みんなのシネマレビュー Menu

リベンジ・マッチ

Grudge Match
2013年【米】 上映時間:113分
平均点: / 10(Review 15人) (点数分布表示)
アクションドラマコメディスポーツもの
[リベンジマッチ]
新規登録()【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-11-10)【イニシャルK】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・シーガル
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)ビリー・“ザ・キッド”・マクドネン
シルヴェスター・スタローン(男優)ヘンリー・“レーザー”・シャープ
ケヴィン・ハート(1979年生)(男優)ダンテ・スレート・Jr.
アラン・アーキン(男優)ルイス・“稲妻”・コンロン
ジョン・バーンサル(男優)B.J.
キム・ベイシンガー(女優)サリー・ローズ
アンソニー・アンダーソン(男優)ミスター・サンドペーパー・ハンズ
LL・クール・J(男優)フランキー・ブライト
マイク・タイソン(男優)本人
菅生隆之ビリー・“ザ・キッド”・マクドネン(日本語吹き替え版)
佐々木功ヘンリー・“レーザー”・シャープ(日本語吹き替え版)
伊藤健太郎ダンテ・スレート・Jr.(日本語吹き替え版)
坂口芳貞ルイス・“稲妻”・コンロン(日本語吹き替え版)
高島雅羅サリー・ローズ(日本語吹き替え版)
土田大B.J.(日本語吹き替え版)
原作ティム・ケルハー(原案)
脚本ティム・ケルハー
音楽トレヴァー・ラビン
撮影ディーン・セムラー
製作ピーター・シーガル
ビル・ガーバー[製作]
マーク・スティーヴン・ジョンソン
マイケル・ユーイング
製作総指揮ジェーン・ローゼンタール
ケヴィン・キング・テンプルトン
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクマシュー・W・マングル
美術ウィン・トーマス(プロダクション・デザイン)
衣装メアリー・E・ヴォクト
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.大好きこの映画。主人公の2人の駄目オヤジそのまま映画。
ダメなところだらけなんだけど、そのダメな所がこの映画のいいところでもある。
こんなオッサンがそばにいたら、いい飲み友達になれると思う。
間違いない、この2人ならいい友達になれるよ。そういう意味で8点。
ひろみつさん [映画館(字幕)] 8点(2016-11-19 14:40:39)
14.《ネタバレ》 まさに老人版のロッキーとレイジングブルの構図。
ボクシング俳優の2大共演。老いぼれたとはいえそれだけでも食えるな~。あったかいコメディでよかったよ。
ラストのタイソンさん出演はマジびっくりした。耳齧り事件ね。
濤声さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-09-25 23:59:32)
13.《ネタバレ》 ロッキー・バルボアとジェイク・ラモッタが古希を迎えようかというジジイになってからリターンマッチ!これはもうファンにとっては夢(悪夢?)の対決でございます。この妄想ストーリーはおそらく以前からハリウッド業界人の中で画策されていたんじゃないかと思いますが、このタイミングで実現したのはいろいろ大人の事情があったのかもしれません。でも撮影時でスタローン67歳デ・ニーロ70歳ですから、これは年齢的にもギリギリのタイミングだったのかと思います。 ストーリーはもう予想通りの両俳優というかロッキー&ラモッタのセルフパロディが全開ですけど、散りばめられた小ネタが判っていても観て愉しいんです。また大げさな芝居を見せまくる両名優の間で、ちょこまかと二人を完全に喰ってしまうアラン・アーキンはさすがの快演でした。クライマックスの試合はもう“後期高齢者級”と呼ぶしかない壮絶な殴り合いでしたが、デ・ニーロがそれなりに体を作っているところはさすがです。でも冒頭でスタローンとデ・ニーロの過去戦を見せる映像があるんですけど、顔だけ超不自然なCGをくっつけていたのには爆笑でした。 そして忘れちゃいけないのがキム・ベイジンガー、この人撮影時でもう60歳なんですよ!とってもそんな歳には見えない若々しさですけど、まさかこの人現代のラクエル・ウェルチなのかな(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-03-28 22:26:35)
12.《ネタバレ》 ○ボクシング映画でそれぞれ名声を手にした二人が共演。しかもこの年になって。その事実を映画の設定に組み入れているわざとらしさはさておき、感慨深いものがあるかなぁと思ってたらそんなこともなかったというのが率直な印象。○ここ10数年ほどのデ・ニーロの変な路線がそのまま悪い方に出たような感じで、スタローンはいつも通り。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-05-17 15:56:00)
11.《ネタバレ》 デ・ニーロとスタローンの競演はもちろん、菅生隆之&ささきいさおが渋くてカッコいい。セルフパロディてんこ盛りでマニアには堪らない映画。生卵一気飲みは苦しそう、生肉は殴るもんじゃないと諭されるなどちょくちょく笑わせてくれます。コメディであると同時にちょっといいヒューマンドラマでもあり、多芸なデ・ニーロと不器用そうなスタローンのコントラストも見事。逸話としてアカデミー作品賞にノミネートされていた「タクシードライバー」が「ロッキー」にかっさらわれたという背景があり、ファン的には浅からぬ因縁を感じる。デ・ニーロの方から執拗に再戦を訴えるという図式も痺れる。あの決着はどんな意味があったのだろう。勝敗不明のまま終わっても良かった気がする。「ウォーキング・デッド」を見ている人ならジョン・バーンサルの吹き替えもちょっとした小ネタ。リックの声のシェーンにはなかなか感慨深いものがあります。エンドロールでのまさかの大物競演は大変驚きました。やはり映画は予備知識無しで見るべきだなと再認識。元ネタは分からなくても概ね気楽に楽しんで見られる良作だと思います。
にしきのさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2015-05-03 16:46:02)
10.《ネタバレ》 「ロッキー」のスタローン、「レイジング・ブル」のデ・ニーロですからね。この二人がボクシング映画で競演!となりゃ観ないわけにはいきません。内容はセルフパロディ的なものとなっており、ファンとしてはにんまりするネタもちらほら。でもなにより、二人の年齢を考えると、率直に凄い!と言わざるを得ません。老人力というやつでしょうか。老いなんか忘れちまったぜ!みたいな。世のおじいちゃんたちがみんなスタローンやデ・ニーロみたいな感じだったら、高齢化社会も怖くありませんね。ちょくちょく笑かしてくれるし、ダンスするデニーロ、再度のおしっこネタ、そんでラストのサプライズ登場という終わり方の流れが素晴らしかったですわ。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2014-11-02 23:06:01)
9.2大俳優のコメディ。ぼちぼちですね。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-10-25 00:24:04)
8.この映画のディスクのジャケットを2度見しない様な方は多分全く楽しめないんでしょうね。大物役者対決&過去作品のオマージュ&あまり考えない娯楽&鑑賞後の何も無い感じ…、良い!
SINさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-09-18 02:58:09)
7.《ネタバレ》 スタローンVSデニーロは、往年の「ロッキー」VS「レイジング・ブル」。30年の時を経て、因縁のぶつかり合い。決してきれいな汗ではなく加齢臭が漂ってオッサン臭いが、熱さは伝わってきた。生タマゴ一気飲みや、ぶら下がった食肉などロッキーのオマージュがあった。血と汗と涙のフィナーレ後に、まさかのマイク・タイソン。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-31 22:17:21)
6.ロッキー5よりは、はるかに面白かった。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-08-23 22:11:42)
5.本作を見てわかったことは、豊富な人生経験は、時に才能をも凌駕するということです。主演2人のうち、役者としての能力が高いのはデ・ニーロの方なのですが、映画の中で自分がやるべきことをきちんと理解できているのはスタローンの方でした。スタローンは、90年代に『オスカー』と『刑事ジョー/ママにお手上げ』を大失敗させた経験からコメディに向かないことをよく自覚しており、本作ではあくまで受け身に徹しています。あらゆるタイプの映画への出演経験のあるアラン・アーキンを脇に置き、コメディパートは専らアーキンにお任せしているのです。アーキンの下ネタのキレは絶好調であり、おかげでレーザー側のドラマはそれなりに笑いながら見ることができました。他方、デ・ニーロはコメディ演技全開でスベりまくっています。演技派として不動の地位を持ち、目立った失敗をしてこなかったデ・ニーロは、演技をやりすぎてしまっているのです。デ・ニーロが笑わせる気マンマンでオーバーアクトをしてくる度に、とても残念な空気が流れていました。キッド側のドラマはあまり面白くありませんでしたね。。。
以上の通り、本作で笑えたのはアラン・アーキンが出ているところだけであり、コメディ映画としては残念な出来だったと言えます。だからと言って完全にダメな映画かと言えばそうでもなく、往年のスターが顔を揃えたセルフパロディ映画としては決して悪くない仕上がりでした。1976年のオスカーを争ったスタローンとデ・ニーロを競演させ、その間にはキム・ベイシンガーを挟むという気の効きすぎたキャスティング、その3者に均等に見せ場を与えた演出バランスの良さなど、スター映画としては堅実な作りとなっています。また、スタ×シュワの『大脱出』に期待したが得られなかったものが、本作にはちゃんとあります。設定や役名は違うものの、観客の側でジェイク・ラモッタvsロッキー・バルボアと脳内変換して見られるよう、気の利いた小ネタをいくつも挟んできているのです。70歳のデ・ニーロを裸にし、現役のアクション俳優であるスタローンとのファイトをやらせたことも大きなポイントだし、さらにはエンドロールにとんでもない大ネタを仕込んできたことにもお得感があり、その溢れんばかりのサービス精神には素直に感動しました。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2014-08-23 00:40:03)(良:1票)
4.「ロッキー」の最終作みたいに、年をとっても俺たちは負けないんだ……みたいな感動がなかったのは個人的に残念。体格的にスタローンはよかったけど、デ・ニーロはやっぱり、お爺ちゃんにしか見えなかったからかな。でも肩肘張らずに観れる楽しめる作品でした。ラストに登場するサプライズゲストもグッド。観終わって何も残らなかったけど、損はしなかった作品です。
クロエさん [DVD(吹替)] 6点(2014-08-21 00:46:34)
3.デ・ニーロとスタローンが共演!?それもボクシング映画だって!?もうこれだけでお腹いっぱい。御馳走様でした。内容は思っていたよりはしっかりと作られていた。時々ロッキーのネタなんかもあり楽しめた。何よりも驚いたのは、中年太りのデ・ニーロがけん垂を黙々とこなしているシーン。ラストのダンスシーンはCGぽかったけど、このけん垂はマジでやっていて、そうとう努力したんだろうなって感動した。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-10 22:50:46)
2.折角のファイトシーンも俳優のシェイプアップも、
ロッキー完結編のインパクトの後ではかなり分が悪い。

トレーニングメニューや練習場所のロケーションも様々に趣向を凝らすが、
これもやはり二番煎じだ。

それでも随所に散らばるユーモアがいい。
それらの積み重ねが、逆にふとシリアスになるシーンを活かしている。
特にアラン・アーキンの軽妙な芝居が絶品だ。






ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2014-05-03 00:17:16)
1.この組み合わせなのに、CMも見たことなかったし、都内で上映している映画館もめちゃくちゃ少なかったので、かなり残念な映画なんだろうと予想していました。それが返って良かったのか、思ったよりいい感じでした。映画が最も熱かった頃を代表する2人を見て育った世代にとっては、最初から最後まで、どこかで観たことのある、嫌味ではなく懐かしい感じのシーンが続き、何となくホンワカした気持ちになります。一方で、少し前までこの手の映画は、「おっさん達が年甲斐もなく頑張っちゃってる系」という印象だったのが、40も過ぎて、世間一般の区切りとしては親の世代と同じ領域に入ってきていることを実感し始めるにつれて、この懐かしさの裏の切なさみたいなもので、少し胸が苦しくなったりして。CGや凄い音響設備がなくても、あの頃は良かったなぁなんて、思わせてくれる作品でした。
マー君さん [映画館(字幕)] 7点(2014-04-09 00:28:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 6.40点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
416.67%
5213.33%
6320.00%
7853.33%
816.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS