Menu
 >
 >
 > ザ・ドライバー

ザ・ドライバー

The Driver
1978年【米】 上映時間:91分
平均点: / 10(Review 21人) (点数分布表示)
アクションドラマ犯罪もの
[ザドライバー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-12-20)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウォルター・ヒル
キャストライアン・オニール(男優)
イザベル・アジャーニ(女優)
ブルース・ダーン(男優)
ロニー・ブレイクリー(女優)
マット・クラーク(男優)
野沢那智(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
嶋俊介(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
松岡文雄(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
峰恵研(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
千田光男(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
曽我部和恭(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
徳丸完(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
平林尚三(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
津嘉山正種(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
富山敬(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
幸田直子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
吉田理保子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
村山明(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
仲木隆司(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内海賢二(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
谷口節(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大滝進矢(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
若本規夫(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
島香裕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ウォルター・ヒル
音楽マイケル・スモール
編曲ジャック・ヘイズ〔編曲〕
撮影フィリップ・H・ラスロップ
スティーヴ・ヤコネリ(カメラ・オペレーター)
製作ローレンス・ゴードン
フランク・マーシャル(製作補)
20世紀フォックス
配給日本ヘラルド
美術ハリー・ホーナー(プロダクション・デザイン)
ダレル・シルヴェラ(セット)
衣装ジャック・ベアー〔衣装〕
編集ロバート・K・ランバート
ティナ・ハーシュ
録音ケネス・ワンバーグ(音楽編集)
ダグラス・O・ウィリアムス
セオドア・ソダーバーグ
スタントウィリアム・H・バートン
あらすじ
夜の大都会。カジノの裏手に《ドライバー》が車を停めて、誰かを待っている。《プレイヤー》はカードで金をガッツリ稼ぎ、換金してもらったところ。そこへ覆面強盗団がやってきたのだ。手際よくカジノの売上を奪った賊はドライバーの停めた車に飛び込んで逃走する。逃がし屋の彼にかかれば、パトカーを引き離すなんて朝飯前だ。だが今夜の彼は逃走直前、《プレイヤー》に顔を見られてしまっていた。やがて分署の《ディテクティヴ》による執拗な追求が始まった…。装飾を一切排し、無印良品な演出で贈る70年代カーアクション。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.作品全体に漂う、クールな登場人物とそれを生かした監督の演出が輝る。どんな状況でも常に落ち着き、自分の信念を貫くライアン・オニールのかっこ良さと謎の女、ミステリアスで何を考えているか分からないイザベル・アジャーニ、アクションシーンの凄さだけで評価されがちな作品だけど、刑事物、犯罪映画としても今時の映画ではなかなか味わう事の出来ない作品としても評価したい作品です。無駄にうるさいだけの音楽も無い。CGでは味わう事の出来ない迫力、スピード感、そういう物がこの作品からは見る事が出来ます。
青観さん [DVD(字幕)] 8点(2016-09-10 18:17:43)
20.《ネタバレ》 カッコいいっ!!!!ライアン・オニール!もうなんだそのカッコ良さ!クール!ハードボイルド!惚れちゃう!嫉妬しちゃう!
銃を向けられても表情は変えず、いつだってドラテクは天賦の才能!罠だとわかっていても突き進み、勝負に負けない!付いてくるイザベル・アジャーニもあぁ、美しい…。
ギリギリな刑事とのギリギリの攻防、チンピラ達との一触即発の決闘。そして迫力のカーチェイス。
男のロマンがたった90分にギッシリ詰まりに詰まった濃厚なハードボイルド"男"映画でした…。
えすえふさん [DVD(吹替)] 8点(2016-05-31 21:15:31)
19.序盤のカーチェイス。顔色一つ変えずにクルマを滑らせ警察の追跡をかわすライアン・オニール。
夜の街にクラクションとタイヤの音が響く。そしてクラッシュ。
繰り広げられる熱いカーチェイスの中、1人クールなライアン・オニールがカッコイイ。
以降は終盤まで派手なカーアクションを抑え気味ですが、
中盤も熱いブルース・ダーンとクールなライアン・オニールが心理戦の火花を散らす。
そして美しいイザベル・アジャーニの存在が効いています。
1つ1つの台詞が短い。誰もベラベラ喋らない。ほとんど音楽も使われず、登場人物には名前さえ無い。
熱くもありそれでいてクール。独特の世界観もまたカッコいい作品。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2014-10-05 01:25:35)
18.1978年映画館以来のDVDでの鑑賞です。このころのライアン・オニールはかっこいいし、
なんといってもイザベル・アジャーニの美しいこと。不思議に恋に発展せず、ハードボイルド的に話は展開していきます。この映画でのウォルター・ヒルの演出するカーチェイスには本当にびっくりしたのを覚えています。この時代の雰囲気をぜひ体験してみてください。
takachiさん [DVD(字幕)] 7点(2014-03-01 07:59:47)
17.《ネタバレ》  冒頭、カジノ強盗を乗せてから始まるカーチェイスがいきなりの見所のようでして、BGMの代わりに鳴り響く車のスキール音に魅了されちゃいます。映画は始まったばかりなのに、警察のパトカーが次から次に出てくる出てくる。にもかかわらず、顔色ひとつ変えず車を操るドライバー(ライアン・オニール)が最高にかっこいい。有無を言わさずツボにはまるキャラクターってのが誰しもあるとは思うんですが、僕にとってのこのドライバーはまさにそれ。最高です。
 70年代の映画独特の、深刻になりすぎない空気感が映画全体に漂います。ですがその安心感をあざ笑うかのように、安全地帯にいるかと思われた仲介役の女性が悲惨な殺され方をされたりと、シビアな一面を垣間見せるところもあるんです。仲介役の女性に限らず、結構な割合で犠牲者が出てくるこの映画、なんか空気感とのギャップがあるんですよね。それもこの映画の魅力なのかもしれないです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2013-12-01 22:40:09)
16.大好きな映画「ドライブ」の元になった映画ということで鑑賞。私の大好きな世界観の話で文句ありませんでした。こちらのドライバーのほうが「ドライブ」のドライバーよりも仕事人らしくて良いですね。ちゃんとしたこだわりを持ち、警察とは男らしく戦う。なんて素敵な男なんだろうか。
カーアクションも素晴らしいですし、ウォルター・ヒルは凄いですね。まだまだ映画を作り続けて欲しいです。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 7点(2013-10-08 17:35:38)
15.《ネタバレ》 人物描写が極端に削ぎ落とされているのが特徴。主人公は強盗の逃走を手伝うプロの運転手。常にニヒルで、刑事からはカウボーイと呼ばれる。ヒロインは謎の美女ギャンブラー。お金に困っているらしい。二人は会っても笑いもしないし、恋にも落ちない。従来にない映画を作ろうという監督の意欲がひしひしと伝わってくる。犯罪映画だが、よくある刑事対犯人という構図より、男と男、プロとプロの対決という趣向が強い。一種の擬似西部劇で、そのため正義感や倫理感は緩く、アウトローの跋扈する世界となっており、ひと月で市内に銀行強盗が15件も発生する。刑事は相当なはみだし者で且つ自信家、犯人を挑発し、対決を楽しんでいる。カウボーイを逮捕するための方便として、スーパーマーケット強盗犯と取引し、取り逃がす代わりにカウボーイと組んで銀行強盗をさせる。無茶苦茶である。カウボーイの正体も居場所も分かっているのだから、張り込んでおけばそのうち尻尾を出すと思うのだが。カウボーイは気に入った相手とは組まないが、刑事の鼻をあかすため引き受ける。結果は、スーパー強盗犯が刑事を裏切り、カウボーイが射殺する。金を手にしたカウボーイは、札番号が控えられているのを知っており、暗黒街の人物に換金を依頼する。換金の代理を頼まれたのが謎の美女。駅で秘密裏に取引をする換金屋と美女。それを見つめるのは、美女を張り込んで現場に現れた刑事と仲介屋を脅して情報を仕入れた強盗犯の片割れ。結果は、換金屋は刑事に射殺され、片割れはカウボーイに射殺された。しかしカウボーイも換金屋に騙され、金を得ることはできなかった。だがそれが幸して刑事に捕まらずに済んだ。証拠不十分ということらしい。挿話のつなぎが粗い。カウボーイが美女の家を知っていたり、美女がカウボーイの家を知っていたり、強盗犯の片割れが仲介屋の家で待ち伏せしていたりする。最大の謎は、片割れが駅で美女からロッカーの鍵入りのハンドバッグを奪ったこと。片割れは美女も換金屋も知らず、カウボーイが来ると思っていたはず。よしんば換金屋を知っていたとして、それなら何故換金屋の持ったカバンを奪わない。遺憾なのは、カウボーイが拳銃を使ったこと。あくまで車と素手で勝負すべき。そして居丈高な刑事の鼻を明かせなかったこと。彼は二度も騙された。勝利感や爽快感はない。ヒーローとして描いてないので仕方ないが、工夫の余地はあった。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-20 13:08:52)(良:1票)
14.《ネタバレ》 この頃のウォルター・ヒルはマジで格好良いな~!カーペンターの『要塞警察』にも通じるクールな傑作。一度も笑わないライアン・オニールと、謎の女イザベル・アジャーニ、そしてそれを追う刑事ブルース・ダーン。カーチェイスシーンも、CGなんかない時代なので、生の迫力を味わえる。ヒップホップなど余計なBGMもなく、車のエンジン音とタイヤの軋み音、そして遠くから聞こえるパトカーのサイレン音のみと言う、実にシンプルな構成。やたらと派手な爆破シーンとかありえね~アクションとかもない。ないない尽くしで贅肉を極端に削ぎ落としたストイックな作りが最高。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 8点(2012-07-23 21:56:14)(良:1票)
13.やっぱり、いいわ~。ウォルターヒル節炸裂!車のチョイス、倉庫でのチェイスシーン、ラストの処理、執拗に追うクセのある刑事、その他の配役、全部が彼らしい。実に「映画」的(80年代のアメリカ映画らしさ)なのだ。後に傑作の数々を生みだす予感、たっぷりだ。まだまだ監督作品を増やして欲しい。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2010-08-10 12:14:54)
12.《ネタバレ》 カーチェイス目当てで見ると、どうも肝心のカーチェイスシーンが少なく思えてならない。最初と最後だけでは?

カーチェイス自体はカッコいいとは思ったがこの点数。
θさん [DVD(字幕)] 7点(2009-04-01 13:14:01)
11.その昔、水野晴朗のロードショーで頻繁に放送された傑作。
 アクションシーンは、ブリットとマッドマックスの中間のカメラワークをしていると思う。 夜のロサンゼルス、対向車線を疾走するカーチェイスは迫力満点である。
 ライアンオニールとイザベルアジャーニの黒の衣装が格好よく、古臭さを全く感じさせない。 二人の一番美しかった姿が、この映画で堪能できる。
 ドライバー、謎の女、刑事……登場人物に呼び合う名前はない。全員が終始ポーカーフェイスのまま極めてシンプルな会話だけで進んでいくのだが、それだけで各々がどんなバックボーンを持っているのか、十分観客に伝わってくる。独特な哀愁を感じる。
 最後に誰が勝ち、誰が負けるのか。これだけシンプルな人物設定と構成だからこそ、観終わった後に爽快な気分になるのだと思う。
 
クロエさん [レーザーディスク(字幕)] 8点(2009-01-16 11:08:35)(良:1票)
10.ウオルター・ヒルが絶頂にある頃の傑作と思います。実に渋いです。好きな映画なのに、なぜか吹き替えでしか見たことがありません。いつかDVDでじっくり見ることにします。アジャーニは英会話の特訓を受け、この撮影に望んだそうです。
ジャッカルの目さん [地上波(吹替)] 9点(2007-08-16 21:18:07)
9.《ネタバレ》 ザドライバーとはスティーブマックイーンのこと。
男ザンパノさん [映画館(字幕)] 6点(2007-01-03 22:59:57)
8.しっかしイザベル・アジャーニは綺麗やなぁ!彼女が23歳の時の作品かぁ!当時は彼女に夢中になりやした。黒い髪に黒い瞳、黒い服装で影のあるギャンブラー!カッコイー。彼女の作品はこれしか見たことないので、他のも見てみようかと思います。内容はともかくかっこいい映画でしょう。
みんてんさん [DVD(字幕)] 7点(2005-06-28 00:36:25)
7.あれ? 大事なポイントに誰も言及してないですね…この映画、「主役のオニールとアジャーニが一瞬たりとも笑わない」っていうのでも有名になったんですよ(いや今ならカウリスマキとかがフツーにやってますが)。ウォルター・ヒルの作劇能力は本作(と『ウォリアーズ』)で頂点に達したと思ってます。映画を見始めた頃からしばらく、血気盛んな自分的には10点満点を維持してきたんですが、『イシュタール』に出会ってからオイラの興味がバカ映画に向いてしまったので、今はちょっと点が低め。あ、でも両方ともアジャーニがヒロインだぞ。なんだそういう事だったのか(笑)。
エスねこさん [地上波(吹替)] 8点(2005-05-15 01:25:02)
6.《ネタバレ》 これってどうなのかな・・・予算が制限されてるせいかあんまり車の通ってない夜ばっかカーチェイスするんだねぇ。これまた「プレシディ~」同様に盛り上がらないなー。もうちょっと障害物を増やしてほしかったな。
M・R・サイケデリコンさん 5点(2004-11-10 18:21:57)
5.近年の派手なカーアクションに目が慣らされている方には、冒頭からシンプルに攻めているこの作品は物足りないか、又は新鮮に感じてしまうかも知れませんね。  印象はスマートなカーアクション映画。 プロットも至ってライト。派手すぎるクラッシュや爆破を多用しない、テクやマシンに対してのウンチクが無い、セリフも控え目。制作費の関係上、小規模にとどまっている様です。それがかえって独特のクールな雰囲気と人物描写の魅力を引き立てている。この時代のアメ車(ムスタング等)がお好きな方には、スマートさと共に楽しんで頂きたい。このシンプルさ、エンドクレジットにも反映されています。
MAZEさん 8点(2004-02-15 13:56:06)(良:1票)
4.若き日のライアン・オニールは格好良かったねえ。「サイレント・ランニング」のブルース・ダーンが、犯罪者の手助けをするオニールを執拗に追いかける刑事でいい味を出しています。イザベル・アジャーニのような顔って大好きなので、クールでミステリアスな感じにぴったりで、それも魅力。
オオカミさん 7点(2003-12-01 23:49:32)
3.台詞少な目・登場人物の役名も劇画チック。
全体的に暗い雰囲気ながらも妙に綺麗な、稀に見る「雰囲気にのめりこむ」作品かと。
冒頭のカーチェイスで遠くから聞こえてくるパトカーのサイレン音が妙にゾクゾクさせる。
おかぴぃ♪さん 9点(2003-11-28 18:45:49)
2.カーチェイスというシンプルな内容ですが、雰囲気がよくてカッコいい!!夜というのがまた映像におしゃれ感を出しています。ドライバー、謎の女性、刑事みんないい味を出しています。とにかく落ち着いたカッコいい作品です。大好きな映画の1つです。
ドラゴンホースさん 10点(2003-10-09 19:02:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 7.52点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
514.76%
614.76%
7942.86%
8733.33%
929.52%
1014.76%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review3人
2 ストーリー評価 8.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review3人
4 音楽評価 8.00点 Review2人
5 感泣評価 8.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS