込まれる。久しぶりに最近の邦画を見ましたが、いいものですね。
代書屋さん [DVD(邦画)] 7点(2017-02-13 23:04:33)
50.《ネタバレ》 ひねりのない予想通りの展開、登場人物たちも主役と講師の二人を除けばステレオタイプと言いますか、とてもよくあるキャラクターばかりでした。とくにお父さん。でもどんでん返しを期待するような映画ではないので、この展開を待ってました!の連続を楽しむべき映画だと思います。それに彼女の真っすぐで竹を割ったような性格に、ひねりのきいた展開は似合わない笑。実はビリも悪いことばかりではない。これ以上落ちることはないから。でも彼女がビリなのは偏差値ではなくて、むしろ"努力"だったと思います。努力によって伴う犠牲(金、時間、人間関係)。そして努力によって得られたものは?合格とか偏差値とか目に見えるものも重要ですが、それよりも大切なのは"自信"を知ったことです。観た後は、先ずは等身大のできる努力から始めてみよう、という前向きな気持ちになれます。そういった意味で、一月(できれば早いうち)に観ることをおススメしたい。私はと言えば、一月の三日に観ました。おかげで次の日から仕事もバリバリ、気力もみなぎったのだが、それがいかんせん長く続かない。きっともう歳なんだろう、と年齢のせいにして締めくくることにしよう。
タケノコさん [DVD(邦画)] 7点(2017-02-01 22:57:53)
49.《ネタバレ》 巷では話題になっていたものの今となって初鑑賞。サヤカを支える母親が一番光る映画。サヤカにかけてあげる一言一句が包み込むような温かさを感じた。全体的にキャストは、各キャラクターのパーソナリティーと合っていて鑑賞しやすい。飽きることなく最後まで見れた。塾は、勉強の中身より方法論やモチベーションを与えている印象で、実際はどうだったのか気になる。
カジノ愛さん [インターネット(邦画)] 7点(2017-01-27 01:42:03)
48.《ネタバレ》 後にも先にも有村架純がかわいい。この映画の魅力はそれに尽きる(あくまでも個人的見解ですが)。で、主人公がとても頑張ってエラいのは十分に伝わりましたが、それ以上に塾の講師がエラい。日本史の概観を把握するために(おそらく小学生向けの)マンガから入る、というのは激しく同感。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 6点(2017-01-15 00:24:30)
47.もともと素質のあるギャルが諸事情で怠けていただけなので、環境を変えてその気にさせた母親と塾の教師が素晴らしい。美しく脚色されているんだろうけど、あーちゃんの愛と優しさ、そして分かっていても合格の瞬間にグッときてしまいます。
ProPaceさん [地上波(邦画)] 8点(2017-01-07 22:42:35)
46.《ネタバレ》 「ヤムチャ死す」並のネタバレタイトルですので
プロセスが勝負の映画になりますが、そのプロセスが良かったです。

安易に恋愛要素にはいかず(逆に排除)
むしろ家族愛を主眼においているところも良かったですし

主人公がちゃんと努力して成長している部分を描いていて良かったです。

キャスト面だと、必死に子供を支える母ちゃんが良かった訳ですが
生徒たちに真摯に向き合う坪田先生も非常に良かったです。

さらに地味の金髪登場の有村架純が気に入ってたり(後半の方がやっぱり似合ってますが)
全体的にキャスト良かったです。

で、気になった所は親父が最終的に会心したとはいえ
挽回できないほどのクズ親父だったのと

E判定からC判定にブレイクスルーの要因が
慶應を直接見た以外にもガツンとくる演出が欲しかった感じです。

とはいえ、こういう努力系の話は好きなんです。
シネマレビュー管理人さん [ビデオ(邦画)] 7点(2017-01-06 10:47:21)(良:1票)
45.吉田羊の演技を観て、言葉というのは何を言うかではなくで、誰が言うかが重要だと分かった。

監督が「逃げ恥」を演出した土井監督だと知って納得。わずか2.3分の妄想シーンに
エキストラを100人単位で使い、実写の説得力を出してみせた「分かってる」人だ。

人が頑張る姿や子を見守る親の姿はそれだけで魅せられる。
役者が有村架純と吉田羊ならなおさら鉄板だ。
その鉄板にシンプルな題材を絶妙な塩加減で味付けしたのが土井監督というところか。
michellさん [地上波(邦画)] 8点(2017-01-04 14:01:00)
44.《ネタバレ》 とてもいい映画でしたね。素直に感動いたしました。
希望の大学に進学するというのはもちろん自分のために頑張るんだけど、
自分だけじゃなくて周りの人たちのためにも。
先生もあーちゃんもお父さんもあの男の子も、みんなそれぞれに事情があってそれぞれ頑張っている。
自分だけじゃない。応援してくれてる。そういうの大事ね。
先生の教え方も素晴らしいし、こういう人ならついていきたくなる。
そして一人の女子高生のお話というよりも、家族のお話。一つの家族の、再生のお話。
多くの人が、共感できる内容だと思いますね。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 8点(2016-12-30 09:00:17)
43.《ネタバレ》 もっと軽い映画を想像していたが、意外にもまじめに作られた良作だった。いろいろツッコミたい難点はあるが、良い映画だったと素直にほめたい。
どうしようもないオバカだった主人公が、紆余曲折を経ながら、顔つきまで賢そうに変貌していく様子は感動的。でも、普通かなと思う。
私は坪田先生を演じた伊藤淳史にとても好印象を持った。バリバリのカリスマ講師みたいな先生なら見ていて引いちゃうと思うが、見かけ的にイケテナイ、でもどこか小動物系で愛すべきキャラ。自分も苦しんだ過去があるから、問題児といわれる生徒を愛し、受け入れ、可能性を信じて伴走してあげられる先生を好演していたと思う。
父親のダメっぷりはわざとらしく感じた。それに対し、きつい仕事をしてまで娘を応援し、誰に否定されても娘を信じてあげられる母の愛は偉大だと感じた。
また、試験当日に合格コーヒーを飲みますと言っているのを聞いて、自分は大事な用事がある日の飲み物・食べ物にはとても気をつけるので、高校生が飲み慣れないコーヒーなんて飲んじゃって大丈夫なのかな、と思っていたら案の定。翌日の試験では受かったからいいけどね。皆さん、大事な用のある日は飲み慣れないものは飲まないようにしましょう。
チョコレクターさん [地上波(邦画)] 7点(2016-12-29 15:21:06)
42.テンポよく内容も単純で楽しめた。
ホットチョコレートさん [地上波(邦画)] 8点(2016-12-28 07:06:59)
41.結果は分かっているものの感動的。
でも、冷静に考えると、受験が全てではないので人生まで言ってしまいそうなことはどうかな、とか思ったりして。まあいいか、という映画。
simpleさん [地上波(邦画)] 7点(2016-12-27 22:04:41)
40.《ネタバレ》 金髪・臍だし・勉強ゼロのギャルが「クズ」と言われてふてくされてた。慶應にしない?の塾講師の一言で、諭吉も慶應キャンパスも知らずに勉強を始めた。黒髪・ショートヘア・ジャージにして偏差値あげたら父親に「クズ」扱いされなくなった。というお話です。
父親がひどくて「クズ」人間なのです(おっと、これを言ったらイケナイ。)暴言・暴力・差別。子どもが頑張っている過程は見ずに、結果(野球部ならレギュラー、模試ならC判定)だけが全てです。さやかの受験を通して父親が成長しないのが納得いきません。
悩む息子を前に何も言えず、娘のC判定を聞いて表情が変わる。息子がダメなら、これからは慶應目指す娘が我が家の希望、なんて言うひどい父親、それでも困っている人を助ける、というシーンもいやらしい。
「おやじの夢をかなえられなくてごめん」と謝る息子。謝らなくていいんだよ。君は多くを学んだじゃないか。学んでないのは親の方だよ。
ラストで、さやかが父親の背中にジャンプしておんぶしてもらうシーン。頑張ったけど結果慶應不合格なら父親は許したんでしょうか。
見た目を変え学歴をつけてこそ「クズ」からの脱却、という感じがどうなんでしょう。
LOISさん [地上波(邦画)] 5点(2016-12-27 21:22:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 59人
平均点数 7.03点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
546.78%
61423.73%
72237.29%
81525.42%
935.08%
1011.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.25点 Review4人
2 ストーリー評価 7.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.20点 Review5人
4 音楽評価 7.00点 Review5人
5 感泣評価 7.80点 Review5人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS