Menu
 >
 >
 > ランブルフィッシュ

ランブルフィッシュ

Rumble Fish
1983年【米】 上映時間:96分
平均点: / 10(Review 44人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画青春もの小説の映画化
[ランブルフィッシュ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-05-08)【S&S】さん
公開開始日(1984-07-21
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督フランシス・フォード・コッポラ
助監督マーク・ラドクリフ[製作](第二助監督)
デヴィッド・ヴァルデス
演出バディ・ジョー・フッカー(スタント・コーディネーター)
キャストマット・ディロン(男優)
ミッキー・ローク(男優)
ダイアン・レイン(女優)
デニス・ホッパー(男優)
ダイアナ・スカーウィッド(女優)
ヴィンセント・スパーノ(男優)
ニコラス・ケイジ(男優)
クリストファー・ペン(男優)
ラリー・フィッシュバーン(男優)
トム・ウェイツ(男優)
ソフィア・コッポラ(女優)
ジャン=カルロ・コッポラ(男優)
S・E・ヒントン(男優)
トレイシー・ウォルター(男優)
原作S・E・ヒントン
脚本フランシス・フォード・コッポラ
S・E・ヒントン
音楽スチュワート・コープランド
撮影スティーヴン・H・ブラム
ロバート・プライムス(効果班撮影監督)
ジョージ・ムーラディアン(効果班カメラ・オペレーター)
製作フレッド・ルース
ジャン=カルロ・コッポラ(製作補)
ロマン・コッポラ(製作補)
ダグ・クレイボーン
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮フランシス・フォード・コッポラ
配給CIC
ユニバーサル・ピクチャーズ(ユニヴァーサル)
美術デニス・ガスナー(グラフィック・デザイン)
ディーン・タヴォウラリス(プロダクション・デザイン)
編集バリー・マルキン
録音ランディ・トム
ダグ・ヘンフィル
スタントバディ・ジョー・フッカー
その他ジャネット・ハーシェンソン(キャスティング)
あらすじ
高校生のラスティは仲間のリーダーとして喧嘩に明け暮れる毎日を送っているが、かつてのカリスマ的リーダーで今は町から出た兄に対してコンプレックスを抱いていた。ある日、リーダー同士の白熱した喧嘩の只中に兄が現れる…
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.面白かったのは最初の決闘シーンまで。そこから先はずっと退屈。映像とか、音楽の使い方とか、きっとゲージツ的なんでしょうが、無粋な私には「だから何よ」という感じ。
要するに、かつては小さな町の圧倒的な番長だったミッキー・ロークが、全国総番を目指した旅立ったものの、挫折して無気力になって帰郷。しかし弟は昔の兄の幻影を追い続け…、というストーリーなわけですが、なぜ挫折したのかを知りたかった。というか、コッポラに竹内力主演の「カオルちゃん最強伝説」を見せてあげたかった(時代的に無理ですが)。カオルちゃんも当初の全国総番の夢は曖昧なまま、岸和田でずっと燻っているわけですが、無気力どころかずっと意気軒昂です。人生、思い詰めてはいけないということですね。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-11-16 20:23:42)

43.《ネタバレ》 ふむ、アートじゃね 
白黒世界を綺麗に見せたアートじゃね、 
ただ 色にこだわったのであればバイクボーイが目にする色盲の兄目線というのが見てみたかった たぶん信号機の赤青黄の判別付いてないんだよね 一体どう見えてるんだろね 

(調べてみたとこ、緑色はくすんだ黄色に、黄色はくすんだ黄色に、赤色はくすんだ茶色っぱく見えていらっしゃるようですね ご参考までに。)
(でも一概にはそうとも言えず、違う色の見え方をする方もいらっしゃるとのことです。補足。)
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-11-14 21:40:40)
42.《ネタバレ》 出演俳優の面々を観ると当時はやっていたいわゆるブラットパックものの亜流かと思いきや、コッポラだけあってその手の安直映画とは明らかに一線を画す出来です。夜はなぜかいたるところで煙がたなびき、昼はやたらと窓に映る雲が流れるカットが多用されるなど、コッポラは映像派だったんだなと再認識させられた次第です。モノクロで撮った理由のひとつに、色覚異常という設定であるミッキー・ロークが見ている世界を表現していることは間違いないでしょう。その中でランブルフィッシュだけが鮮やかな色を放っているという描写は、さすが名脚本家コッポラ!と拍手を送りたいです。音響スタッフに「もっとはっきり喋ってくれ!」とミッキー・ロークは何度も文句を言われたそうですが、この終始ボソボソとセリフを呟く演技は結構よかったですよ。若き日のニコラス・ケイジもシュッとしていて、ニコジーを観て初めて“カッコよい”と思ってしまいました。 コッポラがゾエトロープがガタガタになって苦労していたころの、彼の原点に帰ったような佳作です。映画作家は小品を観るとその人の才能が判るという良い見本です。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-07-09 15:32:38)
41.特徴的なカメラ演出と独特のテンポや雰囲気もあって面白そうな始まりだったけれども、全体としてはつまらなかったなという印象でした。
おそらくどの登場人物にも感情移入出来なかったからだと思うので、若いころに見たら印象が変わっただろうという作品でしょう。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-06-10 16:26:49)
40.広い海に出ようが相手が気に入らなけりゃきっと死ぬまで闘うんだろうね。どうしようもない男の退屈なお話は、心地よくない疲労感だけが残る。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-04-22 22:25:21)
39.以前も何回か観ているが、最初の乱闘シーン以外はあまり覚えていなかった。
公開当時も色使いで話題になった作品。小品というイメージだが、意欲的に作られた映画だと感じる。でも、時々出てくる考えたセリフ以外は単調。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-04-15 11:50:51)
38.コッポラという人は、たぶん映画に対してもの凄い情熱を持っていて、ワンシーンワンシーン思い入れたっぷりに撮って、でも映画全体を見るとイマイチ何が描きたかったのかよくわかんなくって、ある意味、その壊れっぷりが魅力だったりするのかな、と思うのですが。本作でも凝りまくる。モノクロ映像にパートカラー、表情のアップ、ローアングル。画面にはタバコをはじめとして闇雲に煙が漂い、必要があれば(無いけど)雲まで動かして見せる。背景にはさまざまな音楽が流れるばかりではなく、水滴の音などの効果音までもがまるでBGMのように取り込まれている。はたまた、バイクと人間が衝突して吹っ飛ぶシーンとか、マット・ディロンが額から流血して見せるシーンとか、コケオドシ的なトリックも画面を賑わせる。
とか言う凝りようが、本作の場合、雰囲気をよく出しており、しかも多少神経質ながらもコッポラ流の誇大妄想に染まることなくテンポよく進められて、「壊れる前に90分ほどで切り上げて踏みとどまった映画」とでも言いますか。
それにしても、80年代で(いったん)燃え尽きた男、ミッキー・ローク。いいんですけどね~。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-04-09 20:45:23)(良:1票)
37.恋や友情を描く青春映画と、どこか郷愁を誘うモノクロって相性がいいと思います。
本作もモノクロの青春映画ですが、そういう郷愁を誘う映画ではありません。
本作のモノクロの世界は、ミッキー・ローク演じる色盲の兄、モーターサイクルボーイの世界。
主役はマット・ディロン演じる弟なのですが、目線の定まらないような演技を見せるミッキー・ロークの存在感が凄い。
唯一、カラーになるのは狭い水槽の中で常に喧嘩をするランブルフィッシュ(闘魚)の姿。
それは小さな狭い町で敵対する不良グループと常に喧嘩している弟たちの姿と重なります。
狭い水槽の中で争ってばかりいる魚を川に放してやろう・・・。そして弟にはこの小さな町を出ろと言う兄。
マット・ディロンと一緒に「アウトサイダー」に続いてコッポラの青春映画に出演となった、
作品の華というべきダイアン・レインの存在もありますが、これは男2人の兄弟愛の映画でもある。
コッポラの青春映画としては「アウトサイダー」の方が好きなのですが、
本作は俳優ミッキー・ロークの出演作としては外すことができない作品だと思います。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-04-08 20:35:36)(良:1票)
36.いまいち話に乗れなかった。ミッキー・ロークの雰囲気はとても好き、街の雰囲気も日本人が思い描くアメリカの田舎町って感じで良いんだけど……。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 5点(2016-12-12 23:59:25)
35.《ネタバレ》 30年前の青春映画でした。腕力による地元統一の熱気が通り過ぎた後、兄には何も残っていなかった。当時はそこで命を絶つほど(あれは自殺でしょう)深刻になる。無気力に明日はないという結論。たぶん、現代ならニートで生き続けます。兄を慕い盲目的に追従しようとする弟を不憫に思った兄は「海へ向かえ」と遺言を残す。閉塞状況を突破する記号表現ですが、場所を変えた後にこそドラマがあると云うのが現代的意見だと思います。海に向かってバカヤローと叫んで終わるような昔のドラマを見せられた印象でした。海に向かって叫んでいたのは40年前ですけど…。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2013-08-20 00:47:13)
34.《ネタバレ》 異様な雰囲気漂うモノクロ世界、ゴンタクレでロクデナシのワルガキ共による青春映画。“バイクボーイ”で英雄のアニキに憧れる弟。フワフワつかみどころが無さすぎて入り込めませんでした。天下のコッポラ監督作品にしてはあまりに陳腐です。イケメンだった若き頃のニコラス・ケイジ、今はナメクジメン…。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 5点(2013-02-28 01:01:55)
33.《ネタバレ》 全般的によくわかりませんでした、何だかミッキーは幽霊みたいだね。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 5点(2012-08-15 12:33:40)
32.何度観たかわかりません。それはこの映画のスタイリッシュな映像が好きなのも有ります。しかしやはりこの主役兄弟の不器用な生き様が大好きです。本人の悩みなど他人にはわかりきらない。ラスティに兄の意思は伝わったのか、彼のその後も気になります。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 10点(2012-04-15 02:45:31)(良:1票)
31.なんとも怪しげで、迷宮に入ったかのような映像と展開は、いかにもフランシス・フォード・コッポラ作品らしさが出ている。

アメリカの夜の侘しさと猥雑さも良く出ている。
普通のセンスでは絶対撮れない映画。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-19 00:53:00)
30.映画のメッセージがいまいち伝わらない。
akilaさん [DVD(字幕)] 5点(2011-03-10 15:41:54)
29.いささか感情移入しずらく、難解でした。モノクロ映像が素晴らしいです。
ジャッカルの目さん [ビデオ(字幕)] 5点(2010-08-27 04:21:34)
28.《ネタバレ》 ミッキーロークの存在感は抜群。(角度によっては、ブルースウイリスに似ている)マットディロンは「アウトサイダー」での若者たちの兄貴分とは違って、伝説の兄にあこがれる弟役を演じている。そして、酔いどれ親父には、デニスホッパー。完璧な不良一族だ。男一族、みんな狂気を垂れ流して生きている。こりゃ、母親が逃げていくわけだ。(いや、逃げて行ったからこんなになってしまったのか?)兄が海の街カリフォルニアで見たものは何だったんだろう?ただ水槽の金魚を川に返すことで、弟に広い世界を見ろ、と言いたかったのかもしれない。最後、弟は海に行くが、彼はそこで兄が感じた気持ちを手に入れることができるには、まだまだ時間がかかるだろうなぁ。ひょっとしたらずっと分からないかもしれない。でもコッポラはそんな弟を温かく見つめている。
トントさん [ビデオ(字幕)] 7点(2010-08-25 14:59:36)
27.《ネタバレ》 ミッキー・ロークとマット・ディロンの憂いをたたえた横顔がたっぷり見られるだけでOK。この存在感はそれだけで芸術品ですね。兄弟関係の描写についても、言葉が少ないだけ、かえっていろんな感情や思いやりが伝わってきます。また、ダイアン・レイン扮する彼女と途中で破綻していて、普通の青春映画ならどこかで和解してめでたしめでたしなのですが、それを容赦なくそのまんまにしているのも凄い。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2009-02-27 03:17:47)
26.結局のところ、この兄弟のどちらの立場でもないと、感情移入すべき相手がいない気がする。
デフォルトモードさん [DVD(字幕)] 5点(2009-01-23 19:29:53)
25.内容がやや難解。手法によって表現したいことは分かったのだが、他がいまいち。ただ、ミッキー・ロークの存在感がすごい。この映画における役割としては完璧。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 6点(2008-09-19 09:13:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 6.82点
000.00%
100.00%
200.00%
324.55%
436.82%
5920.45%
6715.91%
7920.45%
824.55%
949.09%
10818.18%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review3人
2 ストーリー評価 6.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 6.75点 Review4人
5 感泣評価 6.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS