Menu
 >
 >
 > 斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難

2017年【日】 上映時間:97分
平均点: / 10(Review 3人) (点数分布表示)
SFコメディ学園もの漫画の映画化
[サイキクスオノサイナン]
新規登録(2017-08-17)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2017-08-23)【イニシャルK】さん
公開開始日(2017-10-21
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督福田雄一
キャスト山﨑賢人(男優)斉木楠雄
橋本環奈(女優)照橋心美
新井浩文(男優)燃堂力
吉沢亮(男優)海藤瞬
笠原秀幸(男優)灰呂杵志
賀来賢人(男優)窪谷須亜蓮
ムロツヨシ(男優)蝶野雨緑
佐藤二朗(男優)神田品助
内田有紀(女優)斉木久留美
田辺誠一(男優)斉木國春
脚本福田雄一
主題歌ゆず「恋、弾けました」
製作久保雅一
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会/製作幹事)
日本テレビ(映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会/製作幹事)
アスミック・エース(映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会)
読売テレビ(映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会)
集英社(映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会)
小学館集英社プロダクション(映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
アスミック・エース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 佳作。得点は6と7で迷うところだけど、他の人の評価が思いのほか低くて7にした。アニメから入ったクチだけど、ただギャグが面白いのであり、それを楽しむ映画であって、何かそれ以上の期待をしてもムダだとは思う。【ネタバレ注意】決定的にアウトな改変が蝶野雨緑のマジックシーン。原作ではテレビで見ているからこその展開だったのに、“その場”にいたら透視できるはずじゃないか。あと、橋本環奈は頑張っていたと思うが、あくまで原作の設定を思えば、だが“美人キャラ”にはムリがある印象。(足よりも)声が太いのが気になった。まあ、“誰が見ても美人”というキャスティングって難しいんだろうけれど。あとは「喋るんだ」と思った程度で、ヘンにシリアスな展開にすることもないし、キャスティングはよかった。全体的には原作の面白さを受け継ぎつつ、終盤もうまくまとめていた。
mohnoさん [映画館(邦画)] 7点(2017-11-07 20:48:43)
2.《ネタバレ》  私がこれまでに見た福田雄一監督作品の中では最もつまらない映画でした。

 「何も無い映画」なんですよね。話としては何も起こらない。キャラクターが成長したり学習したりは一切しませんし、物語の始まりと終わりとで何かが変わる事はありませんし、何も生まれず何も失われません。
 そして、そんな映画ならばそんな映画なりのあり様がある筈、そういう映画としての美学があっていい筈ですが、そんな事には一切頓着していなくて、単なるネタ集であり、そして殆どのネタがハズしてるという状態。原作マンガに準じているのでしょうが、マンガをそのまま映像にすればそれで面白いのか?という基本的な部分で間違っているのではないかと。

 全てのキャラに一切のリアリティなどなく、この世界の中だけで閉じているキャラで、ならばこの世界なりのルール、面白さを示すべきだと思うのですが、そこを創造する気はさらさら無いようですし、単なる面白キャラなりの面白さすらも示せておらず、演じてる役者さん達はそこに存在し、その世界の登場人物となり、ギャグを演じてはいるけれど、みんな目が死んでる、って状態。
 福田監督の悪いクセである投げっぱなしで回収しない、オチを付けないエピソードが大量に散らかっていて、でも、そんな事もどうでもいいくらいにそもそもの芯となる基本的な物語がつまらないという。

 今年の橋本環奈出演作3本の中で、最も彼女を魅力的に撮れていない映画でもありました。3本中これとあともう1本も福田監督なんですけど、そっちに比べても全然。別にヘン顔してるからとか、そういう意味でなくて(アッチでもヘン顔してるけど、アッチはそれでも魅力的でしたし)。

 お金を払って見るレベルではなくて、この映画にかける時間すらも勿体なくて、「何も無い芸」ってのは、だけどそういうモンじゃないんだって学んで頂きたいところです。喜んでお金と時間を提供できる「何も無さ」ってのがあるとして、少なくともコレは全く違います。
あにやんさん [映画館(邦画)] 3点(2017-11-05 19:03:01)
1.《ネタバレ》 ボケて、突っ込んで、のモノローグ合戦(ヒロインの顔面アップVS主人公のバストショット)
を延々と繰り返して本当にご苦労様である。

画面的にも、ダイアログ的にも、テレビ放送が妥当。

あえてチープさを狙っているとはいえ、文化祭が舞台なのだからもう少し音楽やダンスで画面を
祝祭的に彩ってもいいと思うが。

あえてやらないのだろうけども。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 2点(2017-10-28 16:04:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
2133.33%
3133.33%
400.00%
500.00%
600.00%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS