Menu
 >
 >
 > 夕陽のギャングたち

夕陽のギャングたち

A Fistful Of Dynamite
(Giù la testa)
1972年【伊・米】 上映時間:153分
平均点: / 10(Review 30人) (点数分布表示)
ドラマ戦争ものウエスタン
[ユウヒノギャングタチ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-07-31)【イニシャルK】さん
公開開始日(1972-04-22
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督セルジオ・レオーネ
助監督アルベルト・デ・マルチーノ(第二班監督)
キャストロッド・スタイガー(男優)フアン・ミランダ
ジェームズ・コバーン(男優)ジョン・マロリー
ロモロ・ヴァッリ(男優)ビィエガ
アントワーヌ・サン=ジョン(男優)ルイス大佐
リク・バッタリア(男優)サンテルナ
ベニート・ステファネッリ(男優)
デヴィッド・ウォーベック(男優)ジョンの親友(ノンクレジット)
アルド・サンブレル(男優)(ノンクレジット)
富田耕生ファン・ミランダ(日本語吹き替え版【DVD/TBS】)
小林清志ジョン・マロリー(日本語吹き替え版【DVD/TBS】)
大木民夫ビィエガ(日本語吹き替え版【DVD/TBS】)
若本規夫ルイス大佐(日本語吹き替え版【DVD/TBS】)
後藤哲夫ハイメ(日本語吹き替え版【DVD】)
広瀬正志ファンの父 ニーノ(日本語吹き替え版【DVD/TBS】)
渡辺美佐〔声優〕アデリータ(日本語吹き替え版【DVD】)
宝亀克寿馬車の護衛(日本語吹き替え版【DVD】)
千田光男サンテルナ(日本語吹き替え版【DVD】)
星野充昭息子(日本語吹き替え版【DVD】)
中博史神父(日本語吹き替え版【DVD】)
寺島幹夫ハイメ(日本語吹き替え版【TBS】)
藤本譲(日本語吹き替え版【TBS】)
槐柳二(日本語吹き替え版【TBS】)
原作セルジオ・レオーネ(原案)
ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ(原案)
脚本セルジオ・レオーネ
ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
セルジオ・ドナティ
音楽エンニオ・モリコーネ
撮影ジュゼッペ・ルッツォリーニ(撮影監督)
フランコ・デリ・コリ(第二班撮影監督)
製作フルヴィオ・モルセラ
制作東北新社(日本語吹き替え版【DVD】)
配給ユナイテッド・アーチスツ
特撮アンソニー・M・ドーソン〔監督〕(特殊効果)(アントニオ・マルゲリーティ名義)
ジョヴァンニ・コリドリ(特殊効果)
字幕翻訳清水俊二
スタントベニート・ステファネッリ
その他エンニオ・モリコーネ(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.長いという印象だけで何も残らなかったな。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-03-04 13:50:29)
29.《ネタバレ》 山賊のボスとアイルランドの革命家が手を結んでの珍共闘で、かなり異色の西部劇。
銀行強盗を企むただの悪党が、メキシコ革命に巻き込まれていくのがユニーク。
相乗りした馬車でブルジョアジーに冷たい視線を浴びる農夫が、盗賊の頭の本性を現す冒頭はセリジオ・レオーネらしくて痛快。
ただ、その後が期待ほどではなく、レオーネ作品としてはちょっと物足りない。
反発していた二人に芽生える友情は好みの定番パターンだが、ロッド・タイガーとジェームズ・コバーンにはあまり乗れなかった。
コバーンの演じたのが拳銃ではなく爆薬のスペシャリストというのも、西部劇に求めるものとは違っていた。

レオーネ特有の長回しが見られるが、『ウエスタン』くらいの緊張感と渋みがあれば全く気にならないのだけれど、それが冗長に感じられる。
なので、150分超がやっぱり長くて、2時間くらいにまとめればちょうどいい感じ。
モリコーネのションションション~♪の独特のフレーズが妙に頭に残る。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2015-01-11 22:33:09)
28.《ネタバレ》 原題は頭を下に、もしくは「伏せろ!(Giù la testa)」、あるいは「伏せろマヌケ野郎!(Duck, You Sucker!)」、あるいはジェームズ・コバーンを指して「一握りのダイナマイト(A Fistful of Dynamite)」、あるいはワンス・アポン・ア・タイム三部作を飾る「昔々の革命(Once Upon a Time... the Revolution)」か。

レオーネの作品は「夕陽のギャングたち」以前の大成功と高い評価、以降の再評価によって大多数が傑作と称賛されている。本作は他の作品ほど評価されていないが、俺個人は結構好きな作品だ。
ロッド・スタイガーの強盗とジェームズ・コバーンの爆弾魔。二人の悪党が次第に友情を結んでいく過程が楽しい(流石に回想シーン多すぎ&長すぎるとは思ったが)。利害の一致から腐れ縁、漢の友情へ。

戦闘面も銃撃戦と爆弾の使い方、特にファーストシーンが良い。
走る駅馬車、乗り込む乗客、巻き起こる事件。子供軍団と一緒に死線を潜り抜けてきたであろう野獣のようなスタイガー。レオーネの映画における駅馬車は無事では済まないのである。

今回のコバーンは爆弾魔。
趣味は爆破(ジェームズ・ドカーン)、好きな飲み物はニトログリセリン(嘘)。
ヒゲがあまりにも似合ってなかったが、ヒゲの無かった過去とヒゲのある現代の対比。ヒゲの無いコバーンの若々しさが、アイルランド時代の青臭さを出していて良かったと思う。

金目当てで突撃したら実は・・・知らず知らずの内に臨まぬ英雄&もっとヤバい奴に狙われる。コバーンと二人で小高い丘から機関銃で迎撃するワクワク感・戻って来た先に拡がっていた絶望。
救出劇は「善玉・悪玉・卑劣漢(続・夕陽のガンマン)」のイーストウッドとウォラックを髣髴とさせる!

列車でのやり取りは「善玉・悪玉・卑劣漢(続・夕陽のガンマン)」から「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト(ウエスタン)」へと受け継がれる。本作は列車もドカーンの標的となる。

コバーンはあの終わり方以外考えられなかったような気がする。友を失い、想い人とも離れ離れ、旅路でも散っていく仲間・・・コバーンは先に行った仲間たちに会えたのだろうか。
そして「俺はこれからどうすりゃいいんだよ」という表情を見せるロッド・スタイガーの何とも言えない顔が忘れられない。何もかも失ってしまった漢たちの旅・・・。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-04-09 21:47:59)
27.《ネタバレ》 ○レオーネの西部劇に外れなし。○ロッド・スタイガーとジェームズ・コバーンのコンビが最高に良かった。○彼にはもっとたくさん映画を撮ってほしかった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-03-09 22:31:18)
26.《ネタバレ》 いやー面白い。面白いです。ただ、この映画が言いたかったことや細かい表現の意味などきっちり理解できてはいない気がする。最後の回想はそれまでの流れ的に「裏切り」の描写?で、「信じられるのは爆弾のみ」の発言の通り、最後は自分の爆弾で死亡?うーむ2周目を観る必要がありそうです。ションショーン…ションショーン…(BGM)
【良かった点】
①製作費がバカ高というだけに、スケールが凄い。まさか橋爆破すんの?とは思ったけど、ホントに爆破するとは・・・しかもそれだけじゃ終わらず列車を正面からぶつけて吹っ飛ばすとは・・・②ロッド・スタイガー(フアン)の演技が素晴らしい。冒頭の列車での豹変っぷりは「うおっ」てなった。あと所々ショボーンみたいな悲しげな表情をするのが個人的にツボ③小勢力vs大勢力という構図。今となってはありがちですが、好みです④2時間30分の映画なのに、良い感じに状況や雰囲気が切り替わり、音楽も相まって、飽きなかった
【良くなかった点】
①タイトル。一体どこがギャングだったのか・・・②最初の方の「銀行」のテロップ。一瞬何が起こったのかと思った③回想シーンの空気がほわ~んとしすぎでは。最後の回想シーンの男二人の女の子走りはちょっと・・・④相手のお偉いさんがご都合的に登場したところ⑤撃たれてからなかなか死なないジョン

53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 8点(2013-12-19 01:13:16)
25.《ネタバレ》 レオーネ監督の撮った西部劇は大好きで全て見ていますが、本作に関してはどうしちゃったのレオーネさん!?って感じです。演出にいつものキレが感じられませんでした。彼独特の必要以上に間を引き伸ばす演出も所々間を外していますしただ無駄に長いだけのシーンになっています。ラストシーン女性を共有する場面の意図も理解できませんしあれじゃただの3Pにしか感じませんよ。ただ音楽は滅茶苦茶良くて凄くノスタルジーに浸れます。この音楽を聴く為だけでも見る価値がありますね。
キリンさん [DVD(字幕)] 8点(2013-01-19 23:34:27)
24.《ネタバレ》 正直なところ、見ている最中は“なんて長いんだ。回想シーンは全て省き引き延ばしもしないで早く進めて終わってくれ”などと思っていたのですが…、ラストの暗闇にコバーンが一人で動き出すと、いよいよ閉幕感が漂い出し、ロッド・スタイガーと目が合い互いに笑顔で合図を交わした瞬間、“ああ、早く終わってくれなんて思って御免なさい。ずっとずっと続けばいいのに”と思い直したのです。それは2人がアメリカに行けないと半ば承知していたことが確信に変わる瞬間であるからです。瀕死のコバーンは急にしおらしくなりスタイガーに謝る。それに無言で応えるスタイガー。騒がしい戦場にふいに訪れる2人だけの空間に泣けてしまうのです。
ミスター・グレイさん [DVD(字幕)] 8点(2012-06-01 18:33:06)
23.《ネタバレ》 マカロニ・ウェスタン伝統の技である俳優の超どアップもモリコーネの音楽も「もう勘弁してくれ」と言いたくなるほど暑苦しいのですが、不思議と味がある作品です。冒頭タイトルも出さずにいきなり毛沢東の引用を画面に大写しするところなど、「お前はゴダールかよ!」って突っ込みたくなるところですが、なんか製作当時の時代背景を感じさせられます。馬車から始まって教会・橋といった爆破シーンの凄まじさはさすが力が入ってますねー(さすがに列車と機関車の衝突・爆破シーンはミニチュア特撮でしたが)。寡作のレオーネの作品群の中でもちょっと毛色の変わった一本ですね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-05-08 11:00:18)
22.《ネタバレ》 B級メキシコギャングとアイリッシュ爆弾テロリストという取り合わせが面白い。敵の大佐の、一見して明らかなほどの分かりやすい冷酷悪人顔も面白い。橋の爆破のシーンは、その前からの「じりじり感」も含め、圧巻。「そこまでせんでも」と言いたくなるほどの無駄な熱さが、作品の質を高めています。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-05-02 01:06:37)
21.エンディングにでてくる女性を追うシーンは好きだな。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 6点(2011-04-29 08:28:31)
20.渋いジョンとワルだが面白いフアンでどんな展開になるのかと心を躍らせていた訳でありますが、ド派手な橋の爆破以降は鬱展開になってしまい、テンポも悪くなったような気が…。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-04-28 22:41:05)
19.キスのしあいっこしすぎやで・・。
ケンジさん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-08 22:09:01)
18.《ネタバレ》 ダレる部分はあるものの、やはり良い作品だなと思う。
当初、「続夕陽のガンマン」のイーライ・ウォラックがキャストされていたと言うが・・・ロッド・スタイガーとしてはらしくない盗賊役と思いつつも、やはり名優!
セルジオ・レオーネが何度もテイクを重ね、スタイガーが疲れ果てて憔悴の表情を見せるのを待ったという逸話を重ねてみると非常に面白く思う。

一方、スカしたような傍観者としてのジェームズ・コバーン、やはりカッコいい。こちらも当初はイーストウッドの予定だったと言うけれど、コバーンの味が出ていて間違っていない配役だと思う。

ただし個人的にシックリいかない箇所が何点かある。
特に最後のコバーンの自爆シーンの前に挿入される男女三人のキスシーン。スローモーションのロング・ショットについては、コバーンの回想シーンとしての意図は判るのだけれど、若干、興をそがれるというか・・・違う方向に話が行ってしまいそうになる。
この関係・・・レオーネが男同士の熱い友情、親友という関係に憧憬を抱いていたからと言われてみたりするけれど、男性同士の密接な描写を見れば、女性との複数関係と単純にとらえ難いように思われる。
相手の恋人を共有するという間接的表現=女性を通してもう一人の男性を感じてるというか、男性同士の間接的なキス・シーンにもあたる。(間に女性というクッションを差し挟んで誤魔化してソフトにした)ゲイ的なシーンであり、この作品を単純な男性同士の友情とだけでは片付けられなくしてしまう複雑な場面でもある。なお邦題であるが、ヒドい!
さるさるさるさん [DVD(字幕)] 8点(2010-12-25 14:03:45)
17.セルジオレオーネ。彼の西部劇は今回、色々機会があって観ましたが、どれも男くさくて面白い。この映画もタイトルからして、西部劇のあらくれをジェームズコバーンが演じているのだろうと思い、長い上映時間も「ウエスタン」のようにあっという間だろうと思って観たら、メキシコの革命が背景にあり、しかも全く正反対の主役2人をじっくり描いて、またウルウルくるモリコーネのBGM。これは昔、劇場で観た「ワンスアポンアタイムインアメリカ」の雰囲気の方に近かったです。良い映画でした。でもストーリーで気になったのは、回想シーンに現れる3人の男女。男の方は分かるのですが、女性が2人の男を同時に愛していたのでしょうか?3P?まるで、喉が渇いて、酒を飲んでて、俺にもよこせと言わんばかりに女性とキスする。娼婦ならともかく、あんな清純そうな女性を共有しているところがよく分からなかった。しかももう一方の男性とキスするのを笑ってみている。2人を愛するなら、それぞれ一方ずつ、見えないところで愛しやがれ!
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-17 15:47:07)
16.すがすがしい爆破!もうこんな映画は出ないのかなあ。
ジェイムズ・ギャッツさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2008-07-17 19:19:50)

15.邦題が気に入らない方いらっしゃいますが同感です。観てもらった友人もタイトルからは全く想像できなかった内容の深さに驚いていた。しかしマーケティングしか考えていない邦題は論外としても伊版タイトルの【伏せろ!】も英版の【掌いっぱいのダイナマイト】もフランス版の【革命】もこの作品の魅力を伝えられているわけではないような。そこで自分なりに新たなタイトルを考えてみたがこれがとても難しい。明るくテンポのいい序盤と叙情と哀愁に満ちた中盤以降というように作品のトーンが変わるので全体を表現しづらいせいと思われる。主人公も性格の全く異なる二人だし。【盗賊と発破屋】【皆殺しの口笛】【ダイナマイト大作戦】【革命でドカン!】と、結局己の知能の低さを思い知る結果に至った。
皮マンさん [映画館(字幕)] 10点(2008-06-05 15:47:01)(笑:1票)
14.いわゆる3部作のうち、『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』が背景不明の劇画的ヒーローものだったのに対し、『続・夕陽のガンマン~』では、南北戦争という社会背景が、曲がりなりにも登場。本作はこの“社会背景”というものの位置付けがもっと絶対的なものになり、「社会体制」「革命」という究極の“社会背景”と個人との対立が描かれて、それによって“友情”というテーマが強調されています。/戦争は一応、「敵に勝つ」という目的に対し「敵を殺す/傷つける」ということはあくまで手段であり、「100万人殺せば英雄だが~」という例の批判も成立するかもしれない。/しかし、「体制」は時に「殺す」ことそのものが目的となる。粛清により、旧ソ連で、カンボジアで、どれだけの人命が奪われたか。/そこには、英雄すら生み出されることはない。/本作においても、執拗なまでに虐殺シーンが描かれ、それに対抗する個人の情熱や友情が、これでもかと、ほとんどワケワカランような破壊的なレベルで描かれています。そして最後のシーンでは、周りの喧騒から切り離されたような、主人公2人だけの世界が、突然現れ、印象に残ります。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2008-02-03 09:27:20)
13.とてもいいストーリーだし、ラストも納得のいくものだったが、とにかく長い。
長いのが最大のネック。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-11-24 22:21:28)
12.数ヶ月まえのBSでチラッと観た。
ようやく、今日ビデオでみた。
なななななんだこれは!
おれが古い人間だからなのかわからんが。
(S40年生)
最高だ!やはり、造っている人間。出演している人間。すべてが、今の人間と違うのだ!(言い切ってしまおう。そうだ!ひとの格が全く違いすぎる!格とは才能と許容量のこと。)
なんだ、あの音楽は!なんだ、あの爆発は!コバーンとスタイガーの顔なんで正面からジーッと映すのだ!なんだ、あのラストは!こんな映画知らなかった。うううう、、、、、なんだろう。ロマンティックだ!私はすごく悲しい、せつない、、、、、、、、、。モリコーネって、いったい、、、どんな才能?
男ザンパノさん [ビデオ(字幕)] 9点(2007-02-17 01:58:31)
11.《ネタバレ》 コバーンに主人公がいいように振り回される様が面白い。あの大打撃を受けた部隊がいとも容易くアジトを嗅ぎ付け仲間を皆殺しにするところは強引さを感じるが、全体として流れは悪くなく、長い割りに退屈もしなかった。なかなかな良作です。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-12-17 22:59:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 7.53点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5413.33%
6620.00%
7413.33%
8826.67%
926.67%
10620.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.33点 Review3人
2 ストーリー評価 8.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.75点 Review4人
4 音楽評価 8.75点 Review4人
5 感泣評価 8.00点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS