Menu
 >
 >
 > 天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタ

Castle in the Sky
(Laputa: Castle in the Sky)
1986年【日】 上映時間:124分
平均点: / 10(Review 752人) (点数分布表示)
アクションSFアドベンチャーファンタジーアニメファミリー
[テンクウノシロラピュタ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-08-27)【イニシャルK】さん
公開開始日(1986-08-02
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督宮崎駿
ジャック・フレッチャー(英語吹替版監督)
田中真弓パズー
横沢啓子シータ
初井言栄ドーラ
寺田農ムスカ
常田富士男ポムじい
永井一郎将軍
安原義人ルイ
鷲尾真知子おかみ
神山卓三シャルル
TARAKOマッジ
槐柳二老技師
峰恵研ドーラの子分(日本人)
鈴木れい子シータの祖母
平井隆博ドーラの子分(中国人)
西村知道軽便鉄道の機関士
大塚芳忠黒眼鏡(ムスカの部下)
菅原正志黒眼鏡(ムスカの部下) / ドーラの子分(セネガル人)
関俊彦
林原めぐみ青い服の婦人
糸博親方(ダッフィ)
亀山助清アンリ
大滝進矢ドーラの子分(エジプト人)
古田信幸
福士秀樹ギャング
田中和実
ジェームズ・ヴァン・ダー・ビークパズー(英語吹替版)
アンナ・パキンシータ(英語吹替版)
クロリス・リーチマンドーラ(英語吹替版)
マーク・ハミルムスカ大佐(英語吹替版)
リチャード・ダイサートポムじいさん(英語吹替版)
ジョン・ホステッター親方(英語吹替版)
マンディ・パティンキンルイ(英語吹替版)
ジョン・デミータ補足音声(英語吹替版)
デビ・デリーベリー(英語吹替版)
原作宮崎駿
脚本宮崎駿
ジャック・フレッチャー(英語吹替版台本)
音楽久石譲
作詞宮崎駿「君をのせて」
松本隆「もしも空を飛べたら」
作曲久石譲「君をのせて」
編曲鷺巣詩郎「もしも空を飛べたら」
主題歌井上あずみ「君をのせて」
撮影野口肇
製作徳間康快
鈴木敏夫(「天空の城ラピュタ」製作委員会)
徳間書店
企画山下辰巳
プロデューサー高畑勲
制作スタジオジブリ
原徹
配給東映
作画高坂希太郎(原画)
名倉靖博(原画)
金田伊功(原画頭)
近藤勝也(原画)
山室直儀(動画協力)
友永和秀(原画)
前田真宏(原画)
美術山本二三
保田道世(色指定)
編集瀬山武司
録音井上秀司(整音)
斯波重治(音響監督)
東京テレビセンター(録音スタジオ)
その他電通(協力)
IMAGICA(現像)
あらすじ
天空に漂うという伝説の城「ラピュタ」を巡り、飛行石を持つ少女シータと、父の思いを引き継いだ少年パズーが繰り広げる冒険アニメーション大作。ラピュタは本当に存在するのか?飛行石の持つ秘密とは?そして暗い影を持つムスカの狙いとは?空を自由自在に駆け回る空族「ドーラ一家」と共にシータとパズーは今、「天空の城ラピュタ」を目指し大空へ飛び立つ。映画公開から既に20年以上経った今尚、多くの人々に語り継がれ続ける宮崎駿監督のマスターピース。子供から大人まで、すべての人へ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526272829303132333435363738
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
572.ごめんなさい。ケチを付け様と色々考えたけど思いつきませんでした。悔しいけれど最高の冒険ファンタジー・アニメです。
憲玉さん [DVD(邦画)] 10点(2006-10-26 00:10:12)(良:1票)
571.宮崎駿の真骨頂。冒険ファンタジーの最高峰。
こころないてんしさん [地上波(邦画)] 9点(2006-10-19 02:29:09)
570.小星も、この映画スクリーンで見たかったデス。パズーとシータは、自分の中でいつまでも誰よりも、憧れのカップルなのであります。
小星さん [地上波(邦画)] 10点(2006-09-03 00:28:51)(良:1票)
569.宮崎映画で一番好きな作品です。アニメ映画としてのあらゆる要素を詰め込みながら、後味も爽やか。何度も観たくなる映画です。
ぽじっこさん [ビデオ(邦画)] 9点(2006-08-01 14:40:59)
568.宮崎監督のインスピレーションは、霊界からの波動を受けている。
すぎささん [地上波(邦画)] 8点(2006-07-19 00:19:29)
567.《ネタバレ》 テレビで何度も見た映画ですが、改めてDVDで鑑賞。やっぱり良いです。この映画。
特にルパン三世の「さらば愛しきルパンよ」を見たひとであればさらに感じるところがあると思います。
こんなテイストの宮崎アニメを見たいと思うのは仕方がないことでしょうか?息子が映画を作ってる間に新作の構想を練っていることを祈ります。
きいろくまさん [DVD(邦画)] 9点(2006-05-24 00:01:06)
566.この世界にもっと浸っていたい。そんな思いで迎えるエンディングはいつも切なくて、あの曲を聴くと胸が苦しくなる
サイレンさん [ビデオ(邦画)] 10点(2006-05-03 04:47:09)
565.レビューをし始めて早3年か…。いつラピュタについて書き記そうかと思っていた。私の記憶にある一番古い映画が本作品です。その日の朝、父が面白い映画借りてきたから幼稚園から帰ったら一緒に見ようねと言ってくれた。それから何十回見ただろう。何回見ても感動するし、もう台詞もほとんど覚えた。でも見るたびに新たな感情とゆーか、発見がある。本っ当に名作だと思う。なに一つとして、無駄がないと思う。それにしても宮崎作品って、どーして食べ物が美味しく見えるんだろう。シータが食べる目玉焼き&食パン!めっちゃ美味しそう!!
西川家さん [地上波(邦画)] 10点(2006-05-01 20:35:21)
564.小さい頃に見ても大人になってからみてもやっぱりこのドキドキワクワクな感じは変わりません。
名探偵コナン・ザ・グレートさん [ビデオ(字幕)] 9点(2006-04-26 21:29:07)
563.心躍り血湧き肉踊る傑作!説明不要。見るべし。
ホットチョコレートさん [映画館(邦画)] 9点(2006-04-23 02:36:09)
562.少年と少女がすごい速さで成長していく物語。それを支えてくれたみんなが良い。
十人さん [地上波(邦画)] 9点(2006-04-23 00:50:29)

561.あぁ、これはラブストーリーだ。
michellさん [地上波(邦画)] 10点(2006-04-21 13:52:27)
560.大好き。 ですけど… 最近の「ハウル」や「千と千尋」を観ると、この頃のジブリ作品って、奇跡的偶然で全ての要素が噛み合ってただけなんじゃないかと思えてきたり…(笑)
たーくんさん [ビデオ(字幕)] 10点(2006-04-19 17:44:42)(良:1票)
559.宮崎アニメの中でも、この映画とナウシカは特に、「メッセージ性」とやらが押し付けがましい。
教科書みたいな偽善アニメはもうお腹いっぱい。
少しくらい想像・解釈の余地を残して欲しい。
そんな僕は「魔女の宅急便」が一番のお気に入りです。
Rubyさん [ビデオ(邦画)] 5点(2006-04-19 03:40:07)
558.全てにおいて最高な映画。主題歌、音楽、映像、登場人物ect・・・。
ムスカ大佐もジブリ作品にしてはすごいひどい奴だった。だけどこの人の存在もこの映画を面白くして見ごたえが増す。名ゼリフも堪能できるしw
とにかくジブリ作品でも邦画の中でも一番面白い映画でした
ラスウェルさん [ビデオ(邦画)] 10点(2006-04-18 22:20:12)
557.飛行機の中から雲を見る度ラピュタを思い出します。
ユウヤさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-04-15 20:10:32)
556.これまで私が最も多く観返した映画がこれです。
中だるみがあったり、ラピュタへ辿り着いた方法がアレだったりと、
作劇上の欠点はありますが、物語の世界観やフィルムから滲み出る雰囲気、
そして各キャラクターの魅力など、これまで観てきた全ての映画の中で
最も好きな映画です。文句なしに10点献上します。

ちなみに映画公開後しばらくは、理想の女性がシータだった事は
ここだけの秘密です(笑)。
はあさん [映画館(邦画)] 10点(2006-04-14 22:11:13)
555.完璧。
コン兄貴さん [DVD(吹替)] 10点(2006-04-05 07:17:11)
554.1年に1度は必ず見たくなる作品ですし、実際に見ています。自分は100インチのスクリーンでミニシアター雰囲気で見ていますが、どなたかが書かれていたように、一度映画館で見てみたかったですね!何も内容変えなくて良いので、今の時代に劇場再公開したらどうなるんでしょうね?別に1位とかにならなくても、結構な人が見に来てくれそうな気がします。シータ~~~!!!
お好み焼きは広島風さん [DVD(字幕)] 10点(2006-02-13 12:33:52)(良:1票)
553.もう今更私なんかがわざわざここでコメントする様なこと何もない気がするんですが。やっぱり傑作だと思います。これはずっと残りますよね。もう本当何度見たか解りません。最近では余りの無駄の無さに可愛げが無くすら感じます。 ていうかここの評価だけでも半数近い人が10点付けてるんですよね、何だか恐くなってきました。もしかすると私達多少なりとも洗脳されている部分が無いことはないかも知れません。良い意味で。子供の頃に沢山の人がこれを見て沢山の人が思い思いに感動して物語を話し合って台詞を真似し合ってお互い盛り上げ合って評価を高め合って、それがまた繰り返しTV放送をさせまた循環し続けているのかもしれません(もちろんそれだけの力が作品にあっての話)。そう考えるともうこれはちょっとした奇跡であり、歴史ですね。と少し話大袈裟にしてみましたよ。 しかし今でこそ宮崎アニメは映画のジャンルの様になってるけど、ラピュタやナウシカを公開当時劇場で観ていたらどんな感動の仕方をしていたのだろう。体験してみたかったな。
イチェルコさん [地上波(字幕)] 10点(2006-02-06 17:47:50)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526272829303132333435363738
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 752人
平均点数 8.72点
000.00%
120.27%
240.53%
360.80%
470.93%
5212.79%
6293.86%
7749.84%
811214.89%
916521.94%
1033244.15%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.94点 Review55人
2 ストーリー評価 8.88点 Review81人
3 鑑賞後の後味 9.16点 Review81人
4 音楽評価 9.33点 Review81人
5 感泣評価 7.93点 Review58人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS