Menu
 > 作品
 > コ行
 > ゴジラVSスペースゴジラ
 > 鉄腕麗人さんのレビュー
ゴジラVSスペースゴジラ のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ゴジラVSスペースゴジラ
製作国
上映時間108分
劇場公開日 1994-12-10
ジャンルSF,シリーズもの,ファミリー,特撮もの,モンスター映画
レビュー情報
ゴジラ映画ファンでありながら、長年に渡ってスルーし続けてきた作品だけあって、ある意味“安心”の駄作ぶりだった。
ハードルを限界まで下げきった上での鑑賞でありながらも、「早送りしてぇ」と思わざるを得なかった出来栄えには、もはや「流石」と言いたくなった。

「ゴジラVSビオランテ」以降“平成VSシリーズ”の“心のヒロイン”としてレギュラー出演し続けた三枝未希(小高恵美)が、ついに作中のメインヒロインとして登場したことは嬉しかったが、青臭い恋愛模様が痛々しくて仕方なかった。(おまけにイメージチェンジのショートカットが可哀想なくらいに似合っていなかった……)

兎にも角にも、90年代の映画であることを疑うくらいにストーリー展開の稚拙さが際立っている。諸々の事情により急遽製作された作品であるらしいが、それにしても酷い。

ただし、一点だけピックアップポイントはあった。
主要キャラとして登場する女性科学者の名前が「権藤」。これはピンときた。
「VSビオランテ」ファンとしては、“権藤一佐の弔い”という一つの要素には口元が緩んだし、彼の形見であるジッポーを柄本明演じる少佐が使っているという裏設定は胸熱ではあった。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2015-06-15 22:24:25)
その他情報
作品のレビュー数 24件
作品の平均点 4.00点
作品の点数分布
014.17%
1416.67%
2312.50%
3416.67%
414.17%
5625.00%
614.17%
728.33%
800.00%
900.00%
1028.33%
作品の標準偏差 2.65
このレビューの偏差値 47.14
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ゴジラVSスペースゴジラのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS