Menu
 > 作品
 > ス行
 > 素晴らしき哉、人生!(1946)
 > Cinecdockeさんのレビュー
素晴らしき哉、人生!(1946) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 素晴らしき哉、人生!(1946)
製作国
上映時間130分
ジャンルドラマ,ファンタジー,モノクロ映画,クリスマスもの
レビュー情報
《ネタバレ》 公開当時、過剰にセンチメンタルで楽観的な演出に"キャプラコーン"と揶揄されて監督は干されてしまった。しかし、25年後のベトナム戦争で疲弊した兵士によって再評価された名作である。確かに溜めに溜めたクライマックスの爆発力は凄いが、時代が変われば評価も変わる。社会に出れば、どう足掻いても変わらない理不尽な現実に捻くれて、素直に感動することが出来ない人も少なくないのではないか。自己肯定感が低く、不幸を嘆くジョージはハンサムで家庭があるだけまだマシだ。ただ、今は貧困格差固定で結婚も子育てもできる余裕もなく少子高齢化、自殺や孤独死が顕著になった無縁社会で、現実逃避するようにネットでクリエイターぶって他者から承認欲求を満たそうとしても飽和して見向きもされない、もはや"代わりはいくらでもいる"時代である。努力しても報われるとは限らないことを誰もが理解しているし、食い繋ぐための非正規雇用で心身消耗して死を待つだけの下流中高年が見ても、当たり前のことが出来なかった自分にむしろ絶望してしまいそう。そういう意味では、感動的な大団円には歯痒さを感じてしまうのである。既存の価値観が崩壊していく現在、21世紀の『素早らしき哉、人生!』を撮れる監督はもう現れないかもしれない。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 5点(2015-09-11 19:03:11)
その他情報
作品のレビュー数 294件
作品の平均点 8.32点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
231.02%
341.36%
472.38%
5124.08%
6186.12%
73311.22%
85518.71%
95819.73%
1010435.37%
作品の標準偏差 1.82
このレビューの偏差値 39.99
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
素晴らしき哉、人生!(1946)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS