Menu
 >
 >
 > 伊藤くん A to E

伊藤くん A to E

2018年【日】 上映時間:126分
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリーミステリー小説の映画化TVの映画化
[イトウクンエートゥーイー]
新規登録(2017-11-26)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-04-23)【イニシャルK】さん
公開開始日(2018-01-12
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督廣木隆一
キャスト岡田将生(男優)伊藤誠二郎
木村文乃(女優)矢崎莉桜(E)
佐々木希(女優)島原智美(A)
志田未来(女優)野瀬修子(B)
池田エライザ(女優)相田聡子(C)
田口トモロヲ(男優)
中村倫也(男優)
田中圭(男優)
岡本夏美(女優)瑞穂
音楽遠藤浩二
配給ショウゲート
特撮松本肇(視覚効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 木村文乃がそれぞれ正対して聞き取りしていく四人の女性との切り返しショット。
これが、終盤の彼女の「彼女たちは私なのだ」という科白にも絡むのだろう。
長回しを効果的に使い、美術と人物の配置をよく考えながら、時に突き放し、
時にはキャラクターの心の動揺に不安定にシンクロしつつショットを作っている。
ラスト近くの木村と岡田の対話ではその中に陽光を的確に採り入れる芸当なども見せてくれる。
ヒロインの涙の芝居に対しては、そこであえてカメラを引いてくれれば言うこと無しなのだが。

浴槽の中を潤し満たしていく水道の流水音が、彼女の生命力を表すように響き渡る、といった演出もなかなかいい。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2018-01-17 22:17:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS