Menu
 >
 >
 > 22ジャンプストリート

22ジャンプストリート

22 Jump Street
2014年【米】 上映時間:112分
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションコメディシリーズもの青春もの学園もの刑事もの
[トゥエンティーツージャンプストリート]
新規登録(2016-06-11)【ゆき】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督フィル・ロード
クリストファー・ミラー[監督]
キャストジョナ・ヒル(男優)モートン・シュミット
チャニング・テイタム(男優)グレッグ・ジェンコ
ピーター・ストーメア(男優)
アイス・キューブ(男優)
ニック・オファーマン(男優)
キャロライン・アーロン(女優)
クレイグ・ロバーツ〔男優・1991年生〕(男優)
原作マイケル・バコール原案
ジョナ・ヒル原案
スティーヴン・J・キャネルTVシリーズ
脚本マイケル・バコール
音楽マーク・マザースボウ
撮影バリー・ピーターソン
製作ジョナ・ヒル
チャニング・テイタム
ニール・H・モリッツ
製作総指揮スティーヴン・J・キャネル
フィル・ロード
クリストファー・ミラー[監督]
衣装リーサ・エヴァンス
あらすじ
 前作の高校に続いて、今度は大学への潜入捜査を行う事となったシュミットとジェンコ。  上司からは「前回と同じことをしてれば、みんな満足だ」と言われるが、全く同じ展開という訳にはいかず、シュミットの新たな恋人は問題を抱えているし、ジェンコはアメフトでプロデビューしそうになるしで、大学生活は前途多難。  コンビ解散の危機にも直面し、再び二人の絆が試される事となるのだった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

1.《ネタバレ》  シリーズ第二弾は、前作以上にメタフィクションな笑いが増えており、それが好みの分かれそうなところですね。
 自分としては「ジャンプストリートの復活なんて誰も期待していなかったし、絶対大コケすると思っていた」「23ジャンプストリートマンション建設中」などのワードの数々に、クスッとさせられて、存分に楽しむ事が出来ました。
 何といっても一番笑ったのは「もう予算が無い!」の件。
 作中の捜査費用を指した言葉なのですが、それが映画の予算とも掛かっているのが分かる作りとなっているのですよね。
 カーチェイスにて、主人公二人が「物を壊さないように」と怯えながら車を走らせたり、実際に物が壊れるシーンはカメラに映し出さずに「また壊しちゃった」という台詞だけで済ませたりと、本当に予算が足りないから仕方なくそうしたかのような演出が、もう可笑しくって仕方なかったです。

 高校で仲良くなった三人組が、今度は同僚として登場するサプライズも嬉しかったですね。
 ジェンコとの間に育まれた友情は偽りではなかったと分かり、じんわり胸に沁みるものがありました。
 その一方で、シュミットと恋仲になったはずの前作ヒロインが登場しないのは残念でしたが、今作で新たに登場したヒロインの設定が面白過ぎたのだから、文句は言えません。
 出会ったその日にベッドインまで済ませるなんて、初心なシュミットらしくないなぁ……と思っていたら、それが伏線だったのだから、もう脱帽。
 「ヒロインが実は上司の娘さんだった」という展開自体は、ありふれたものかも知れませんが、その魅せ方が抜群に巧かったと思いますね。
 二度目の観賞時には、シュミットと上司が笑顔でハイタッチするシーンにて、ついつい頬が緩んでしまいました。

 互いに壁を感じている主人公達を、分割画面にて表現し、それがクライマックスにて一つの画面に繋がる演出なんかも良かったです。
 また、前作を踏まえて(おおっ、今度はシュミットがジェンコを庇って撃たれるのか……)と思っていたら、やっぱりジェンコの方が撃たれてしまい「なんで俺ばっかり!」という叫びに繋がる辺りも面白い。
 黒幕だった女の子も、悪役でありながら妙に憎めないキャラクターだったりしたので、次回作で登場するのかどうかも、気になるところです。

 前作同様に、主人公コンビは聖人君子という訳ではなく、今作でも子供に対して石を投げて追い返す場面など、多少眉を顰めさせられる部分もありましたが、何とか許容範囲内。
 クライマックスの「カッコいいことを言え」「カッコいいこと!」という掛け合いを目にした際には、もう二人の事が大好きになっており、映画が終わってしまうのが寂しく思えましたね。
 そんな気持ちの中で始まったエンドロールの「ジャンプストリートシリーズ続編予告集」とも言うべき演出は、素晴らしいの一言。
 契約で揉めて一時的に主役交代したり、原作ドラマの重要人物が登場したり、倒したはずの悪役が復活したりと、作り手も好き勝手にアイディアをぶち込んでみせている様子が、観ている側としても、非常に面白かったです。
 個人的好みとしては、金髪美女が登場する「フライトアカデミー編」授業内容が気になる「マジック学校編」辺りに興味津々。
 観賞後「一番観てみたいのは、どの続編?」と誰かと語り合いたくなるような、楽しい余韻が何時までも続いてくれる映画でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 9点(2016-06-13 22:02:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
91100.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS