エディ&マーティンの逃走人生のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エディ&マーティンの逃走人生
 > (レビュー・クチコミ)

エディ&マーティンの逃走人生

[エディアンドマーティンノトウソウジンセイ]
(Life エディ・マーフィの逃走人生(WOWOW))
Life
1999年【米】 上映時間:109分
平均点:6.83 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
ドラマコメディ刑務所もの
新規登録(2004-01-13)【腸炎】さん
タイトル情報更新(2015-01-27)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督テッド・デミ
キャストエディ・マーフィ(男優)レイ
マーティン・ローレンス(男優)クロード
ニック・カサヴェテス(男優)ディラード
アンソニー・アンダーソン(男優)クッキー
バリー・シャバカ・ヘンリー(男優)ポーカーフェース
バーニー・マック(男優)ジャングル・レッグ
ボキーム・ウッドバイン(男優)「まともダメ(Can't Get Right)」と呼ばれる男
ネッド・ビーティ(男優)ウィルキンス
ノア・エメリッヒ(男優)スタン
クラレンス・ウィリアムズ三世(男優)ウィンストン
R・リー・アーメイ(男優)老いた保安官パイク
サナ・レイサン(女優)デイジー
ジェームズ・D・ブルベイカー(男優)E・M・バーン判事
ドン・ハーヴェイ(男優)ビリー・ボブ
江原正士レイ(日本語吹き替え版)
中尾隆聖クロード(日本語吹き替え版)
中博史ウィリー(日本語吹き替え版)
石塚運昇ディラード(日本語吹き替え版)
桜井敏治クッキー(日本語吹き替え版)
斎藤志郎ポーカーフェース(日本語吹き替え版)
長島雄一ホッピン・ボブ(日本語吹き替え版)
立木文彦ジャングル・レッグ/ジェイク(日本語吹き替え版)
檀臣幸ビスケット(日本語吹き替え版)
手塚秀彰ゴールドマウス/スパンキー・ジョンソン(日本語吹き替え版)
吉田孝(声優)ラジオ(日本語吹き替え版)
伊藤和晃デクスター・ウィルキンス(日本語吹き替え版)
喜田あゆ美シルヴィア(日本語吹き替え版)
宝亀克寿アバナシー所長/ウィンストン・ハンコック(日本語吹き替え版)
松本大スタン・ブロッカー/パイク保安官(日本語吹き替え版)
乃村健次レオン(日本語吹き替え版)
脚本ロバート・ラムゼイ〔脚本〕
編曲ソニー・コンパネック
撮影ジェフリー・シンプソン
製作ブライアン・グレイザー
ユニバーサル・ピクチャーズ(共同製作)
エディ・マーフィ
製作総指揮カレン・ケーラ
ジェームズ・D・ブルベイカー
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
マリア・パラゾン
デヴィッド・ルロイ・アンダーソン
特撮ランドール・バルスマイヤー(視覚効果)
美術ニーナ・サクソン(タイトル・デザイン)
ヘアメイク辻一弘(メーキャップ)
日本語翻訳岸田恵子
スタントトロイ・ギルバート
その他ソニー・コンパネック(指揮)
ジェームズ・D・ブルベイカー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
今、若い囚人達が墓を掘っている。彼らの脇で老囚人が、墓に眠るクロードとレイという囚人について語り出す。時は○○年前。銀行への就職も決まり、順風満帆のクロード。初任給で彼女と訪れた酒場で、ひょんな事から密造酒の運搬&殺人罪(こっちは無実)で無期懲役に!全ての元凶、口先だけは達者なレイと共にミシシッピ刑務所に入所するハメになる。能天気なレイの脱走計画にのる度に捕まり、穴倉へ入れられる2人。喧嘩も仲直りもし、あっという間に年月が過ぎてしまう。しかし、○○歳になっても彼らは自由への希望を失わなかった…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.全体的に可哀相な話ですが、やっとラストで気分が良くなれました。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2009-10-30 23:34:46)
5.《ネタバレ》 何かと一緒になる2人。あれやこれやと騒ぐが刑務所の中で月日は過ぎる。歳をとった二人に最後には何が残るのか・・・想像を促す終わり方に満足
spputnさん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-16 00:11:41)
4.《ネタバレ》 コメディタッチの「ショーシャンク」という趣だが、ひょっとしたら作品としてのレベルはこっちの方が上かもしれない。メイク、登場人物の成長、風習の変化、記録映像などで年月の経過を無理なく感じさせつつ、笑える部分やしんみりする部分を盛り込み、テンポよく最後まで見ることができる。内容的には悲しい話のはずであるのに、進むにつれてだんだん笑いがこみ上げてくるというのが見事。邦題は最低だと思うけど。
Oliasさん [DVD(字幕)] 7点(2006-05-29 01:15:03)
3.『ショーシャンク~』に次ぐ良作を発見! ”腐れ縁”とは、こういう2人を言うんですね! 涙涙の友情でないところが非常に良い。黒人差別の問題も盛り込んでありますが、テーマは『奇妙な友情』にあります。憎まれ口を叩き合い、相手のことを友達だなんて、これっぽっちも思いたくないって心境がよ~く分かるw 自分を陥れた元凶レイ。しかし、彼は父親を尊敬してやまない。ついカッとなってレイの父親まで侮辱してしまうクロードですが、すぐに詫びます。コメディなのに胸にキュッときました。果たして彼らはどうなったのか? 彼らを知る老囚人が若い囚人たちに語る過程もミステリーチックで面白い。結末が気になってワクワクしてしまいます。観てない人は必見です。後味が爽やかですよ。
どんぶり侍・剣道5級さん [地上波(吹替)] 9点(2005-12-25 18:09:41)
2.《ネタバレ》 原作の話は実に悲惨な話である、しかし、それをエディーとマーティンが面白くしてくれる。最後のドンデン返しにはビックリした。
カフェ俺!さん 6点(2004-10-31 16:15:31)
1.後味がいい作品だと思う。ストーリーはちょっと薄い気がするけど、楽しい作品。
紺野 忠文さん 6点(2004-02-18 13:21:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.83点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6350.00%
7233.33%
800.00%
9116.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 0.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
特殊メイクアップ賞リック・ベイカー[メイク]候補(ノミネート)メイクアップ賞

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS