Menu
 >
 >
 > 心が叫びたがってるんだ。(2015)

心が叫びたがってるんだ。(2015)

2015年【日】 上映時間:119分
平均点: / 10(Review 24人) (点数分布表示)
ドラマアニメ青春もの学園もの
[ココロガサケビタガッテルンダ]
新規登録(2015-09-07)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-05-11)【イニシャルK】さん
公開開始日(2015-09-19
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督長井龍雪
水瀬いのり成瀬順
内山昂輝坂上拓実/卵の妖精
雨宮天仁藤菜月
細谷佳正田崎大樹
藤原啓治城島一基
吉田羊成瀬泉
原作長井龍雪(超平和バスターズ)
岡田麿里(超平和バスターズ)
田中将賀(超平和バスターズ)
脚本岡田麿里
作詞秋元康「今、話したい誰かがいる」
コトリンゴ「Harmonia」
作曲コトリンゴ「Harmonia」
主題歌乃木坂46「今、話したい誰かがいる」
挿入曲コトリンゴ「Harmonia」
製作アニプレックス(「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会)
フジテレビ(「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会)
電通(「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会)
小学館(「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会)
A-1 Pictures(「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会)
植田益朗(製作代表)
清水賢治(製作代表)
久保雅一(製作代表)
制作A-1 Pictures
配給アニプレックス
作画田中将賀(キャラクターデザイン/作画監督)
美術中村隆(美術監督)
編集西山茂
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
24.《ネタバレ》 DVDで鑑賞後地上波でもやっていたので鑑賞。
いやおもしろかったです。くさいくさい青春ドラマじゃなかった。
終盤の、たまごが、「スクランブルエッグだ!」といったところからが、一気に盛り上がりました。
成瀬が学校に戻ってきて、心の声を歌いながら登場するシーンの演出はよかったです。
最後もハッピーエンド!
文化祭終わったあとの愛の告白は、定番で青春だね〜〜。
へまちさん [DVD(邦画)] 8点(2017-08-13 14:04:45)
23. アニメのこの作品はよいと思います。実写でやったら恥ずかしくなるかも。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2017-08-11 17:32:53)
22.《ネタバレ》 青臭い青春活劇。やや恋愛寄り。喋れなくなった少女という設定は、なかなか面白かったと思いますが、いまひとつ捻りが足りなかった印象。恋愛方面も、最後そうなるか~といったズッコケ感が。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2017-08-10 13:32:35)
21.何かに打ち込んだり悩みに葛藤する青春映画は好きなのだが、結局恋愛話なのかい!って感じで少々最後辺り期待外れだった。
misoさん [地上波(邦画)] 6点(2017-08-10 03:01:56)
20.《ネタバレ》 出だしの丘の上のお城からの母親へのおしゃべりの件は期待させるものがありましたが、それ以降は個人的には受け付けなかったです。ちょっと恋愛しすぎではないでしょうか。高校生の頃って恋愛が全てなのかというとそうではない気がします。もうちょっと恋愛以外の青春要素を交えて欲しかったです。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 4点(2017-08-07 21:54:12)
19.物語は単純だが、女性向けとしてはいいのかもしれない。
もっと音楽を効果的に使ってもいいような気がするが、ごく普通の出来。
simpleさん [地上波(邦画)] 5点(2017-07-30 19:51:26)
18.《ネタバレ》 この作品については個人的に食わず嫌いしていました。

柳の下に…的大人の事情で製作される作品にろくな物はないですし、アニメフアンに「もっとも脚本を書いてほしくない作家」アンケートを取れば1位を獲得すること確実の岡田脚本となれば、劇場に足を運びたくはならないしレンタルをする気も起きない…となるのはしょうがないところ。
そんな本作ですが今回実写版の公開に合わせてテレビ放送されたため鑑賞する事が出来ました・

で、結果としてはいい意味で裏切られたというのが率直な感想。

いろいろな作品でやらかした感のある岡田脚本ですが、本作のような本来の自分のテリトリーである秩父舞台のトラウマ物でシナリオを書けばちゃんとした物かけるんじゃん、と。まぁそう思ったわけです。(すんごい上から目線ですねw)

この作品の基本プロットは、よくある若者の葛藤群像劇であり成長物語であり、個人的にこの手の青春群像物映画はハナにつくものばかりで苦手なのですが、この作品については登場人物が基本的に善人として描かれている上に映画全体が前向きなためか観ていていやな気分になりませんでした。
これは僕的にはとても珍しい事です。

もちろん現実の人間を見れば登場人物はいくらなんでも善人すぎるとも思うんですが、しかし現実で嫌な奴についてはさんざん見慣れている私達ですから、何も映画の中でまでそんな腐った人間や嫌な人間をわざわざ見なくてもいいんじゃない?とも思うわけです。
そういう意味ではちょっと善人すぎるくらいの登場人物が揃うこの映画のスタンスは個人的には嫌いではありません。

最後も、あまりはっきりとした決着をつけず主要人物が未来に向かって歩き出す形で終わっている点も好感が持てます。
途中で「これ絶対に大樹と順がくっつくだろう」と思っていただけに、そこも完全に想定通りでしたし。

この映画で惜しいのは終盤のクライマックスシーン。
ミュージカルシーンとたくみが順を探して説得するシーンが平行して進む構成で、アイデアとしてはいいと思うんですが、残念ながらわざわざ平行させている意味がほとんどありません。
こういう構成をとるならなんらかの形でこの2つのシーンを呼応させるような工夫を持たせて盛り上がるべきところだと思うんですが、そういう工夫が全く無く相互にぶつ切り状態。
本当にただ平行して描かれているだけ。これは本当にもったいないです。

しかも、高校生のミュージカルなんてせいぜい20分か長くても30分程度ですよね。
どう考えても探す方のシーンとの時間が合っていません。
あのラブホが学校のすぐ裏にでもあった等でなければ絶対ミュージカルが終わってますよね…とつい突っ込みをいれたくなります。

さらに惜しいのが順を説得するシーンで、「え、それで解決しちゃうの?」って感じで正直拍子抜け。
彼女のここまでのトラウマや現場放棄した罪悪感その他もろもろを考えると、もうちょっと解消するための何かがないと無理があり、よくわかんない言葉遊びを少ししただけで手打ちというのはあまりに安直ではないでしょうか?

まぁそんな感じでクライマックスがやや残念という、コース料理で言えば「メインがイマイチ」という残念さがあるのですが、先に書いた通り映画全体のテイストが前向きで好感が持てるものであったため「メインは残念だったけど、コース全体としてはよかったよ」という感じの映画になっています。

クライマックスをもっとうまく組み上げてくれれば、かなりの名画になれた…と思うんですが、それは高望みというものでしょうか。
「あの花」にしても終盤の花火のくだりは微妙でしたからこのあたり製作陣の限界かもしれません。

とまぁ映画のベーシックな感想はここまでで、個人的に思った細かい事を2つ。

一つはメインの女性キャラの声優に水瀬いのりと雨宮天という20歳前後の若手女性声優の中でも特にルックス重視の選択が行われていた点。
おそらく映画が成功したときのイベントなどを考慮して「若くて可愛い子を」というビジネス的な配慮があっての起用だろうなと邪推してしまいます。
とはいえそこはプロの声優。演技に問題は全くなく、特に難しそうな順役を水瀬は好演していて(実際それで賞ももらってますし)、最近の劇場大作にありがちな「知名度の高い俳優女優を声優に使って違和感バリバリ」という悲惨な事故を起こしてないだけでもこの作品は評価できると思います。

もう一つは、たくみの父親の部屋にある大型スピーカー、あれはダイヤトーンのDS-3000ですね。
1984年発売ペア52万円。特に歴史に残る銘機等ではないのに一発でわかった自分はちょっとすごいな、と思いましたw
あばれて万歳さん [地上波(邦画)] 8点(2017-07-30 18:49:16)
17.《ネタバレ》 実写版公開の宣伝?放映で、その存在を初めて知ったぐらいでしたが、まぁ良かったかな。
たしかに物語の出だしが『父親のラブホ不倫目撃』とか『ヒロイン放棄』とか『おまえらくっつかないんかい!?』とかいろいろ気になるところはあったけど。
結構タイトルに救われてる感じはあったかな。
心が叫びたかってるんだ。
これはヒキがありますわな。
青春は若い人の特権だし、世相の反映は当然現代のものに合わせて作られるべきだしで、中年のおっさんが覗き見させていただくには十分楽しめました。
ろにまささん [地上波(邦画)] 6点(2017-07-30 08:18:52)
16.《ネタバレ》 自分から劇をやりたいと言い出した時点で話完結していると思ったら
案の定、失恋してヒスってるという…。
でも2つの曲を合わせるという高校生でも思いつきそうで素晴らしい楽曲に仕上がっているのはいい。
Donatelloさん [映画館(邦画)] 6点(2017-07-23 10:22:42)
15.「何かが誰かが100%悪いとか駄目とか、そういうのってきっと無い」。代役ミュージカルがちょっと気になったが全体的にはきゅんきゅんで良。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 7点(2017-05-08 19:10:10)
14.《ネタバレ》 いやぁ~恥ずかしくなるくらい青春してますね~。うんうん、若い若い。思春期の頃って、もがいて苦しんで、探して探して探しまくって必死に答えを見つけ出そうとするんですよね~。世の中にあるたっくさんの情報をなんとかまとめようとしたりもしますね。そんでもって分かった気になったりして。自分は、世界は、こうなんだと。でもそれって結局は主観が大半で、そこに客観性の要素はほんの数パーセントしかない。他人と触れ合って他人の言葉に耳を傾けてそこで初めて気付くこともたくさんある。そして人は成長していく。

この映画は、思春期の少年少女たちが心の中の殻を破いていく姿を、ミュージカルという題材を借りて描いた青春映画です。ミュージカルに奇跡はつきもの。青春時代に起きる様々な出来事も長い人生からしてみたらきっと、奇跡みたいなものなんでしょう。そういった点では非常に良く出来た脚本だと思います。ヒロインが舞台本番当日に逃げ出しちゃうのも、高校生だってまだまだ子供だな~って思えたし、その後絶妙のタイミングで帰ってくるのもドラマチックだしまさに奇跡で、わたし的にはアリでした。大人だって自分のことしか考えられない人ばかりなんだから、彼ら彼女らが自分の恋愛のことを優先しちゃうのも無理のない演出でしょ。

ただね~、出来ればもうちょっとミュージカルのシーンそのものを見せてほしかったな~。セル版のDVDかBlu-rayに特典として入ってるのかと思ったけど、調べてみたら入ってなかった。残念。

全体的に説教臭くならないギリギリのラインだと私は思えたし、青春を感じられて満足しました。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 7点(2016-08-28 09:00:32)
13.予備知識、まったく無し、で鑑賞.. う~ん、当たり! でした~ 面白かったです..脚本がイイですね~ 演出もイイ~ そして、物語の展開が、必然で、結末もリアルで良かった..私的に “ミュージカルアレルギー” があるので、どうなるかと思いましたが..ラスト、クライマックスの歌がとても良く、感動すら覚えました..監督、Good job! です..“青春群像劇” ですが、大人の映画ですね~ 秀作です..
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 9点(2016-08-12 16:21:22)
12.アニメぽっくない作品だよね。手抜きだと言えば手抜きかもしれないけど、ある意味斬新なのかもしれない。
結構、自分勝手な振る舞いをする順と拓巳に関する批評は置いておいて、『言葉』の持つ難しさには若干共感した。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 6点(2016-07-09 23:28:10)
11.メモ・連載中の漫画版を読んでいるが、漫画版で充分。漫画で読むとそこそこ面白いが、映画で見ると漫画的な手法に興醒めしてしまう。(それぐらい、漫画版とまるっきり同じ)内容というより、その漫画的な描き方が没入の邪魔をしていた気がする。
Sugarbetterさん [DVD(邦画)] 6点(2016-07-02 13:26:12)
10.《ネタバレ》 長井監督×岡田脚本×田中キャラというタッグの、ほぼほぼ間違いのない青春群像劇。

ラストの「俺、成瀬に告ってくるわ」は、ちょっと賛否の問われる蛇足感ではあるが、個人的には「フラレて弱ってるときが狙い目だと思うぜ田崎!」と、胸熱。ゲスい中年の共感と、笑わば笑え。

エンディングの乃木坂が、画龍点睛を欠きまくり。ヘンなシガラミやら広告代理店やらトレンドやらに振り回されてねーで、ちゃんと仕事しろアニプレックス。
aksweetさん [DVD(邦画)] 7点(2016-04-16 03:19:55)(笑:1票)
9.《ネタバレ》 出来は悪くないよ、下手な邦画のデートムービーなんかに比べれば、全然出来は良いんですよ。でもね、じゃあ映画としてみた場合どうかというと、ちょっと微妙なところなんだよね。作りとしてアニメでないと表現できない様な所ってのは確実にあって、そういうものをちゃんとアニメで表現できているのは物凄く良いと思うんだ。でもシナリオや演出的に、アニメや漫画をよく見ている人にしか分からない様な部分も結構あって、多分そういう所がレビュアーさん達の評価を落とす結果になってるよね。結構ツッコミ所が多いし、構成的にやっておかなくてはいけない様な事が半分くらいしか出来てない。ミュージカルのラストに至っては折角良い試みをやっているのに歌そのものがちゃんと聞こえないのでは意味がないしね。まぁ、前述した通り、下手なデートムービーみてるよりは全然面白いし、アニメに偏見を持っている人なんかには一番みやすいと思いますね。
奥州亭三景さん [映画館(邦画)] 6点(2015-10-24 20:59:36)
8.特に問題はないが、強調するほどのものも無いという印象、

ラストへの盛り上りを期待していると、肩透かしを食らう、ひねった作り
ストーリーの本題が地味すぎる上、感情移入がしにくい構成で
観ている方の立ち位置がわかりにくい、

TVシリーズで、それぞれを丹念に描くべき作品だと思った

それでも監督、脚本には大いに期待している、次回作を待つ。
カーヴさん [映画館(邦画)] 5点(2015-10-04 15:28:24)
7.《ネタバレ》 ラブホでトラウマを受けた女の子が、後にラブホでトラウマを克服する。
たろささん [映画館(邦画)] 3点(2015-10-03 20:24:17)
6.《ネタバレ》  毎度の記号化されたアニメの言語で描かれていて、それが残念です。
 心情や状況は過剰なまでにセリフで解説され、安直に複数のキャラの心の声が響き、説明のための映像が羅列され、アニメーションはただ物語の補助のために機能し(タマゴなんていないって事はセリフではなく映像でそこまでを描ききってくれないかな)、音響は必要な音だけしか鳴らず。特に音響監督は何やってたんでしょうねぇ。極端に環境音が欠如していて、ただセリフだけが聞こえる不気味な静寂が多くを占めていて。予算と時間がないとか、そういう話?
 記号化されたアニメの言語って書きましたけど、これ、今のアニメがマンガを起点にしてそれをトレースする形で映像作りをした結果としてのアニメ言語なんですよね。マンガの表現がそのままアニメの表現になっていて、オリジナル作品でありながらマンガ的表現に支配されている、それが問題点。キャラの心の声は普通の映画ではあまり使いませんよね? それを複数のキャラに当たり前のように使ってしまうのはその表現法がマンガを起点としているがゆえ。

 さて、でも物語は意外と楽しめました。いや、楽しめたというと語弊があるかな。意外とクるものがあった、みたいな? 心を病むという状態、そこから解放される事、その闇や痛みに向き合う話で。
 その、健全な精神の持ち主には本来理解できない、ウザい存在に対していかに理解を示すか、いかに共存するかを描き、また、病んだ人間がいかに他者と生きる道を探れるかを描き、更に病んだ人間を通して自分の中の闇を見つめ、他人の闇を認める事を描き。
 現実の世界はこんな都合のいいお膳立てをしてくれる訳ではありませんが(異様に理解力のある人々が解放のための環境を構築してゆくそれは、まるでトーストを咥えた美少女が曲がり角でぶつかってくるが如き話ではあるのです)、これを単なる絵空事として片付けられてしまうとツラいものがあるわけで。

 クライマックスのミュージカルの内容とドラマの進行とをシンクロさせる構造など、なんとなく巧くいけそうな部分もあって、でもそれも凡庸なアニメ言語によって微妙なものになってゆくのが、安易に全否定はできないものがあるだけに惜しいなぁ、と思うのでした。
あにやんさん [映画館(邦画)] 6点(2015-09-29 23:05:17)(良:1票)
5.《ネタバレ》 背景の中で動くものといえば、3DCGのバス、電車、まばらな車。そんなところだろう。
宮崎駿をスタンダードとして見てしまう身からすれば、そんなものはただの手抜きアニメだ。
交流会でのその他多勢の観客はただの静止画に過ぎず、街には雑踏がない、風も吹かず、雨もロクに降らず、雲もまともに動かない。
画面によってではなく「風が冷たくなってきた」とかいう台詞でかろうじて季節が示唆されるという情けなさ。
あのような情けない雪なら降らせる必要がない。足跡もまともに活用出来ないのだから。

ミュージカルとしても、仲間との練習の中で心を通わせ、歌唱の練度を上げていく描写はその要ではないのか。
そこを手抜きしてはドラマの起伏も無いだろうに。要はとことん面倒臭がりで横着なのである。
社会も世界もなく、カワイイ女の子を中心に、ただ描きたいものだけを動かすのだから、アニメーターも楽しいだろう。

その女の子が何やらチマチマと指先で携帯いじりをして、画面にその文字情報が大写しで並んでいく、、。
はっきり云って、アニメーションとして自堕落である。


一般的にはこういうアニメーションが主流なのだろうから、如何に宮崎駿が異端であったか、という事だ。
アニメゆえの台詞過剰をあの媚態混じりのアニメ声音でやられるのも苦痛でしかない。

そういう意味で、これなら実写のほうが余程マシである。

公演中に小津をやったりしてるのだが、どちらかといえば単に山下敦弘の『リンダリンダリンダ』をやりたかっただけかも知れない。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 2点(2015-09-24 23:53:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 5.83点
014.17%
100.00%
214.17%
314.17%
414.17%
5312.50%
6937.50%
7416.67%
828.33%
928.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.75点 Review4人
4 音楽評価 7.75点 Review4人
5 感泣評価 4.75点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS