Menu
 >
 >
 > フェイス/オフ

フェイス/オフ

FACE/OFF
1997年【米】 上映時間:138分
平均点: / 10(Review 434人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンスSFバイオレンス
[フェイスオフ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-03-18)【たろさ】さん
公開開始日(1998-02-28
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ウー
助監督ウィリアム・H・バートン(第二班監督)
キャストジョン・トラヴォルタ(男優)ショーン・アーチャー
ニコラス・ケイジ(男優)キャスター・トロイ
ジョアン・アレン(女優)イヴ・アーチャー
アレッサンドロ・ニボーラ(男優)ポラックス・トロイ
ジーナ・ガーション(女優)サーシャ・ハスラー
ドミニク・スウェイン(女優)ジェイミー・アーチャー
ニック・カサヴェテス(男優)ディートリッヒ・ハスラー
トーマス・ジェーン(男優)バーク・ヒックス
ジョン・キャロル・リンチ(男優)ウォルトン看守
カーク・バルツ(男優)アルド
マイク・ワーブ(男優)病院の父
トーマス・ロサレス・Jr(男優)囚人(ノンクレジット)
マーガレット・チョー(女優)ワンダ(警察職員)
コルム・フィオール(男優)ウォルシュ博士
ハーヴ・プレスネル(男優)ヴィクター・ラズロ
CCH・パウンダー(女優)ホリス・ミラー
マット・ロス(男優)リーミス
神谷明ショーン・アーチャー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚明夫キャスター・トロイ(日本語吹き替え版【VHS/DVD/2004年テレビ朝日】)
家中宏ポラックス・トロイ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塩田朋子サーシャ・ハスラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD/フジテレビ】)
津村まことジェイミー・アーチャー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
掛川裕彦ディートリッヒ・ハスラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮寺智子ホリス・ミラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石田圭祐ウォルシュ医師(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
加藤精三ヴィクター・ラザロ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石塚運昇ウォルトン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
成田剣ヒックス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
乃村健次デュボフ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊藤栄次フィッチ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士ショーン・アーチャー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚芳忠キャスター・トロイ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤田淑子イヴ・アーチャー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
平田広明ポラックス・トロイ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
川上とも子ジェイミー・アーチャー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
谷口節ディートリッヒ・ハスラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
納谷六朗ウォルシュ医師(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦ディートリッヒ・ハスラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
水田わさび(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
屋良有作(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
楠見尚己(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大川透(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
古田信幸(日本語吹き替え版【フジテレビ/2002年・2004年テレビ朝日】)
塩屋浩三(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
星野充昭(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
佐藤しのぶ【声優】(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
磯部勉ショーン・アーチャー(日本語吹き替え版【2002年・2004年テレビ朝日】)
山路和弘キャスター・トロイ(日本語吹き替え版【2002年テレビ朝日】)
唐沢潤サーシャ・ハスラー(日本語吹き替え版【2002年テレビ朝日】)
有本欽隆ディートリッヒ・ハスラー(日本語吹き替え版【2002年テレビ朝日】)
小林沙苗ジェイミー・アーチャー(日本語吹き替え版【2002年テレビ朝日】)
千田光男ウォルシュ医師(日本語吹き替え版【2002年テレビ】)
糸博ヴィクター・ラザロ(日本語吹き替え版【2002年テレビ朝日】)
立木文彦(日本語吹き替え版【2002年テレビ朝日】)
辻親八(日本語吹き替え版【2002年テレビ朝日】)
石井隆夫(日本語吹き替え版【2002年テレビ朝日】)
青山穣(日本語吹き替え版【2002年テレビ朝日】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【2002年・2004年テレビ朝日】)
渡辺美佐〔声優〕イヴ・アーチャー(日本語吹き替え版【2004年テレビ朝日】)
日野由利加サーシャ・ハスラー(日本語吹き替え版【2004年テレビ朝日)
中田和宏ディートリッヒ・ハスラー(日本語吹き替え版【2004年テレビ朝日】)
田原アルノウォルシュ医師(日本語吹き替え版【2004年テレビ】)
長島雄一ヴィクター・ラザロ(日本語吹き替え版【2004年テレビ朝日】)
木村雅史(日本語吹き替え版【2004年テレビ朝日】)
脚本マイク・ワーブ
マイケル・コリアリー
音楽ジョン・パウエル
作曲ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
ハロルド・アーレン"Over the Rainbow"
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
主題歌INXS"Don't loose your head"
挿入曲オリヴィア・ニュートン=ジョン"Over the Rainbow"
撮影オリヴァー・ウッド〔撮影〕
製作テレンス・チャン
マイケル・コリアリー(共同製作)
マイク・ワーブ(共同製作)
バリー・M・オズボーン
製作総指揮マイケル・ダグラス
ジョナサン・D・クレイン
スティーヴン・ルーサー
制作東北新社(日本語吹き替え版【フジテレビ/2004年テレビ朝日】)
配給ブエナビスタ
特殊メイクケヴィン・イエーガー
ブライアン・ペニカス(メーキャップ)
特撮アニマル・ロジック社(視覚効果〔ノンクレジット〕)
美術ニール・スピサック(プロダクション・デザイン)
ギャレット・ルイス[美術](セット装飾)
スティーヴ・アーノルド[美術]
衣装エレン・マイロニック
編集クリスチャン・ワグナー〔編集〕
スティーヴン・ケンパー
録音アンディ・ネルソン[録音]
パー・ハルベルク
東北新社(録音制作【日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
字幕翻訳松浦美奈
日本語翻訳佐藤恵子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
松崎広幸(日本語吹き替え版【フジテレビ/2002年・2004年テレビ朝日】)
スタントトーマス・ロサレス・Jr(ノンクレジット)
J・アーミン・ガルザ二世(カメラ・カー)
ダグ・コールマン(ノンクレジット)
スピロ・ラザトス(ノンクレジット)
その他ハーブ・ゲインズ(第二班ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
FBI捜査官アーチャーは、壮絶な銃撃戦の末に世界的テロリスト・トロイの逮捕に成功する。しかし彼はロスのどこかに細菌爆弾を仕掛けており、場所を知る者は逮捕の際昏睡状態に陥ったトロイ本人とその弟しかいない。そこでアーチャーは、弟から場所を聞き出すため前代未聞の潜入捜査に打って出る。それはなんと、トロイの顔を自分に移植して彼に変装することだった。しかし一方、植物状態のはずのトロイが目覚め、アーチャーの顔を手に入れてしまった!ジョン・ウーテイストが存分に発揮された大ヒットアクション映画。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
274.うーん、確かにジョン・ウー全開アクションなんだけど、あれだけ派手にやりあった割には見た後何も残らないというのが痛い。発想自体はいいけど細かいところには無理がるし。でも、ニコラス・ケイジ、ジョン・トラボルタの両者は物凄いはまり役だった。
クリムゾン・キングさん 6点(2004-04-19 21:36:53)
273.《ネタバレ》 色々つっこみ所もあったけどそれは置いておいて…とても面白かったです。顔の交換シーンは「痛い!痛い!」って、目塞いじゃいました・笑。
ゆうしゃさん 8点(2004-04-16 09:17:01)
272.この映画結構好きなんです。ありえなすぎるのに!(笑)顔をそっくり入れ替える設定時点でまずおかしいんすよ。だって体型違いすぎですやん。ケイジはやせ気味なのに、どっちかというとデブの方ですやんトラボルタ(笑)医学力でどーにかなるレベルなのか、あれは(笑)しっかし。ジョン・ウーの演出そして主演二人の演技。この二つがほんと良いんです。設定無茶苦茶なのに(笑)むしろその無茶苦茶なのが愛すべき状態まで昇華させてくれます。ジョン・ウーには今後もジョン・ウー自身が満足できるほどやりたい放題やって、面白い映画を作って頂きたいもんです。
シネマレビュー管理人さん 8点(2004-04-13 02:10:15)
271.荒唐無稽にも程がある作品だが、発想力がスゴイ。その発想力も含めてジョン・ウーの演出力はやはり個性があって面白い。ジョン・トラボルタ、ニコラス・ケイジ両主役も実力をいかんなく発揮して個性的なキャラクターを演じている。ただトラボルタの奥さんのイブ役はどうみても魅力的には見えず、「隣のおばさん」にしか見えなかった。
トニーさん 6点(2004-04-10 14:04:29)
270.俳優の演技力のおかげでかなり楽しめた。この映画に限っては脇役がどんなにいい味出しても主役の二人が圧倒している。二人の駆け引きがとにかく面白い。アクションがちょっとしつこいけど、ストーリーがいいので気にならない。細かいことを気にしなければかなり楽しい一本。
ぷりんぐるしゅさん 7点(2004-03-29 18:50:15)
269.発想がおもしろい。顔を変えても性格は変わっていない。現実に自分の近くの人がそうなっても気づかないでしょう。あれ?ちょっと正確変わった?って思う程度。イヴのそういうところを描いていたのは面白かった。しかし期待しすぎたのもあってこの点数。
TEZZさん 7点(2004-03-27 21:44:17)
268.ィェス!高彡頁クリニックもまっつぁおのフェイスオフ技術ですが、いつの間にかさらっと流されてますが、体格を変える技術のほうが余程難しいんでないでしょうか? てな心配がされるほどのトラボル太っぷりですが、まあいいか。そんなもんはジョンウー節で吹っ飛ぶぜ。フェイスオフ術よりあの刑務所脱出のほうが余程大変でありえない気もしますが、とりあえず「早く決着付けろYO!」
へろりうしオブトイジョイさん 7点(2004-03-25 05:45:00)
267.ウー監督。いいですね。最後はちょっぴり涙してしまいました。捜査官とテロリストの対決。ありきたりだけどドラマ性があってよかったです。
markninさん 8点(2004-03-24 02:01:09)

266.確かに見応えはある。だけど違和感がある。
この題材に出演がトラヴォルタとニコラス・ケイジ。
ヒットは約束されたお膳立てにジョン・ウーのテイスト。
安くて旨い町の中華店のオヤジがなぜか、一等地で最高級の食材を使った料理を
作っている違和感に似ている。フォアグラにマヨネーズ。いや確かに旨いと思うけど・・。
michellさん [地上波(字幕)] 7点(2004-03-20 12:08:12)
265.顔だけ移動してもなぁ~。無理が多すぎた。
モチキチさん 3点(2004-03-11 19:17:23)
264.《ネタバレ》 さすがと言うか。なんちゅうか。スローモーション、二丁拳銃、鳩が舞う。ジョン・ウ-の全エネルギー開放の映画。これだけやってくれた方が、むしろ清々しい気さえします。ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジの絡みだけでも見応えあり。しかもアクション俳優らしからぬ、この2人の起用。意外性の面白さは、顔をすり替える要素も考えてか。この荒唐無稽さも、ジョン・ウ-にかかれば、ありに思えてくる不思議。役者も演じていて気分よかろの(やりがいに)ハイテンション。アクションはどれもが見せ場。壊す、爆発するは当り前。スタイリッシュとまでは行かないが、ハリウッドでは観られなかった斬新さの追究。「オーバー・ザ・レインボー」をバックに血みどろの銃撃戦。アートみたいな撮り方にただただ見とれる。もちろん情も忘れていない。最後の最後、子供を引き取り、家族に迎えるとこまでもきちっと描いて争いの後の平和、家族の平和を讃える素晴らしい出来。うなりましたよ。この映画。面白いです。
映画小僧さん 9点(2004-03-10 11:20:47)
263.序盤から中盤までの盛り上がりはすごい。(フェイスオフするまで)そこからは普通のハリウッドアクション。前半はハラハラしたぞ~!
映画を単純に見る男さん 7点(2004-03-06 14:20:08)
262.ジョン・ウーのドンパチ作品。
ボバンさん 3点(2004-03-02 01:59:08)
261.現実にあったら怖いねー。
仮面の男さん 8点(2004-02-28 22:13:43)
260.《ネタバレ》 ケイジとトラボルタの善悪両方の演技が楽しめるお徳感がいいなと思って観ました。飛行場やアジト、教会での美麗な映像の銃撃戦、鏡に向かい合って銃を構えるシーンや歌が流れるシーンはなんとも言えない気持ちにさせる。ラストは久々に涙が出た...。兄弟愛や家族愛など人情味のある登場人物ばかりで、情感たっぷりのアクション映画はやっぱり良いですよね。ただ、トラボルタ顔のキャスターが二丁拳銃じゃなかったのは残念。
リンコさん 10点(2004-02-28 04:39:43)
259.《ネタバレ》 トラボルタとニコラス・ケイジが熱演してましたが顔を交換するシーンで思わず笑ってしまいそれが最後まで尾を引きずってしまった。
hrkzhrさん 6点(2004-02-27 23:40:23)
258.トラ/ケイの演技(アクション含む)に3点。設定の奇抜さ面白さに3点。後にも先にも、試写会にこれだけしか当選しない私のクジ運のなさに同情して1点。
●えすかるご●さん 7点(2004-02-27 04:34:41)
257.刑務所でトラボルタと出会ってしまった後のケイジの演技がリアルで・・・どうすんの?どうすんのこれ!って身をのり出してしまった。
やいのやいのさん 8点(2004-02-02 22:50:01)
256.最後のシーン泣いてしまった。ドミニクで出ている時点で得点は高いけど、ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジのアクションもいいかもね。
アンナさん 7点(2004-02-02 21:31:53)
255.《ネタバレ》 ジョン・ウーのハリウッド映画最高傑作 トラボルタとケイジの演技に気合が感じられます。最後にトラボルタが子供を家に連れてくるシーンに涙してしまいました。
matatakeさん 9点(2004-02-01 00:59:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 434人
平均点数 7.44点
000.00%
120.46%
230.69%
3102.30%
4133.00%
5265.99%
66615.21%
77817.97%
811626.73%
96314.52%
105713.13%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.82点 Review17人
2 ストーリー評価 7.76点 Review26人
3 鑑賞後の後味 7.25点 Review24人
4 音楽評価 6.57点 Review19人
5 感泣評価 6.12点 Review16人

【アカデミー賞 情報】

1997年 70回
音響効果賞パー・ハルベルク候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS