Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ライオン・キング(2019)
 > えすえふさんのレビュー
ライオン・キング(2019) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ライオン・キング(2019)
製作国
上映時間119分
劇場公開日 2019-08-09
ジャンルドラマ,アドベンチャー,動物もの,リメイク
レビュー情報
《ネタバレ》 ライオンキング。あぁ幼き小学生低学年に何度も見たディズニーアニメ。好きという訳でも嫌いという訳でもない、ディズニーの中でも私的には中間に位置するアニメだ。
そして現ディズニーの怒涛の実写化ラッシュの手についにライオンキングも実写化…のようなものになった。

正直観る気は無かった。実はこの日観る映画はチャイルドプレイに決めていた。チャッキーがマーク・ハミル声で人をぶっ殺しまくり、ラストの熱い死闘を応援するつもり満々だった。
しかし今は夏休みそんなチャッキーも人気者で席はパンパン…そこで急遽その日公開のライオンキングが観ることに決めた。
あの予告、シンバの可愛い子ライオンに若干…というかかなりやられていたのは言うまでもない。

本作のお話の内容はアニメの94年ライオンキングそのまま、サバンナの王宮のゴタゴタと王子シンバの成長だ。今見ると中世ヨーロッパ王宮のサスペンスをアフリカサバンナの動物達に置き換えた物語なのだがそれを考えると非常に面白い。もちろんみんな大好きティモンとプンバァもいる。

まぁストーリーはそのままだが、違うのは映像。
実写のようなものと書いたが、本作は実写化ではない。本作と他の映画の違いは見ての通り、人間が一人も登場せず、登場するのは全員動物という事。そして動物全員がミュージカルのように喜び、悲しみ、怒り、歌い上げ、演技をする。もちろん本物の動物を使うなんて事は不可能だ…ならやる事は一つしかない、しかしそれは他の映画よりハードルが何倍も高い。
だがディズニーはやった。いや、ディズニーだから出来たのかもしれない。
そう、本作は極限の写実性を持ったCGによるハイパーリアルアニメなのだ。

見れば見るほど自分の脳が混乱する毛の一本一本まで線密な圧倒的本物感。超リアルな映像なのに行われるアニメのようなミュージカルやコメディシーン、非常に不思議な感覚に陥る。
妥協が一切ないディズニーの本気が伺える作りにはもう凄いを通り越して恐怖を感じる。いやいや、なんて物を作ってしまったんだ。
これはある意味なにか一つ壁を越えてしまった気がする。
これから先の映画の未来をいち早く見せてもらった気がするぞ。動物でも亡くなった役者でもなんでもCGで本物以上のモノに作れてしまう未来が…。

本作はライオンキングでありながら限りない映像の挑戦を続けるディズニーによる珠玉の作品だ。映像の最前線を見るならライオンキングが正解だ!

いやぁチャッキーには悪いけどいいもの見た!
えすえふさん [映画館(吹替)] 6点(2019-08-10 19:57:51)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 10件
作品の平均点 6.00点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4220.00%
5110.00%
6330.00%
7330.00%
8110.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.26
このレビューの偏差値 50.00
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ライオン・キング(2019)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS