Menu
 >
 >
 > 道(1954)

道(1954)

The Road
(La Strada)
1954年【伊】 上映時間:104分
平均点: / 10(Review 192人) (点数分布表示)
ドラマモノクロ映画ロードムービー
[ミチ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-12-29)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督フェデリコ・フェリーニ
キャストジュリエッタ・マシーナ(女優)ジェルソミーナ
アンソニー・クイン(男優)ザンパノ
リチャード・ベースハート(男優)キ印
アーノルド・フォアザンパノ(ノンクレジット)
市原悦子ジェルソミーナ(日本語吹き替え版【NHK】)
小松方正ザンパノ(日本語吹き替え版【NHK】)
愛川欽也キ印(日本語吹き替え版【NHK】)
原作フェデリコ・フェリーニ(脚本原案)
トゥリオ・ピネッリ(脚本原案)
脚本フェデリコ・フェリーニ
トゥリオ・ピネッリ(脚本/ダイアローグ)
エンニオ・フライアーノ
音楽ニーノ・ロータ
撮影オテッロ・マルテッリ
カルロ・カルリーニ(ノンクレジット)
ロベルト・ジェラルディ(カメラ・オペレーター)
製作ディノ・デ・ラウレンティス
カルロ・ポンティ
配給ニッポンシネマコーポレーション
美術ブルネッロ・ロンディ
ハーマン・G・ウェインバーグ(タイトル・デザイン:英題)(英語版にクレジット)
あらすじ
子沢山の貧しい家に生まれた頭の弱い娘ジェルソミーナは、剛力の鎖切り芸人ザンパノに1万リラで売られてしまう。粗野で乱暴なザンパノは彼女をロバのようにこき使い、夜は力ずくで我がものにし、他の女と遊ぶ時には平気で放り出す。ある日、2人はローマでサーカスの一団に身を寄せるが、そこにはザンパノと昔馴染みで、犬猿の仲の綱渡り芸人、キ印がいた。彼はジェルソミーナと気が合い、ザンパノから逃げられず、生きる意味も見出せずにいる彼女を励まし、去って行く。その後、ジェルソミーナは自分の意志でザンパノについて行くが…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
52.見るんじゃなかった・・・と思うぐらい悲しかったです。音楽聞くたびに涙が出ます。
puddingさん 10点(2003-06-22 14:47:27)
51.久しぶりに見たら意外や、ザンパノがそんなにひどい男には見えない。体を張って生きるしかないだけの粗野で自己表現も愛情表現も下手な不器用な人間と言う感じだ。(昔はジェルソミーナがかわいそうという気持ちが強すぎたのかもしれない)綱渡り芸人がザンパノのことを「話しかけたいのに犬のように吠えることしかしらん」とその性質を代弁している。個人的にこの二人の会話のシーンから彼がジェルソミーナをザンパノの出てくる警察まで送っていくというくだりはこの作品で一番好きで印象的なところ。綱渡り芸人の死にショックを受け精神に異常をきたしたジェルソミーナの扱いに困りつつ何日も食事を作って与え、置き去りにするときもマントを着せかけお金やトランペットまで置いていっているし、最後にジェルソミーナの死を聞いて酒に酔い、浜辺で泣くのも置き去りにした彼女のことを気にしていたからだろう。ジェルソミーナ、ザンパノ、綱渡り芸人の3人は見る年代、時によってさまざまな感慨がある。危険な職業柄人生を達観しているような反面、お調子もので自らの死を招く綱渡り芸人、自己肯定感を持てなかったジェルソミーナはザンパノの役に立つことに自分の存在価値を見い出す。それゆえ特に誰がかわいそうとか不幸だったと単純には言い切れない。印象的なセリフの数々といいとても深くて味わい深い名作。J・マシーナはサイレント時代のチャップリンのように豊かな表情と体全体で複雑な心情を表現して圧巻だし、A・クインもザンパノという人物をまざまざと見せて素晴らしい。哀愁を帯びた主題曲もあっていつも涙がこぼれます。
キリコさん 10点(2003-05-23 21:19:57)(良:2票)
50.ラスト、すべてを失ったザンパノが浜辺で号泣するシーンが強く心に残っている。誰しも、人生という長い道を後戻りすることはできないのだ・・・。
李将龍さん 10点(2003-05-20 22:44:43)
49.夜中一人でテレビ放送で見た。画面がカラカラしてて、人間の人情が潤っていた。「道」という漢字一文字の意味を何気にかんがえたてみたり。絶対的な底力が感じられた。
sasaさん 8点(2003-05-14 12:36:29)
48.シンプルなのに、とても心に残る。。。ジェルソミーナの調べを聴くだけで泣けてくる。素晴らしいのひとこと。
さみーさん 10点(2003-04-28 21:08:25)
47.綱渡りの芸人がジェルソミーナを励ます場面が大好きです。「小石だって役に立っている。君だって、きっと誰かの役に立っている。この小石が無益だと言うのなら、すべてが無益だ」、この言葉に支えられた人っていっぱいいるんじゃないかな。いまでも時々、無性に見たくなってビデオで見返す。その度に思い知ります。「ジェルソミーナもザンパノも僕らの中にいるんだ」
ひろみつさん 10点(2003-04-27 21:42:50)
46.辛いぞこの映画…面白いが辛い。二度とは見れないがいい映画。
Asさん 8点(2003-04-26 16:51:35)
45.名作です、泣けます。よく、亭主関白だった男の人が、歳とって奥さんを亡くすと急に弱るって言いますよね。そういう男と女の本質みたいなものを、よく表現していると感じました。ジェルソミーナが目を伏せ、なにかに耐えているような表情をするたび、胸がしめつけられます。最後のザンパノの涙には、もらい泣きして号泣。何かを考させられ、泣け、楽しませてくれるシーンがあり、音楽は美しく、永遠に心にのこるものがある。こういう作品こそが、映画を観るよろこびを感じさせてくれる「名作」と呼ぶに相応しい。
ともともさん 10点(2003-04-22 21:46:50)(良:2票)
44.まず音楽が耳から離れないような力を持っていた。主役である二人よりも、ザンパノに殺されてしまった「綱渡り芸人」がかなり好きだった。歳をとってから再び観てもまた、10点をつけられる自分でありたい、と思った。
霧の向こうさん 10点(2003-04-17 23:19:00)
43.説明はいらないでしょう。最後のザンパノの涙で救われます。海がポイントですよね、意外と。
ningenfushaさん 9点(2003-04-02 13:25:12)
42.人間的な、ジェルソミーナを通した無条件なやさしさとザンパノを通した愚かさのコントラストが生み出す、多分、普遍的な人間的な悲しさ、、とにかく目から鱗でした。感動しました。「非常に複雑したものを単純なかたちにするのが芸術だ」というジャンコクトーの言葉ぴったりだと思います。
カリマンタンさん 10点(2003-03-28 08:29:48)(良:1票)

41.《ネタバレ》 古い記憶だけでレビューを書いている人、特に女性は、ぜひ見直してみられることをお勧めします。私も、なぜか急に思い立って見直したりせずに10代のときに見た記憶だけで点数をつけたとしたら、10点をつけたでしょう。見直して、びっくり仰天。この二人の関係は一言でいえばドメスティック・バイオレンスです。同じ頃、やっぱり映画好きの友だちが同じく見直していたそうで、その偶然にもびっくりしたのですが、彼女の感想も全く同じでした。今では、自分も若い頃は、ここまで男の身勝手な視点で作られたものに感動していたのかー、となさけない気持です。
おばちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2003-03-21 12:00:52)(良:2票) (笑:1票)
40.ラストは悲しいです。失って初めてその大切さに気付くことってありますよね。ザンパノの気持ちは痛いほどよくわかる。でもやさしくできないものなのさ、男って奴は・・・どうでもいいけどジェルソミーナはブスでは無いと思うのだが。
斬 鉄剣さん 7点(2003-03-18 14:49:38)
39.難解なものが多いフェリー二作品の中では、素直にわかりやすく作ってあると思う。凡庸という人もいたけどストーリーってひねってあればいいってもんじゃない。 幼い頃テレビで観たときは、ジェルソミーナがただただかわいそうで泣きじゃくった思い出がある。大人になってからも名画座などで何度も観返したが、いっそう味わい深い。ジュリエッタ・マシーナ、アンソニー・クィン、そして大好きなリチャード・ベースハート。役者も一流。ニーノ・ロータの曲も素晴らしい。私が映画好きになったきっかけとも言える映画。
コウさん 10点(2003-03-17 21:52:58)
38.この映画に言葉は不要でしょう。感想は心の奥にでもしまっておこう。
ミス・スポックさん 10点(2003-03-11 18:53:07)
37.ふつう。
ooo-oooo-oさん 1点(2003-03-05 23:05:16)
36.主役の男女二人がなぜか実に印象的です。平均点数を下げてしまって申し訳ありません。言いたいことはわかるんですが、そこまでとはちょっと、、、。
あろえりーなさん 6点(2003-02-19 16:50:45)
35.なんかよくあるような感じかなと思ったんですけど、当時としてはどうなのかな。やっぱラストシーンが悲しい。
バカ王子さん 7点(2003-02-08 20:41:14)
34.ジェルソミーナを醜いなんて言うヤツは許せん!!-2点也。
kettさん 8点(2003-01-19 00:13:06)
33.大好きなロードムービーの金字塔!最後、涙など流したことも無いような、野蛮な男の大泣きは本当に心に響きます。「小石も何かの役にたっている」という台詞と、マシーナが目をくりくりさせながら吹くラッパの音色は、いつまでも頭から離れません。
クロマスさん 10点(2003-01-16 22:24:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 192人
平均点数 7.94点
000.00%
110.52%
210.52%
394.69%
494.69%
563.12%
6126.25%
73015.62%
83116.15%
93216.67%
106131.77%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.85点 Review14人
2 ストーリー評価 8.60点 Review15人
3 鑑賞後の後味 8.53点 Review15人
4 音楽評価 8.70点 Review17人
5 感泣評価 8.63点 Review11人

【アカデミー賞 情報】

1956年 29回
脚本賞フェデリコ・フェリーニ候補(ノミネート) 
脚本賞トゥリオ・ピネッリ候補(ノミネート) 
外国語映画賞 受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS