みんなのコミックレビュー Menu

狂死郎2030

連載開始1994年
連載終了2004年
コミック数20冊
連載終了
平均点:9.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクションSFラブストーリーギャグ漫画
[キョウシロウニセンサンジュウ]
新規登録(2007-11-22)【no one】さん

Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者徳弘正也
出版社集英社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 映画「ガタカ」を彷彿とする近未来の話。
エロいというか、セックスというテーマが避けて通れない分、とっつきにくさ、というかあまり人にお薦めしずらくもあるかもしれませんが、
この作品が「ただ、エロい」とか「くだらない」とかいう感想しか持てない人は、個人的に信用できん、というか考え方の概念が違いすぎるんだなぁ、とすら感じる。
バニーボーイさん 9点 [全巻 読破](2010-02-03 00:04:51)
1.徳弘さんのギャグは苦手なんだけど、これに関してはかなり引き込まれた。

たぶんセックスを前面に押し出したことが功をそうしたのだと思う。狂死郎と志乃はバーチャルリアリティの世界で出会って愛し合うようになるものの、どんなに求め合っても結局はバーチャルでしかなく、生身では触れ合うことができない。セックスはできるのに、満たされているようで満たされていない。快楽を重ねるごとに誤魔化せない寂しさと空虚感が積みあがる。お互いにさんざんひどい目に遭っても助け合うわけにも行かず、独りではないとわかっているのにどうしようもなく独りだ。だからこそ死地を乗り越えて志乃に会いにいく狂死郎の愛が、切実なまでに真に迫ってくる。大筋ではお涙頂戴のラブストーリーでしかないはずなのに強い説得力があり、ほとんど息苦しいほどだ。

下品なギャグがてんこもりだから楽しく読めるけど、実はとんでもなく切ないラブストーリー。これでシリアスタッチだったら読むのも辛かっただろう。徳弘正也以外には誰にも描けない、唯一無二の傑作恋愛漫画だ。
no oneさん 9点 [全巻 読破](2007-11-29 01:45:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 2人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
92100.00%
1000.00%

Copyright(C) 1997-2022 JTNEWS