Menu
 >
 >
 > ニュー・シネマ・パラダイス

ニュー・シネマ・パラダイス

Cinema Paradiso
(Nuovo cinema Paradiso)
1989年【伊・仏】 上映時間:123分
平均点: / 10(Review 535人) (点数分布表示)
ドラマ
[ニューシネマパラダイス]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-09-16)【イニシャルK】さん
公開開始日(1989-12-16
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジュゼッペ・トルナトーレ
キャストフィリップ・ノワレ(男優)アルフレード
ジャック・ペラン(男優)サルヴァトーレ・ディ・ヴィータ
サルバトーレ・カシオ(男優)サルヴァトーレ・"トト"・ディ・ヴィータ(少年期)
マルコ・レオナルディ(男優)サルヴァトーレ・"トト"・ディ・ヴィータ(青年期)
プペラ・マッジオ(女優)サルヴァトーレの母
アントネラ・アッティーリ(女優)若いころのサルヴァトーレの母
レオポルド・トリエステ(男優)神父
小川真司〔声優・男優〕サルヴァトーレ・ディ・ヴィータ(日本語吹き替え版)
鳥海勝美サルヴァトーレ・"トト"・ディ・ヴィータ(青年期)(日本語吹き替え版)
久米明アルフレード(日本語吹き替え版)
鈴鹿千春(日本語吹き替え版)
亀井芳子サルヴァトーレ・"トト"・ディ・ヴィータ(少年期)(日本語吹き替え版)
星野充昭(日本語吹き替え版)
塩田朋子(日本語吹き替え版)
京田尚子(日本語吹き替え版)
佐古正人(日本語吹き替え版)
増岡弘(日本語吹き替え版)
江原正士(日本語吹き替え版)
吉田理保子(日本語吹き替え版)
富山敬(日本語吹き替え版)
原作ジュゼッペ・トルナトーレ(脚本原案)
脚本ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽エンニオ・モリコーネ
作曲アンドレア・モリコーネ(愛のテーマ)
撮影ブラスコ・ジュラート
製作フランコ・クリスタルディ
配給日本ヘラルド
アスミック・エース(リバイバル時)
特撮ジョヴァンニ・コリドリ(視覚効果コーディネーター)
編集マリオ・モッラ
字幕翻訳吉岡芳子(字幕)
その他アル・パッセリ(animator)
フジテレビ(提供)
あらすじ
父が戦場で行方不明になり、幼いトトは司祭の助手として働くが、「映倫」役の司祭にに付き添ううちに映画に魅せられる。トトはまず太っ腹の映画技術者アルフレートの信頼を得、アルフレートが映画館の火災で失明した後、小学生なのに映画上映の一切を任される。「君の道は別にある。」というアルフレートの言葉を十代後半になっても信じず、トトは映画館で働くが、初恋に敗れて未知の未来を目指す。故郷を捨てて成功した男が回想する、映画館ヌエボ・シネマ・パラディソとともにあったほろ苦い幼少年時代の思い出。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
475.《ネタバレ》 エンニオ・モリコーネの音楽と共に思い出すだけで思わず微笑んでしまう、ホロリとさせられてしまう素晴らしいシーンの宝庫のような、まさに珠玉の名作ですね。映画が村人の共通の娯楽で、満員の観客が映画館で素晴らしいシーンには一同に拍手を贈り、悪役がのさばる場面では皆が一斉に悪役に罵声を浴びせる。全ての場面を目に焼き付けて目一杯楽しんでやろうという古き良き時代のパラダイス座の雰囲気が本当に良かったですね。ラストシーンの素晴らしさは皆さん書かれている通りです。大人になったトトがキスシーンを見つめる表情は童心に帰って、神父さんやアルフレードの目を盗んでこっそり観ていたトト少年の表情のようでした。自分の大好きな、思い出深い映画を再び見ると初めてその映画に出会った当時の頃の事を思い出す。そんな思い出と共にゆっくりとその映画を心から楽しむ。そんな映画の素晴らしさと、映画ファンの思いが詰まった本当に感動的なラストシーンだったと思います。
とらやさん [映画館(字幕)] 10点(2008-12-30 02:17:36)
474.名作です。ラストシーンがいい!切ないです。
じょーーさん [DVD(字幕)] 9点(2008-12-11 11:53:46)
473.この映画のあまりの評判の良さに期待が膨らみすぎて、この点数になってしまいました。でも、まあ、いい映画です。
丸に梅鉢さん [DVD(字幕)] 7点(2008-12-04 22:36:34)
472.《ネタバレ》 映画を観ている時の表情、映画館が取り壊された時の表情、どのシーンも人の心情がその顔でよくあらわれていたと思う。キスシーンのカット作業をこっそりと見ているなんともいえない楽しそうなトトの表情がラストシーンに繋がっていて素晴らしかった。
しっぽりさん [DVD(字幕)] 8点(2008-09-08 15:25:19)
471.いまさら何も言うことがない名作です。
Balrogさん [DVD(字幕)] 8点(2008-08-22 23:00:23)
470.とにかくラストが素晴らしいです。こういう映画を観た時、自分は映画が好きで本当に幸せだと実感できます。
民朗さん [DVD(字幕)] 8点(2008-08-09 02:03:01)

469.《ネタバレ》 人の人生を一つの映画にするという話は個人的に結構好きで、この作品も好きな映画な一つです。
で、話自体はラスト含めて個人的に8点ぐらいの評価なんですけども、

音楽が素晴らしすぎる。あれが1点引き上げてます。
最後の感動もこの音楽がないと成り立たないぐらい素晴らしいです。

あれ聞くだけで、なんかなんとも言えない気分になるんですよね。映画音楽ランキングで言うと、これ一位です。
シネマレビュー管理人さん [ビデオ(字幕)] 9点(2008-08-04 13:20:27)
468. 感動しました。おそらく今10代の人の間ではあまり有名な作品ではないと思いますが、18歳の私でもこの作品のよさは分かりました。くりぃむ上田も絶賛。
ファンオブ吹石さん [DVD(字幕)] 8点(2008-07-20 02:57:44)
467.多くの人に愛されるのも納得なとても良い映画だと思うが、地味なので少し間延びを感じ、結構長く感じてしまいました。三時間バージョンはとても見れる気はしないっす。ラストは素敵ですね。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2008-07-07 14:20:41)
466.《ネタバレ》 涙が止まりませんでした。30年以上も広場に住んでいる人がまだいるなんて不憫で
デヘデヘさん [DVD(字幕)] 9点(2008-06-10 17:50:04)(笑:1票)
465.《ネタバレ》 映像もさることながら、モリコーネが素晴らしすぎる。
是非また来日して頂きたいです。
njldさん [DVD(字幕)] 9点(2008-05-01 17:09:01)
464.《ネタバレ》 エレナとの再会がない50分短縮の通常版。それでもなお、この作品は観る者の胸を打つ。最も感動する最高の洋画!!抜群の音楽効果。静かな澄んだ音色が劇中に切なさをしみじみ醸し出していた…。
獅子-平常心さん [地上波(字幕)] 10点(2008-03-30 23:55:44)
463.《ネタバレ》 最後のカットした所のまとめ見はよかった。
Yoshiさん [DVD(字幕)] 5点(2008-03-20 18:38:24)
462.ボクもこんなに泣いた映画は初めてです。
忘れかけていた映画のよさを再認識させてくれた作品です。
モリコーネの音楽が素晴らしすぎる。
TVC15さん [映画館(字幕)] 10点(2008-02-25 09:33:28)
461.評価が高かったので期待してみたのだが、どうも自分には合わなかったみたいで残念。
音楽はすごく良くて心地よい感じになるのですが。また年月をおいて見直してみたいです。
茶畑さん [DVD(字幕)] 4点(2008-02-03 21:03:35)
460.この映画のラストを観る度にこみあげてくるものがあります。。。

こんなに映画に合った音楽、そうないのではないでしょうか・・・
ナラタージュさん [DVD(字幕)] 8点(2008-01-26 23:45:35)
459.点数をつけること自体、恐れ多い。それぐらい素晴らしい作品。
Nobさん [ビデオ(字幕)] 10点(2008-01-13 18:31:53)
458.映画としてのテーマは反則だろwww
もっと古い映画なのかと思っていたら、1989年と以外に新しい(?)映画でビックリ。
昔は数少ない娯楽だったのが、今ではテレビ・ゲーム・インターネットetc.等の娯楽に押されまくっている映画ですが、良い作品を期待したいです。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 8点(2007-12-24 23:07:28)
457.とにかくラストがいい!
norainuさん [DVD(字幕)] 9点(2007-12-09 17:29:14)
456.《ネタバレ》 ◆映画好きの主人公トトと映写技師のアルフレードとの一生涯の関係を描いたヒューマンドラマです。◆映画しか娯楽のないところでは、映画館は、人々が泣いたり笑ったり怒ったりしながら時間を共有する場だったのですね。そして、その中で映写技師は人々の感情を動かすことができる、映画という力を持った重大な存在だったのです。映画館に入れないお客さんのために、民家の壁に映画を映すシーン(大好きなシーン)は、当時の映写技師の技術がいかにお客さんを感動させることに必要だったのかわかります。◆アルフレードが文句をいいながらも映写技師を続けていたのは自分が映画を上映することによって、人々が喜んでくれることが嬉しかったのでしょう。ただし、人々を喜ばせるのは映画自体であって、映写ではありません。本当に人々を喜ばせたいのなら、映画を作るしかないのです。アルフレードは映写ではなく、映画を作りたかったのではないでしょうか。自分の映写で喜んでくれる人たちを見て、これが自分の映画だったらと悩んだのだと思います。◆だからこそ、アルフレードはトトに夢を託した。映写によって人々を喜ばす、という非現実から目覚めて欲しかったのだと思います。◆映画監督になったトトは、現実の世界から、非現実の世界へと戻ってきます。思い出を残しながらも原型を留めていないものたちがトトを迎え入れます。そこでトトは現実の世界に自分を押し出してくれたアルフレードの優しさに気がつくのです。そして、最後のシーン。トトはアルフレードが、映写技師の持てる技術を駆使して作った、稚拙ながらも作者の思いがふんだんに詰まった作品を見て涙を流すのです。 ◆9点を献上させていただきたい。
もりたろうさん [DVD(字幕)] 9点(2007-11-10 11:09:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 535人
平均点数 8.39点
020.37%
120.37%
210.19%
361.12%
4213.93%
5203.74%
6336.17%
7478.79%
88515.89%
910319.25%
1021540.19%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.80点 Review26人
2 ストーリー評価 8.65点 Review44人
3 鑑賞後の後味 9.04点 Review48人
4 音楽評価 9.53点 Review58人
5 感泣評価 8.45点 Review48人

【アカデミー賞 情報】

1989年 62回
外国語映画賞 受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS