みんなのシネマレビュー Menu

僕と彼女とオーソン・ウェルズ

Me and Orson Welles
2008年【英・米】 上映時間:112分
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマ小説の映画化
[ボクトカノジョトオーソンウェルズ]
新規登録()【HRM36】さん
タイトル情報更新(2012-11-26)【+】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・リンクレイター
キャストザック・エフロン(男優)リチャード・サミュエルズ
クレア・デインズ(女優)ソニア・ジョーンズ
ベン・チャップリン(男優)ジョージ・クールリス
エディ・マーサン(男優)ジョン・ハウスマン
ケリー・ライリー(女優)ミュリエル・ブラッセラー
イモージェン・プーツ(女優)ローレライ・ラスロップ
マイケル・ブランドン(男優)レス・トレメイン
サスキア・リーヴス(女優)バーバラ・ルディ
ゾーイ・カザン(女優)グレタ・アドラー
撮影ディック・ポープ
製作リチャード・リンクレイター
マーク・サミュエルソン
製作総指揮スティーヴ・クリスチャン〔総指揮〕
ジョン・スロス
特撮フレームストアCFC(視覚効果)
衣装ニック・イード
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 「彼女」を加える邦題が微妙にひどい。さてオーソン・ウェルズという人物の「感じ」はよく伝わってくる。彼はこの映画で描かれたような強引な感じのままに映画界に進出したのであろうし、その「強引な感じ」による「革命的な」映画手法が長回しだったわけだ。
ひと3さん [DVD(字幕)] 5点(2012-10-08 12:38:08)(良:1票)
1.大好きなBefore/Afterシリーズのリチャード・リンクレイターです。みずみずしい青春をうまく切り取っていると思いますが、「ふーん」で終わってしまいました。あとちょっと何かがほしいところでした。クレア・デインズがちょっと合っていないと思うのですが、、、
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-01-18 14:23:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
52100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS