Menu
 >
 >
 > 評決のとき

評決のとき

A Time to Kill
1996年【米】 上映時間:150分
平均点: / 10(Review 111人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス法廷ものミステリー小説の映画化
[ヒョウケツノトキ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-09-27)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョエル・シューマカー
演出ミッキー・ギルバート(スタント・コーディネーター)
キャストマシュー・マコノヒー(男優)ジェイク・タイラー・ブリガンス弁護士
サミュエル・L・ジャクソン(男優)カール・リー・ヘイリー
サンドラ・ブロック(女優)エレン・ロアーク
ケヴィン・スペイシー(男優)ルーファス・バックリー地方検事
オリヴァー・プラット(男優)ハリー・レックス・ヴォナー弁護士
チャールズ・S・ダットン(男優)オジー・ウォールズ保安官
ブレンダ・フリッカー(女優)エセル・トゥティット
ドナルド・サザーランド(男優)ルシアン・ウィルバンクス
パトリック・マクグーハン(男優)オマー・ヌース判事
アシュレイ・ジャッド(女優)カーラ・ブリガンス
キーファー・サザーランド(男優)フレディー・リー・コッブ
クリス・クーパー(男優)ドウェイン・パトリック・ルーニー保安官助手
カートウッド・スミス(男優)スタンプ・シッスン
ダグ・ハッチソン(男優)ジェームズ・ルイス・ピーター・ウィラード
M・エメット・ウォルシュ(男優)W・T・バス精神科医(ノンクレジット)
山寺宏一ジェイク・タイラー・ブリガンス弁護士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
増岡弘カール・リー・ヘイリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
勝生真沙子エレン・ロアーク(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ】)
池田勝ルーファス・バックリー地方検事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中村正[声優]ルシアン・ウィルバンクス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
稲葉実ハリー・レックス・ヴォナー弁護士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
玄田哲章オジー・ウォールズ保安官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚芳忠ジェイク・タイラー・ブリガンス弁護士(日本語吹き替え版【テレビ】)
樋浦勉カール・リー・ヘイリー(日本語吹き替え版【テレビ】)
羽佐間道夫ルーファス・バックリー地方検事(日本語吹き替え版【テレビ】)
家弓家正ルシアン・ウィルバンクス(日本語吹き替え版【テレビ】)
屋良有作ハリー・レックス・ヴォナー弁護士(日本語吹き替え版【テレビ】)
原作ジョン・グリシャム「評決のとき」
音楽エリオット・ゴールデンサール
編曲ロバート・エルハイ
エリオット・ゴールデンサール
撮影ピーター・メンジース・Jr
ロバート・プレスリー(カメラ・オペレーター&ステディカム・オペレーター)
製作アーノン・ミルチャン
ジョン・グリシャム
ハント・ロウリー
配給ワーナー・ブラザース(アメリカ)
日本ヘラルド(日本)
特撮アンドリュー・アダムソン(視覚効果スーパーバイザー)
編集ウィリアム・スタインカンプ
録音デヴィッド・カーン〔録音・編集〕
字幕翻訳戸田奈津子
スタントトロイ・ギルバート
デヴィッド・バレット[スタント](ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
111.《ネタバレ》 長期に渡る廃盤により国内での視聴が困難な作品のひとつですが、Netflixにしれっとアップされていたので、1999年の地上波放送以来の鑑賞となりました。
公開当時にはここまで豪華俳優陣という印象は持たなかったのですが、現在の目で見ると凄い俳優が名を連ねているなと驚かされます。つまり、この20年間で主要キャスト達が大成したということであり、将来性のある若手や知名度の低い実力派を起用した本作のキャスティングは神がかっていたと言えます。上映時間の使い方もうまいもので、膨大な要素を扱いながらも混乱なく話を進めていき、これを2時間半程度にまとめてみせた語り口には感心させられました。90年代にはハリウッド有数の職人監督として重宝されていたジョエル・シュマッカーの本領発揮といったところでしょうか。
また、オチのつけ方も素晴らしいと感じました。ほぼ有罪に傾いていた陪審員達を動かした最終弁論の最後の一言「被害者少女がもし白人だったら」、これは非常に重い問いかけだったと思います。主人公ジェイクは必死で差別と戦い、黒人だからという理由で被告が不利益な扱いを受けないよう奔走してきましたが、最後の最後で彼は差別が存在することを明確に認めた上で、「もし白人が同じことをすれば、みなさんは容疑者を無罪放免にしますよね」と説得して無罪判決を引き出すのです。最終弁論の後半でジェイクは涙を流しますが、それは差別という大きな影に勝てず、差別に屈服しなければ容疑者を守れなかった自分自身の不甲斐なさを嘆いた涙だったのでしょうか。勧善懲悪の結末を予想していた私は、この展開には本当に驚かされました。同時に、差別問題の難しさや根深さを見事に言い当てた一幕だと感心しました。
ただし、本作にはハリウッド製作ならではの欠点もあります。「万人にとって分かりやすく」を信条として作られたためか、この裁判が抱える複雑な問題点がどんどん放棄されていくのです。この裁判の論点とは「やむにやまれぬ事情がある場合でも復讐は許容されないのか?」というものですが、この議論は本編からスッパリと落とされています。これは残念でした。また、前述の通り最終弁論でビターな結末を迎えたにも関わらず、その後の無罪判決を受けて勝利を祝福するかのような派手な音楽が流れる一幕は、完全に演出を間違えています。ここで一気に興を削がれました。その他、法廷外ではKKKが暴れ回って爆弾騒ぎや誘拐、暗殺未遂までを起こして州兵が出動するほどの事態となりますが、そうした場外乱闘が法廷内での審理にまったく影響を及ぼさない点も残念でした。法廷内と法廷外のイベントが有機的に影響しあい、事態がどんどんエスカレートしていけば、映画全体がより面白くなったと思うのですが。
ザ・チャンバラさん [インターネット(字幕)] 6点(2016-05-17 18:18:57)
110.全然印象に残らない映画
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-22 12:26:08)
109.何気に豪華出演陣。絡みはないもののサザーランド親子の共演も珍しい。
裁判がメインのストーリーだけあって裁判シーンはまあまあ面白い。
だが多くをブチ込み過ぎているので落ち着かない出来栄えになっている。
「ミシッシッピー・バーニング」のような重厚さはない。
もう一度観たいかと言われると微妙。。。
ヴィルトーゾさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-02 19:41:51)
108.《ネタバレ》 人種問題が絡むと、もはや普通の法の手続きにのっとっての裁きなんか、あり得ないということが分かったね、マシュー・マコノヒーなんか運が良かっただけで、最低3度は殺されていたのでは。まともな法廷戦術では負けていた、けど、最期の話。私刑を認めるのはきになるが、ハッピーエンドなので良かったと。あと、サンドラブロックの立ち位置が今ひとつ、いらないのでは?
minさん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-07 01:34:22)
107.《ネタバレ》 黒人の少女が白人の若者2人に性的暴行を受け、肉体的な障がいをも背負わされる。怒る父親は、逮捕された2人を射殺、その際の跳弾により知り合いの警察官にまで重傷を負わせてしまう。随分、重く難しいテーマを設定した訳だ。で、その父親の弁護士となる若者を主人公として、人種差別も激しく絶対的に不利な状況の中、苦しい裁判の過程が描かれる。KKKの暗躍も加わり大変なコトに。と言いたいところだけど、何故かこの作品、難しいテーマから始めたクセに、どんどん話を単純化していってしまう。「司法制度が事態を混乱させ、救われるべき者が救われない状況を作り出してしまう、それがイケナイんだ!人間らしい感情に立ち戻れば、誰が見たってこの父親は無罪なのに!」ってな訳。え?それでいいのか?せっかく難しいテーマを示したのに?父親が撃った相手は、警察が逮捕し拘束した無防備な犯人であり、フェアな復讐ではない、というのもあるかも知れない。しかしそれより、警官にまで片足切断という取り返しのつかない重傷を負わせた事、これが我々にとって何とも悩ましいテーマ設定となっていたハズ。ところが警官は父親を許し弁護すらし、これを持って「解決済」のお墨付きを与えちゃう。それならば。同じ図式を拡張するならば。当の被害者である娘だって、「犯人2人を殺すのは可哀そう、2人を許してあげて」と言う可能性までもが、開放されうる訳だ。そしてこれこそ、醜悪極まりない犯人の姿を作中で判りやすく提示してもらい単純素朴なる怒りに燃える我々にとって、実は最も悩ましく最も恐れるケースなのだけど。これこそが本当の「ドラマ」なのだけど。しかしこの作品は単純化をひた走るのでそんな寄り道はしない。娘が背負った十字架は作中で封印され、犯人を殺害した父親の背負う十字架に置き換えられる。娘の主体が作品の表に出てくることはない(娘を中心に描くのが酷、というより、そんな複雑な物語を語る気がないのだろう)。そして、司法という方程式を捨てた代わりに正義という別の方程式を使って、姑息なまでにキレイにまとめ上げる。「皆さん目を瞑って想像して下さい」って言われてもなあ。映画観てる人間は目を瞑らないんだよ、観てるんだから。そこで他人が「想像してる顔」なんかを見せられても、意味ないんだよ、そんな映像には何も感じない。映画の持つ説得力って、そういうもんじゃないでしょう。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-06-27 22:43:41)
106.《ネタバレ》 正直なところ、判決の結果にはあまり納得がいかない。殺人を犯しても無罪なら、(そこにどんな理由があるにせよ)法が私刑を認めたことになるからだ。では何が問題なのかと言うと、判決の結果云々ではなく、そもそも少女を強姦した犯人の刑が最高でも10年、場合によっては無罪になることもあり得る現実であり、人々の心に深く根ざした人種差別という社会的病巣だろう。ただ正義感から弁護を引き受けただけの主人公の周囲の人物が命を狙われ傷ついていく。巻き添えを食った警官は片脚を失い、狙撃された警備兵は重度の障害を負い、襲撃された秘書の夫は心臓発作を起こし死亡した。一見ハッピーエンドのように見える結末も、本当の意味では何も(誰も)「幸せ」になんかなっていないことは明らかだ。しかし、それでもこの闘争には意味があったのだろう(と思いたい)。ところで、もし自分の幼い娘が暴漢どもに強姦されたら?無論自分だって犯人たちを殺すだろう。何の躊躇もなく。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 8点(2012-04-04 22:46:18)
105.《ネタバレ》 重い内容とやけに豪華な出演者・しかしちょっと豪華すぎて一人一人の印象が薄くなっちゃってる印象かな?  構成や展開がうまく長い時間の割に飽きさせない    しかし陪審員制度というのは複雑だなぁ  最後の最後にひっくりかえってしまうのも、どうなんでしょうか  何かいろいろと考えさせられる映画でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-02-07 16:05:40)
104.マシュー・マコノヒーがかっこいい。
承太郎さん [DVD(字幕)] 8点(2009-05-04 10:29:28)
103.《ネタバレ》 こういった法廷劇はテンポよくスリリングに描いた方が面白いと思うけど、この作品はテンポが悪くしかも長い。だけどそのおかげで色々と考えながら見れた。復讐って人類の永遠の問題だけど、明確な答えはないと思う。そして最後の判決は多分全員一致じゃなかっただろう。それぐらいアメリカは深刻な人種問題を抱えているけど、純粋に人を認める良さも同時に持っている。確実に一歩一歩積み上げていくしかない。ラストは「終わりじゃなく始まり」と感じたので涙は出なかった。俳優陣の演技が浅かったのは、題材にとまどいがあったのかな?
オニール大佐さん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-09-19 21:10:51)
102.人種差別を題材とした法廷もの。一見重そうだけどテンポが良くまったく退屈を感じなかった。マシューマコノヒーのラストの迫真の演技・・しびれました!
UFC196.さん [DVD(字幕)] 9点(2008-08-11 01:13:40)
101.時間を感じさせない展開の仕方にひきこまれるんですが、死刑か無罪か二つに一つというのと、陪審員の心情一つだけで評決が決まってしまう裁判方法にどうも納得できない感があり、最後も首をひねってしまいました。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2008-07-29 16:13:07)
100.黒人をなめるな!
ジダンさん [地上波(字幕)] 8点(2007-10-26 21:27:19)
99.アメリカ人の人種差別は尋常ではない。白人全てに言えることだが、日本人ももちろん差別対象になっているという事実を受け止めながら見て欲しい。
あるまーぬさん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-07-31 17:49:04)
98.予定調和というか、最後は情に訴えて逆転というところもあまり現実的ではないと感じました。ただ、キャストなど豪華でB級レベルの映画ではありませんでした。
mhiroさん [ビデオ(吹替)] 5点(2007-06-19 16:24:06)
97.《ネタバレ》 ラストシーンのマシューマコノヒーの涙は台本には無かったそうです。自然に流れた涙に監督が一発でOKを出したと何かで見ました。途中、中だるみも感じましたがそのラストシーンで帳消しです。
クロフネさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-02-06 20:54:55)
96.白人ならかわいそうで、黒人ならかわいそうじゃないわけがない。
Michael.Kさん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-01-19 04:06:06)
95.テーマが重たいのですが、印象に残っていた映画であり、最近CSでやっていたのでみていたら、豪華俳優満載ですのねこれが。人種差別や陪審員制度の問題点を考えさせられる映画です
pokobunさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2006-12-27 00:12:20)
94.《ネタバレ》 最後はどんな理論よりも感情が陪審員達の心を動かした・・・というのがやや唐突な感じ。最終的に判決を取りまとめる人達の心情の移り変わりも描いて欲しかった気が。サザーランド親子は互いにソックリ過ぎて一緒に画面に出さなくて正解。しかしあのミッキーマウス男の正体は結局不明でしたね。「敵の中にも味方はいる」ってメッセージかな?
ライヒマンさん [地上波(吹替)] 6点(2006-11-05 16:38:19)

93.《ネタバレ》 ○権利の問題か、なかなか市場にDVD等で出回らない本作。2017/07/15中古DVDにて久しぶりの鑑賞。○150分という比較的長い上映時間にもかかわらず、それを感じさせないのはさすがジョエル・シューマカー。むしろ描ききれない部分が少し目立つくらい。○白人が黒人娘をレイプ→黒人父が白人殺害→法廷でどうなる!?というところだが、核心をついていたのは最終弁論前夜のジェイクとカールのやり取りと最終弁論の最後の一言に尽きる。○どうもKKKについては演出過剰な印象。それ故、やっていることは酷いのにどこか浅はかな印象。○大きな代償とは何か。星条旗をバックに抱擁するカール親子の姿に国としての一歩前進を期待する一方で、本作公開から20年経ってもなくならない差別にうんざりさせられる失望感がある。○しかし、豪華キャストなこと。ここまで出てくる役者がほとんど知っているというのも珍しい。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2006-08-31 22:13:56)
92.法廷ものは好きなのですが、人種問題をテーマにしている作品は初めてで色々と考えさせられました。身近な問題でないだけに実感はしにくいのですが・・・。内容としては、長時間の作品なのに全く飽きることなく見入ってしまいました。特に最終弁論のシーンはマシュー・マコノヒーの演技も相乗効果となって涙が止まりませんでした。原作があるようなので、是非読んでみたいと思います。それにしても俳優陣が有名どころばかりですね。オーシャンシリーズより豪華なキャストかも。
クリスタルさん [地上波(吹替)] 8点(2006-04-02 15:55:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 111人
平均点数 7.03点
000.00%
100.00%
200.00%
321.80%
421.80%
5119.91%
62320.72%
72926.13%
83127.93%
987.21%
1054.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.66点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.75点 Review4人
4 音楽評価 3.00点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS