カンガルー・ジャックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カンガルー・ジャック
 > (レビュー・クチコミ)

カンガルー・ジャック

[カンガルージャック]
Kangaroo Jack
2003年【米・豪】 上映時間:89分
平均点:4.42 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-09-27)
アクションコメディアドベンチャー犯罪もの動物ものパロディ
新規登録(2003-12-01)【腸炎】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・マクナリー
キャストジェリー・オコンネル(男優)チャーリー・カーボーン
アンソニー・アンダーソン(男優)ルイス・ブッカー
クリストファー・ウォーケン(男優)サルバトーレ・"サル"・マッジオ
エステラ・ウォーレン(女優)ジェシー
マートン・ソーカス(男優)ミスター・スミス
ダイアン・キャノン(女優)アンナ・カーボーン
マイケル・シャノン〔1974年生〕(男優)フランキー・ロンバルド
アダム・ガルシアカンガルー・ジャック(ノンクレジット)
落合弘治チャーリー・カーボーン(日本語吹き替え版)
桜井敏治ルイス・ブッカー(日本語吹き替え版
佐々木勝彦サルバトーレ・"サル"・マッジオ(日本語吹き替え版)
小森創介カンガルー・ジャック(日本語吹き替え版)
浅野まゆみジェシー(日本語吹き替え版)
谷口節ミスター・スミス(日本語吹き替え版)
三宅健太フランキー・ロンバルド(日本語吹き替え版)
渡部猛(日本語吹き替え版)
斎藤志郎(日本語吹き替え版)
田口昂(日本語吹き替え版)
広瀬正志(日本語吹き替え版)
脚本スコット・ローゼンバーグ
音楽トレヴァー・ラビン
作詞シェリル・クロウ"Soak Up the Sun"
ランディ・ニューマン"The Natural"
作曲トレヴァー・ラビン"The Next Episode"
ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]「スーパーマン」のテーマ
ランディ・ニューマン"The Natural"
挿入曲シュガーベイブス"Round Round"
シェリル・クロウ"Soak Up the Sun"
撮影ピーター・メンジース・Jr
製作ジェリー・ブラッカイマー
ワーナー・ブラザース
製作総指揮アンドリュー・メイソン
バリー・H・ウォルドマン
チャド・オマン
マイク・ステンソン
配給ワーナー・ブラザース
特撮タッド・プライド(特殊効果スーパーバイザー)
アサイラムVFX(視覚効果)
美術ジョージ・リドル(プロダクション・デザイン)
ガイ・ヘンドリックス・ディアス(美術監督)
ブライアン・エドモンズ(シニア・アート・ディレクター)
衣装ジョージ・リドル
ダニエル・オーランディ
編集ウィリアム・ゴールデンバーグ
ジム・メイ[編集]
その他バリー・H・ウォルドマン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》  監督の前作「コヨーテ・アグリー」は好きだったので、期待を込めて観賞。

 序盤からカーチェイスを盛り込んだりと、観客を楽しませようとしている作りなのは分かるのですが、今一つノリ切れなかった気がしますね。
 全体の雰囲気などは好みなのに、細部に引っ掛かる点が多かったです。

 例えば「義父のサルは主人公達を殺すつもりだった」と序盤で分かる以上、終盤にて何らかのどんでん返しがあるだろうと思っていたのに、全然そんな事は無かったりするんだから、これは如何にも寂しい。
 それでも、そこをサラッと流すなら気にならなかったかも知れないけど、如何にも衝撃の事実を明かすかのように「分かってねぇな、坊や」と悪役が種明かしする形なんですよね。
 観客の目線からすると「そんなの、とっくに分かってるよ」と呆れちゃうし、その告白に対して驚いている主人公達には、距離を感じてしまう。
 映画のクライマックスにて、こういう事をされちゃうのは、大いに興醒めです。

 カンガルーやラクダなども登場するけど、彼らを可愛いとも面白いとも思えなかったのも、辛いところ。
 激辛キャンディーを舐めて悶えるとか、おならネタとか、何ていうか扱い方が下品なんですよね。
 だから「画面に動物が映っているだけでも癒される」って事も無いしで、ちょっとキツかったです。

 長所としては、飛行機内でのやり取りや、絶景の滝で水浴びする場面など、きちんと「旅行映画」ならではの魅力を感じ取れる内容であった事。
 そして、主人公チャーリーとルイスの友情が微笑ましく、気持ち良いハッピーエンドであった事が挙げられそうですね。

 特に終盤、崖から落ちそうなルイスをチャーリーが助け、子供時代に命を助けられたという借りを返し、二人が対等の関係になる流れなんかは、凄く良かったです。
 「これでチャラだ」
 「お前と俺とは、負い目だけで結ばれていたんだ」
 と会話を交わし、いつも迷惑を掛けてばかりな相棒から離れようとしたルイスを「それは違うよ。ずっと必要だった」「これまでの人生で、人に話せるような話は、どれもお前と一緒だ」と言って、チャーリーが引き止め、笑顔でハグし合う場面は、本作の白眉かと。

 二人の友情を描いた部分だけでも、観て良かったなと思えた映画でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 5点(2017-09-10 19:59:37)
11.他愛のない話でしたが楽しめました。カンガルーに喜怒哀楽をつけるCG技術はまだ無かったのでしょうか?クリストファー・ウォーケン(良く似た人だなぁ・・・あっ、本人だ・・・テンション上がりました)に喜怒哀楽をつける製作費は無かったのでしょうか?惜しい作品です。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 6点(2013-05-20 22:56:01)
10.俺にとっては5点。でも十歳以下の子供が見たら8点くらいかもしれない。どう考えても大人向けに作られた映画ではないから、本来俺がレビューするのもおかしいのだが、「やっぱり子供をターゲットにした映画でしたよ」ってことを報告する意味で一応。お子さんのいる人にはおススメ。軽いアニメ映画みたいなもん。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-14 11:23:44)
9.《ネタバレ》 オープニングの雰囲気からジェリー・ブラッカイマーらしい …と思ったのもつかのま なんの中身も無いドタバタ喜劇?  カンガルーのからみも無理やりもいいとこで 終始「お寒い」内容でアリマシタ
Kanameさん [DVD(吹替)] 2点(2011-05-25 07:33:28)
8.《ネタバレ》 おもくそファミリー向けでコミカルな音楽たっぷりで相変わらずイライラしてくるアンソニー・アンダーソンの演技。カンガルーは付加的なもんで金を盗んで逃げてるだけ。クリストファー・ウォーケンも最初出てきただけであとはお役御免。うーん、主演二人の知名度がいまいちないだけにジェリー・ブラッカイマーが金を積んで出てもらったとしか思えん。まぁ何も考えなかったら面白いかも知んないけど笑えないだけに違う意味で辛かったです。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 4点(2009-07-13 20:04:28)
7.《ネタバレ》 はじめはまだおもしろかったが後半どんどんつまらなくなっていた
かさぶたさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-02-18 15:57:05)
6.《ネタバレ》 クリストファー・ウォーケンの演技がクスリとも笑えない、この人もうちょっと仕事選べよと思ってしまう。最後もジェリー・オコネルが美人の彼女をゲットして金持ちになって終わりというラストに嫌味らしさが感じられる。カンガルーのCGは良く出来ていたけど、その代わり愛敬はゼロ。くだらなすぎて失笑を通り越して、もはや凍結という感じです。オーストラリアの広大な舞台に期待しただけに残念でした。
かんたーたさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2005-04-03 12:40:12)
5.友達がめっちゃ面白いっていうから結構期待して見たんだけど、ギャグ全然ウケなかったし、カンガルーにお金盗まれるってどうよ?もっと途中で事件とかアクシデントがいっぱいあれば面白かったのかもな。エステラ・ウォーレン綺麗になりましたねぇ。
アンナさん 5点(2005-03-13 16:20:53)
4.ホームビデオ作品とも言えばいいでしょうかね!ね。ね。いや~まぁね、こういう映画でもクオリティーの高いCGできるんですな。まぁどうーでもいいっすけどね。
やいのやいのさん 6点(2004-09-08 19:43:16)
3.ジェリー・オコネルでコメディはキツイだろーって思ってましたけど・・ 大丈夫でした。面白いでした。けどさ、そんな事よりエステラ・ウォーレンすばらしっ!猿の時より全然またまた良かったし!いっそうまたまたびゅーちふるになってたし! 内容的には確かにオコチャマ向けでし。でもさ、ギリギリセーフってとこでした。。
3737さん 7点(2004-07-11 13:42:06)(良:1票)
2.ストーリーの幼稚さ&あまりのギャグの寒さに観てるこっちまで恥ずかしくなってくるような感じ。完全に子供向け映画。それに題にカンガルーとついてる割に全然出て来ないし、大して活躍してないし。「えびボクサー」よりヒドい。唯一面白かったのが、特典のメイキング・オブ・ガス。ラクダの屁の音響を真剣に取り組むスタッフたち。彼らのラクダの屁に求める音って一体何?こういうお仕事も大変なんだと痛感した。
c r a z yガール★さん 2点(2004-05-07 17:07:09)
1.なんとジェリー・ブラッカイマー製作(手広くお仕事されてますねぇ)のコメディ映画。オープニングからカー・アクションを展開する辺りにブラッカイマーらしさも残ってますが、基本はどーしょーもなくくだらなく寒々しいアメリカン・ファミリー向け映画となってます。オーストラリアを舞台とすることで多少の家族旅行気分を与え、CGカンガルーと寒い幼児ギャグで子供達を喜ばせ、多少のアクションとエステラ・ウォーレンのお色気でお父さんも満足、という構成。こんな映画が簡単にスマッシュ・ヒットを出す所に、アメリカの映画市場の裾の広さを感じずにはいられません。という訳で、3点献上。
sayzinさん 3点(2004-02-07 14:16:18)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 4.42点
000.00%
100.00%
2216.67%
318.33%
4325.00%
5325.00%
6216.67%
718.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2003年 24回
最低助演男優賞クリストファー・ウォーケン候補(ノミネート) 
最低助演男優賞アンソニー・アンダーソン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS