みんなのシネマレビュー Menu

チャーリーとチョコレート工場

Charlie and the Chocolate Factory
2005年【米・英】 上映時間:106分
平均点: / 10(Review 302人) (点数分布表示)
コメディアドベンチャーファンタジーファミリーリメイク小説の映画化グルメもの
[チャーリートチョコレートコウジョウ]
新規登録()【V】さん
タイトル情報更新(2015-11-24)【ESPERANZA】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ティム・バートン
キャストジョニー・デップ(男優)ウィリー・ウォンカ
フレディ・ハイモア(男優)チャーリー・バケット
デヴィッド・ケリー〔男優・1929年生〕(男優)ジョーじいちゃん
ヘレナ・ボナム=カーター(女優)バケット夫人
ノア・テイラー(男優)バケット氏
ミッシー・パイル(女優)ボーレカード夫人
ジェームズ・フォックス〔男優〕(男優)ソルト氏
ディープ・ロイ(男優)ウンパ・ルンパ
クリストファー・リー(男優)ドクター・ウォンカ
アダム・ゴドレー(男優)ティービー氏
アナソフィア・ロブ(女優)ヴァイオレット・ボーレカード
ジュリア・ウィンター(女優)ベルーカ・ソルト
ジョーダン・フライ(男優)マイク・ティービー
アイリーン・エッセル(女優)ジョゼフィーンおばあちゃん
藤原啓治ウィリー・ウォンカ(日本語吹き替え版【DVD】)
清川元夢ジョーじいちゃん(日本語吹き替え版【DVD】)
山像かおりバケット夫人(日本語吹き替え版【DVD】)
咲野俊介バケット氏(日本語吹き替え版【DVD】)
石塚理恵ボーレガード夫人(日本語吹き替え版【DVD】)
小林修ソルト氏(日本語吹き替え版【DVD】)
内田直哉ティービー氏(日本語吹き替え版【DVD】)/ソルト氏(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
さとうあいグループ夫人(日本語吹き替え版【DVD】)
家弓家正ドクター・ウォンカ(日本語吹き替え版【DVD】)
京田尚子ジョセフィーンおばあちゃん(日本語吹き替え版【DVD】)
永井一郎ジョージおじいちゃん(日本語吹き替え版【DVD】)
福田信昭小売店主(日本語吹き替え版【DVD】)
島香裕ナレーター(日本語吹き替え版【DVD】)
宮野真守ウィリー・ウォンカ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
大木民夫ジョーじいちゃん(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
渡辺美佐〔声優〕バケット夫人(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
家中宏バケット氏(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
篠原恵美ボーレガード夫人(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
中村秀利ティービー氏(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
堀越真己グループ夫人(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
久米明ドクター・ウォンカ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
かないみかバイオレット・ボーレガード(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
三輪勝恵ベルーカ・ソルト(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山口勝平マイク・ティービー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
日高のり子オーガスタス・グループ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
翠準子ジョージーナおばあちゃん(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
竹口安芸子ジョゼフィーンおばあちゃん(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
大竹宏ジョージおじいちゃん(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宝亀克寿小売店主(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
中村正[声優]ナレーター(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』
脚本ジョン・オーガスト
音楽ダニー・エルフマン
作曲リヒャルト・シュトラウス「ツァラトゥストラはかく語りき」
撮影フィリップ・ルースロ
製作リチャード・D・ザナック
ブラッド・グレイ
ワーナー・ブラザース
製作総指揮ブルース・バーマン
パトリック・マコーミック
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクニール・スキャンラン
特撮ニール・スキャンラン(アニマトロニクス)
アンディ・ガーナー(操演)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
デジタル・ドメイン社(視覚効果)
フレームストアCFC(視覚効果)
アサイラムVFX(タイトル・シークエンス部分)
美術アレックス・マクドウェル(プロダクション・デザイン)
アンディ・ニコルソン〔美術〕(美術監督)
ピーター・ヤング(美術)(セット装飾)
ロバート・ドーソン[タイトル](タイトル・デザイン)
衣装ガブリエラ・ペスクッチ
編集クリス・レベンゾン
あらすじ
従業員がいないはずのウォンカ社は、世界中に人気チョコレートを出荷しているお菓子メーカー。工場の中に何があるのか、みんなが不思議に思ってるんだけど、ついにその秘密が明かされる事になったんだ。世界のウォンカ・チョコのどれかに、工場への招待券が5枚だけ入っているんだって! 強運を持つ5人の子供たちは、果たして工場の中で何を見るんでしょう? 鬼才ロアルド・ダールの原作に、鬼才ティム・バートン&鬼才ジョニー・デップが挑むカラフルな原色ブラック・コメディ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
302.《ネタバレ》 結構大人向けな皮肉やユーモアが散りばめられているが、おそらく原作はもっと単純な子供向けなのだろう。どことなく不気味で、いい話に上手くまとめるティム・バートン風味が全開。こういうファンタジック世界の案内人は大概毅然としているものだが、ウイリーはなんでこんなに幼稚な人なんだろうと不思議に思っていると成る程、主人公の少年に導かれて成長するお話だったのね。ティムはこういうのが本当に上手いね。
にしきのさん [テレビ(吹替)] 7点(2016-01-08 00:05:39)
301.誕生日プレゼントのチョコをみんなで分け合う心優しい少年が、拾ったお金でチョコを買うとは、おまえも他の4人と変わらんじゃないかと言いたくなるが、それは置いといて····。 原色のけばけばしさとストーリーの毒々しさが気にはなったが、こういう映画なのだろう。それにしてはハッピーエンドが違和感あり。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2015-11-22 09:07:36)
300.素直に面白かったといえる映画です。目と心を現実世界から連れ去ったうえで為になる教訓が得られたあたりは、漫画日本昔話の欧米版、そのロングバージョンといったところでしょうか。いい年になった大人もオマセな子供も楽しめるでしょう。それにしても思うのは、役を完全に自分のモノにしたうえで好き勝手に暴れる様に演技する役者のパワーは最強なこと。そしてそういう役者を完全に使いこなせる監督と組めば最高の作品ができるという事。映画ってやはり夢のショービジネスであるべきですね。
役者の魂さん [テレビ(吹替)] 6点(2015-11-14 17:05:13)
299.お子様向けのストーリーの中に、有名な映画やミュージシャンへのオマージュやブラックユーモア的演出が随所に込められていて、センスの良さをアピールしたい感が伝わってくる作品でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-26 20:57:23)
298.子どもと見て、子どもが楽しんでいたから
それでいいんだと思う。
miumichimiaさん [DVD(吹替)] 6点(2014-09-05 01:16:58)
297.《ネタバレ》 チョコレート工場の見学という甘く楽しい設定が、毒々しい原色と悪意あふれる展開(子供に対してでも容赦なく制裁を下す)で彩られる中盤までは結構良かったのです。ところがその後、やっぱり家族は大切なんだみたいな優等生的なまとめ方で一気に収束してしまって、いきなりつまらなくなりました。あの設定だったら、途中で消えた子供はそのまま帰ってこないくらいでもよかったと思うし、かりにチャーリーは家族を重視して家に帰るとしても、ウォンカは「だったら俺はそのまま引きこもるよ」と格好良く工場内に1人消えてほしいところでした。
Oliasさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2014-04-07 00:51:11)
296.チャーリーとチョコレート工場
久しぶりに映画を吹き替えで観たせいかすごい違和感。
変な映画をウリしてるわりには既視感のある映像や道徳的なありきたりなストーリー、テーマで興ざめ。
ウンパルンパでは笑えなかったものの失笑とまではいかなかった。
ダニーエルフマンのスコアは安定のクオリティ。
安定し過ぎでスコアが鳴ったとたんあぁダニーエルフマンやなと思ってしまう。
クリストファーリーが健在で少しうれしかった。
すごいお人やなぁ。
そっと・・・チタラダさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2014-04-06 23:57:52)
295.《ネタバレ》 「汚らしくしちゃダメ」「わがまま言っちゃダメ」「大切なのは家族」とまるっきり教養ムービー。知らずに観たオレが悪いのだが、教養系なので先が読めるし退屈だった。
afoijwさん [DVD(字幕)] 3点(2014-01-25 04:06:58)
294.ジョニーディップ出演だけど、そんなにいいかぁ~と思う作品。
夢のチョコレート工場と比べてしまうと、細かい部分はCGで
前作よりは・・・細かいだけで、いいとはいえない。

CGを否定すると、すべての面で前作より劣る作品。
T-zenさん [DVD(字幕)] 3点(2013-08-17 23:24:19)
293.《ネタバレ》 ジョニー・デップファンの人とおつきあいで観に行ったのですが、あら意外に面白いわーという感じです。
子供のころ読んだ本のイメージがそのまんま立ち上がってきたので懐かしい…。
チョコレートがあんまりおいしそうじゃないのがまたいい(笑)
変な歌が頭にこびりついてしまいそうです・・・・。
わがままな子にはもれなく罰が…そしていい子にしてたらもしかしていいことが起こるかも・・・・?な話で子供にも安心して見せられます。(たぶん)
でもいわれなきゃジョニー・デップどこに出てたかわからないというかいつもメイクすごすぎてほんとの顔忘れそうです。
ぺーこさん [DVD(字幕)] 5点(2013-07-14 21:01:22)
292.ウンパルンパのための映画。彼が八面六臂の大活躍。ビックフィッシュと同じように、「父」が重要な要素の映画になっています。ティムバートンにとって個人的なテーマがあったんでしょうか?だったとしても、個人的にはピンとくる映画ではありませんでした。ディープ・ロイの活躍に5点。
ゆうろうさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-05-03 11:49:14)
291.ウンパルンパが生理的に受け付けず・・・。でもテレビでやると観ちゃう系です。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 7点(2012-09-09 01:24:24)
290.ものすご~くいい感じのときの、とんねるずのコントのような映画でした。もちろん、ほめています。はい。
なたねさん [テレビ(吹替)] 9点(2012-08-11 22:08:24)(笑:1票)
289.《ネタバレ》 他人を信じることが出来なくなってしまった天才チョコ職人、ウィリー・ウォンカの造りあげたカラフルでポップでユーモラスだけど、その裏側に恐ろしい狂気を感じさせるチョコレート工場。そこで働くのは、無表情でみな同じ顔をした小人族であるウンパ・ルンパ。そんな迷宮のような美しい世界に迷い込んだ一癖も二癖もある親子たちに、どこか歪んだモラルによって、次々と酷い制裁が加えられていく……。ともすると、とても陰鬱な映画になりそうなのに、天才ティム・バートンにかかると、まるでウィリー・ウォンカの魔法のチョコのように、どこまでも明るく楽しいメルヘンに仕上がってしまうのだから凄い。そんな彼の才能を、盟友ジョニー・デップが他の追随を許さない怪演で見事なまでにサポートしている。一時期、低迷していたティム・バートンが見事なまでの復活を遂げた傑作。大好き。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 10点(2012-05-01 12:36:16)
288.《ネタバレ》 改行表示で読んで下さい。
ティム・バートンは好きな監督の一人、ようやく鑑賞できました。

・独特の世界観は健在
・思った通りの勧善懲悪
・ウンパ・ルンパのミュージカル風の歌(夢に出てきそう)
・わかりやすいストーリー
・歯医者さんは元祖ドラキュラ(笑)
×
・子供向けと見せかけて、実は大人向けな所にフェイントNG
・ちょっと食欲が無くなる
・ウンパ・ルンパがせんだみつおに見えてしょうがなかった。
・ウンパ・ルンパ多すぎ
寸感
大人の絵本と言った印象、親の育て方で子供なんてどうにでもなってしまうと言う
とても辛辣なメッセージを感じました。偏った愛情は人を歪ませてしまうのですね。
ウィリー・ウォンカが一番最たる者だったんですね。

はぶじさん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-26 03:25:25)
287.《ネタバレ》 ティム・バートン独特の美術と世界観。こまっしゃくれたガキどもの招待券の当選の経緯と工場見学中の酷い目の遭い方は、もはやコメディではありません(笑)いわゆるブラックコメディっていうんでしょうね、これは子供向けの作品とは言い難いでしょう。
ウィリー・ウォンカやウンパルンパのキャラクターは強烈で一度見たら忘れられません。たぶんお子ちゃまが観たら人格形成に影響をあたえるでしょう!
ろにまささん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-21 15:36:47)
286.ウィリー・ウォンカは面白いが、全体としては何だこりゃという感じ。テーマがよく分からない。
さわきさん [テレビ(吹替)] 4点(2011-05-23 17:06:26)
285.相変わらずのジョニーデップの怪演はよいが、もう少しストーリーに起伏が欲しかったかも。
あまり印象に残らない映画・・・。
Sugarbetterさん [映画館(字幕)] 6点(2011-01-21 20:24:15)
284.全体的には楽しめたが、やはり子供向けだったのだと思う。テンポもあまり良くないように感じた。
なこちんさん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-15 03:46:11)
283.ウィリーを始め見たとき、ロンブーの淳かと思った。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-22 23:11:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 302人
平均点数 6.51点
010.33%
130.99%
230.99%
3134.30%
4237.62%
53912.91%
65417.88%
76922.85%
85718.87%
93110.26%
1092.98%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.10点 Review39人
2 ストーリー評価 6.04点 Review49人
3 鑑賞後の後味 6.64点 Review50人
4 音楽評価 7.54点 Review57人
5 感泣評価 4.16点 Review36人

【アカデミー賞 情報】

2005年 78回
衣装デザイン賞ガブリエラ・ペスクッチ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS