Menu
 > レビュワー
 > アラジン2014 さん
アラジン2014さんのレビューページ[この方をお気に入り登録する

プロフィール
コメント数 495
性別 男性
自己紹介 ソフト化されたタイミングでのレビューが中心です。2008年、子供の頃から夢だった自宅プロジェクター化がついに実現しました。(100インチ、音響2.1ch)
できるだけネタバレせずに書いていますので文章がおかしい場合もあると思います。あと、稚拙な表現や文章が目立つと思いますが、背伸びせずに書いていますので暖かい目で見守ってやってください。 (2014初登録)

表示切替メニュー
レビュー関連 レビュー表示
レビュー表示(評価分)
その他レビュー表示
その他投稿関連 名セリフ・名シーン・小ネタ表示
キャスト・スタッフ名言表示
あらすじ・プロフィール表示
統計関連 製作国別レビュー統計
年代別レビュー統計
好みチェック 好みが近いレビュワー一覧
好みが近いレビュワーより抜粋したお勧め作品一覧
要望関連 作品新規登録 / 変更 要望表示
人物新規登録 / 変更 要望表示
(登録済)作品新規登録表示
(登録済)人物新規登録表示
予約データ 表示
評価順1
投稿日付順1
変更日付順1
>> カレンダー表示
>> 通常表示
1.  マイ・ボディガード(2004)
久しぶりに再鑑賞しましたが評価は変わりませんでした。ただ、初見と印象が違っていて、やたら凝ったカメラワークと細かい編集にちょっと疲れを感じてしまいました。  復讐が開始されるのが丁度映画の半分が終わった頃です。ピタとクリーシーの心の交流を丁寧に描いたのは理解しますが、正直、前置きが長かったです。後半の爽快感(爽快か?)のための前置きだったと考えることもできますが、罪悪感に押しつぶされている主人公とやたら素直で可愛い女の子の構図は開始15分で十分に理解できますので、やはりもう少し短くすべきだったと思います。  後半判明する父の問題も必ずしも必要だったのか疑問です。これのおかげでハッピーエンド(ハッピーか?)に影を落としてしまうし、少なくともピタは大好きなクリーシーが行った相反する行動に生涯悩み苦しむことでしょうね(その時は仕方がなかったのかもしれませんが、やはりキリストの精神であれば許す方向でも良かったような)。これらの部分も含めてもう少し上手に編集すればあと30分は短くできたような気がします。映画はやっぱり2時間が理想です。  あと、配役が結構贅沢ですね(笑)ウォーケンはそれなりにイイ配役で出番も多かったのですが、ミッキーロークの使い方がちょっと勿体無い感じでした。でもまあ、これ以上この二人が出張ったら主人公が霞んじゃいますがね・・  総じて、何だかんだいっても重厚で見ごたえのある映画でした。
[インターネット(字幕)] 6点(2018-09-11 11:34:51)
2.  マスク(1994)
久しぶりに見ましたが最初から最後まで安心して見ていられます。キャメロン・ディアスのデビュー作というのには驚きました。堂々として自然な演技、そしてこのお色気!デビュー作でこの風格は凄いですね。。また、ジム・キャリーのマスクを着けていない時の顔芸&仕草のほうが断然面白いのも25年ぶりにみて再発見できました。ドリアン(ピーター・グリーン)もパルプ・フィクションのゼッド役、ユージュアル・サスペクツのレッドフット役と、とても印象深い役者さんで好きでした。  キャスティングは過不足なく、それぞれのキャラ立ちもしっかりしているので混乱せずスッキリ見られます。また途中の踊り(ミュージカル風)も、ラ・ラ・ランドのような鼻につくようなこともなく、とても自然に組み込まれています。皆さんおっしゃるようにマイロ(犬)の演技力がやたらと高くて驚きます(かなりのレベルでしょこれ?)。  緑のマスクやアニメ調の動き(CG)ばかり批判される流れがありますが、この映画はCG以外のメインのストーリー部がとてもよく練られています。あくまで実写不可能なアニメ表現をCGが担当したという感覚です。(動きも自然だし嫌味がない) 個人的見解ですが、私の中ではやはり1990年代まで(およそマトリックスより前)が映画=スクリーン作品としての一つの時代だったような気がしますね。「The Mask」もそんなイイ時代の作品の一つだと思います!文句なし!
[インターネット(字幕)] 8点(2018-09-01 10:55:33)
3.  マリー・アントワネット(2006)
公開当時、若いパートナーに押し切られてコレを鑑賞しました。主人公はとてもかわいいのですが、顔つきが今風でゴシック調には全く合っていないと思いました(キルスティン・ダンストは大好きですよ!)。そして当時デビューしたてのソフィア・コッポラのこともゴッドファーザーパート3での大根役者具合を知っていたので不安しかありませんでした。ものの20分で当のパートナーでさえも「あかんゎ・・ 間違ったゎ」という状態で、ほら見ろと言いたくて仕方がありませんでした。  マリーアントワネットの壮絶な部分はほとんど描かれておらず、終始意味がない映像のオンパレードのように感じました。ただし、衣装・ケーキ・セットなどはとてもきれいでおしゃれです。そういった意味では価値のある映画ですね。若い子が若い人を若い感性で撮った映画です。一回り以上若い女性と仲良く鑑賞したという、いい思い出補正の点数です。
[映画館(字幕)] 3点(2018-08-09 16:18:14)
4.  マディソン郡の橋 《ネタバレ》 
何十年ぶりに再見しました。ロードショー当時はやたら退屈な映画だと思っていましたが、今見ると深さというか良さが少しわかります。私は独身なので本当の意味では理解していないのかもしれませんが、これはなかなか落ち着いた大人の映画です。  大人になると知り合った相手が既婚者ということが当たり前になります。私にも過去一度だけ映画のような出会いがあり、同じような感情になったことがありました。今もたまにお相手の女性とお話しますが、今でもお互いに強く好意があったであろう確信があります。しかし私は絶対に不倫ダメ派なので、この映画のようにはゆきません。  手を触れあうだけ、食事をするだけ、それだけで心がつながってくれたらもう最高でしたが、それじゃあまりにも映画として面白くないですよね(笑) 原作を読んでから映画を見たせいもありますが、やっぱり「あかんやろ」という気持ちが付きまとって高得点が出にくい映画です。
[DVD(字幕)] 5点(2018-08-09 16:08:17)
5.  マッドマックス 怒りのデス・ロード
見た直後は5点かな?と感じましたが、他の映画を複数見た後に再考すると意外と良かったかもなぁ、と7点にレベルアップするような不思議な映画です(間をとって6点で)。。個人的にはフュリオサの物語としてマックス不在の「外伝」としたほうが無理がなくて良かったような気がしました。(やはりマックス=メルという要は残しておいて欲しかったのが正直な気持ち)  しかし、トム・ハーディ、ジョー様、ウォーボーイズ、フェリオサ、その他全ての役柄が立っていて非常に素晴らしかったです。一見して中身がなさそうなストーリー展開も、後で考えると意外と奥深くて良かった。アカデミー6部門には違和感を感じますが、皆さんが評価している一定の理由はあると感じました。  ジョー様の頭の悪さ加減なども含め、手放しで素晴らしかったとはいいにくいですが、、まったくもって悪くない映画です!個人シアター2D100インチ鑑賞ですが、映画館で3D鑑賞していたらもう少し評価が上がったかもしれません。
[ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-05-05 10:01:51)
6.  マイ・インターン 《ネタバレ》 
非常に良い。しかし普通の日常を淡々と描いただけで、ドラマ性や起伏がない地味なストーリーだったのも事実です。最も盛り上がるのは侵入大作戦とベッドでのワンシーンか。。地味なのに良かったと感じるのはやはり良い映画の証なのか?少し悩ましい感じもして点数をつけるのが難しい映画ですね。。  他の皆さんも書いてらっしゃるように、ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイの演技がとても素晴らしい。彼ら二人のおかげで普通の日常が特別なもののように感じられる仕上がりになっています。ベッドで語らうシーンは最高でした。そして続くデ・ニーロがTVを見て泣いていたシーンも素晴らしい。なぜ泣いていたのかの説明はありませんが、何となく理解できる非常に良いシーンだったと感じます。  フルプライスで映画館で見るべきか?と聞かれると少し疑問が残りますが、まあ、とにかく良い映画でした。ハンカチのウンチクも素晴らしい、是非一度お試しください!
[ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-04-19 14:19:23)
7.  マーガレット・サッチャー/鉄の女の涙
演技力は凄いんだけどドラマ構成としては地味で退屈です。派手に政治手腕が発揮されるもなく、ただ淡々と描かれています。記憶の中では政治的な側面より旦那さんを愛しているということがよく判ります。 正直、話題になったほど面白くはなく、某番組の再現ドラマなどのほうが面白く見られたように感じました。鑑賞後は妙に印象深くて考えさせられましたが、、この点数が精一杯でした。
[インターネット(字幕)] 4点(2015-11-02 20:56:27)
8.  マトリックス レボリューションズ 《ネタバレ》 
ここまでくると最後を見届けるのがもやは義務になっていた方も多かったのでは。。最も違和感を感じたのはリアル世界でネオが超能力を使えるようになったこと。スミスは現実世界にやってくるのにとても努力したのに、ネオは突然力が使えるようになって納得がゆきませんでしたね(笑) ザイオンもツッコミどころが多すぎて・・ 清潔な司令室と劣悪な船、白い制服の司令官とボロ雑巾を着た船員などなど。監督のその場しのぎ感が全開に開花しております。死に物狂いで帰ってきた船一台のEMPで大量の敵を退治できるなら、もっとやりようがあったように思いますしね。。  個人的にはパート2の後半、アーキテクトのおじさんの後にそのままソースへ戻って終わってくれたほうがスッキリして良かったと思います。でもまあ、ラスト付近の雰囲気に関してはマトリックスという映画のラストとして悪くはなかったです。。やはりマトリックスは3作で一つの映画と考えるようにしています。
[DVD(字幕)] 5点(2014-09-03 14:30:41)
9.  マトリックス リローデッド
これほど続編を待ち望んだ映画はマトリックスとバックトゥザフューチャーくらいでした。とても楽しみでしたが結論としては割りとガッカリした映画でした。要所要所のディテールや世界観などは素晴らしいのですが、根本的なストーリー展開が幼稚というかありきたりというか、、そんな感じで盛り上がりに欠けました。 大きな流れとしてザイオンの決戦へ持ってゆかなきゃいけないのでしょうが、そもそもそのメインストーリ自体が浅いというか・・ パート2から一気にツッコミどころ満載になってしまって、どうにも評価が難しい映画となっています。高く評価できる部分としてはフランス人が関係するパートは全体的に素晴らしい仕上がりだったと思います!個人的にはスミスがイタかったと思います。あの存在が一気にお子様向けにシフトチェンジしてしまった要因ではないかと考えています。。
[DVD(字幕)] 6点(2014-09-03 14:18:12)
10.  マトリックス 《ネタバレ》 
流行り物に反発する性格でロードショー未鑑賞でしたが空前の大ヒットで猫も杓子もイナバウアー状態で、、レンタルを心待ちにした映画です。借りたその夜、、感動して2度続けて観ました(深夜27時)。。こんな映画初めてでした。当時から難解な映画だといわれていましたが、私は割と簡単に理解できました。要するに養殖豚と同じなんですよねこの状況って。。人間が機械に飼われている。。ああ怖い構図だ・・  ファミコンゲーム世代なので架空世界でルールを無視する感じも難なく理解できましたし、脳の電気信号で現実と夢を区別するなら私の住んでる世界もマトリックスかもしれんなと真剣に考えたほどです(汗) 続編を熱望した映画でもありましたが、続編の出来栄えは「迷走」の一言でした(汗) 一作目は今観ても凄い映画だと思います!
[ビデオ(字幕)] 9点(2014-09-03 13:59:38)(良:1票)
11.  マッドマックス サンダードーム
パート3が発表されて狂喜乱舞したことを覚えていますが、鑑賞して愕然とした記憶も鮮明に残っています。いつになったらマックスがマッドになるのかハラハラしながらロードショーを観た記憶がありますね・・(結局マックスがマックスに達する事は無かったが・・)  子供の国の話やティナターナーのパートでも迷走ぶりがうかがえますし、あっさりいえば2の劣化コピーに近い仕上がりといえます。後半ヘリコプター男が出て少し持ち直しますが、あれ?彼は確かパート2でリーダーになって伝説として去っていったんじゃなかったっけ??そもそも・・ なぜ作った?なぜパート3を作る必要があったのだ? そんな感想ですが、じっくり腰をすえて観ると後半戦は意外と面白いです。正統派マッドマックスシリーズなので少々甘めの点数ですが、正直、なかなか評価が難しい映画です。
[映画館(字幕)] 5点(2014-09-03 13:49:52)
12.  マッドマックス2
パート1はパート1なりの良さがありましたが、更にすさまじい進化を遂げての「パート2」。パート1の後、文明社会が崩壊したことは導入部で少し触れます。「ああなるほど、ヒャッハーな世界になってしまったのねorz」ということはオープニングのみですぐ理解できます。  パート2だけで完結しているストーリー展開は素晴らしいです。導入部のモヒカンとのチェイスシーンだけでもその恐ろしいまでの完成度を感じますが、でも実はメッセージ性という意味ではいったい何を伝えたいのか全く理解できません。文明が崩壊したら暴力オンリーの世界になってしまうという教訓?良い意味で勢いだけで突き抜けた映画だったと思います。  ちなみに、アクション映画の金字塔であることは紛れもない事実ですが、上流階級の方には死んでもお勧めできない映画だったりもします。 個人的には文句無しの10点満点といいたいところですが、自制心をもってあえて9点にしておきます。
[DVD(字幕)] 9点(2014-09-03 13:44:45)
13.  マッドマックス
マッドマックス1という映画、、高評価と低評価が混在する不思議な映画ですね。私はどちらかというと後者で、パート2へのきっかけとしては最高ですが、パート1単体で評価するとなると一気に評価が下がります。 カーチェイスありきで考えると渋い映像てんこ盛りです。目玉飛び出し、子供を挟んでチェイス、グースの爆走、暴走族の戯れなどなど・・ ただストーリーや演出は荒削りな部分が多すぎるような気がしますね。辛口でしたが、、マッドマックスは3つで1つの作品と考えています。。
[DVD(字幕)] 5点(2014-09-03 13:40:02)
020.40%
181.62%
2153.03%
3387.68%
46312.73%
59418.99%
612024.24%
77414.95%
8387.68%
9255.05%
10183.64%

全部

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS