ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜
 > (レビュー・クチコミ)

ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜

[ラストレシピキリンノシタノキオク]
2017年【日】 上映時間:126分
平均点:6.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-11-03)
ドラマ戦争もの小説の映画化グルメもの
新規登録(2017-09-13)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-03-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督滝田洋二郎
キャスト二宮和也(男優)佐々木充
西島秀俊(男優)山形直太朗
綾野剛(男優)柳沢健
宮崎あおい(女優)山形千鶴
竹野内豊(男優)三宅太蔵
笈田ヨシ(男優)楊晴明
兼松若人(男優)
竹嶋康成(男優)
大地康雄(男優)
蛍雪次朗(男優)
脚本林民夫
音楽菅野祐悟
撮影浜田毅(撮影監督)
製作市川南〔製作〕
テレビ朝日(「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」製作委員会/製作幹事)
ジェイ・ストーム(「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」製作委員会)
電通(「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」製作委員会)
東宝(「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」製作委員会)
キノフィルムズ(「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」製作委員会)
朝日放送(「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」製作委員会)
製作総指揮早河洋
企画秋元康
配給東宝
美術部谷京子
録音小野寺修
照明長田達也
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》  一度食べたらその味を忘れない。それが大事なことだと確か『王様のレストラン』でも言っていたな。でも、一番大事なのはそれを再現できることじゃないのかな?まあいいけど。

 劇中、麒麟の舌の説明を聞きつつ「なんでタイトルが『記憶』なの?」と思ったが、お店の火事のシーンで鮮やかにそれが解決される様が見事。このシーンの二宮君の瞳に炎が蘇る描写で、それを表現したのは凄いと思った。
 途中、二宮君が「思いを込めて料理を作れば、おいしいと言ってもらえる、というのはどうか?」みたいなセリフを言うシーンで、それを口に出す(セリフで言っちゃう)かぁ?と思ったが、心配をよそにそれを超えて物語は感動的に展開した。
 才能あるものがそれに溺れて、周りとの軋轢を生みやがてダメになってしまう。遂に本人もそれに気づき、生き方を変えて幸せを取り戻す。シェフとギャルソンの違いはあるが、前述のドラマ『王レス』もそうであったように、このプロットは王道なのだと思う。それを大戦中の日本軍の陰謀を絡めつつ、料理人の魂を込めたレシピと思いをつなぐ歴史の物語としたのは、面白かった。誰かのセリフで「のちに軍部が盧溝橋事件を起こし」と言ってたので、その前に実現しなかった陰謀事件という態なのだろう。

 アイドルメンバーの映画と言って低評価をするには、能わない映画であると思う。
 この物語に付け加えるには、蛇足的な感じもするが、エンドクレジットと共に映し出される佐々木充作の料理の詳細も見たかった。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 8点(2018-05-30 21:28:16)
2.《ネタバレ》 映画を観てて、心の底からくだらないと思ったのは久しぶり。
いや、映画そのものではなく、ストーリー上極めて重大な「陰謀」の正体が。
わかった時点で、あまりの馬鹿らしさに席を立とうかと思ったくらいに。
原作通りとしたら、そこまで無知なまま歴史が絡んだ物語を描いてしまう小説家に呆れかえってひっくり返る。
同時に映画の企画段階でストップや修正ができる真っ当な常識を持った人間がいなかったことにも。
ただ宮崎あおいは可愛いかったので、それだけは評価できって5点
陸軍を悪者にするのは問題ない。されるだけの行為を積み重ねた組織だから。
けれども、組織としての行動原理、そして正史で行ったことと全く真逆の行動をとらせるなら、
たとえ架空とはいえ、すこしでも論理を積み重ねるべきではないか
rhforeverさん [映画館(邦画)] 5点(2017-11-07 08:12:10)
1.《ネタバレ》 俳優自身が料理を実演するショットと、プロの手さばきと食材の質感を見せるアップショット。
それぞれを適切に組み合わせて違和感の無い調理シーンが出来上がっている。
が、二宮和也の包丁さばきより、綾野剛のチャーハン炒めの方がアクションとして
断然映画映えしてしまっているのが少し悲しい。
体型の問題なのか、姿勢の問題なのか、そもそも二宮は立ち姿が貧相で映画の被写体として
まるでサマになっていないようなのだが。

夕陽の満州鉄道を遠望しながら西島ら四人が語り合うショットの、レトロ調の画面の哀切。
燃やされるレシピと、その炎の照り返しを受ける西島の凛とした表情。
その赤く照り返される表情のイメージが、娘から孫へと受け継がれる。

育ての父の遺影を前にカツサンドをほおばる二宮に涙でも流させたら最悪だったが
そこでギリギリで踏みとどまったのはさすが。

そしてレシピに添えられたモノクロ写真の数々。癪だが、やはり写真というものには泣かされる。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2017-11-05 08:54:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5133.33%
600.00%
7133.33%
8133.33%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 0.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS