Menu
 >
 >
 > カジノ

カジノ

Casino
1995年【米】 上映時間:178分
平均点: / 10(Review 81人) (点数分布表示)
ドラマ犯罪もの実話ものヤクザ・マフィア
[カジノ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-07-05)【Olias】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・スコセッシ
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)サム・“エース”・ロースステイン
シャロン・ストーン(女優)ジンジャー・マッケナ・ロススティーン
ジョー・ペシ(男優)ニコラス・”ニッキー”・サントロ
ジェームズ・ウッズ(男優)レスター・ダイアモンド
アラン・キング〔1927年生〕(男優)アンディ・ストーン
ケヴィン・ポラック(男優)フィリップ・グリーン
L・Q・ジョーンズ(男優)パット・ウェブ
ドン・リックルズ(男優)ビリー・シャーバート
スティーヴ・アレン[1921年生](男優)本人
キャサリン・スコセッシ(女優)
津嘉山正種サム・“エース”・ロースステイン(日本語吹き替え版)
勝生真沙子ジンジャー・マッケナ・ロススティーン(日本語吹き替え版)
樋浦勉ニコラス・”ニッキー”・サントロ(日本語吹き替え版)
田中正彦レスター・ダイアモンド(日本語吹き替え版)
島香裕ビリー・シャーバート(日本語吹き替え版)
藤本譲レモ・ガッギ(日本語吹き替え版)
宝亀克寿アンディ・ストーン(日本語吹き替え版)
伊藤和晃フィリップ・グリーン(日本語吹き替え版)
水野龍司パット・ウェブ(日本語吹き替え版)
原作ニコラス・ピレッジ
脚本マーティン・スコセッシ
ニコラス・ピレッジ
音楽ロビー・ロバートソン
挿入曲ザ・ローリング・ストーンズ"Gimme Shelter"他
撮影ロバート・リチャードソン〔撮影〕
製作バーバラ・デ・フィーナ
美術ダンテ・フェレッティ(プロダクション・デザイン)
リック・シンプソン〔美術〕(セット装飾)
ソウル・バス(タイトルデザイン)
衣装リタ・ライアック
編集セルマ・スクーンメイカー
録音トム・フライシュマン
スキップ・リーヴセイ
ユージーン・ギーティ(音響効果エディター)
スタントリック・エイヴリー
ダグ・コールマン
エリザ・コールマン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

81.時は70年代、ラスベガスがまだマフィアの支配下にあった時代。
決して臆すること無く彼らは「欲望」の波を奪い合う。ある者はビッグウェーブを乗り越え、ある者は呑み込まれ藻屑と消える。
ただし、この街は一人の者が勝ち続けることを絶対に許さない。
幾つもの大波を越えた強者であっても、一寸の揺らぎで途端に波に呑まれ、溺れて沈む。

そこからすんでのところで、“生還”した者が、本当に追い求めていたものは、ただただ純粋な愛だった。

そんな哀しくて、虚しくて、愚かで、残酷で、ギラついた夜が延々と続いた時代が、凄まじい「映画力」によって描き出される。
圧倒的な3時間。凄い。


マーティン・スコセッシ×ロバート・デ・ニーロ、かつてこの二人がハリウッドにおける「最強タッグ」として数々の大傑作を映画史に残してきたことは当然認識していたが、実際に観ていたのは「タクシードライバー」と「ケープ・フィアー」くらいだった。
1981年生まれの映画ファンにとっては、スコセッシ監督作の主演俳優といえば、デ・ニーロよりも、レオナルド・ディカプリオの方が印象強く、実際作品を漏れなく鑑賞しているもそちらである。
しかし、今更ながら往年の「最強タッグ」の最後(2017年時点)の作品を観て、偉大な監督と偉大な俳優の映画愛と野心に溢れた映画世界に圧倒された。
そして、22年前の今作を、今まで鑑賞していなかったことを激しく後悔した。

何と言ってもロバート・デ・ニーロの存在感が素晴らしい。
今作の主人公である“エース”は、他作でデ・ニーロが演じてきたキャラクターと比較すると、決して激情的なキャラクターではない。努めて冷静に物事を見据え、対処し、物語の舞台であるカジノを支配する。
キャラクター的な激しさを捉えたならば、脇を固めるジョー・ペシ演じる“ニッキー”やシャロン・ストーン演じる“ジンジャー”の方がよっぽど激しく暴れまわる。実際、この二人の演技も物凄い。
しかし、やはり映画を支配しているのは、ロバート・デ・ニーロだ。
実在した天才賭博師を演じきった彼の佇まいには、長年組んできたマーティン・スコセッシに対する絶大な信頼に裏打ちされた映画俳優としての“極み”を感じた。

兎にも角にも、マーティン・スコセッシ×ロバート・デ・ニーロの未見作があることは、映画ファンとして恥ずべきことだけれど、逆に言えば、「レイジング・ブル」も「グッドフェローズ」もこれから“初見”できるわけで。
それはそれでハッピーなことだと思う。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 9点(2017-05-06 09:43:57)
80.スコセッシ&デニーロのラスト作。
妖艶に光るラスベガスを仕切るデニーロがかっこよすぎる。際立たせるスコセッシも流石というべきか。
3時間はテンポ良くすんなり。全体的には面白いもののノンフィクションからか展開の刺激がやや弱くグッとくるものに乏しかった。
個人的な見解だがサムは女のセンス悪い。金と権力を手にすると光る女を隣に置きたいんだろう。見るからに愛とは無縁の女だしね。そこは共感持てないと言うか成功者しかわからないと言うか。
濤声さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-10-11 12:50:53)
79.マフィアものというより、人間の本質に焦点を合わせた作品、そんな印象でした。タイトル買いした作品なので、てっきりラスベガスのカジノ内部の描写がメインで、イカサマがどうとか、胴元(ディーラー)vsプロの腕の差がどうとか、はたまた結局勝つために必要なのは揺るぎないハートだ!(オカルト)、とかそういう作品かと思ったら、全く違った。笑
 一言で言えば欲に支配され、飲み込まれていく人たちのお話。主人公級が3人でそれぞれの思いあり、立場ありで、互いに歯車がかみ合わず、結局自滅の道を歩む。で、そうなった原因は何か、根底にあるのは何かといったらズバリ「人の欲」、という描かれ方でした。3人の欲が満たされている状況では誰も損はせず誰も不満はないけれど、一旦その均衡が崩れると、根底にあるのが「負」なだけに、ボロボロに崩れ去っていくという・・・。
 そして根底の負、人の欲の対極として描かれたのが愛=信頼。互いが互いを信頼すればこそ全ては上手くいくのだけれど、人間というのは欲に支配されてしまうものなんですよと。例え本人が信頼を最重視しているとしても、本人も無意識なところで、自分の都合・欲に動かされている・・・そんな役割を担ったのが主人公でした。
 この作品の見所は登場人物の立場と考え方を前提にした上での会話劇、展開の面白さ、上手さにあると思います。それ故に「どこが面白かったか」を人に説明するとなると難しい。見ているうちに入り込む系の作品なので、少しも共感できないと尺の長さが仇になりそう。(逆に色んな立場、考え方の人が出てくるので共感できる確率は高そう。)私はマフィア系で無駄にカッコつける作品はあまり好きではないので、むしろ本作は好印象でした。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 8点(2015-12-07 04:25:49)
78.そこまで入り込めなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-22 12:20:05)
77.エースとニッキーのナレーションが交互にラストまでずっと続くので、さすがにこの演出はうるさく感じられる。
シャロン・ストーンのあばずれ悪女っぷりが見事。
デニーロとジョー・ペシもさすがの安定感。
エース、ニッキー、ジンジャーの三人で、映画の半分くらい口ゲンカしている感じ。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 6点(2014-04-26 22:13:47)
76.《ネタバレ》 デ・ニーロ&ペシといい、脚本の構成といい「グッドフェローズ」とやってることは一緒。ただテンポが悪く時間もさらに長いため間延び感あり。ただ比較しなければ良作なのは間違いない。が、わざわざ友人にすすめる程でもない。
amierさん [DVD(字幕)] 7点(2013-01-03 17:49:21)
75.《ネタバレ》 ラスベガスのカジノを取り仕切る腰の据わった総支配人をデニーロ、暴力団を早口で極悪面のジョー・ぺシが熱演。カジノと暴力団の繋がりは持ちつ持たれつ、グロくてきな臭い裏社会の実情がよく描かれていました。後半は見るに堪えないほどにドロドロした夫婦ゲンカと不倫が中心。後味の爽快感はありません。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-08 00:48:51)
74.シャロン・ストーンによくがんばりました賞をあげます。お話自体は「そうっすか」ですんじゃうんですが。デ・ニーロとジョー・ペシだもの。間にはさまれて彼女泣くほど努力したんじゃないかなあ。やればできるぞ シャロン・ストーン。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-07-21 14:12:36)
73.原作が『グッド・フェローズ』と同じニコラス・ピレッジのノン・フィクションなので雰囲気が似ているところは眼をつぶりましょう。でもなんか物足りなさを感じてしまうのは、『グッド・フェローズ』と違ってデ・ニーロが最後までクールなキャラだったからでしょうか。しかし考えてみると、本作以降デ・ニーロはスコセッシ作品に出演してないのですよ。21世紀に入りディカプリオと組む様になってからのスコセッシ映画は、やっぱデ・ニーロとコンビ組んでた作品群とは全然違うと感じるファンは多いはず。もう一度スコセッシ、デ・ニーロ、ペシの顔合わせが観たいものだ、そしてそこにハーベイ・カイテルがちょこっとでも顔だしてくれたら最高でしょうね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-03-23 00:35:29)
72.ロバート・デニーロと組まなくなってからのマーティン・スコセッシ監督作品のつまらなさときたらそれはもう酷いものである中、これはそんなスコセッシとデニーロの名コンビとしては他のものよりは明らかに落ちる出来栄えであるが、作品全体を包み込むオーラ、役者の名演技ぶりでそれなりに楽しめる。カジノの雰囲気、音楽も作品の内容に似合うだけのものを感じることも出来た。私にとってはマーティン・スコセッシ監督とロバート・デニーロだからこそ一応は楽しめたが、他の俳優なんかじゃこうはならない。この名コンビの作品としての力強さ、輝きを再び見たいと願うのは私だけではないはず。正直不満の方が多い作品であるが暗黒街の雰囲気作りにかけて相当、力を入れて撮った映画だなあ!というのがこの映画を見ての感想でして、その雰囲気をここまで再現してくれているという意味において評価してのこの点数です。
青観さん [DVD(字幕)] 6点(2010-10-16 16:37:49)
71.ニッキーとジンジャーのこれ以上内無い程の浅はかさでもって巻き起こすしょうもない騒動に味わいは皆無で、監督特有の暴力描写も薄汚さしか感じられず辟易。デ・ニーロは二人に翻弄されるばかりで何時もの凄みはなくガッカリ。観れば分かるのに、いちいちナレーションをつけてくれる「ご配慮」は失笑モノ。俳優が熱演するほどに薄ら寒さが募り、冗長さにもウンザリ。監督のお粗末さを痛感した作品です。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 3点(2009-08-30 14:44:28)
70.モノローグ映画というか、やたら字幕を追うのが大変でした。ナレーションが多いと、過去の出来事という感じは強くなる。それにしてもこの監督ノーブルな顔して、どうしてこう真っ当でない・唾棄すべき嫌な人間たちの話が好きなんだろう。ギャンブルの天才でありながら、妻や友の裏切りにあっていく男。ラスト1時間ぐらいになってやっとノッてこれた。世の中なんにも信用できねえのさ、という一匹狼的な恍惚感があるわけでもない。虚飾の街と、その裏の地味な金勘定の部屋、その裏から表を見て、荒涼としてるんだけど充実がある。つまり現代における“充実”とは、愛やら友情やらを捨てていった荒涼の中にしかないということか。ラスベガスを取り囲む広大な砂漠。日本人はタオルを持って帰る。ラストに「スターダスト」が流れ、おそらくある年代の人は「シャボン玉ホリデー」を思い浮かべ、しみじみしたことと思う。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2009-08-05 11:59:37)
69.モノローグ(独白)スタイルが戸惑ったのと、ちょっと長すぎの感はあるが、万力でのリンチやラストのなぶり殺しなど暴力シーンの迫力はさすが。ジョー・ペシは相変わらずの切れた演技で「グッド・フェローズ」同様にデ・ニーロを喰ってしまった。ジェームズ・ウッズのヒモ男ぶりも秀逸。
Q兵衛さん [DVD(字幕)] 7点(2009-03-09 17:11:53)(良:1票)
68.《ネタバレ》 メインの舞台がカジノになったってだけで、グッドフェローズとやってることはあんまり変わらない。相変わらずぶちきれまくってるペシさんもおんなじ。特別面白いわけじゃないけど、なんとなく見れちゃうとこも同じ。
しかし、そこへペシも泣きが入るくらいにぶちきれまくる女、シャロン・ストーンはいい新風でした。なんだかとても疲れる映画ですが、割と好きです。相変わらず、ブルースやソウルのBGMの入れ方は文句なし。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-12-24 01:59:48)
67.この映画は長さもコミで、大河ドラマ的に堪能したい一品.デ・ニーロの演技には、相変わらず、男も惚れます.シャロン・ストーンも演ればできるじゃんと、見直させられた記憶があります(そもそも、完全犯罪を狙う知的な悪女よりも、本作のようなキレたあばずれ(でも、何とも哀れ)の方が似合ってはいるわけで、結局適材適所と言うことになるんでしょうが..).
えぴおうさん [ビデオ(字幕)] 8点(2008-11-21 22:36:08)
66.《ネタバレ》 多分何も知らない人がこれとグッドフェローズを見ても、同じ監督作品と容易に分かるだろうぐらいテイストがほとんど同じでしたね。グッドフェローズよりも良かったのは、デニーロが主役ということ、これに限る!確かに話の大半は主人公たちの痴話喧嘩なんだけど、『風と共に去りぬ』のレットとスカーレットみたいだなぁと思いながら見てたので、結構最後まで楽しめました。
失言さんさん [DVD(字幕)] 7点(2008-08-19 21:42:11)
65.《ネタバレ》 始まりから二人の交互の独白が最後まで続く。三時間聞かされっぱなし。独白によって進んでいくのは「グッドフェローズ」と同様。あれもマフィア。こっちもマフィア絡み。やってることは同じなんですな。あっちは二時間半だったがこっちは三時間。長尺もパワーアップ。テンポは良いので見ていてそれ程飽きはしなかったが、内容が薄い。無駄なシーンもちらちら。あれはどうなったのかという点もちょろちょろ。結局ジョー・ペシの暴力をアクセントにした、ただの痴話喧嘩話なのだということに見終わってから気付く。三時間もかけて痴話喧嘩を見せられて一体どうしろというのか。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-04-18 02:27:48)
64.デ・ニーロの名演技ぶり、ジョー・ペシのキレっぷり、シャロン・ストーンの悪女っぷり、どれも素晴らしかったです。ベガスを舞台にして「信頼」というテーマを描いたことで、単なるギャング映画以上のものになったと思います。
まいったさん [DVD(字幕)] 6点(2008-02-24 23:23:08)
63.《ネタバレ》 ナレーション2人が語りだした。いつまで続くのかと思ってたら最後まで続くナレーション。副音声ONにしてるのかと思ったよ!この演出は最悪。てか最初のカジノの説明長すぎだよ!あんなに一気に名前まくし立てられても理解できません。その後もダラダラダラダラ大した事が起こるわけでもなく進み、ヒステリックなクソ女がギャーギャー言ってるのを聞かされ、どう見ても簡単にボコせそうなただのチビが粋がり(誰かがさっさと殺しゃあいいのに)、あの冒頭の爆破シーンを見せといてサムが死んでなかったり、と何から何まで腹立たしいほどにつまらなかった。そして何よりムカついたのは長すぎること。8時間くらいに感じたよ!!こんなに退屈に感じ、つまらないと感じた映画は久しぶりだ。本当は-100点にしたいくらいだ。 途中何度も鑑賞をやめようと思ったが、頑張って最後まで見た結果、やっぱり途中でやめるべきだったと後悔した。
TK of the Worldさん [CS・衛星(字幕)] 0点(2007-12-21 23:37:05)
62. うーん、マーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシというだけでストーリーの予想がついてキャラクターも予想できるんだけど、面白い。むしろ自分はこれを望んでいるんだと思います。シャロン・ストーンも良かったし、あの二人は貫禄出てます。
 ただ客観的に観ると後に残るものはありませんでしたね。ストーリーは起伏に欠けるし、やはり長い。後半は怒濤の展開だっただけに、前半の冗長さはきつかったです。「いつもの」感じで乗り切ってしまったように思います。
 オープニングとラストがつながる感じは大好きです。
Balrogさん [DVD(字幕)] 5点(2007-12-21 00:39:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 81人
平均点数 6.46点
011.23%
100.00%
200.00%
322.47%
433.70%
51822.22%
61720.99%
72024.69%
81214.81%
933.70%
1056.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 4.57点 Review7人
4 音楽評価 4.50点 Review4人
5 感泣評価 1.33点 Review3人

【アカデミー賞 情報】

1995年 68回
主演女優賞シャロン・ストーン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS