Menu
 >
 >
 > “アイデンティティー”

“アイデンティティー”

Identity
(アイデンティティー)
2003年【米】 上映時間:90分
平均点: / 10(Review 289人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスミステリー
[アイデンティティー]
新規登録(2003-10-22)【ボビー】さん
タイトル情報更新(2017-05-27)【イニシャルK】さん
公開開始日(2003-10-25
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・マンゴールド
助監督リック・エイヴリー(第二班監督)
ニコラス・マスタンドレア
演出リック・エイヴリー(スタント・コーディネーター)
キャストジョン・キューザック(男優)エド
レイ・リオッタ(男優)ロード
レベッカ・デモーネイ(女優)カロライン
アマンダ・ピート(女優)バリス
ジョン・ホークス〔1959年生〕(男優)ラリー
アルフレッド・モリーナ(男優)マリック医師
クレア・デュヴァル(女優)ジニー
ウィリアム・リー・スコット(男優)ルー
プルート・テイラー・ヴィンス(男優)マルコム・リバース
ジョン・C・マッギンレー(男優)ジョージ・ヨーク
ジェイク・ビューシイ(男優)ロバート
マーシャル・ベル(男優)弁護士
マット・レッシャー(男優)副地方検事
ホームズ・オズボーン(男優)判事 テイラー
スチュアート・M・ベッサー(男優)冷凍人間
藤原啓治エド(日本語吹き替え版【DVD】)
大塚芳忠ロード(日本語吹き替え版【DVD】)/ラリー(日本語吹き替え版【テレビ】)
小山茉美カロライン(日本語吹き替え版【DVD】)
岡寛恵バリス(日本語吹き替え版【DVD】)
横島亘ラリー(日本語吹き替え版【DVD】)
佐藤ゆうこジニー(日本語吹き替え版【DVD】)
桐本琢也ルー(日本語吹き替え版【DVD】)
星野充昭ジョージ・ヨーク(日本語吹き替え版【DVD】)
石塚理恵アリス・ヨーク(日本語吹き替え版【DVD】)
楠大典ロバート(日本語吹き替え版【DVD】)
有本欽隆判事 テイラー(日本語吹き替え版【DVD】)
中博史被告側弁護人(日本語吹き替え版【DVD】)
津村まこと(日本語吹き替え版【DVD】)
堀内賢雄エド(日本語吹き替え版【テレビ】)
大塚明夫ロード(日本語吹き替え版【テレビ】)
土井美加カロライン(日本語吹き替え版【テレビ】)
岡本麻弥バリス(日本語吹き替え版【テレビ】)
江原正士マリック医師(日本語吹き替え版【テレビ】)
朴璐美ジニー(日本語吹き替え版【テレビ】)
牛山茂ジョージ・ヨーク(日本語吹き替え版【テレビ】)
佐々木優子アリス・ヨーク(日本語吹き替え版【テレビ】)
玄田哲章マルコム・リバース(日本語吹き替え版【テレビ】)
三宅健太ロバート(日本語吹き替え版【テレビ】)
谷口節判事 テイラー(日本語吹き替え版【テレビ】)
小島敏彦被告側弁護人(日本語吹き替え版【テレビ】)
かないみか(日本語吹き替え版【テレビ】)
渡部猛(日本語吹き替え版【テレビ】)
落合弘治ルー(日本語吹き替え版【テレビ】)
脚本マイケル・クーニー
音楽アラン・シルヴェストリ
挿入曲フー・ファイターズ"All My Life"
ボブ・ディラン"I Want You"
撮影フェドン・パパマイケル
製作キャシー・コンラッド
製作総指揮スチュアート・M・ベッサー
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクK.N.B. EFX Group Inc.
ジェイク・ガーバー
ロバート・カーツマン(特殊メイク監修)
グレゴリー・ニコテロ(特殊メイク監修)
特撮K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
美術マーク・フリードバーグ(プロダクション・デザイン)
ジェス・ゴンコール
カイル・クーパー(タイトル・デザイン)
衣装アリアンヌ・フィリップス
編集デヴィッド・ブレナー〔編集〕
マイケル・マッカスカー(編集補)
録音ゲイリー・A・ヘッカー
グレッグ・オーロフ
字幕翻訳森泉佳世子
スタントJ・アーミン・ガルザ二世
その他アラン・シルヴェストリ(指揮)
スチュアート・M・ベッサー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
「ん?何を分析しているんだ?いったい何があったんだ?」と思わせるオープニング。「ん?いったい何が起こっているんだ?こいつらは何者だ?」というモーテルへの集合者たち。やがて奇妙な殺人事件が起こりはじめ、ふたつの接点に意外な結末が・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
189.《ネタバレ》 アイデンティティの意味を大方わかっていたつもりで、意識しながらみていたが死体が消えるとこまでオチに気付きませんでした。ちょっとそれアリ?って感じもするけどマルコムの精神を現実の世界にみせようとする斬新なアイデアは高く評価できます。最後のオチはなんとなく想像つきましたけど。
rainbowさん [DVD(吹替)] 9点(2006-08-27 21:53:44)

188.面白いです。観て損はないと思います。自分が言えるのはこれだけです。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-08-27 17:59:29)
187.《ネタバレ》 レイリオッタが犯人じゃないの?って思いながら見ていた
でもコテコテだからドンデン返しがあるのかなって思ってたら、最後に・・
でもちょっと無理あるかな、でも精神世界の物語だからアリなんかな。
とりあえず最後まで楽しめたしアイデアもよかった全体的に見やすい映画だと思う。
ネスさん [DVD(字幕)] 7点(2006-08-12 09:26:23)
186.《ネタバレ》 やべ、久々に衝撃を食らった作品だった。製作者の人がメイキング映像で、脚本が星の数ほど存在するアメリカでいい脚本とめぐり会うのは運だと言っていたけど、この映画の出来を見ると全くそのとおりだと思う。脚本が秀逸、ただのカウントダウン用だと思っていた鍵が実はラストの演出の伏線になっていたこと、死刑囚の再審理とモーテルでの事件の密接な関係、序盤からの少しだけあからさまな伏線、中盤以降の話の流れからタイトルまでも含めて真犯人をカモフラージュした演出は見事。ミステリーでは一番犯人じゃなさそうな奴が犯人だったいうのは王道だけど、それも脚本次第でこうも鮮やかに、かつ衝撃的にまとめられるのは凄いと思った。個人的には「SAW」を見て以来の久々の衝撃だった。いやぁ~、いいもん見させてもらったわ。
8823さん [DVD(字幕)] 8点(2006-07-24 01:50:24)
185.ああ、騙されちゃったです。時間もいいですし役者さんも皆良かったです。
こゆさん [映画館(字幕)] 7点(2006-06-22 22:52:38)
184.《ネタバレ》 オチが反則。オチが違ったらいい作品だと思います。
かさぶたさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-06-05 20:07:34)
183.《ネタバレ》 この作品に関してはあまり書けないんですよ~!

何も考えないでテキトーに観たほうがいいかも・・

私は観ている最中にどうしても題名が気になってしまった(苦笑)

ジョン・キューザックは好きな俳優さんなのですが、

かえってこの没個性さが意味ありげに思え、

やはりそれでもケビン・スペイシーが上だなぁと(顔は似てるんだけどね)

そう思ってたらもう「ユージュアル・サスペクツ」がアタマから離れない(笑)

今まで観た映画と混ざる法則!!

この手の作品はやはり俳優にウェイトが置かれます。

ところがこの作品は登場人物が多すぎて別の期待をしてしまいます。

その期待とは・・犯人は誰なのか?

そのワナに陥っちゃうんですよ。

それがうっすらとわかるまである法則通りの作りですから。


デッドコースター  死ぬ順番の法則、ユージュアル・サスペクツ  全て作り話だったという法則、ロスト・ハイウェイ  自作自演の法則、これらを見事に融合させ、

霊界オチかも?夢オチかも?と考えさせます。



いらいらいら~どれなんだいったい(爆)

まさか・・

ポルターガイスト  呪われた家の法則(アザーズも)落ちじゃあないだろうな??



本当は私は霊界オチが好きなんですが(苦笑)



まあオチはあえて書きませんから興味のある方はどうぞ。

確かめてくださいな。

ご紹介した法則の映画もいいですよ♪

ここらを観ると全部似てくるんですが・・

アルメイダさん [DVD(字幕)] 6点(2006-05-28 15:24:24)
182.連続殺人&無人島モノというありふれたシチュエーションだが、ネタが目新しくて楽しめた。
ちょびさん [DVD(字幕)] 7点(2006-05-20 09:28:43)
181.《ネタバレ》 予想したオチが当たって気を抜いたところに、まだオチがあって驚かされた衝撃で、バッドエンドなのに、何故か痛快に感じたから不思議。全体的にみても良質なサスペンスでした。
MARK25さん [DVD(字幕)] 7点(2006-04-19 10:33:21)
180.《ネタバレ》 多重人格ものではよくやった方。それにしても、これを90分にまとめるのは凄い。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2006-04-16 12:51:54)
179.始めから疑いながら見てしまったので、ラストの衝撃がそれほどなかった。何も考えずに見たら、もう少し高得点だったかもしれないけど。。この手の話には慣れきっているはずだけど、それでも、まさか途中からこう来るとは思わなかったので驚きました(爆)たとえれば、とても美味しかったけど何かスパイスが1つ2つ足りないカレーを食べたあとみたいな気持ちです。
civiさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-04-07 11:15:33)
178.《ネタバレ》 あくまで私の予想ですが。脚本が出来上がり、監督が始めて読んだ時、こう思ったでしょう。「こんな手垢の付いた題材やりたくねぇな」。しかし監督は考えに考えぬいて撮影に臨まれ、そのお陰で良作に仕上がっていると思います。多重人格を題材にした映画は腐る程ありますが、この作品が”多重人格モノ”の息の根を止めるのに一役買うのではないかと。”多重人格”を扱った映画をこれから作る事になると、これ以上の作品を生み出せなければ意味がありません。そういうキッカケを作ったある種、貴重な映画なのかも知れません。
AMX004さん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-03-01 07:32:08)
177.《ネタバレ》 ああ、そうなのか、って感じのオチは、あまり楽しめなかった。映画自体は、全編的に程よい緊張感があり、それなりに楽しめました。まぁ、アイデア勝負の映画だけど、そりゃ反則だろ、といえなくもない・・・。
瑞鶴さん [DVD(字幕)] 7点(2006-02-15 08:40:00)
176.雨や鍵の使い方が上手!最後も気持ち良く騙されました。こんなに面白いとは思わなかったから得した気分です。
バイオレットさん [DVD(字幕)] 8点(2006-02-03 00:22:14)
175.これ系の作品大好きです!最初からずっと「どういう事??なんで??」と話にのめりこんでいられたし、途中でギクッとなるような怖いシーンもあるし、最後もうやむやにならずどんでん返しで良かったです。アイディア勝負の作品ですが、もう一回見てもいいかなと思えます。90分という短さもいいですね、ダレるところがなくて。
クリスタルさん [DVD(吹替)] 8点(2005-12-15 18:18:25)
174.《ネタバレ》 普通の連続殺人で終わらず、多重人格症を扱ったストーリーは見事!また最後の大ドンデン返しは騙されました(汗)レイ・リオッタを怪しんだところまでは良かったが…。
トシ074さん [DVD(字幕)] 8点(2005-12-14 21:40:04)
173.題名を見て見る前にフツーに筋が分かっちゃったし。感じ的には「マッド・ドッグス」とか「2 days トゥー・デイズ」みたいかなぁ。。それにしても、変な映画の邦題を捻って意味分からん邦題にして、こういう映画をそのまんま邦題にしちゃぁ元も子もねーべ。僕はそれだけが気に食いませんでした。
M・R・サイケデリコンさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-12-14 17:03:54)
172.《ネタバレ》 うん面白かった。2回目はメモを取りながら詰めてみたが、解明できたとはいいきれない。
死体のそばにあるルームナンバーは人格のできた順番なのか?しかし、2~5が表示されていない。死ぬ順番には、人格の重要性が関係あるのか?あるようなないような。4人の女性人格のうち、ジニーはブロンドであるから、(彼の母はHAIR Br, EYES Br)母の投影された人格ではなくマルコム自身のおびえる女性人格であり、おそらくルーの暴力にさらされていながら離れられない。マルコムを殴っていたのは父であるから、ルーは父であるのだが、「妊娠はウソ」であったため、父親になることをマルコムから否定されている。他の3人の女性は母キャリーの人格が分かれたものであるが、ティミーは3人の母を殺していることになる。アリスは「慈愛あふれる母」人格だが、冒頭から昏睡状態のため「慈愛」をあらわすことができない状態にされたまま死ぬ。キャロライン(女優)は「売春」と「慈愛」をを排除した残りの母の人格というべきであり、「ヒステリーでわがままでみえっぱり」とされている。パリスは実在の母からキャロライン的な部分を除いた「売春婦」の象徴である。すると、「父」が登場していないのだ。ジョージは「継父」であるから、マルコムにとっての「父」足りえない。私は「エド」こそマルコムの思い描く「父」であったと考えるのだが。深読みしすぎ?ともあれ楽しめる作品です。ジョーンキューザックへの不満ははひとまず置いておこう。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 9点(2005-11-23 12:48:26)(良:3票)
171.あんまり期待せずに、ただ豪華キャストだからってだけで見てみたのですが、時間が短い割にはすごくおもしろかったです。(今まで1時間半くらいのものでいいものに出会ったことがあまりないので…) ラストがビックリ系は大好きです。。。
makoさん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-18 18:23:56)
170.《ネタバレ》 精神世界の話なので、なんでもありになってしまうことを差し引いても納得のいくストーリー。オチともなるべき「精神分裂」を話の最後に持ってくるのではなく、中盤すぎにもってくるのも斬新。そこから話はもう一転し、さらに衝撃のエンディング。ラストのオチについては、賛否両論あるかもしれんないが、個人的には面白いと思う。モーテルの部屋の鍵が砂から出てくるというのも憎い。時間軸の分け方も、バラバラに分けるのではなくフラッシュバックのように見せているのでわかりやすく、臨場感がある。ただ、精神世界なので、一人一人のバックグラウンドの自体に重み(意味)がなくなったのがもったいない。その意味について、もう少し広がりがあると、更に深みが増した気がする。ついでに、ハゲデブが自分の顔を返せと言うシーンが面白かったw世の中、分相応でわきまえて生きていこうなw
グングニルさん [DVD(字幕)] 8点(2005-10-10 19:36:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 289人
平均点数 7.10点
000.00%
120.69%
231.04%
372.42%
472.42%
5196.57%
64114.19%
78027.68%
88629.76%
93512.11%
1093.11%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.16点 Review25人
2 ストーリー評価 7.80点 Review52人
3 鑑賞後の後味 6.73点 Review45人
4 音楽評価 6.28点 Review28人
5 感泣評価 2.55点 Review18人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS