Menu
 > レビュワー
 > 獅子-平常心 さん
獅子-平常心さんのレビューページ[この方をお気に入り登録する

プロフィール
コメント数 1322
性別 男性

表示切替メニュー
レビュー関連 レビュー表示
レビュー表示(評価分)
その他レビュー表示
その他投稿関連 名セリフ・名シーン・小ネタ表示
キャスト・スタッフ名言表示
あらすじ・プロフィール表示
統計関連 製作国別レビュー統計
年代別レビュー統計
好みチェック 好みが近いレビュワー一覧
好みが近いレビュワーより抜粋したお勧め作品一覧
要望関連 作品新規登録 / 変更 要望表示
人物新規登録 / 変更 要望表示
(登録済)作品新規登録表示
(登録済)人物新規登録表示
予約データ 表示
評価順1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
61626364656667
投稿日付順1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
61626364656667
変更日付順1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
61626364656667
>> カレンダー表示
>> 通常表示
1.  グランド・イリュージョン 見破られたトリック 《ネタバレ》 
待ちに待ったレビュー。4人組のイリュージョニスト集団ザ・ホースメンのマジックショー、シリーズ第2弾。我らがハリーポッター役のダニエル・ラドクリフが悪の科学者に扮する。毛深さをイカす。前作ほどのインパクトはない。もう一度観ようかな。
[映画館(字幕)] 6点(2018-10-28 01:50:27)
2.  イコライザー2 《ネタバレ》 
デンゼルがバリくそ強ぇシリーズ第2弾。表のカオは読書に耽る物静かなタクシードライバー。ホントは復讐に燃える必殺仕事人。腕時計カチコチでゲーム開始。仇敵は近くにいる裏切りのオマエ。
[映画館(字幕)] 6点(2018-10-21 02:31:54)
3.  アントマン&ワスプ 《ネタバレ》 
マーベルコミックの笑えるサイズチェンジ・ヒーローアクション、シリーズ第2弾。小さなったり、大きゅうなったり。まるでDBのホイポイカプセルみてえだぜぃ。もう一度観る。
[映画館(字幕)] 6点(2018-09-08 00:40:14)
4.  オーシャンズ8 《ネタバレ》 
オーシャンズの妹版。豪華女優揃い踏み。サンドラ・ブロックがレジェンドの妹に扮して仲間と共に、ファッションショーを舞台にして大暴れ。狙うは億越えダイヤの首飾り。してやったり、ナメんじゃねぇよ。お次はオーシャンズ9かい??
[映画館(字幕)] 6点(2018-08-18 01:02:59)
5.  未来のミライ 《ネタバレ》 
現実と仮想世界をつなぐファンタジードラマ。細田守ワールドは今作も健在。妹の未来ちゃんが好きくない(?)ワガママくんちゃん。嫉妬と被害妄想から、妹をイジリ倒しちゃったボク。共同作業でお雛さんなおしたり、根性見せてチャリンコ乗れるようになって、ちょっとは成長したんかな。未来から未来ちゃんが来たコトや、じいじやお母ちゃんがいる過去へ行ったコトはよく意味が分からないけれど、それなりに楽しめたんだよ。低すぎる評価に反して、ハートウォーミング効果はありました。意外にも良作。
[映画館(邦画)] 7点(2018-08-12 03:52:07)
6.  ミッション:インポッシブル/フォールアウト 《ネタバレ》 
シリーズ第6弾は、トムと共に走る、飛ぶ、登る、落ちる、戦う、操縦する。体感型ムービー、イッツ・ショータイム。登場人物もアクションもグレードアップ。もう一度観る。
[映画館(字幕)] 6点(2018-08-11 01:42:52)
7.  インクレディブル・ファミリー 《ネタバレ》 
約13年ぶりのシリーズ第2弾。戦うお母ちゃん、主夫のお父ちゃん。末っ子のマジカルパワーが開花。もはや…何でもありじゃねぇか。アクションの迫力はスケールアップしてたけど、総花的であまりウケなかったな。
[映画館(字幕)] 6点(2018-08-04 00:48:51)
8.  ジュラシック・ワールド/炎の王国 《ネタバレ》 
新シリーズ第2弾。多様な新型恐竜と火山の炎がダブルで追いかけてくるのは序盤だけ。メインは狭くて暗い妖怪屋敷。屋内シチュエーションスリラーになっちゃってスケールダウン。滑稽だよね。こそこそと生き物でハンマープライスやってんじぇねぇよ。規模も物語も前作には遥かに及ばねぇぜ。
[映画館(字幕)] 6点(2018-07-15 23:34:43)
9.  ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 《ネタバレ》 
お空と自由を愛するオトコ、ハン・ソロのスピンオフ物語。アウトローの冒険のお供はチューイとファルコン号。本シリーズに比べてクオリティが下がってるよ。オンガクの10点満点は健在。もう一度観る。
[映画館(字幕)] 6点(2018-07-14 01:22:34)
10.  空飛ぶタイヤ 《ネタバレ》 
どうしてタイヤがお空を飛んじゃったんだろうか。中小企業の熱血社長が従業員や銀行、ライバルをも動かして巨大組織を追い詰めていく。池井戸ドラマはいつもパターンは同じだけど心揺さぶられるよね。良作。
[映画館(邦画)] 7点(2018-07-08 00:42:12)
11.  メイズ・ランナー 最期の迷宮 《ネタバレ》 
走れ・はしれ・ハシレ~、完結編の舞台は近代的な都市。これまでのファンタジックな雰囲気とは異なる。ウイルス・ゾンビ映画になってきてやや興ざめ。キャラの色も薄い。全員が助かる完全なハッピーエンドじゃなかったね。
[映画館(字幕)] 6点(2018-07-01 05:04:36)
12.  万引き家族 《ネタバレ》 
ボクたち実は家族じゃねぇんだけど、ホントの家族と同じくらいとっても仲がイイ。パクってパクってパクられて、ぜ~んぶバレちまった。偽おばあちゃんと偽お母ちゃん、樹木希林と安藤サクラ怪演。愛に飢えた偽家族を描いて、パルムドールをゲット。いいシゴトでした、是枝さん。良作。
[映画館(邦画)] 7点(2018-06-23 02:46:03)
13.  妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII 《ネタバレ》 
シリーズ第3弾のテーマは「主婦の賛歌」。つまり、お母ちゃんの有り難み。お母ちゃん、へそくりパクられて怒られて出て行ってしまう。おばあちゃんも腰痛でダウン。おじいちゃんによる代家事はハチャメチャ。相変わらずマヌケ面が面白すぎ。ネンジくんは役名を変えて再々出演。夫婦愛について悩み、再確認し、心揺さぶられる場面もある。今作で描かれたおなじみ三世代家族の日常の中には、笑いと涙が共にあった。傑作の域。
[映画館(邦画)] 8点(2018-06-16 20:25:02)
14.  デッドプール2 《ネタバレ》 
コスチュームがスパイダーマンみてぇな無責任ヒーロー、シリーズ第2弾。「俺ちゃん、サイコー」。下ネタギャグ、他作へのオマージュ満載。今作はミュータントチームを作って大暴れ。だけどこのシリーズ、やっぱり合わねぇや。
[映画館(字幕)] 6点(2018-06-09 01:26:49)
15.  ファントム・スレッド 《ネタバレ》 
異形の愛を紡ぐラブロマンス。必殺・毒入りスープを召し上がれ。名優ダニエル・デイ・ルイスに引導を渡す。大好きな死に損ないのアナタ。こんなアタシ、ちょいと歪んでるっ。
[映画館(字幕)] 6点(2018-06-02 00:51:17)
16.  孤狼の血 《ネタバレ》 
ケーサツと暴力団の間でバランス良く綱渡り。役所広司怪演、マル暴「ガミさん」の仁義なき戦い。グロさ・エグさ・エロさ全て「アウトレイジ」を凌ぐけれども、キャラがちょっぴり薄味じゃけん。
[映画館(邦画)] 7点(2018-05-19 01:38:16)
17.  名探偵コナン から紅の恋歌 《ネタバレ》 
平次を賭けて…女の真剣勝負は紅に染まる百人一首かるた大会。犯人が投了し、足場が崩れる。そこでお決まりのスーパーアクション、平次による仮面ライダー走行。お気に入りのマイキー主題歌「渡月橋」、TV版ではカットなれどもオンガクに8点献上じゃい。
[地上波(邦画)] 6点(2018-05-16 00:27:20)
18.  アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 《ネタバレ》 
シリーズ第3弾はマーベルヒーローみんなみんなみ~んな揃い踏みでお祭りだぃ。これだけのヒーローが束になってもかなわないサノス、マジで強い。ヤツが石を6個集めたら、何人かが灰になっちゃったよね。サノスは帰ってくる。
[映画館(字幕)] 6点(2018-05-13 02:11:41)
19.  レディ・プレイヤー1 《ネタバレ》 
スティーブン・スピルバーグ監督による、現実と仮想世界を股にかけたアドベンチャー。5人の仲間と共に鍵を3つ集めて金の卵を手に入れる。古典ロープレみたいな分かりやすいテーマだけど、物語はごちゃごちゃしてたな。メカゴジラ、ガンダム、波動拳…日本愛を感じる遊び心満載。アッチの世界(仮想)は楽しいけれど、ホントに楽しむべきはやっぱりコッチ(現実)でしょ。良作。
[映画館(字幕)] 7点(2018-05-04 01:15:12)
20.  パシフィック・リム: アップライジング 《ネタバレ》 
イェーガー対KAIJU、シリーズ第2弾。戦闘シーンの迫力は健在だけど、やってることはトランスフォーマーなんかと同じで、前作ほどのインパクトはねぇな。
[映画館(字幕)] 6点(2018-04-28 01:55:06)
000.00%
100.00%
200.00%
310.08%
440.30%
513510.21%
669152.27%
734325.95%
813410.14%
9110.83%
1030.23%

全部

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS