Menu
 > レビュワー
 > いっちぃ さん
いっちぃさんのレビューページ[この方をお気に入り登録する

プロフィール
コメント数 1304
性別 男性
年齢 43歳
自己紹介 片っ端から映画観ます。
■年間目標
映画館:24本
お家:100本
■年間実績
2019年
映画館:1本
お家:150本
2018年
映画館:10本
お家:144本
2017年
映画館:3本
お家:236本
2016年
映画館:1本
お家:114本
2015年
映画館:2本
お家:51本
2014年
映画館:4本
お家:52本
2013年
映画館:1本
お家:55本
2012年
映画館:4本
お家:46本
2011年
映画館:9本
お家:72本
2010年
映画館:11本
お家:58本
2009年
映画館:3本
お家:60本
2008年
映画館:14本
お家:68本
2007年
映画館:16本
お家:67本
2006年
映画館:20本
お家:70本

表示切替メニュー
レビュー関連 レビュー表示
レビュー表示(評価分)
その他レビュー表示
その他投稿関連 名セリフ・名シーン・小ネタ表示
キャスト・スタッフ名言表示
あらすじ・プロフィール表示
統計関連 製作国別レビュー統計
年代別レビュー統計
好みチェック 好みが近いレビュワー一覧
好みが近いレビュワーより抜粋したお勧め作品一覧
要望関連 作品新規登録 / 変更 要望表示
人物新規登録 / 変更 要望表示
(登録済)作品新規登録表示
(登録済)人物新規登録表示
予約データ 表示
評価順1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
616263646566
投稿日付順1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
616263646566
変更日付順1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
4142434445464748495051525354555657585960
616263646566
>> カレンダー表示
>> 通常表示
1.  リディック:ギャラクシー・バトル 《ネタバレ》 
なぜこのシリーズが3作もつくられたのか。それが一番の問題です。前作からの繋がりは皆無で1作目に近い感じではあるのですが、1作目の方が全てにおいて上回ってます。シリーズを通して心にも記憶にも残らない作品であると思われます。
[CS・衛星(字幕)] 4点(2020-07-05 03:36:32)★《新規》★
2.  リディック 《ネタバレ》 
前作からテイストがガラリと変わり、共通点といえば一部の登場人物だけ。前作の異形のものとの戦いはすっかり影を潜め、それを覚悟で見始めて肩透かしを食らった人がたくさんいそう。前作は暗闇から逃れるのに苦労し、今回は太陽から逃れるのに苦労する。最後はまさかの終わり方。次作の展開が予想できません。
[CS・衛星(字幕)] 4点(2020-07-03 01:33:33)《新規》
3.  ピッチブラック 《ネタバレ》 
不時着した星で得体の知れない生き物に襲われるというよくあるお話ではありますが、もっと得体の知れないのは主人公でございました。結局善なのか悪なのか分からぬまま終わりを迎えます。素性については続編以降で明らかになるのか楽しみにしておきたいと思います。
[CS・衛星(字幕)] 6点(2020-06-29 01:32:35)《新規》
4.  ドラゴンボール/魔神城のねむり姫 《ネタバレ》 
クリリンとの出会いを上手く映画の中で描いています。すでにこの頃からヤムチャが役に立たなくなりつつあるのが悲しいところです。
[CS・衛星(邦画)] 5点(2020-06-28 12:38:41)
5.  フェイス/オフ 《ネタバレ》 
濃いおっさん2人による「入れ替わってるぅ〜?!」。そこには、甘いラブストーリーもタイムリープもなく、ただただ、ひたむきにお互いの命を狙うだけ。まぁ、それはさておき、2人が同じ役を同じ作品の中で演じるという試みに全くの違和感がないのは、流石の一言。今となれば特殊メイクで別人になれるので使えない設定ですが、ぐいぐいストーリーに引き込まれる。なんなら、FBIは悪の側ではないのに、悪の側として認識してしまうくらいの感情移入。立場が変われば正義も変わるを体現した作品です。
[CS・衛星(字幕)] 8点(2020-06-23 00:50:33)
6.  東京喰種 トーキョーグール【S】 《ネタバレ》 
変態のグルメがテーマになっていて、主人公の苦悩とかはあまり描かれておらず、主人公の活躍の場もあまりない。冒頭の異常さが突出していて、その後は変態の生活を覗き見ているだけで、イマイチな印象。続編を匂わせる終わり方をしましたが、もう限界じゃないでしょうか。
[CS・衛星(邦画)] 4点(2020-06-22 12:37:45)
7.  インクレディブル・ファミリー 《ネタバレ》 
ジャック・ジャックに尽きるでしょう。ジャック・ジャックVSアライグマがメインイベント。その他はあまり心に響かなかったかな。ヒーローの哀愁というか家庭じみたところが特徴なのかな。色んな特技を持ったヒーローが出てくるところはX-MENと重なる部分あり。
[CS・衛星(字幕)] 5点(2020-06-22 01:26:32)
8.  ブレイド3 《ネタバレ》 
ドラキュラ役の彼はドラキュラを演じるより、無実の罪で投獄され弟に脱獄させてもらう役が似合いそうですよ。ドラキュラの狡猾なイメージとはかけ離れています。
[CS・衛星(字幕)] 4点(2020-06-20 00:44:33)
9.  ブレイド2 《ネタバレ》 
誰が誰と繋がってるのかよく分からないくらいにバタバタと裏切りがたくさん出てきます。ヴァンパイアVSゾンビの様相を呈していて、紫外線で一掃するシーンはスカッとします。ただ、なんやかんやで素手での肉弾戦になるのはやはり少し萎える。
[CS・衛星(字幕)] 5点(2020-06-17 00:43:59)
10.  ブレイド 《ネタバレ》 
昔観た時はスタイリッシュでカッコいいと感じたものですが、改めて観ると、肝となるアクションがちょっとダサく感じた。感性の変化なのか時代の流れなのか分からないけど、観てたら恥ずかしくなる。ヴァンパイアが灰になる演出はちょっと良い感じ。
[CS・衛星(字幕)] 5点(2020-06-15 00:43:48)
11.  パンク侍、斬られて候 《ネタバレ》 
クドカンらしい作品です。ノリについていけない人は怒りさえ覚えるでしょう。個人的には最後さえ上手く畳んでくれたらもっと評価は高かったでしょうが、あの畳み方はダメでしょう。ああいう畳み方をしないといけないくらいにメチャクチャにはなってたけども。北川景子さんのダンスに心を奪われました。
[CS・衛星(邦画)] 5点(2020-06-13 02:31:31)
12.  アリー/スター誕生 《ネタバレ》 
デビューするまでで十分かな。あとのストーリーはあってもなくても良い。というより、サントラ聴いてれば事足りるかな。歌唱シーンはやはり圧巻です。劇場で鑑賞してれば間違いなく鳥肌ものでしょう。
[CS・衛星(字幕)] 5点(2020-06-11 22:14:55)
13.  ドラゴンボール/神龍の伝説 《ネタバレ》 
初期の総集編を新キャラ作って映画にしてみましたって感じですが、ただただ懐かしい。人生で一番熱中したマンガはやっぱりドラゴンボールなんだなぁ。そして、これ以上熱中するマンガは今後現れないだろうなぁ。
[CS・衛星(邦画)] 5点(2020-06-09 23:46:19)
14.  GODZILLA ゴジラ(1998) 《ネタバレ》 
ジュラシックパークとエイリアンを足して4くらいで割った感じです。ゴジラを冠した分だけハードルがあがっています。ゴジラじゃなければパニック映画としてそこそこの評価だったのではないでしょうか。日本が誇るコンテンツに泥を塗るのはやめていただきたい。
[CS・衛星(字幕)] 4点(2020-06-09 00:28:03)
15.  映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊 《ネタバレ》 
オリジナルからの変化はあまりなかったかのように思いますが、そのためか同じ映画を観てるような感覚です。ジャイアンの見せ場は良かったですね。セリフなしに魅せる演出は涙を誘います。
[CS・衛星(邦画)] 6点(2020-06-07 21:43:27)
16.  ゾディアック(2007) 《ネタバレ》 
結局、長い年月をかけても犯人が分からず、長尺の創作に落としてはみたものの、やっぱり犯人は分からないまま。犯行シーンに関しては、妙な生々しさがあり、実際の殺人犯はこんな感じなんだろうなぁと思わされます。
[CS・衛星(字幕)] 4点(2020-06-06 01:04:55)
17.  バトル・ロワイアルⅡ/鎮魂歌(レクイエム) 《ネタバレ》 
いや、Ⅱやけども、前作の続きやけども、そうじゃない。設定も似て非なるもので全く別物です。七原秋也が出てくるくらいかな、前作との繋がりは。こういう時の続編は別の学校で焼き増しして、転校生に七原秋也を入れるとか、そういうことでしょ。
[CS・衛星(邦画)] 2点(2020-06-03 00:42:09)
18.  バトル・ロワイアル 《ネタバレ》 
この映画や原作、マンガも含めてコンテンツに革命を起こした作品やと個人的には思います。その後に形は違えど乱立した作品群はこれを起点にしてるんだろうなと。そういう意味では映画史に残るのかもしれないが、2時間の枠の中ではあまりにも人間描写が浅すぎる。クラスメートなんだからもっと深い人間ドラマがあるはずなのに、ほぼ描かれない。そういう意味では注目を浴びたのに非常にもったいない作品です。
[CS・衛星(邦画)] 5点(2020-05-31 23:55:38)
19.  キャプテン・マーベル 《ネタバレ》 
戦闘力がインフレして行ってますね。個人的にはスーパーマンのような無敵さを感じましたが、彼女にも何か弱点を作らないとバランスが崩壊してしまうかもしれません。ニャンコがGで壁に張り付けられるシーンは最高でした。
[CS・衛星(字幕)] 5点(2020-05-31 14:36:06)
20.  ONE PIECE ワンピース オマツリ男爵と秘密の島 《ネタバレ》 
前半は初期の頃のワンピースをやってくれてて懐かしい感じでしたが、途中からワンピースではなくなってきました。とはいえ、チョビヒゲを仲間と認めたシーンは良かったです。
[CS・衛星(邦画)] 4点(2020-05-30 19:45:34)
020.15%
130.23%
2221.69%
31269.66%
426520.32%
530323.24%
633325.54%
719615.03%
8403.07%
990.69%
1050.38%

全部

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS