Menu
 >
 >
 > 魔術師

魔術師

The Face
(Ansiktet)
1958年【スウェーデン】 上映時間:100分
平均点: / 10(Review 5人) (点数分布表示)
ドラマコメディファンタジーモノクロ映画
[マジュツシ]
新規登録(2003-10-19)【_】さん
タイトル情報更新(2008-08-11)【にじばぶ】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督イングマール・ベルイマン
キャストマックス・フォン・シドー(男優)
グンナール・ビョルンストランド(男優)
ビビ・アンデショーン(女優)
イングリッド・チューリン(女優)
脚本イングマール・ベルイマン
撮影グンナール・フィッシェル
製作アラン・エーケルンド
美術P・A・ラングレン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 何が起こるのか興味を持って、観ていたが、結局、不明?
ばあさんは何をしたのか、何が、なぜできるのか、ただ不明のまま
また、なぜ馬車を降りたのか、意図がわからなかった。
当時の神を信じるキリスト教圏では、興味深い映画だったのだろう。
何を評価すればいいのか、よく分らない映画
cogitoさん [DVD(字幕)] 4点(2016-06-02 23:52:26)

4.《ネタバレ》 主人公の魔術師の人物造形が素晴らしい。聾唖の彼にセリフは無いのでほとんど表情だけの演技だが、宇宙人に身体を乗っ取られているんじゃないか?とでも思わせるミステリアスさ。彼が仲間に「死とは何か」を教えてもらうエピソードの迫力といったら!それに対し上流階級の嫌な奴らが、分かり易くバカっぽくカリカチュアライズされていて、主人公のシュールな佇まいとの落差が面白いような落ち着かないような。切実で難解ないつものベルイマン調と、嫌な奴らの脳天気さとが上手く混ざり合わないまま物語は進む。そのせいかどこに着地するのかさっぱり予測がつかないまま観ていたら、最後で三文オペラ張りのどんでん返しが待っていた!二つの世界は脳天気方向で強引に統合ときた!!ああびっくりした
皮マンさん [DVD(字幕)] 9点(2016-02-29 10:40:49)
3.《ネタバレ》 ベルイマン作品としては異色作。
まずベルイマン作品に共通するテーマである「苦悩」というものが描かれていない。
しかも、最後はハッピーエンド。
なんか拍子抜けだし、なんだか物足りない。
やはりベルイマン作品には“陰なる刺激”を期待してしまう。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 5点(2008-08-09 10:44:47)
2.《ネタバレ》 うん。軽く楽しめるベルイマンだ。でもホント言うと、最後の最後に救われないような展開ならもっとよかったなって思ってしまった。ブラックユーモアで終わってほしかった。
いのうえさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2007-10-01 23:47:45)
1.《ネタバレ》 「ファニーとアレクサンデル」は別格として、面白いベルイマン映画としてはこれを推す。催眠術を売り物としているさえない魔術団がある町に滞在する羽目になり、魔術の存在を信じない町の人々から(知事・医師など)蔑視されてしまう。ここでももちろんベルイマンの「神様への疑問」という視点は健在で、神の「奇跡」で表される行為・言葉が人々の現実的な物の考え方や科学的な根拠にとって見れば意味をなさない、という事を「魔術」を通して表しているのだ。最後シオシオになってしまった劇団に王族からの招きが来て元気百倍、意気揚々と出発するオチはある意味宗教が「流行に流されがちな、軽い存在として」扱われてしまっている皮肉を映し出しているようで厳しい。コメディとしても楽しく特に家に帰れば疲れた中年、団長シドウやその妻で男装の麗人チューリン。「ベルイマンわからん」という人にはぜひ。
Nbu2さん [ビデオ(字幕)] 9点(2006-07-29 10:15:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.80点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
5120.00%
600.00%
7120.00%
800.00%
9240.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS