クリスティーンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クリスティーン
 > (レビュー・クチコミ)

クリスティーン

[クリスティーン]
John Carpenter's Christine
(Christine)
1983年【米】 上映時間:110分
平均点:5.14 / 10(Review 42人) (点数分布表示)
公開開始日(1984-05-05)
ホラーサスペンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-05-20)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・カーペンター
助監督ラリー・J・フランコ
演出テリー・J・レナード〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
キャストキース・ゴードン〔男優&監督〕(男優)アーニー・カニンガム
ジョン・ストックウェル(男優)デニス・ギルダー
アレクサンドラ・ポール(女優)リー・キャボット
ハリー・ディーン・スタントン(男優)ルドルフ・ジャンキンス警部
ロバート・プロスキー(男優)ウィル・ダーネル
ケリー・プレストン(女優)ロザン
ロバーツ・ブロッサム(男優)ジョージ・ルベー
原作スティーヴン・キング
音楽ジョン・カーペンター
アラン・ハワース
撮影ドナルド・M・モーガン
製作ラリー・J・フランコ(共同製作)
バリー・ベルナルディ(製作補)
製作総指揮マーク・ターロフ
配給コロムビア・ピクチャーズ
録音ロバート・J・リット
スティーヴ・マスロウ
エリオット・タイソン
スタントコンラッド・E・パルミサーノ
あらすじ
1958年。クライスラー社のプリマス・フューリー組立てラインで作業員が死んだ。それから数十年の時を経て、殺人を犯した《彼女》は廃車寸前のボロボロの姿で庭先に放置されている。だが、このままスクラップになるのを待つばかりだった彼女を、イジメられっ子のアーニーが買い取って必死に修理し始めた…車と少年に通じた愛情は、やがて周囲を巻き込んだ連続殺人へと発展していく。自動車が持つ魅力と凶暴性を怪奇現象に託して描く、アメリカらしい《連続殺人機》スリラー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.《ネタバレ》 音楽でクリスティーンの感情を表現した点で8点。どんどん再生していくボディーの描写にも8点。原作は原作、映画は映画。地味地味だけど、どこか妙に印象に残る作品。
クラウンさん 8点(2004-08-21 21:38:14)
21.ミョーに記憶に残る、なぜか。しかし、キング原作の映画化モノって怖くないのはナゼ?
★ピカリン★さん 4点(2004-06-27 23:09:28)
20.愛するクルマが彼女になっちゃう、ってどう考えてもコメディなのにどうやってこんなにシリアスに仕上がったんだろう?「殺しのドレス」でいい味出してたキース・ゴードンのオタクな表情が印象に残る作品。でもクルマを愛して愛して愛してしまうという感情そのものが理解できない女性にとってはただのイカれたオタク映画。それなりにムードもあって、面白かった記憶があるのですが、中途半端なキッチュ感と物語そのものの嘘っぽさが曖昧な印象になったことは否定できません。スティーブン・キングの映画化作品を全部観るマラソンとかやってる人を除いたら、絶対に観なければいけないような作品でもないような気がします。
anemoneさん 6点(2003-12-13 13:31:48)
19.《ネタバレ》 キング原作ものとしては、まあまあの方、じゃないかな、と思います(カーペンター映画としても、って言いたいところですが、ファンの人に「お前は彼の良さが判ってない!」って怒られるかも)。赤い、魅力的なボディのクリスティーン。でも、彼女の執念は・・・って、なんだか「危険な情事」みたいな映画です。クルマだけど。できれば、ラストは原作通りの展開を見たかったですね。キングものの映画化って、アンハッピー→ハッピーエンドに変更されちゃう事が結構あって。ところで、むかしむかし、アメリカのドラマで、クルマにお母さんの霊が乗り移っちゃうコメディがあったんですけど、元ネタってそれかなぁ(あんまり昔過ぎて、タイトルも覚えてませんが、クルマが喋るの)。
あにやん‍🌈さん 6点(2003-12-02 21:49:59)
18.原作は非常に長い。文庫で2冊分も有る。それを考えると上手く脚本されていると思う。非常に斬新なストーリーで賛否両論がハッキリ分かれそうな思い切った設定。友情と転落が重要なテーマになっているが、肝心のアーニーの孤独な心情や、転落していく親友(アーニー)を気遣うデニスの苦悩が十分に表現されていない点が非常に残念。仲良くしていた親友が、自分以外の人からは蔑まされているという状況は、一般的にも本当に良くあるケースだと思います。本来、この作品はそういう2人の心境を赤裸々に語った物なのです。
おはようジングルさん 5点(2003-11-26 18:03:09)
17.《ネタバレ》 無人車襲撃モノに関して、個人的な思い入れで言いますと、本作は、『ザ・カー』には一歩譲るかなあ、『殺人ブルドーザー』には遠く及ばないなあ、ってとこですが、皮肉にも特殊効果の出来はコレが抜群に良いのです。当たり前だけど。壊しても壊しても復活するクリスティーン、これは観てて面白い。だけどあんまし怖くはないね。そんでもってラストがどうもねえ。何で長編なのに短編みたいなまとめ方するのか、カタルシスというものがどうにも乏しいです。パニック映画に汚染された私の方が悪いという話もありますが。 
⇒【2018年3月12日追記】とか何とか、14年以上前の私が言ってるんですけどね、それで「5点」とかつけてるんですけどね、ほんとダメですね。こんなオモシロいのに。いやまあ、14年以上前の私が、何に機嫌を損ねているかというと多分、このショベルカーとクリスティーンが対決するクライマックスですね。さすがの職人カーペンターも、収拾がつかなくなってる感じ。編集でもうまく繋がらず、何が何やら、もうグダグダになってます。で、いきなりあのオチですから、さすがにちっともカッチョ良くない。でもでも、そこを除けば、やっぱりコレ、いいよね。え、他もグダグダだって? ガソリンスタンドでチンピラが跳ね飛ばされるシーンなんかも確かに、カットを繋ぐ順番が変ですが(クリスティーンが車にぶつかるカットと、その車がチンピラを圧し潰すカットと、順番が逆になっちゃってます)。いやいや、そのくらい苦労して作った作品なんですよきっと。
多少、変な部分はあったとしても、車がちゃんと不死身の殺人鬼を演じてる、それがいい。ブギーマンみたいに火だるまになってみせたり。そんでもって、不気味なシーンでは律儀に、カーペンター映画らしく「ほら、不気味でしょ」という音楽を流して、逆にしっかりと不気味さを中和してくれる(それでいいのか?)。今回こっそり、少し点数を上げておきます。また気が向いたら、もっと上げるかも知れません。それでは。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2003-11-23 01:26:23)(良:1票)
16.《ネタバレ》 こわいですねー。壊してもドンドンもどってしまうし、何とも言えない怖さ。スクラップにしても、またもどりそうだよ~。車の持ち主の男の子の顔がどんどん怖くなっていったのには、まいった。
fujicoさん 6点(2003-11-10 10:50:08)
15.《ネタバレ》 鉄クズになってもまだ戻りそう・・?ってオチも怖くて良かったです。しかしダッシュボードに**コ垂れるなんてずいぶん手の込んだ嫌がらせするなぁ悪ガキども。しかし新車の段階から呪われてる車なんていくら安くても買いたくないなぁ。
ひろほりともさん 6点(2003-11-05 11:35:24)
14.音楽が怖かった・・・・  なして車が襲ってくるん?
だだくまさん 6点(2003-10-29 20:29:56)
13.ジョジョの奇妙な冒険エジプト編に出てくる車スタンドはこの「クリスティーン」と「激突!」の混合でしょうか?点数辛口なんですね~。個人的に結構好きです。ホラーで捉えると貧弱青年が豹変していく様がホラーなのかな??変わりすぎ。昔の記憶で「アメリカは高校生が車乗れるんだ~」と観ながらぼんやり思ってたのを覚えてます。他人に薦めずらいので6点。薦めたいけど・・。
DiscAさん 6点(2003-10-21 22:14:49)
12. スティーブン・キングは原作を映画化されるコトの多い作家だが、実際のトコロ映像化された作品にあんまり出来の良いモノは無い。勿論キング本人も各作品には全く納得できておらず、キューブリックの「シャイニング」ですら駄作扱いした程だ。そんな彼が唯一その出来に納得したのが本作だそうだ。車自体が意志を持って殺人を重ねる、というプロットは(原作の発表時期は未読なので知らないが)映画としては実は本作が初めてという訳ではなく、既に1977年に「ザ・カー」、「クラッシュ!」と立て続けに公開されていたので特に斬新でもなかったりする。新味と言えば、傲慢な女王様的な性格を付与したコトだろうが、個人的には二番煎じの感が拭えなかった。でもカーペンターは好きだし、叩き壊されても見る見る復元するシブトさはナカナカ面白かったんで…贔屓しまくって6点だ~!
へちょちょさん 6点(2003-08-12 22:15:59)
11.こんな作品でもレビューがあったのか~!となぜか懐かしさと嬉しさに思わず投稿してしまいました!作品はどうって事ないB級ホラーなんですけどね、、、でも子供の頃に見たから何気に怖かったです。今観たらきっと笑っちゃうんでしょうけど、ストーリー的には楽しめたから20年たった今でも覚えてるんでしょうねぇ。という事で、6点差し上げます♪
おぴょっぴょ星人さん 6点(2003-07-16 22:59:51)
10.みなさん、辛口のコメントですね。個人的には「物にも心が宿る」というチョットジャパニーズテイストな感じのホラーで、それほどつまらないとは思わなかったし、嫌いな作品ではない。ホラーというとだいたい、人間か幽霊か化け物が主役なんだけど、車をホラーの主人公にしたてあげた斬新な視点は評価に値する。おそらく名の売れた俳優が一人も出てこないので、プラスアルファーの加点が出来なかったのだろう。ということでちょっと甘めの同情票ということで。
くるみぱぱさん 7点(2003-07-09 23:43:42)
9.意外と評価低いですね。でも好きなので6点!!
KINKINさん 6点(2003-06-30 21:09:26)
8.記念すべきHDDで初めて録った物がこんなものだとは・・・。つか、最初はめちゃくちゃ気が弱かったくせに(男)後からになって友達や恋人や家族を見捨てるところに非常に腹がたちました。自分勝手すぎるんだよ!!でも、何気なく不気味にロックを流しているところはいいなぁと思いました。
アリアスさん 4点(2003-05-26 16:47:44)
7.近々発売されるジョン・カーペンターのDVDーBOXにこの“クリスティーン”が入っているのには驚いた。どう考えても抱き合わせ販売でしょう、これは・・・。
眼力王さん 3点(2003-01-22 00:22:19)
6.車(女)が男に恋したのだが、彼には恋人がいた。だから、車はその女に嫉妬し、ひき殺そうとする・・・というのが本筋。はっきりいって、バカバカしい。ステファン・キング原作って当たりはずれが多いですね。「マングラー」よりマシかもしれませんが。
Americanさん 3点(2002-12-18 15:07:01)
5.車が意志を持ち、人間を襲うという内容。話はとてもシンプルで、はっきりいって全然怖くないですが、そもそも車が人を襲うというそのナイスな発想に5点をさしあげたい。
あろえりーなさん 5点(2002-08-30 20:35:27)
4.まぁ、原作者もあまりこの映画がお好きでないらしいから、思い切った評価しちゃいましょう。(笑)原作を本当に面白くするには、誰を監督に選んだらいいのだろうね。
奥州亭三景さん 2点(2002-01-15 19:29:27)
3.どうしてキング原作の映画はこう…。まあいいや。でも「ショーシャンクの空に」は最高!!!
Qtaroさん 1点(2001-11-10 13:56:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 42人
平均点数 5.14点
000.00%
124.76%
212.38%
337.14%
4511.90%
51126.19%
61330.95%
7614.29%
812.38%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 4.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS