イット・フォローズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > イット・フォローズ
 > (レビュー・クチコミ)

イット・フォローズ

[イットフォローズ]
It Follows
2014年【米】 上映時間:100分
平均点:6.05 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-01-08)
ホラーサスペンス
新規登録(2016-01-09)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-09-13)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・ロバート・ミッチェル
キャストマイカ・モンロー(女優)ジェイ
ダニエル・ゾヴァット(男優)グレッグ
脚本デヴィッド・ロバート・ミッチェル
製作デヴィッド・ロバート・ミッチェル
配給ポニーキャニオン
あらすじ
ジェイは彼氏と初めて結ばれた直後、豹変した彼に睡眠薬を嗅がされ拉致されてしまう。廃墟で目を覚ましたジェイは彼から衝撃的な事実を聞かされる。それは「何か恐ろしいものを移された」ということ。時に男、時に女、親しい者の姿をしていることもある「それ」は、ゆっくり歩いて近づいてくる。そして「それ」に捕まると死ぬという。姿は移された者にしか見えず、移した相手が死んだら、また自分に戻ってくるという「それ」。死にたくなければ、他の者に「それ」を移せばいいと彼は言うが……。果たしてジェイは「それ」から逃げ切ることが出来るのだろうか。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 ズバリ普通です。大人が楽しむホラーに思えます。
「それ」がなんなのか、わからないまま終える感じとゾンビとゴーストの中間のような襲われ方で新鮮ではある。
霊感を持つものが幽霊を見えたときと同じ感覚なのでしょうか。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-09-17 23:56:29)★《新規》★
20.《ネタバレ》 それは歩いてやってくる。多分普通の速度で。。。
決して米版の貞子のように目前に瞬間移動などしない。。。
そして壁は通り抜けられない。。。
ゆっくりと、そして確実に追いついてくる。逃げる方は休むことが許されない、究極の鬼ごっこ。。。
じゃ、窓とかないどこか(何か)に閉じ込めてしまって、そこから出れないように封印(施錠)しちゃえばいいんじゃない。
深く考えずに作品に入り込めれば、そこそこ楽しめる良作です。
リニアさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-08-11 15:19:03)
19.久しぶりに怖いホラー映画を観ることができて嬉しかったです。
昔のホラー映画っぽいBGMもよかったです。
最近は、顔の怖いモンスターみたいなお化けが出てきてビックリした~みたいな、怖くないホラー映画ばかり観てたので、この映画は掘り出し物でした。
たぬき野郎さん [DVD(吹替)] 8点(2018-08-09 22:37:31)
18.《ネタバレ》 一時期話題の映画でしたが、結局やや期待外れの映画でした。

映像の美しさや雰囲気、音楽の使い方は下品なB級ホラー映画とは一線を画すもので評価されるのもわかるんですが、冷静にストーリーの内容、登場人物達の対応を考えると「えー?」と思う事が続出するからです。

中盤の海辺、じっさいにそれが皆の前に出現し、周りの人からは見えないまでも「見えないだけで物理的にはいくらでも触れる」事が分かった時点で、その後の対応策はいろいろ考えられたと思うんですよ。
たとえばカラースプレー常備なんて誰でも思いつだろうしあの状況じゃ普通いろいろ対策しますよね。でもしない。
そしてわけのわからないプール作戦。
何それ?相手が電気で死ぬとか根拠あんの??てか最低限プールに色つけとくだろ。
なんだなんだこいつらの危機感の無さは??頭悪すぎるのか??
とまぁイライラするわけです。
そのあたり完全に普通のB級ホラー映画のレベル。
あの状況で真摯さがないってのはどうなんだ。

あとラストシーン前、彼が彼女とやったあと街をドライブしてるときに娼婦っぽい人のそばを通ってますよね。(明確に娼婦をうつしてますよね)
あそこで娼婦とやって他に移して(娼婦なら次の男にすぐ回すだろうし)とりあえず問題を回避してる作戦だったと思うんですが…世の中のレビュ-なんかをみてもそういう解釈はありません。
とりあえず対策としてはそういう人とやって次へ次へと移しちゃうもんじゃないの?
回してとりあえず逃げられたからこそ、ラストシーンで、それっぽいのが映ってても無視してた…と思ったんですが。
そういう解釈をしてる感想とかを見てないんですよね。
自分の感覚が普通じゃないの??

あと、ヒロインがさして美人じゃないしスタイルも並ってのもね…
それがリアリティだといえばそうなんですが、やっぱこういう映画のヒロインは美人がいいと思うんですよ、うん。

とまぁ期待して観た分、いろいろ残念なところが目立つ映画でありました。
あ、屋根の上の裸のおっさんはとても好きなシーンです。あれは絵的に怖すぎる(笑)

多分、昔のリンチの映画とか好きな人は好きなんじゃないかなぁ…
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-08-08 13:18:06)
17.すげー怖い映画だと、超期待して見始めたけど、意外と演出が湿っぽくて驚いた。
もっとストレートに恐怖をあおって、カラっとした演出を想像してた。
でも、久々に怖い映画を見た気がする。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-02-16 02:25:32)
16.《ネタバレ》 怖いです。久々にのっそり迫るジメッとした怖さを堪能出来る映画に巡り会えたので気持ち高得点。それにしても謎が多い映画だよねぇ。小便漏らしながら迫ってくる子がいたけどなんで?グレッグが死んだ直後ジェイは湖で水着になり複数の男達に向かっていく訳ですが、あの後どうなったのだろう…感染せてなかったよね結局。プールが血だらけになったのは何故なのかとか。そもそも奴はなぜ追ってくるのか。幾多の不可解要素は何かしらのメタファーなんかなぁと考えてはみたものの。むしろこの映画そのものが一つの大きなメタファーなんだろうかと疑ってかかったらもう全部が訳わからなくなっちゃって考えるのをやめた。とりあえず怖かったです、色々謎のまま終わります、深く考えちゃいけませんこの映画は演出ありきで細かい事は気にするな、以上。とストレートに受け止めるしかない。鑑賞後に謎解き読んで二度おいしいマルホランドドライブ的な楽しみ方が出来ればもっと高得点なんだけど今の所謎解きらしきものが見当たらない。
ラスト。ポールは売春婦に感染したのだろうか。感染せば当面の安全は保障されるだろうが、多分そうしなかったのだろう。自分が死んだら標的はジェイに戻ってしまうので、必然ジェイは自分を大事にする様になる…という、冴えない男のしたたかな計算が垣間見える。彼女を振り向かせるための命懸けの算段、そう解釈すると決して浅くはない、闇深い青春ドラマであったという見方も出来て面白い。
にしきのさん [インターネット(吹替)] 7点(2018-01-27 01:43:23)
15.《ネタバレ》 外見は人間だが、この世の者ではない「何か」が自分に向かって一直線に歩いてきて、捕まると殺されるというホラー。まあ一種の「呪い」系ホラーだけど、肝心の「どうしたら助かるのか」と試行錯誤する謎解き要素がほとんど無い。自分に「呪い」を押し付けた相手を辿っても意味が無いので、その辺をもう少し考えて欲しかった。例えば追ってくる霊(?)の姿がヒントになっていて、そこから呪いを生み出した原初の存在を辿って行くという謎解きがあれば面白かったのにと思う。

恐怖演出も中途半端で、霊なのか何なのかもはっきりせず、視覚的には見えなくても殴ったりすることは出来るという中途半端さ(笑)。人間を何メートルも吹っ飛ばす力がありながら木の扉は破れないというのも何だかなあ~。唯一、扉を開けた友人の後ろから巨人がのっそり現れるシーンがちょっと怖かったくらい。まあ神出鬼没で家の中にも簡単に入って来られたらどうしようもないのは分かるけど、その辺の「設定」はもう少し考えて欲しかった。

そして最大の見せ場であるはずのプールのシーンが意味不明。わざわざ何個も用意した電化製品は何のため?敵を感電させようとしたのだろうけど、効くかどうかも不明なのに、その結論に至った理由が分からない。結局、最後までトラップは使わずじまいで、主人公はプールで溺れてただけ(笑)。ラストも何一つ解決していない終わり方で、解釈は視聴者に丸投げパターン。肉体関係を持った人間の周囲のみの出来事なので、呪いが世界中に伝染していくような恐怖感も薄い。ホラーとしてまだ色々と工夫や推敲の余地があったはずなのに、面倒なのでやりませんでした、みたいな手抜きを感じる。
FSSさん [インターネット(字幕)] 4点(2017-12-30 01:07:29)
14.《ネタバレ》 口コミで全米ヒット、の煽り文句には眉唾つけたくなるのが習性なので期待値はさして高くなかったんだけど、これがなかなかでした。画の見せ方が独特で、しーんと冷たいのです。冒頭の、定点カメラで撮ったようなシーンとかデパルマを彷彿とさせるぐるぐる回転カメラには引力がありますし、かと思えば思わぬタイミングで場面が切り替わったりもする。そこはかとなく不気味な思わせぶりな描写も多い。これは一体?と考える間もなく話は進むあたり、リンチにもちょっとだけ似てます。
POVでもないのに、一連の事件をその場で傍観しているようなリアリティがあり、その要因のひとつとしてアメリカの地方都市に住む現代の若者の生態をとても正確に写していることがあります。主人公ジェイはいつも仲良しの友人らとつるんでいる。幼なじみや妹らで、世界はとても狭い。バイト先は地元のアイスクリームショップ。ひまを持て余して友人の家でだらっと見るでもなくDVDを流す。(これがかなり昔の白黒特撮とかで、チョイスも微妙)親がいる時はバルコニーでカードゲームしながらビール。ぱっとしない。20年前ならばアメリカの若者にはマストだったであろう自動車は、もはや持てない時代。娼婦が街路に立つおっそろしく寂れた郊外。この荒れ果てぶりは絶句するレベルで、トランプが大統領になぜ当選したのかなんとなく分かります。
まさに「今」を切り取った画のなかに、音楽や絶叫を極力入れずひたひたとしつこく「それ」を置く。並みのホラーなら「それ」の弱点を探ったり、起源を遡ったりするところだが、超絶リアルな今作は、そんな手間も知恵もジェイとその仲間には出せません。感電作戦も失敗。
”新感覚ホラー”という使われすぎな言葉が、これにこそぴったりな低予算な意欲作。お時間があればぜひ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-09-20 18:14:08)
13.《ネタバレ》 さてと、迫り来るアレの正体とは一体なんだったのか 
わからない。だったら まあそれは謎のままでよいとするかな、、

ではと、アレの目的とは一体なんだったのか  
唯一あった殺害シーンでは (たぶん)ママ? に化けた熟女が助っ人少年のグレッグを強姦のごとく押し倒して馬乗りになって勢いよく股間を押し付けていたというものでした。ただし、パンツ on パンツだったので挿入こそはされていませんが。
ではなんだ? 挿入されてないという事は繁殖目的ではないということだろうし、
ではなんだ? ただの擦り付け変態だったのか? という風に思えてきたりもいたしましたが その考えなら危険、
だって強姦まがいの擦り付け目的だったとしたなら ぬぼっと現れてた巨人、彼の巨根なんかを擦り付けられて耐えねばならんのか? 
はたまた一瞬海辺で出て来たゾンビ顔の子供、そんな子供のティンコさえも擦り付けられて耐えねばならんのか? 
いろいろと謎と悩みが尽きない作品であった。ただ、映像と音楽にはミステリーホラーとしてのセンスの良さを存分に感じさせられた そして大いに楽しめた。
3737さん [DVD(字幕)] 8点(2017-07-30 01:47:44)
12.《ネタバレ》 ジェイ、こんな酷いことをしてすまない。ただ、君にこれが現実だと知ってほしかったんだ。落ち着いて聞いてくれ。ある〝もの〟がつけてくる。俺が感染したそれをさっき車の中で君に移した。それは様々な人の姿を借りて君についてくる。時にそれは君の愛する人の姿を借りて現れることも…。逃れることは出来ない。だが、それは常に歩いてやってくる。頭はいいが動きは鈍い。逃げ道はいつでも確保しろ。殺されたくなければ、なるべく早く誰かと寝て相手に感染させろ――。ブロンドヘアがキュートなティーンエイジャー、ジェイ。最近できた、優しく格好良い彼氏と車の中で結ばれた彼女だったが、直後に睡眠薬を嗅がされて気を失ってしまう。車椅子に拘束され、何処かの廃ビルの片隅で目覚めたジェイは、豹変した彼氏にとても恐ろしい事実を聞かされる。もちろんすぐには信じられないジェイ。だが、夜の闇から〝それ〟は現れ、ゆっくりとだが確実に彼女に迫ってくるのだった…。とてつもなく怖いと口コミで評判となり、全米で異例のスマッシュヒットとなったホラー作品。なるほど、確かに怖いですわ、これ。低予算ながら、無駄を削ぎ落したシンプルなストーリーで、とにかく観客に怖がってもらおうという監督の意図がばっちり決まってます。半裸の女の子がおしっこ漏らしながら迫ってくるとこなんて、こっちが漏らしそうになったし(笑)。主人公の背後、最初は遠いところにいたそれが徐々に近づいてくるとこなんかもじっとりと怖い。これまでのハリウッドのように恐ろしい怪物がドカーンと襲ってくるんじゃなくて、じわじわと迫ってくるこの怖さはどちらかというと日本的かも。こういうB級ホラーに不可欠なエロ要素も下品になり過ぎないちょうどいい匙加減でした(主人公の下着姿、なかなか健康的なエロ具合で大変グッド笑)。ただ、残念なのはやはり最後のプールの展開かなぁ。もうちょっと盛り上げてくれたら文句なしの傑作だったのにね。でも、独特のカメラワークとか音楽とか独自のセンスをビシバシ感じるし、もしかしたらこの監督将来バケるかも。うん、今から次作が楽しみな才能に出会うことが出来ました。7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2017-04-15 14:45:33)(良:1票)
11.itは歩いて襲ってきます。なんか親切です。新鮮なホラーですがカオスです。えぇ、ヒロインの行動がカオスです。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2017-04-10 23:58:14)
10.アイデアもいいし、監督のセンスもいいと思う。音楽もおどろおどろしさを醸し出している。
色々ツッコミどころを用意して、観た者にあぁだこうだ言わせようとしたのかな?
本作品については、是非とも続編を期待します。(ただし、次作で完結してね。)
代書屋さん [DVD(字幕)] 7点(2017-04-09 11:27:38)(良:1票)
9.独特な編集のリズム、旋回するカメラワーク。海辺のシーンでカットが変わる事に徐々に近づいてくる恐怖は、「それ」を目視出来ない他者の視線は危険回避には役に立たないという証明にもなっていて良かった。
全体的に「それ」の見せ方に気を使い工夫しているように思えた。
ちゃじじさん [DVD(字幕)] 6点(2017-02-18 19:55:31)
8.《ネタバレ》 ゆっくり歩いてくるというのが逆にじわじわ感があって怖いですね。それなりに楽しめました。主人公以外にも「それ」の存在がわかって何とか倒そうとするシーンがある意味面白かったです。まぁホラー映画なのでハッピーエンドとならないのは当たり前ですが、なんとか「それ」が倒されて、すっきりしたい気分です。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 6点(2017-01-28 08:29:33)
7.《ネタバレ》 どうしたら死なずに済むか考えてみました。①飛行機の距離で2地域居住(来たら逃げるの繰り返し)。②洋上生活(「それ」は水が苦手な様子。でもマグロ漁船だと辛過ぎる…)。③『パージ』に出てきたような要塞ホームに住む(「それ」が重機の免許を持っていないことを祈ります笑)。私の貧困な発想ではこの程度が限界。まあ逃げ回ることは可能でしょうが、冒頭に出てきた少女のようにいずれ参ってしまうでしょう。誰かに「それ」を移すのは気が進みませんが、背に腹は代えられません。となれば、若くて、健康で、足が速くて、お金持ちということで…武井壮がベストかと。優しくしてくれるといいな。冗談はさておき、やはりここは根治を目指しましょう。物理攻撃で「それ」を殺せないのは検証済み。ですが壁をすり抜ける能力は無さそう。ということで、鉄の箱にでも閉じ込めてしまうのが一番安心かと(名付けてピッコロ作戦)。理解者が多くいる主人公なら実行可能な気がしますが。さて本作の主題について。“性病の暗喩”と考えたくなるお話ではありますが、終盤ベッド上の友人の語りや、手を繋ぐ2人のラストシーンを見るにつけ、もう一歩踏み込んだ性(生命)へ向けた根源的な解釈をしたくなります。つまり「それ」は“種の存続に対する強迫観念の具現化”ではないかと。今回の現象を表層的に捉えるなら、“死にたくなければ性交渉しなさい”です。それも、できるだけ若く、健康な相手が理想(「それ」を移した相手が自分より先に死んだら、元も子もないワケですから)。生きとし生けるものに架せられた宿命。「繁殖のススメ」。ですから主人公カップルに子供が生まれた瞬間に、「それ」は消え去るのではないかと予想します(あるいは年老いて生殖能力が無くなったら)。文部科学省推薦ならぬ内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)推薦がついても不思議じゃない『婚活も妊活もお早めに』なプロパガンダ映画に違いありません(大嘘)。
目隠シストさん [DVD(吹替)] 8点(2016-10-30 00:28:18)
6.《ネタバレ》 ずいぶん評価が分かれていますが、自分はかなりハマりました。
怖かったかどうかと聞かれたら正直あまり怖くはなかったのですが、ジワジワとくる中毒性がこの映画にはありました。ホラー映画らしからぬ独特なカメラワークや綺麗な映像が印象的で、全編に漂う独特な雰囲気が観終わって数日経った後もずっと頭から離れませんでした。「それがついてくる」というアイデア一本のホラー映画では全くなく、「それ」の細かい設定やラストを含む意味深なシーンも多く、観終わった後いろいろ語り合える、今までに味わったことのないオリジナリティー溢れる映画でした。アメリカでいろいろ話題になったのも頷けます。万人受けする映画ではないですが、一見の価値は間違いなくあります。
素晴らしき哉、映画!さん [映画館(字幕)] 8点(2016-09-02 18:58:29)
5.《ネタバレ》 アイデアは良いのに・・・もったいない。
移すまでと、移した相手が殺されるまでにあまりにも時間がかかりすぎててダレる。退屈。
100分の映画でこの展開になるまでに70分もかかってる。あまりにも長すぎる。
やっと話が動いたと思ったら残り時間はもう30分も無い。
そもそも全部で30分で終わる話を100分に水増ししてるからすさまじく薄い。
最後もなぜかプールに入ってわざわざ追い詰められるしイライラ。
いや、これ絶対もっと面白くできたでしょ。すげーもったいない。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2016-09-02 17:00:28)(良:1票)
4.アメリカではなにやら怖いと評判の話題のホラー。でも、ちょっと期待しすぎちゃったかな。恐らく、何も知らずに、深夜、たまたま観たら、それなりに怖かったかも。構えちゃったぶん、怖いとこも、ちょこちょこあったけど、それよりも、なんかモヤモヤしちゃって。ただみょーな不安感は常にあったかな。で、なんでモヤモヤしたかとゆーと、この映画、普通のよくあるホラーの形式とはちょっと違っていて、演出や撮り方とか、ストーリー運びとか、かなりクセがありまして。どっかキューブリック的な感じもしました。例えば、主役の女の子のオカーサンがいるはずなんだけど、後ろ姿がチラッと映っただけで、家で色んな騒ぎが起こっても、全然出てこない。大人はあえて描かないとか、おとーさんは写真だけで、どーなってるのか全く説明しないとか。あの友人グループの関係性もよくわかんないし、とにかくいらないものは映さないし説明しない。展開もサクッと時間を飛ばしたり、意味深に家族写真アップにしたり。なんかあるのか?とこっちの意識をモヤモヤさせる。ホラー部分は割とよくできていて、うつろな顔のおばちゃんが画面の向こうからゆっくり近づいてきたり、大男が友達の後ろからのそっと現れたり、なんかよくわかんないけど、怖いものが来てるって感が出ていてちょっと怖いです。ストーリー展開なんかは全然スッキリしないんだけど、アメリカでの評判が高いぶん、終わった後も、これは何か色々なメタファーとか暗示とか、そーゆうことか!的なものがあるに違いないと、なんかネット検索したくなりますが、色々読んでも大してスッキリはしません。ちなみに、監督はこれは性病のメタファーではないと言っていたそーです。観終わった後、冷静に考えると、個人的に面白さとしては普通かな。ただ絶賛してる人もいるので観る人を選ぶ映画かな。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 5点(2016-08-19 19:46:43)(良:2票)
3.《ネタバレ》 これ見よがしの怪物でなく、ただ普通の人間が歩いてくるだけなんだけど怖い・・アイデアはとても良い。
デッド・コースター(FD2)やブレアウィッチ・プロジェクトのような、新しい形のホラーって感じ。前半はとても良かったです。
ただアイデアを上手く練りきれなかったのが残念。
拳銃で死なないって事が序盤で明らかになってるのに、後半のプールのシーンは確かに「何やってんの?」って感じだし、効果的な撃退法を思いつかず、成す術も無いまま唐突に終わってしまう。例えば水に入れないとか、火に弱いとか、猫が気付くとか・・何か特徴を見つけて話を盛り上げてほしかった感じ。
あと「うわーキター!早く気付いて-!」みたいな感じでもう少し「それ」の登場シーンが多くても良かったと思う。せっかくのアイデアが少し勿体ない。
番茶さん [DVD(字幕)] 7点(2016-07-28 20:17:44)(良:1票)
2.《ネタバレ》 終始、独特なカメラワークで一貫しており、本作のスタイル確立に一役買っております。
セックスすることで変なものが取り憑いて、他の人にセックスして移さないと自分が助からないという展開は
何やら禁欲的なメッセージを感じずには入られませんが、ジェイを助けるために自分が名乗り出る男友達とか、
これは新しいタイプの恋愛映画なのかな?とも思ったり。
ホラーとしてみると正直そんなに強くはないんだけど、独自性のある作品であったことは事実です。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2016-07-26 14:39:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 6.05点
000.00%
100.00%
214.76%
300.00%
4314.29%
529.52%
6628.57%
7523.81%
8419.05%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS