Menu
 >
 >
 > アトミック・ブロンド

アトミック・ブロンド

Atomic Blonde
2017年【米・独・スウェーデン】 上映時間:115分
平均点: / 10(Review 10人) (点数分布表示)
アクションサスペンスミステリースパイもの
[アトミックブロンド]
新規登録(2017-08-14)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2017-09-06)【+】さん
公開開始日(2017-10-20
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・リーチ
キャストシャーリーズ・セロン(女優)ロレーン・ブロートン
ジェームズ・マカヴォイ(男優)デヴィッド・パーシヴァル
ジョン・グッドマン(男優)エメット・クルズフェルド
ティル・シュヴァイガー(男優)時計職人(ウォッチメーカー)
エディ・マーサン(男優)眼鏡をかけたスパイ
ソフィア・ブテラ(女優)デルフィン・ラサール
トビー・ジョーンズ(男優)エリック・グレイ
ビル・スカルスガルド(男優)メルケル
ジェームズ・フォークナー(男優)チーフC
ローランド・ムーラー(男優)アレクサンドル
バルバラ・スコヴァ(女優)検視官
脚本カート・ジョンスタッド
音楽タイラー・ベイツ
製作シャーリーズ・セロン
デヴィッド・ミンコフスキー(共同製作)
製作総指揮カート・ジョンスタッド
配給KADOKAWA
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.私の理解不足もあるかもしれませんが、登場人物の名前が覚えづらい、ストーリーがわかりづらい、アクションの切れが悪い、など、不満が残りました。特にこの映画でアクションは重要なので、もっと小気味良いアクションにしてほしかった。ただ、シャーリーズ・セロンは体が大きいので、迫力はありました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 5点(2017-11-02 23:36:42)
9.おもしろいんだけど、ちょっと何かひっかかる。 冷戦が解かれるころの東ドイツが舞台と言った、中途半端ななつかしさ(音楽やクルマ、パンナムの旅客機など)が、このモヤモヤを生んでいるのかなあ。 ストーリーは単純なのに、執拗にひねり回している感じで、終わってみれば、『やっぱりなあ』と感じさせるあたりは、脚本にやや難ありってところでしょうか。 まあ、これは西洋風のノスタルジーを味わう作品ってところですかね。 しかし、銃弾の音に関しては、結構迫力がありました。
ミスプロさん [映画館(字幕)] 7点(2017-11-02 14:39:17)
8.《ネタバレ》 やってくれるねーー!世論ちゃん!!(よろんとも言う)しかしこの監督、モウこれでもかって程に、セロンの魅力を伝えたかったんだろーなあ。何しろこの映画、美しいセロン様を、正にもう、これでもかって程に!、おしんやランボーも真っ青な程に、痛めにいためつけて。。。。。。しかああーーーし!しかしですよ!いやねえ、、、もう遅過ぎるって!!撮るの遅すぎーーー!せめて、あと10年!10年早かったら(セロンが英会話のイーオンの頃ね!)、セロン様のエロエロエロモードももっともっともっともっと(無限)、、、、引き出せたでしょうに。何しろ、体の線は崩れてるは、お顔はケバケバだは、ブロンドは似合わねえは、日本の美魔女じゃねーんだからよーー!まあ、本人のアクション能力が非常にイケてるだけに、とてももったいないな、と思うのでした。
((まあ、わたくしが望むべくは、例えば、日本だと、、、、乃木坂の白石さん、、、、、あたりが、マッタク同じような事やってくれると、とっても嬉しい(燃える!)、、、、、、、のですが。。。。例えば、、ですよぉーー、、、))
まあよお!それにしても、全編、酒は(ウオッカやウイスキー!!!)は、とっても旨そうでした!   追加!いやーホンマこんなのを、日本でおもいきり、リメイクして欲しい。白石の他に推薦女優は、土屋太鳳、中条あやみ、長澤まさみ、吉瀬美智子あたりか!売れるでーーホンマ!(要は、思いっきり脱いで、思いっきりアクションやってほしい!少なくともセロンなみにね!超かっちょいーーぜ!)
男ザンパノさん [映画館(字幕)] 5点(2017-11-02 00:03:28)
7.シルバーブロンド(ウイッグ)の女版ジョン・ウィックだと思ったら監督もかぶってた。笑
墨石亜乱さん [映画館(字幕)] 7点(2017-10-31 16:45:17)
6.ラストシーン、主演女優が甘美な微笑を携え小気味よく最後の台詞を言い放ち、映画は終幕する。
劇場の暗がりの中、エンドロールを迎えた途端に、涙が滲んできた。
純然たるアクション映画における圧倒的な充足感で涙が出てきたのは初めてかもしれない。

このアクション映画を賞賛する要素は多々あれど、先ず特筆すべき要素は次の3点に尽きる。

一にシャーリーズ・セロン!二にシャーリーズ・セロン!!そして、三にシャーリーズ・セロンだ!!!

決して大袈裟ではなく、全シーン、全カットで映える主演女優・シャーリーズ・セロンが抜群に格好良く、あまりに美しい。
「ワンダフル!」「ハラショー!」「ヴンダバー!」「シュペール!」
果たして、最終的にどの言語で、“彼女”を賞賛すべきか惑うが、とにかく「素晴らしい!」

ナイトクラブでのゴージャスなドレスから、全身傷だらけで“ズタボロ”にも関わらず完璧に美しいフルヌードに至るまで、ありとあらゆる「衣装」を纏った女スパイが、冷戦末日のベルリンで暗躍する。
「騙す者を騙すのは愉快」と、血で血を洗う国家間の陰謀の狭間を、強かに、しなやかに、そして艶やかに立ち回っていく主人公・ロレーン・ブロートンに、ただひたすらに陶酔せざるを得ない。

冷戦下を舞台にしたスパイ映画らしく、各人のめくるめく思惑と、折り重なる策略によってストーリーテリングはクライマックスにかけていよいよ混乱してくる。
何がどうなっているのか殆どわけが分からなくなってくるけれど、そんなストーリーに象徴される世界の混沌そのものを、主人公の存在感が圧倒する。

大国間の冷たく重い鬩ぎ合いも、その水面下で繰り広げられる各国諜報機関の騙し合いも、愚かな“ゲーム”によって命を奪い合う男たちも、その総てを見下し、嘲笑するかのような女スパイの冷ややかな視線と佇まいに、ただただひれ伏すのみ。

7分半にも及ぶ1カット構成により、次々と襲いかかる男共を叩きのめし、打ちのめす“ノンストップ”のアクションシーンは確かに物凄い。
このシーンのみで、今作がアクション映画史上におけるエポックメイキングとしての価値を刻みつけたことは間違いない。
けれど、この映画が物凄いのは、そんな圧倒的シーンすら主人公を彩る一要素でしかないということだ。

鍛え抜かれたアクションも、シーンごとにチェンジされる魅力的な衣装も、中毒性の高い80年代ミュージックも、その総てをウォッカロックのように飲み干し、“彼女”が「支配」する。
その「支配」そのものが、今作の全てのシークエンスを通じて“悦び”に変わる。

「女優」という存在に支配されることの愉悦と恍惚。それらこそが、映画という娯楽の根源ではなかろうか。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 10点(2017-10-30 23:04:45)
5.《ネタバレ》 改めて思うのは、ヨーロッパやアメリカやロシアは争い事が絶えなかった事実だ。スパイは当たり前で、戦争だって沢山している。だから、争い事の後の平和条約は必ず守られる。しかし、アジアは歴史があさいのか、その平和条約あとでも、平気で破ってくる。こんな事をヨーロッパで認めたら、大変な事になる。そんな事を思い出させてくれた映画だった。二重スパイがキーワードだが、なかなかいりくんでいる。わかりずらい映画なのは確かだ。しかし、アクションがすごいし、女性がきれいだ。
matanさん [映画館(字幕)] 7点(2017-10-28 19:01:28)
4.セロン姐さんに蹴られたい人は必見!壮絶な格闘、◯◯◯な事から×××な事まで、姐さん躰張ってます!

スリラー映画としてもよくできていて、1989年の背景を丁寧に描いてる。パンナム機が並ぶ西ベルリン空港、東ドイツのトラバント、タルコフスキーの「ストーカー」、ポイント・チャーリー、etc
音楽も最高で、ロックバルーンは99、アンダープレッシャーなど、時代状況とマッチした選曲が素晴らしい!(他にも歌詞がシーンに合っている曲が選ばれているらしいのだが英語の歌詞がサッパリわからず…)
時代背景や選曲をしっかり予習復習して見直したい映画でした。
爆裂ダンゴ虫さん [映画館(字幕)] 8点(2017-10-24 22:47:42)
3.《ネタバレ》 騙し騙され二重スパイin1989
80'sシンセサウンドとネオンカラーが彩る世界でのスパイ達の攻防は生々しくも幻想的。
抑えられた色調の中一人真っ白なブロンドの女スパイ・ローレンの任務は最初から大ピンチ。
ただスパイ映画というのは007のようにわかりやすいエンタメ一直線か、見る側の頭の回転力が求められる心理戦を交えた二重三重の騙し合いのどちらかなのだが、後者はやっぱり何かと面倒くさい。そして本作は硬派な後者。
疑心暗鬼は当たり前、誰が見方か裏切り者で、どこで盗聴されているかなんてわかったもんじゃない。
そんな30年くらい前の出来事ははじめのうちは静かにあっちに行ったりこっちに行ったりの繰り返し。
登場人物の名前が頻繁に登場し頭の中で彼らの相関図がどうなっているか混乱しながら作って行く内に展開は次から次へと変わって行く。
しかし中盤、スパイグラスを逃がすシーンからのアクションシーンは凄い。超長回しによる生々しい戦闘シーン。そりゃアザだらけになりますよ!これだけでも本作は見た価値あったと満足出来る素晴らしいシーンです。
そこからのカーチェイスも一体どこにカメラが付いているのかわからない、車内をグルグル回るカメラに仰天。どうやって撮ったんだろう…。
結局後半はパーシヴァルが何がやりたかったのかとか、KGBとどういう関係だったのかとか、自分の頭ではよくわからないまま終わってしまいました。
そんな本作ですが劇中局といい80年代末期の雰囲気といい色調といい最高にカッコ良かったので満足です。サントラ欲しい!
えすえふさん [映画館(字幕)] 6点(2017-10-24 12:43:22)
2.ベルリンの壁崩壊間際を舞台にしたスパイサスペンスものだが、あまり時代背景はどうでも良くて、ひたすらシャーリーズ・セロンのアクションを見せたいんだなというのが伝わってくる。なので、サスペンス要素はかなり薄っぺらいし、ストーリー自体も陳腐なので飽きやすいです。
その分彼女はひたすら格好良く、セクシーに撮られています。彼女のファンなら観て損はないでしょう。
あまり構えずに、暇つぶし目的で観る分にはおススメ。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 6点(2017-10-21 23:15:58)
1.《ネタバレ》 デヴィッド・ボウイの「キャット・ピープル」のイントロが早々に流れてくるのだが、
その時点で『イングロリアス・バスターズ』の鮮烈な印象のほうが先行して思い出されて、
あれと同じような使い方をするのだろうな、と却って鮮度感を失ってしまう。
既視感が先に立って、スタイリッシュとはほど遠い。

ところどころで角度を弄って奇を衒うカメラや、
幾度も時制を往還してブレーキをかける語り口も少し煩わしい。
回想談にする必然性は一応あるのだが、顔の痣を先に持ってきてしまった為に終盤の一大立ち回りのインパクトが
薄れてしまっていないだろうか。

危険な階段落ちあり、打撃系アクションありで次第に顔面が変形していく壮絶長回しアクションは
舞台空間の立体性が意識されているし、乱闘の中たまたまその場にあり合わせた小道具をアドリブ的に利用しているような
生々しい迫真性があって素晴らしいが、ここだけ突出してしまっている感も否めない。

ジョン・グッドマンはじめとする癖のある俳優の起用や、タルコフスキーのかかるスクリーン、傘のカモフラージュなどの画は面白い。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 6点(2017-10-20 22:15:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 6.70点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5220.00%
6330.00%
7330.00%
8110.00%
900.00%
10110.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS