Menu
 >
 >
 > 光をくれた人

光をくれた人

The Light Between Oceans
2016年【英・ニュージーランド・米】 上映時間:133分
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー
[ヒカリヲクレタヒト]
新規登録(2017-05-08)【たろさ】さん
公開開始日(2017-05-26
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督デレク・シアンフランス
キャストマイケル・ファスベンダー(男優)トム・シェアボーン
アリシア・ヴィキャンデル(女優)イザベル・グレイスマーク
レイチェル・ワイズ(女優)ハナ・ローエンフェルト
ブライアン・ブラウン(男優)セプティマス・ポッツ
ジャック・トンプソン(男優)ラルフ・アディコット
脚本デレク・シアンフランス
音楽アレクサンドル・デスプラ
製作ジェフリー・クリフォード〔製作〕
デヴィッド・ハイマン
製作総指揮トム・カーノウスキー
ジェフ・スコール
美術カレン・マーフィ[美術]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 窓の外を白く飛ばし、逆光のポジションに立つファスベンダー。自らが陰となって順光を愛する相手に注ぐ構図、という趣旨か。
特に後半の劇はこのスタイルを多用して光の主題を語っている。

兎に角圧倒されるのは、島を吹き荒れる強風の音であり、波の寄せ返しの画だ。ヒロインが産気づく夜の嵐の音響が彼女の動揺と不安感を次第に
かきたてていく辺り、巧妙に出来ている。

勾配が特徴的な島のロケーションであり、その傾斜を画面によく活かしているが、そこを登る・降りるの運動は少々貧弱だ。
ラストで港へと必死に駆けるだろうアリシア・ヴィキャンデルの走りもまるで物足らない。

芸達者な俳優らの表情芝居とその極端なクロースアップに頼り過ぎてしまったのではないか。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 5点(2017-06-02 23:51:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
51100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS