みんなのシネマレビュー Menu

キリングゲーム(2013)

Killing Season
2013年【米】 上映時間:85分
平均点: / 10(Review 8人) (点数分布表示)
アクションサスペンス
[キリングゲーム]
新規登録()【目隠シスト】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督マーク・スティーヴン・ジョンソン
キャストジョン・トラヴォルタ(男優)ベンジャミン・フォード
ロバート・デ・ニーロ(男優)エミール・コヴァチ
マイロ・ヴィンティミリア(男優)クリス・フォード
音楽クリストファー・ヤング
撮影ピーター・メンジース・Jr
製作総指揮アヴィ・ラーナー
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
ジョン・トンプソン〔製作・(I)〕
配給ショウゲート
美術カーク・M・ペトルッチェリ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 18年間、ずっと捜したよ、血眼になってな。ようやく奴の尻尾を捉まえることが出来た。これからどうするかだって?決まってる、ハンティングに行くのさ――。1995年、泥沼の民族紛争が続くボスニア・ヘルツェゴビナ。かつてそんな狂気の戦場に従軍したフォード大佐は、心に深い傷を負ってアメリカへと帰って来るのだった。以来、大自然に囲まれた山奥の山荘でひっそりとした生活を営む彼の元に、〝あの男〟がやって来る。そう、ボスニアの戦場でフォード大佐と因縁浅からぬ関係にあったあの男が…。鬱蒼と茂る森を舞台に、ボスニア紛争に端を発するそんな2人の男の命を懸けた“キリング・ゲーム”をスリリングに描き出すネイチャー・アクション。ロバート・デ・ニーロ&ジョン・トラボルタの夢の競演ということで今回鑑賞してみたのだけど、いやー、なんなんですか、このショボい出来上がりは(笑)。だいたいこの2人ってボスニアで何があったんですか?最後まで観たのに、いまいちよく分からなかったんですけどー。核となる部分がこれなので肝心の物語が盛り上がるわけもなく、その後の2人の森の中での決死の追跡劇もけっこうトホホな理由で立場が入れ代わったりするものだから、観ているこちらとしてはもう苦笑するしかなかったです。だって、トラボルタとか相手が狙っているのを分かっていながらワインを取りにノコノコ姿を見せて、案の定弓矢で射抜かれたりするんですよ!対するデ・ニーロもせっかく相手を捕まえて机に縛り上げたのに、自分で斧を打ち下ろして間違ってそれを切っちゃうってどんなけアホやね~~~ん(笑)。脚の傷にロープを通してそれで木に吊るしたり、両頬に矢を貫通させたりといった、無駄にグロいシーンが多いのにも辟易です。挙句、最後は中途半端に薄っぺらい反戦メッセージを残して終わり…。うーん、何年かに一本、こういうネイチャー系の鬼ごっこ映画が出て来ますが、その中でもかなりレベルの低い作品でございました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 3点(2015-05-10 17:08:43)
7.アクションでもない。かといってシリアスでもない。簡単に言うと山場がどこにもない。ストーリーもアクションシーンもカメラワークももちろんCGも。主役の二人がもったいない。90分なのに長く感じた。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-03-08 16:20:27)
6.2大俳優が森の中でセルビアの復讐をするシンプルな内容なのですが、内容が酷すぎて2大俳優なんて使わなくても撮影出来た映画ですね、でも使わないとB級映画になるから使ったような作品でした。
SATさん [DVD(字幕)] 2点(2015-02-21 20:54:28)
5.《ネタバレ》 セルビア人元兵士と元アメリカ軍人が森でバトルする話。
大御所俳優を使ったC級映画。
最後まで盛り上がらずこいつら何したかったの?といった印象。
SASUKEさん [DVD(字幕)] 3点(2015-02-14 02:24:45)
4.話は至ってシンプル。デニーロとトラヴォルタが目当てで観ただけなので、まずまずの出来でした。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-01-18 21:16:59)
3.《ネタバレ》 ヒゲを生やすとトラボルタのトラボルタらしさが薄まって良くない。
脚縫いが痛い!ほっぺ貫通にびっくり! 上映時間は短いものの、アクションというよりシリアスな反戦ドラマ要素が強い。時間配が足りなかったのでは? もっともっと殺し合いが観たかった。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-20 10:03:52)
2.《ネタバレ》 予告編を見る感じ、強烈な恨みを抱えた男による復讐劇という内容でかなり面白そうだったので観てみたんですけど、悪い意味と予想が違ってましたね。いや、このオチ自体はいいんですよ。戦争は全てを人を罪人にさせる、それ故に相手を赦すというそのメッセージはちゃんと伝わったし、合点できる意図ではあるんだけど、こちとら普通に娯楽作品を目的にしてましたからね。トラボルタからはそれほど怒りが伝わってこないし(ただの狂人ぽい感じ)、なにかの拍子で立場が入れ替わって形勢逆転することが度々あるのですが、それがどれもこれもまぬけなんですよ。何してんねんこの人たち、って思っちゃう。そんで終盤の夜中のアクションも暗すぎてよくわからないし。「貫通」する痛々しいシーンだけがやたらと脳裏に焼き付いた、そんな作品でした。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-08-12 22:18:04)
1.やばい・・・この映画はやばすぎる・・・。
なんたる罠!なんたるデニーロ&トラボルタという甘美な響きを利用した策略!
この二人レベルの俳優が集まって、ここまで酷い映画とは予想できなかった・・・。
そりゃあ公開直後にDVD化されるわ。
アクションがつまらないこともそうだが、トラボルタのセルビア訛り(?)がひどすぎる。なにせセルビア語喋れない自分がひどいと思うってことは相当やばい。その設定いる?ファミリーガイ見てるのかと思うようなアクセント。この訛りだけでシリアスさは吹っ飛びますよ。それにあの訛りで相当喋り合いますからね。
はぁー、なんて俳優の無駄遣い・・・。監督誰か知らないけど、もったいないことをしてくれたもんだ。しかし俳優も途中からこの映画やばいなと思ってたのかな?気合が感じられない(笑)。がっかり感を考えると二点です。
ronronvideoさん [DVD(字幕なし「原語」)] 2点(2014-01-10 15:37:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 3.75点
000.00%
100.00%
2225.00%
3337.50%
400.00%
5112.50%
6225.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS