Menu
 >
 >
 > ウォール街

ウォール街

Wall Street
1987年【米】 上映時間:124分
平均点: / 10(Review 99人) (点数分布表示)
ドラマシリーズもの犯罪もの
[ウォールガイ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-20)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督オリヴァー・ストーン
キャストマイケル・ダグラス(男優)ゴードン・ゲッコー
チャーリー・シーン(男優)バド・フォックス
ダリル・ハンナ(女優)ダリアン・ディラー
マーティン・シーン(男優)バドの父 カール・フォックス
ハル・ホルブルック(男優)ルウ・マンハイム
テレンス・スタンプ(男優)ラリー・ワイルドマン
ショーン・ヤング(女優)ケイト・ゲッコー
シルヴィア・マイルズ(女優)不動産業者
ジェームズ・スペイダー(男優)ロジャー・バーンズ
ジョン・C・マッギンレー(男優)マーヴィン
ソウル・ルビネック(男優)ハロルド・ソルト
ジェームズ・カレン(男優)リンチ
リチャード・ダイサート(男優)クロムウェル
ポール・ギルフォイル[1949年生](男優)ストーン・リヴィングストン
ジョシュ・モステル(男優)オリー
セシリア・ペック(女優)キャンディス・ロジャース
ローレン・トム(女優)女性ブローカー
ミリー・パーキンス(女優)フォックス夫人
オリヴァー・ストーン(男優)トレーダー
津嘉山正種ゴードン・ゲッコー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山寺宏一バド・フォックス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高島雅羅ダリアン・ディラー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
富山敬バドの父 カール・フォックス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
阪脩リンチ(日本語吹き替え版【テレビ朝日/フジテレビ】)
大塚芳忠マーヴィン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大木民夫ルウ・マンハイム(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池田勝ラリー・ワイルドマン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
堀内賢雄ロジャー・バーンズ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
横尾まりケイト・ゲッコー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
納谷六朗ハロルド・ソルト(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)/ラリー・ワイルドマン(〃【フジテレビ】)
上田敏也クロムウェル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小川真司〔声優・男優〕ゴードン・ゲッコー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士バド・フォックス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
一城みゆ希ダリアン・ディラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
田中信夫バドの父 カール・フォックス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小室正幸マーヴィン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石森達幸ルウ・マンハイム(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
駒塚由衣ケイト・ゲッコー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
嶋俊介ハロルド・ソルト(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
塚田正昭クロムウェル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本オリヴァー・ストーン
スタンリー・ワイザー
音楽スチュワート・コープランド
撮影ロバート・リチャードソン〔撮影〕
ニュートン・トーマス・サイジェル(第2班撮影監督)
製作A・キットマン・ホー(共同製作)
エドワード・R・プレスマン
20世紀フォックス
配給20世紀フォックス
美術レスリー・ブルーム(セット装飾)
衣装エレン・マイロニック
ジュディ・L・ラスキン(衣装デザイン助手)
編集クレア・シンプソン
ピエトロ・スカリア(編集助手)
ジョー・ハットシング(編集助手)
マーク・リヴォルシー(編集見習い)
録音クリストファー・ニューマン〔録音〕
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
ウォール街のマネー戦争をリアルに描いた映画です。大物になることを目指す証券マン、バト(チャーリー・シーン)は憧れの大富豪ゲッコー(マイケル・ダグラス)に取り入り、ゲッコーはその汚い手口をバトに教え込みます。この作品でM・ダグラスはアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.《ネタバレ》 ちょうど日本がバブルの頃のお話でしょうか?インサイダーはいけませんな。ルールを守ってる人が損をしてルールを破る人が大儲けをする。それは間違っていることでもあるが、おそらくは現実の世界でもまかり通っている暗黙のルール。。。マイケル・ダグラスはさすがの演技でした。それにしてもやっぱりいつの時代でもどこの国でも世の中お金の拝金主義なんでしょうかね。。。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-03-25 13:33:54)
58.《ネタバレ》 お金は失うのは一瞬で、やっぱ背伸びはいかんな、なんて見た当時は思ったものだったが一番印象に残ってるのはラジー賞とったダリル・ハンナだったりする。マネーゲームの攻防は面白かったし監督らしいなって思わせるものもあったけど、少し期待しすぎたかな。ただ一番大切なものは譲れないという人間ドラマの部分は本当の親子が共演しているということもあってかなかなか印象深いし一見カタルシス調の結末も好きだった。今見たらまた面白く感じるのだろうか。
きいろのくじらさん [DVD(字幕)] 5点(2007-02-25 04:36:41)

57.《ネタバレ》 思い出したのはフジテレビのドラマ『お金が無い!』。マイケル・ダグラス=石橋凌。チャーリー・シーン=織田裕二。ヘアスタイルまでソックリ。本作が元ネタなのでしょうか。証券市場のシーンは迫力があります。売り買いをしている人間が見えると、マネーゲームの生々しさが伝わります。本作の結末からは、“人間の本質は変わらない”というメッセージを感じます。いや、“変われない”か。人格者の父を持つバド。彼もまた父親と同じような生き方を選んだようです。勝ち組になるために必要なもの。また捨てなければならないもの。“勝ち”の定義をどう捉えるかで、答えは変わってきます。バドは勝ったのか、負けたのか。あるいはどちらでもないのかも。その判断は観る人に委ねられている気がしました。後味は悪くありません。でも無難な着地点を選んだなという気もします。個人的には、人の業はもっと深いと思います。バドとの別れ際、恋人が言った台詞もまた、人間の本質を表していると思います。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-02-04 17:20:21)
56.おもしろい。こういう風に一瞬で金を稼ぐ方法は、失うのもまた一瞬なんだなぁと思った。だからといってこういう人達は、すべてを失うまでやめられないんだなとも思った。 父親が息子に言った最後の言葉「他人の売り買いで稼ぐのではなく、自分で創れ」という言葉が印象的。良作。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 9点(2006-09-07 20:58:35)
55.ありがちっちゃありがちな展開だけど面白かった。ラスト辺りとか結構好き。本物の親子による親子シーンにジーンとせずにはいられないね!!笑
たいがーさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-07-23 13:06:03)
54.ホリエモンに観て欲しいです。
たまさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-05-05 00:00:02)
53.相変わらずマイケル・ダグラスの演技が勢いだけの軽い演技で、そのせいで話をデカく広げたのに、まったく重厚感がない。オリバー・ストーンだけに、もっと社会性のある映画か、もしくは男っぽい映画かとも思ったが、そのどちらとも中途半端。株価吊り上げの方法が稚拙で、裏の世界をのぞき見る楽しさも特にない。
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-04-01 19:38:14)
52.以前見てあまり印象がなかったので再度見ました。やはり自分には合わない映画でした。マネーゲームにスリリングさを感じないし、リッチな生活にも魅力を感じないので評価が厳しくなるのはしかたないかなと思います。マイケル・ダグラスが、この映画でオスカー主演男優賞というのも何故?という感じ。もっとも自分にとってオスカーの大半はそんなものですが。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-02-19 00:40:20)
51.ビジネスで成功してる投資家に浪花節は通じない。逆に通じればその投資家はビジネスマン失格。つまりはバドがそれだけ甘いって事だ。株から足を洗って大人しく父親の会社で雇って貰え。オリバー・ストーンは反戦ムード全盛期の時代にあえてベトナム戦争に志願するようなタイプ。だからこのようなクライマックスを選んだんだろう。
HILOさん [地上波(吹替)] 6点(2005-11-09 20:03:27)
50.全体としてはそれなりに面白い話だったが、途中バドの成長過程がすっぽり抜けているのはいかがなものか。いきなりできる男になっていた。そこがもう少し見たいのだが。要約したら成り上がって、成り下がるだけですがね
MSさん [DVD(吹替)] 5点(2005-10-16 13:01:58)
49.マンハッタンの夜景を一望できる高層アパートでチャーリー・シーンがダリル・ハンナと一緒にオペラを聞きながらすしっ子を回して寿司を作るシーンがありました。これはアメリカ人にとってのサクセスを象徴するシーンとして強く印象に残っています。アメリカ人にとって歴史ある外国の文化ってすごくステータスが高いんですね、きっと。でもすしっ子はないんじゃないのかな・・と思いました。
BAYSONGXさん [映画館(字幕)] 8点(2005-04-04 16:04:35)(笑:1票)
48.インサイダー情報が蔓延すると、アナリストは証券分析する価値を無くしてしまう。効率的な市場を破壊してしまう。ゼロサムゲーム故に、得をする人もいれば損をする人も必ずいる。ゲッコーは確かに口達者で切れ者だが、悪事を正当化する姿勢には甚だ疑問を抱いた。正攻法で戦う人に対して失礼だ。私は航空会社で働く親父さんの考えを支持する。勧善懲悪、この概念に限る。人間関係に亀裂が入ろうとも、悪には決して屈しない。綺麗事だと思うかもしれないが、これが私のポリシーだ。
たまごくんさん 7点(2005-01-07 08:40:58)
47.《ネタバレ》 チャーリー・シーンが泣きながら連行されるシーンが印象的でした。同じマイケル・ダグラスのゲームやビル・マーレイの3人のゴーストなど、普段周りを顧みない人が人生と人間性に目覚める系の若造版という感じでしょうか。
森のpoohさんさん 7点(2004-10-23 11:56:10)
46.《ネタバレ》 私はこういう映画好きです。チャーリー・シーンが野心家でちょっと危うい青年を好演。マイケル・ダグラスは大物オーラが出てたしちょっと出のテレンス・スタンプも存在感あった。マーチン演じる実直で男気ある父親も良かったです。病室での親子の会話はベタだけどホロリとさせられました。I'm proud of you. I love you.って単純だし日本語に訳すとクサいセリフなんだけどすごく好きです。ラストの「ほらみなさい」って感じの父とショボンとした息子の様子もなんだか微笑ましい(不謹慎?)。全編通して説教じみていて、気分爽快のサクセスストーリーではないけど、そこがまたリアルで「やっぱり真面目で地道が一番だ」という気にさせられる映画。
ROMYさん 8点(2004-09-20 10:36:55)
45.この作品でマイケル・ダグラスはオスカー主演男優賞を受賞しました。今だに首かしげることのひとつです。あの程度でオスカーをあげてよかったんだろうか。たしかこの年は作品、主演女優、助演女優の候補に「危険な情事」が入っていたんだけど、ダグラスだけ「ウォール街」でノミネートされてるのがなんか可笑しかった。作品についてですが、この監督にしてはライトですんなりと見やすいけれど、またしても演説を聞かされゲンナリでした。
envyさん 4点(2004-09-01 23:24:52)
44.当時、「プラトーン」でオリバー・ストーン監督の大ファンになり、映画館に足を運びました..が、期待ハズレで、ショックを受けたのをよく覚えています.. 最近、二十数年ぶりに観直しました..やはり、設定、展開が安易で、出来すぎ感が否めません..監督が伝えたい事は、よく分かるのですが..5点...
コナンが一番さん [映画館(字幕)] 5点(2004-06-30 16:54:38)
43.観たのは昔だが、大人の世界で凄いと思った。
(ビデオ)
zero828さん 7点(2004-02-24 19:56:23)
42.なんかいまいち興奮しなかったなぁと。なんか親子の話が強引に盛り込まれていたような気がして、父親を愛してるといったところなんかはなんで?って思ってしまいました。何かにつけて何で?と思うところが多かったです。自分が株式とかいまいちわからないからですかね?でもマイケル・ダグラスはよかったなと。逆にチャーリー・シーンは彼よりもっと適役の人がいたのではないかと
野次られLOWさん 4点(2004-02-02 13:26:28)
41.マイケル・ダグラスの存在感ある役どころは高評価できるんだけど、それ以外(チャーリー・シーンとか)の俳優さんの印象が薄くて、インパクトに欠けている気がします。「素晴らしい役者が1人いても、それを支える脇役がいないのなら、その役者は救われないんだなあ」ということをこの映画で再認識しました。
ピルグリムさん 4点(2004-01-16 22:18:31)
40.株式のことはわからないので,本当の良さはわかっていないのでしょうが,マイケル・ダグラスのイヤなやつさ,シーン親子の情愛,もよくでているし,どちらかというと勧善懲悪的な筋で楽しめました.
takachiさん 8点(2004-01-06 22:11:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 99人
平均点数 6.51点
000.00%
100.00%
200.00%
322.02%
488.08%
51414.14%
61818.18%
73232.32%
82121.21%
944.04%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.25点 Review4人
2 ストーリー評価 6.71点 Review7人
3 鑑賞後の後味 6.71点 Review7人
4 音楽評価 3.75点 Review4人
5 感泣評価 3.60点 Review5人

【アカデミー賞 情報】

1987年 60回
主演男優賞マイケル・ダグラス受賞 

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1987年 8回
最低助演女優賞ダリル・ハンナ受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS