みんなのシネマレビュー Menu

北斗の拳

Fist of the North Star
1995年【米・日】 上映時間:92分
平均点: / 10(Review 139人) (点数分布表示)
アクションSFファンタジーカンフー漫画の映画化
[ホクトノケン]
新規登録()【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-01-21)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督トニー・ランデル
キャストゲイリー・ダニエルズ(男優)けんしろう
マルコム・マクドウェル(男優)りゅうけん
鷲尾いさ子(女優)ゆりあ
コスタス・マンディロア(男優)しん
クリストファー・ペン(男優)じゃっかる
メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ(男優)
クリント・ハワード(男優)
トレイシー・ウォルター(男優)
神谷明けんしろう(日本語吹き替え版)
古川登志夫(日本語吹き替え版)
鈴木みえ(日本語吹き替え版)
鈴木富子(日本語吹き替え版)
鷲尾いさ子ゆりあ(日本語吹き替え版)
原作原哲夫
武論尊
脚本トニー・ランデル
ピーター・アトキンス
撮影ジャック・ヘイトキン
製作渡邊亮徳
東北新社
製作総指揮一瀬隆重
ジョエル・ソワソン(共同製作総指揮)
企画黒澤満
特撮ジョン・C・ハーティガン(特殊効果)
スタントジョニー・マーティン
ツヨシ・アベ[スタント]
J・J・ペリー
その他ツヨシ・アベ[スタント](アシスタント)
あらすじ
ケンシロウがシンをやっつけて世紀末覇者になる話(笑)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
139.《ネタバレ》 アハハほんとスゲーねこれは(笑)今回ご縁あって鑑賞することができました。まぁなんとかギリギリ北斗の拳っぽい?気がするっちゃあするけど、後半は単なるカンフー映画?な感じで全く「奥義」感ゼロが痛い。原作はとーっても面白いだけにあの世界観を実写で実現するのはやっぱり無理かな~(残念)。無理を承知か否かは分かりませんが、それでも実写化に踏み切った勇気wととっても力演していた日本の名だたる声優たちの見事な仕事ぶりに拍手。でも1点以上は無理ですゴメンナサイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2015-01-20 22:03:20)(笑:1票)
138.《ネタバレ》  先にレビューを全部読んでから映画見ました。あまりに面白いレビューだったので、本当なのかなーって。ウワサの真相解明!みたいな・・・。
 で、ウワサは本当でした!ピップエレキバンみたいです!まさにです!酸性雨で地面溶けてる!バットが死んだ!リュウケン銃殺された!全部本当のことじゃないですかー。すっきりしたー。なんかもう感動です。こんなにすっきりしたのは久しぶりです。見てよかった。
 で、見た感想なんですけど。
 ・・・なんか、ちょっと面白かった。僕頭おかしいのかなー。
たきたてさん [DVD(字幕)] 5点(2014-02-04 01:43:57)(笑:2票)
137.ギャリック砲撃ちまくるアンパンマンみたいな映画です。
nokkyさん [DVD(字幕)] 0点(2013-09-03 12:40:13)(笑:1票)
136.原作を理解も愛してもいない者が名作を台無しにするのはもうやめてくれ。
それでも『デビルマン』よりはマシか。
ゴキブリとゲジゲジほどの差だけど。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 1点(2013-02-17 23:01:39)
135.《ネタバレ》 監督、脚本を初めとした製作陣は原作を読んでいるのだろうかと疑ってしまうほど駄作に仕上がっている。少なくとも本作で『北斗の拳』を名乗って欲しくない。
・リュウケンがシンに銃殺されるってどういう事よ。
・北斗神拳にせよ、南斗聖拳にせよ、単なるカンフーじゃないんだよ。
・リンとルイを混同するな。(うむ~、これを書くと天帝篇まで読んでいることになってしまうなぁ。)
・バットを殺すなよ。
・シンを単なる悪役にしちゃダメだろう・・・ なんといっても「強敵」(『とも』と読む)なのだから。
最後に本作をまだ見ぬ方に言っておく。「この映画はもう死んでいる。」
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 0点(2011-08-20 18:19:22)
134.《ネタバレ》  『パンチ1発で人間をコナゴナにする男の話』程度の知識しかなかった当時は、『へぇ、北斗の拳ってこう言う話だったんだ』的な感じで見てた記憶が・・・。
 まだ映画の『え』の字も知らず、純粋無垢な少年だった当事は意外と楽しかったです・・・・まぁ今思い起こせば文句無しの0点。
 ただ『あんな出来』の作品にも全力で演技していた神谷さん達声優陣の熱意に敬意を込めプラス1点。
ムランさん [ビデオ(吹替)] 1点(2011-01-28 12:05:31)
133.なるほど。どっちつかずだ。中途半端だ。死盆を見習えってんだ。シベ超見習えってんだ。緒方直人を見習えってんだ。片岡礼子の乳でも見習えってんだ。
3737さん [CS・衛星(吹替)] 3点(2011-01-06 23:38:15)(笑:2票)
132.《ネタバレ》 圧倒的なつまらなさになすすべもなく惨敗(寝た)。レビュアーの【目隠シスト】さんも書かれていましたが、一番面白かったのがDVD冒頭の「本編が古いので、お見苦しい点が~」うんぬんのテロップ。確かにお見苦しかった。ピップエレキバンにか見えない胸の傷にも失笑。いさ子さんがエセ外国人風の「ケンシー↑ロゥ」という発音で天丼かましてくれるのもひき笑い。あんた日本人だろ。あ、そうそう例の北斗百烈拳らしきペチペチ敵を小突くシーンは吹き替えにするとそれなりに見れます。声だけ。
<追記>すみません、寝たとか書くのはだめなのですよね、管理人様失礼いたしました。
ちゃんと最後まで観ましたよ、2倍速で。
ヒナタカさん [DVD(字幕)] 0点(2010-07-14 18:39:11)(笑:5票)
131.噂通りの駄作ですが、かの有名なトントン百烈拳のシーンだけは期待を裏切らず爆笑1点(笑)。あと個人的に実写「デビルマン」よりは上という点で+1点。
movie海馬さん [ビデオ(字幕)] 2点(2010-06-08 15:38:08)(良:1票)
130.巻き戻して百烈拳のシーンばっかり繰り返し見ました。内容は1点。笑えたので+4点。
SINさん [DVD(吹替)] 5点(2009-09-17 22:06:44)
129.妻投稿■昔々、私という美人(自称)の奥さんがいながら、いつもいつもテレビに出てくる女性タレント見て鼻の下を伸ばしている旦那様がいました。彼にこの映画を見せました。その後に私は神谷明風(毛利小五郎じゃない方)におごそかにこう言いました。「この映画を見ただけで変な妄想ばっかしている変態野郎の脳味噌を7秒後に爆発させる秘孔を突かれた事になる。貴様が変態でない男性ならば生きて見せよ」。7秒後の旦那の反応。「たわべっ」・・・・・死ね!!←以上レビューではなく単なる愚痴でした((~_~;))。
はち-ご=さん [ビデオ(字幕)] 3点(2009-08-01 22:24:04)
128.吹き替えの声が結構似てるんです。メイキングが教材ビデオみたいで面白かったです。
spputnさん [DVD(吹替)] 6点(2009-05-20 02:10:57)
127.《ネタバレ》 垂れ目のケンシロウに、ふくよかむちむちのシン、鷲尾いさ子なユリア、童貞臭漂うバット、空中浮揚リン、銃殺されるリュウケン、なんちゃってジャギ等、登場人物だけ見れば確かに「北斗の拳」なのだが、明らかに「北斗の拳」に似せた別作品。

オープニングの「リュウケン銃殺」に始まり、クライマックスの「ケンシロウ、北斗神拳を使わずシンを撲殺」まで、ありとあらゆるツッコミ所を仕掛けて楽しませて(愕然とさせて)くれました。

まさしく「YOUはSHOCK!!!!!」な内容でした。

蛇足ながら書かせていただくなら、DVDについている映像特典(60分以上ある豪華っぷり)を、是非ご覧頂きたい。

「ケンシロウの愛とシンの愛の間で揺れている[ジュリア]の気持ちが…」とコメントしている鷲尾いさ子の「実はよく解っていないんです感」が、もしかしたら今作品中で一番の「YOUはSHOOOOOOOOOCK!!!!!!」なのかも知れません。(愛で空が落ちてくるレベルの)

怪作。
aksweetさん [DVD(字幕)] 1点(2009-05-07 10:01:29)(笑:1票)
126.《ネタバレ》 ケンシロウの肉体が現れた瞬間に「ああ、もうダメだ」と思いました。
そして彼の表情を見た瞬間、もう気分は撃沈です。
物語の見せ場であろう“偉大な宿命”みたいなものは感じなかったです。“血で血を洗う伝承者争い”もありません。「友」も描かれていません。

シンが師承を銃殺する場面とか、全然わかってないですねぇ(僕も分かってないけど)。
シンはケンシロウが「友」と呼んだ男ですから、あんなクソな事はしないと思うのです(あれはジャギのやりかたです)。

バットは酷いブ男です!タコかと思いましたよ!最低です、、、。
リンも天帝の娘ですから本来は神のような高貴な存在なんですが、、、。
だからバットにはショタ系のヤンチャ少年を、そしてリンには絶世の美少女を起用するべきだったでしょう。
ケンシロウの「ユリア~」という弱々しい●モっぽい叫び声は何なのでしょう?泣きそうじゃないですか。とても弱弱しい絶叫です。
そして「お前はもう死んでいる」と言った時の、フフン♪と得意気な、ちょっと嬉しそうな表情は何なんでしょうか(まあ、僕の気のせいですね)?
シンの「ユリア」が「ジュリア」になってるじゃねぇか!
シンの役やった人は“ユダ”に似ていると思います。

B級なんてもんじゃありませんが(G級位かと)、町の荒廃した雰囲気はB級っぽくて良かったです。
全体的に汚くて臭そうです(とくにバットが)。
バットを勝手に殺しちゃいました。バットは死ぬときも汚かったです。
デブのジャッカルさまが良い感じに声を張り上げておりました。

って、ただ拳法アクションを撮りたかっただけじゃん!、、、北斗神拳じゃねぇし。
まあそれでもアクションはなかなか魅せる部分もあるかも。
雰囲気作りも頑張っているようですし。肖像画で独裁者っぽさを演出したりと、美術等は頑張っていたような印象です。
悪党が村人を襲う場面での暴力シーンはちょっと良く描けていたと僕は思います。クソですけど!
大人気コミックの映画化なんてこんなモンなんです。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 1点(2009-03-06 03:52:11)(笑:1票)
125.《ネタバレ》  この映画を見て、投げやりな、そんな気にさせられたのは間違いない事実で、良く話すようになったクラスメートの女の子に電話を掛ける勇気が出なかったのはきっとこの映画のせいに違いない。きっとそうだ。
 ケータイとか、メールだとか、そういうのがまだほんの黎明期だった。夜、彼女に電話を掛けるか掛けないか、それは非常に大きな問題でありほんとのところ非常にどうでもいいことでもあるのだが、便利な年代になってこないとそのあたり全然気がつかなかったりするからしょうがない。
 悩んでいるつもりの時間の、使っているつもりになっている時間以上に速く進む時計はモーターが壊れているとしか思えないほど容赦がない。そんな時間を使っている位なら映画でも観ようと、昼休みの学食で急に始まった北斗の拳ゲームで二回目のジャギ様を出してしまった罰ゲームをカーキのバッグから取りだした。で、それが間違いだった。

 丑三つ時にこれを見終わった時、俺はなんてことをしてしまったんだと、してもしょうがない後悔をひとしきりすると先送りにしていた風呂に入った。「あーしょーがねーな」と口先だけは気にしない。
 髪を乾かして布団に入って具体的にてイラッと来たわけだ。何しろ観ている間のショックは、詐欺師に何度も胡散臭い説明をされている当惑に、だまされている実感が隠されているような物だったからだ。そしてようやく容赦なくこの映画を罵倒してやろうと思ったのは事実であり、やっぱめんどくさいから一瞬でやめたのも事実だけど良い判断。それを受け止める側の級友は一瞬で電話を切るだろう。
 本当は映画なんか観ないで彼女に電話してしまえば良かったのだけど。

 だけど後にわかったことだが、あのとき北斗の拳ゲームで勝った他の友達皆が何らかの形ですぐにこの映画を観ることになる。その呪いのビデオを観た友人は次の日口数が少なく、イライラしていた。そして全員が見終わった時、二度と北斗の拳ゲームが行われなくなった。全員が無言でお茶をすする止まった時間に誰とも無し、ぽつりとこの映画を語り始めた恐ろしい午後を僕は忘れない。
 実はあの夜、同じ時間に彼女もこれを観ていた。6限が終わって二人だけで帰った夕方に、この映画が二人を結んだんだ。

 とかそんな訳ないから。たのむから210円返せ。
黒猫クックさん [DVD(字幕)] 1点(2009-01-01 17:55:13)
124.ケンシロウのヒゲ面をみていたら、ほもおだほもおを思い出した。
茶畑さん [DVD(字幕)] 0点(2008-02-19 23:23:28)
123.友達3人でお泊り会の時借りてしまったこの1本。
むっちむちで胸にエレキバンを貼った汚いヒゲ面のおじさんと
汚いバットと鷲尾いさ子が安キャバ嬢のような格好してた事しか記憶にない。
どぶん子さん [ビデオ(字幕)] 1点(2008-01-30 14:46:09)
122.《ネタバレ》 多分映画の歴史上に名を残す超駄作。そもそもシンとの闘いで終わる様な半端にも程がある展開の時点で本気で面白く作ったとは思えん。北斗の拳に釣られて見に行った自分も自分だが
イカロスさん [映画館(字幕)] 0点(2007-08-18 21:37:22)
121.夜、寝ないでDVDで、”ソドムの市”との2本立て。疲れた。インポテンツになった。同窓会に出た。”おとなのおもちゃ屋の入り口にカモフラージュでおいてある、エッチでないビデオ棚の、色褪せたタイトルのビデオたち”。栄光と忘却。"笑1票”もらったので、追加。ヨハネスブルグ、ダーバン、市街地や、バクダット市街地や、リオのファベーラや、マニラやプノンペンの奥の方の路地裏や、歌舞伎町5階建て雑居ビルのとある一室、等のほうが、怖いかもしれない。じっさい! また追加!もう、この手の作品(?)のレヴューとなると?、いかに短い文章で?、多くの笑いをとれるかいなかに注目してしまう。????
男ザンパノさん [DVD(字幕)] 3点(2007-07-07 00:05:03)(笑:1票)
120.圧倒的にケンシロウが似ていません。本物のケンシロウはそんな奇妙な動きはいたしません。まるで五木ひろしとロボ五木並みに違います。本来はブルース・リーをお手本にしたという迫力ある拳闘ポーズも、まるで決まっていません。一歩間違えれば「飛びます、飛びます」です。ウワサのペチペチ百列拳も、聞きしに勝る酷さでした。あんなヘッポコパンチでは、相手の血行がじんわりと良くなるだけです。ただのセラピーです。また、金髪で色黒でジェット・リー似のバットとケンシロウの背丈があまり変わりません。ケンシロウが小さいのか、バットが大きいのか、それは解りません。なお、私が観たのは吹き替え版ですが、主要キャストは、アニメ版の声優さんが担当されていました。神谷明さん、古川登志夫さん・・・さぞお辛かった事でしょう。もっとも、アフレコ現場で一番肩身の狭い思いをしたのは、自分自身のセリフを吹き替えた、鷲尾いさ子本人だったかもしれませんが。
ぶらきさん [ビデオ(吹替)] 1点(2007-06-24 04:03:55)(笑:5票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 139人
平均点数 1.24点
05942.45%
14028.78%
21812.95%
385.76%
442.88%
575.04%
621.44%
700.00%
800.00%
900.00%
1010.72%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.33点 Review3人
2 ストーリー評価 1.85点 Review7人
3 鑑賞後の後味 1.55点 Review9人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 5.00点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS