Menu
レビュー詳細表示 画面
タイトル名 ぼくは明日、昨日のきみとデートする
レビュワー ヴレアさん
点数 8点
投稿日時 2017-01-11 11:25:51
変更日時 2017-01-11 13:57:10
レビュー内容
ある年を起点にして互いの時間軸が反対に流れるという現象が謎すぎるが細かい事を気にしなければ充分楽しめます。なにより小松菜奈が最高に可愛くて、純粋にラブストーリーとしてキュンキュンできる。←言ってて恥ずかしい。
あと、タイトルを窓口で言うのがあまりに恥ずかしい場合、自動券売機がある映画館に行っちゃうよね。という映画あるあるでした。



旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS