Menu
 > レビュワー
 > 獅子-平常心 さん
獅子-平常心さんのレビューページ[この方をお気に入り登録する

プロフィール
コメント数 1348
性別 男性

表示切替メニュー
レビュー関連 レビュー表示
レビュー表示(評価分)
その他レビュー表示
その他投稿関連 名セリフ・名シーン・小ネタ表示
キャスト・スタッフ名言表示
あらすじ・プロフィール表示
統計関連 製作国別レビュー統計
年代別レビュー統計
好みチェック 好みが近いレビュワー一覧
好みが近いレビュワーより抜粋したお勧め作品一覧
要望関連 作品新規登録 / 変更 要望表示
人物新規登録 / 変更 要望表示
(登録済)作品新規登録表示
(登録済)人物新規登録表示
予約データ 表示
評価順1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
6162636465666768
投稿日付順1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
6162636465666768
変更日付順1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
6162636465666768
>> カレンダー表示
>> 通常表示
1.  カメラを止めるな! 《ネタバレ》 
B級ゾンビパニック映画と、そのメイキング映像。話題性に比べて、恐怖感はそれほどないね。
[DVD(邦画)] 6点(2019-04-14 19:17:22)
2.  バンブルビー 《ネタバレ》 
トランスフォーマーシリーズのスピンオフ映画。少女とお茶目な「黄色い蜂」のラブコメが、SFロボアクションと融合。仇敵のおクルマに生卵をペイント、上からプレスしてカーエッグの出来上がり。ばかウケ。イタズラ好きのボクちゃん。戦友プライムくんと並走のラストショット。壮大な本シリーズと比較して、スケールは小さくなったけど中身は濃ゆい。良作。
[映画館(字幕)] 7点(2019-04-14 00:08:53)
3.  キャプテン・マーベル 《ネタバレ》 
アベンジャーズ誕生秘話。ツヨすぎるアタシを演じるのは四角いおカオのブリー・ラーソン。手からファイアーー。隻眼のニック、体内にタコが潜むネコがマブダチ。最後に何か吐き出したぞ??もう一度観る。
[映画館(字幕)] 6点(2019-04-07 01:25:45)
4.  君の膵臓をたべたい(2017) 《ネタバレ》 
余命僅かの天真爛漫なアタシと、朴訥な「仲良しクン」の不思議なお付き合い。死んでもなお人々の心を震わす、とっても影響力のあるアタシ。キミの膵臓を頂いたら、キミはアタシの中で生き続けるということ。良作。
[DVD(邦画)] 7点(2019-04-03 23:00:01)
5.  スパイダーマン:スパイダーバース 《ネタバレ》 
米アカデミー長編アニメーション賞受賞作。ブタ、白いオンナ、黒いハードボイルドなどいろんな蜘蛛男が登場。もう一度観る。
[映画館(吹替)] 6点(2019-03-31 01:11:48)
6.  海街diary 《ネタバレ》 
4姉妹のほのぼのとした家族ドラマ。物語に起伏が少ないんだけど、しみじみといい味を出していました。どんな人なんだろうな、お父ちゃん。良作。
[DVD(邦画)] 7点(2019-03-24 22:53:49)
7.  運び屋 《ネタバレ》 
トシを重ねるごとに、その風貌、口振りが渋みを増すクリント・イーストウッド主演・監督。悪いコトをしたからこそ家族との絆を取り戻す。皮肉な実話。良作。
[映画館(字幕)] 7点(2019-03-24 00:27:32)
8.  グリーンブック 《ネタバレ》 
米アカデミー作品賞受賞作。黒人天才ピアニストと白人腕白ドライバー。凸凹コンビの珍道中。それにしても「ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴルン様、見違えるほどにでっぷりとなっちゃって。もう一度観る。
[映画館(字幕)] 6点(2019-03-18 00:37:19)
9.  三度目の殺人 《ネタバレ》 
いきなり「実は殺してねぇ」…そんな事を急に言われても信じらんねぇ。もやっとしてるけれど、日本アカデミー作品賞受賞作。
[DVD(邦画)] 6点(2019-03-17 03:15:56)
10.  メリー・ポピンズ リターンズ 《ネタバレ》 
55年の時を経て、メリーポピンズが帰ってきた。年を取ったあの姉弟が家を守るためにドタバタ。歌っている方を見つめるニヤけた視線がやっぱりオカしい。肝心のオンガクは親しみのある前作に遥かに及ばない。「チンチロリン」も「さわやか体操テーマ」も聞こえてこねぇ。
[映画館(字幕)] 6点(2019-03-17 00:08:41)
11.  アリータ:バトル・エンジェル 《ネタバレ》 
瞳のおっきな天使の顔に戦士のボディ。近未来SFアクション。物語に起伏はないが、戦闘シーンはゲームのようなリアル感、スタイリッシュ。このオンナ、マジで強ぇ。次作に続きそう。もう一度観る。
[映画館(字幕)] 6点(2019-03-10 00:01:11)
12.  女王陛下のお気に入り 《ネタバレ》 
オンナの戦い。エマ・ストーンVSレイチェル・ワイズ…デデデーン。もっとドロドロした露骨なモノを見たかったですな。「足を揉めぃ」、女王陛下を熱演。山羊ヅラのオリヴィア・コールマン、米主演女優賞受賞。
[映画館(字幕)] 6点(2019-03-03 00:44:50)
13.  アクアマン 《ネタバレ》 
陸と海の間の子、その風貌とワイルドさはマイティ・ソーみてぇだ。必然なる陸と海の戦い。大迫力のバトルシーン。際立つ映像美。特に海底の映像がキレイ。もう一度観る。
[映画館(字幕)] 6点(2019-02-24 03:16:47)
14.  ファースト・マン 《ネタバレ》 
若きオスカー監督、今作の舞台は宇宙。月面に人類初となる歴史的一歩を刻んだ漢をライアン・ゴズリング熱演。小さな一歩は大きな飛躍。その偉業の裏にあった家族との絆や同僚との関わりも描かれる。奥サマの溢れる想い。大事なヒトを返してくれてありがとう、お月様…。
[映画館(字幕)] 6点(2019-02-17 00:16:01)
15.  愛唄 約束のナクヒト 《ネタバレ》 
実話に基づいた、GReeeN代表曲誕生秘話。余命わずかのボクとカノジョ。外界を知らぬカノジョを病室からを連れ出して、一日JKやママゴト、朝日を堪能させて…。亡くなったカノジョの詩からあの曲を作った、若ぇ頃のキムタクによく似たイケメンのアイツ。ボクとカノジョとアイツの青春のひととき。意外と心揺さぶられました。何と傑作の域。
[映画館(邦画)] 8点(2019-02-10 00:10:27)
16.  七つの会議 《ネタバレ》 
社会派エンターテイメントの名手・池井戸潤原作。組織ぐるみでこいてる大パチに、ぐうたら万年係長が鋭く切り込む。マヌケと見せ掛けて実はキレ者。狂言師・野村萬斎が飄々と怪演。下町ロケットのトノさん、しどろもどろになっちゃってキャラが違げぇんだよ。結局はあの会社のヤツら、み~んな社畜にしてパチこきじゃい。傑作。
[映画館(邦画)] 8点(2019-02-03 00:34:17)
17.  蜘蛛の巣を払う女 《ネタバレ》 
7年ぶりの新作、キャスト一新。背中に竜の刺青、お鼻にピアス、ヘンな髪型で煙草をくゆらせるオンナ。心に闇を抱える特異なダークヒーロー再演。舞台は一面の白銀に凍てつくような北欧。その辺のオトコより強ぇアタシ。白銀の崖に消える、金髪に全身赤ずくめの双子の姉妹。もう一度観る。
[映画館(字幕)] 6点(2019-01-27 00:26:34)
18.  喜望峰の風に乗せて 《ネタバレ》 
アマチュアセーラーがヨットで単独無寄港世界一周を目指す海洋アドベンチャーかと思ったが、実は孤独に苛まれるヒトの内面の苦悩を描く人間ドラマ。寂しくって、恋しくって、パチこいちゃったボク。そうとは知らず続く男の快挙に湧くジモト。帰るに帰れなくって、ボクちゃん遂に広いひろ~い真っ青の海原へダイブ。ヒトは追い詰められるとそんなコトするんだね。奥サマ、年を取られてもきれい。
[映画館(字幕)] 6点(2019-01-20 00:04:15)
19.  クリード 炎の宿敵 《ネタバレ》 
今年1本目の映画館観賞。レビューイチバン乗り。シリーズ第2弾。ロッキーにシゴき上げられたアポロのムスコと、アポロを殴り殺したドラゴのムスコがシバき合う。因縁のドツき合い。アポロのムスコのムスコが誕生。叩き、殴り、シバき、ドツき合い…大勝利で世代交代成る。そして、あのオンガクが聞こえてくる。良作。
[映画館(字幕)] 7点(2019-01-13 00:13:43)
20.  キセキ ーあの日のソビトー 《ネタバレ》 
「GReeeeN」結成と「キセキ」作曲秘話を綴る青春ドラマ。ある兄弟が歩むべき道に悩みながらも二人三脚で生んだオンガクがあの名曲。人にはそれぞれ相応の役割がある、心揺さぶられました。傑作。それにしてもヒトの命を預かる医者の割にお父ちゃんマジで怖ぇ。
[DVD(邦画)] 8点(2019-01-02 02:29:21)
000.00%
100.00%
200.00%
310.07%
440.30%
513510.01%
670952.60%
734825.82%
813710.16%
9110.82%
1030.22%

全部

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS