Menu
 >
 >
 > ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル

Life Is Beautiful
(La Vita è Bella)
1997年【伊】 上映時間:116分
平均点: / 10(Review 627人) (点数分布表示)
ドラマコメディ戦争もの歴史ものロマンス
[ライフイズビューティフル]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-02-14)【イニシャルK】さん
公開開始日(1999-04-17
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロベルト・ベニーニ
キャストロベルト・ベニーニ(男優)グイド
ニコレッタ・ブラスキ(女優)ドーラ
ジョルジオ・カンタリーニ(男優)ジョズエ
マリサ・パレデス(女優)ドーラの母
ホルスト・ブッフホルツ(男優)レシング医師
原康義グイド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
久保田民絵ドーラの母(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
水野龍司フェルッチオ・パピーニ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮寺智子校長(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
矢島晶子エレオノーラ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中村正[声優]レシング医師(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
稲葉実タッペツィエーレ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中村千絵教師(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
村松康雄知事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
安井邦彦ロドルフォ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
青山穣(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山寺宏一グイド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中敦子〔声優〕ドーラ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
常盤祐貴ジョズエ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木勝彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ロベルト・ベニーニ
ヴィンセンツォ・セラミ
音楽ニコラ・ピオヴァーニ
編曲ニコラ・ピオヴァーニ
撮影トニーノ・デリ・コリ
配給松竹富士
アスミック・エース
特撮ジョヴァンニ・コリドリ(特殊効果)(ノンクレジット)
美術ダニーロ・ドナーティ
衣装ダニーロ・ドナーティ
字幕翻訳吉岡芳子
その他角川書店(提供)
ロベルト・ベニーニ(presenter:英語吹替版)
ヴィットリオ・チェッキ・ゴーリ(presenter:英語吹替版)
ニコラ・ピオヴァーニ(指揮)
あらすじ
ユダヤ系イタリア人のグイド(ロベルト・ベニーニ)は、いつも陽気で前向き。 美しいドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)と恋に落ち、可愛い息子ジョズエ(ジョルジオ・カンタリーニ)にも恵まれ、毎日を幸福に暮らしていた。 しかし、そんなささやかな幸せは、続くことはなかった。 家族は、ナチス・ドイツにより強制収容所へと連行されてしまうのだ。 収容所でグイドは、幼いジョズエにこの悲惨な現実を悟らせぬよう、笑顔で悲しい嘘をつく。 「これはゲームなんだよ」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526272829303132
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

287.《ネタバレ》 泣ける映画。我が子を不安にさせまいと、収容所の暗く陰惨な雰囲気の中でも、子どもの前だけは陽気で明るくひょうきんに振舞う父親。そして、「これはゲームなんだと」子どもを欺きつづける、その姿がなんともいじらしく、けなげで、涙を誘う。そして、子どもは最後までこれはゲームだと思いつづける。無事収容所から出られた後も、そこがどんな場所だったのか、父親が自分のためにどれだけ尽くしてくれたのか、そしてその父親がもうこの世にいないことも、彼は知らないのだ。無邪気に戦車にのってはしゃぎまわる。そのあどけなさ、無邪気さが、彼を守るために命を落としたお父さんの愛の深さを感じさせ、また涙。うーん、泣ける。あと、「なんでも真剣に心に願えばそれは現実になる」というテーマで作品全体を貫いているのが面白かった。願いがすべて現実になるといっても、それはすべて偶然の産物なんだけど、その偶然の出来事にきちんと伏線がはってあって、それがとてもウマイ。人の帽子を勝手に自分のと交換してしまう彼の癖が、実はあとあとのための伏線だったとか、よくできてる。いやあ、いい映画だった。
ぽやっちさん 8点(2003-08-29 06:59:45)
286.もう自分は映画を観て感動する心は無くなってしまったんじゃないかとずうっと思っていたけど、これを観て何年ぶりかに泣きました。こんなにいい映画があったんですねえ。構成と演出が最高です。
WEB職人さん 10点(2003-08-24 19:32:40)
285.この作品が公開された時、「ホロコーストを誤って伝えている」、といわれていましたが、今作は「偶然」負の時代に「恋愛をし」「結婚し」「子供が生まれた」「愛情深い父親」が主体であり、ホロコーストは世界観でのみ描かれています。「ホロコーストの伝え方」に疑問があれば、自ら進んで歴史を学べばすむ事です。映画一本見て「戦争を理解する」なんてこと自体、不可能なんですから・・・。今作は「どんな時でも、深い愛情を絶やす事無く、素晴らしい人生を・・・」のメッセージを感じる事ができる素晴らしい作品です。それだけは、間違いないと思います。
sirou92さん 10点(2003-08-14 18:15:11)(良:2票)
284.前半のストーリーだけ観ていたら、ただ明るいだけのラブコメかと思っていたら、後半に入ると、切なくて悲しいストーリーになってきてそれでも映画自体はとても明るくて、そのギャップがとてもよかった。最後の10分間くらいは涙がダラダラでした。
ボビーさん 9点(2003-08-02 09:25:05)
283.何も知らない子供とすべてを知ってる大人。ライフ・イズ・ビューティフルというタイトル。ロベルト・ベニーニはむかつくほどかっこいいです。
x用心棒xさん 9点(2003-08-01 10:06:57)
282.すごいなぁ・・・。きっとあの子のなかじゃ最後の最後まで”ゲーム”だったんだろうなあ・・・。
池田屋DIYさん 10点(2003-07-31 18:51:15)
281.《ネタバレ》 生きることは美しいというタイトル通り、生きること、楽しく生きることの素敵さを感じられた気がしました。戦争映画には苦手意識があったのですが、最後まであっという間に観ることができました。どうしてだろうと考えてみたのですが、この映画には人が血を流して死ぬシーンが一度も出てこないのですね。それに気づいて、改めてまたすごいなと思いました。
haruna*さん 9点(2003-07-31 00:03:49)
280.前半のドタバタには苦笑しまくりでしたが、後半はグッドです。子どもに付くウソが切ない・・・
teruruさん 6点(2003-07-27 14:33:37)
279.最後のなぞなぞの答えはなんだったの??
じゅんさん 8点(2003-07-19 18:31:59)
278.うーーーーん?この映画のよさがまったくわかりませんね。たしかに、親子愛はわかるけど、なんか強引なストーリーで逆に戦争の中でのあの父親の笑顔に違和感を感じます。エンディングもあっけラカンランとしてなんの感動もなかったんですけど、こんな私って変ですか?
okudaさん 3点(2003-07-17 03:25:23)
277.きっとロベルト・デニーニはこれを超える作品を作れないでしょう。こんな心を揺すぶられたのは久しぶりです。素敵な映画です。一見する価値大です。一見しない理由はありません。
もちもちばさん 10点(2003-07-16 02:21:32)
276.前半はうるさいイタリア人のつまらないギャグの連発にあきれつつも見ていましたが、途中からは完全に引き込まれました。いやぁ、感動しました。父親が子供を思う気持ち、妻を思う気持ち、ホント感動しました! いい映画でした。
たむさんさん 10点(2003-07-15 20:18:32)
275.最高の父親でしたね。心から観て良かったって思える素晴らしい映画です。
きらりさん 9点(2003-07-11 23:09:50)
274.確かにすごい低予算だなとか、そういうのは思うんだけど、「男ってのは肉体的強さなんぞ必要ねえぞぉぉ、心の強さだぞ!」ってのをすごい感じさせてくれた映画。本当に良い映画だ、これは。
あるさん 9点(2003-07-10 09:06:31)
273.観る前からストーリーを知ってしまってたのですが、なおさら、ベニーニがギャグを言うたび泣けてしょうがなくなってしまいました。観てよかったと思います。
カルーアさん 9点(2003-07-07 23:22:33)
272.これまで見てきた戦争映画の中で、この作品は最高です。戦争における悲惨さを正確に記述する作品は数多くありますが、この作品は、戦争、虐殺という最悪の状況の中でも、息子の心を守ろうとする父親を描くことにより、どのような状況下においても希望を捨てないこと、捨てさせないことの重要さを訴えているように思います。あえて描かれていない、リアルな虐殺部分をすでに他のメディアから知っている大人を観客にした作品ですね。戦争映画は嫌い、とい方にもぜひ見ていただきたい作品です。
ムービームさん 10点(2003-07-07 00:14:09)
271.全体的にコミカルな部分を前面に出している分、後半の切なさに涙無しでは見れません。親の子に対する愛情、心に染みます。
Andy17さん 8点(2003-07-06 20:02:23)
270.こういう親になりたい。
annさん 10点(2003-07-05 22:28:22)
269.久しぶりに泣きました。ギャグを飛ばしまくっていた親父が、壁の影であっけなく死ぬ。その最期も感動的大演技を観客に見せずに。これこそ現実であり、この映画が伝えたかった事だと思います。子供にゲームの続きのような錯覚を起こさせ、まだ人生が続くという終わり。10点にしなかったワケは子供の顔つきがまだふくよかだったからです。
クローン金魚さん 9点(2003-07-02 01:51:35)
268.《ネタバレ》 あの時代、現実はあんな物じゃなかったんですよね。その時代の悲惨さを見せつつ、希望を子供に与えるというのはとても大変な事だと思います。前半はややほのぼのしすぎという印象でてれてれと観ていたのですが、やっと恋が実って可愛い息子も出来て、これからだという時に戦争・・・・。前半の明るさがあるからこそ後半も生きてくるのですが、落差が激しすぎて本当に悲しかったです。そんな中での父親の嘘がとても切なかったです。内心はどんな気持ちだったんだろうと思うと泣けました。ジョズエ君は本当にいい両親を持って幸せですね。最後はお母さんともあっさり再会できたし。だけどユダヤ人関係の本に書いてありましたが、実際は戦後収容されていたユダヤ人たちが肉親に再会出来るのはかなり稀だったそうです。
ジェイムズさん 9点(2003-06-30 07:56:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526272829303132
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 627人
平均点数 7.80点
081.28%
171.12%
2101.59%
3121.91%
4233.67%
5355.58%
6568.93%
76510.37%
89414.99%
915224.24%
1016526.32%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.90点 Review22人
2 ストーリー評価 8.07点 Review39人
3 鑑賞後の後味 7.45点 Review35人
4 音楽評価 7.41点 Review29人
5 感泣評価 8.60点 Review38人

【アカデミー賞 情報】

1998年 71回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ロベルト・ベニーニ受賞 
監督賞ロベルト・ベニーニ候補(ノミネート) 
脚本賞ロベルト・ベニーニ候補(ノミネート) 
脚本賞ヴィンセンツォ・セラミ候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ニコラ・ピオヴァーニ受賞 
編集賞 候補(ノミネート) 
外国語映画賞 受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS