たかの開発にっき

 

四月は君の嘘

見ましたよ。

結論からすると思ったより悪くなかったです。
良いところ悪いところは存在しますが。

悪いところは

11巻もある原作(アニメも22話もある)を
2時間に収めないといけないので、
カットしまくらないといけないので、

ダイジェスト感がやばいです。
演出や脚本もなにやら慌ただしい。

自分は原作をしっかり読んでるので補完できますが
初見の人は分かるんでしょうかねぇ。

かをりちゃんの嘘も
フリが効いていない(渡を好きに全く見えない)ので
効果的に働いてないです。

あとしょうがないですが
演奏シーンは映像と音楽が微妙にあってない感じがするので
違和感がかなりあります(カット割りでだいぶごまかしてますが)

逆に良かったのは

改変はなくはないですが、
ひどい改変はなかったのと、

椿の演じた人はイメージにえらいあってました。

あと、ラストシーン直前のセリフは
なんかぐっと来ました。

って感じでした。

なお、劇中の音楽はアニメの方がかなり好きです

以下原作との違い(★は映画でも同じであってほしかった項目)※大体は尺的にしょうがない項目かと

・紘子さんが最初から有馬公生の母親代わり。渡や椿とも既に知り合い
・宮園かをり達が高校生(原作は中学生 ※キャスティング上しょうがない)
・宮園かをりの髪の色や性格(暴力的ではない)
・宮園かをりが公正を最初見た時にピアニカを強く吹きすぎて涙がでていない(★)
・公園の上で吹いていた曲が「ハトと少年」ではない(★)
・宮園かをりが有馬公生の前で初めて引いた曲が「ヴァイオリン・ソナタ第9番〈クロイツェル〉第1楽章」ではない(★)
・さらに伴奏付きではなくソロ演奏(二回戦は伴奏付き)(★)
・演奏中しゃべりまくる音楽関係者(原作では想像してるだけ※一部除き)(★)
・花を届ける少女なし。公正の感想も会場で特に伝えない。待ち伏せ時に伝えるので、宮園かをりの手が増震えてるという事もなく、渡と一緒に帰る事もない。褒め方も直接的(原作はおしゃれな褒め方)(★)
・ケーキ屋さんで弾いたきらきら星を一人で演奏
・屋上で有馬公生を説得するシーンは影から出て行くのではなく、最初から陽のあたる場所。宮園かをりは特に泣いてない(★)
・さらに渡、椿は公生を一緒に探さない(チャリは用意)
・母ちゃんの死神感はなし(★)
・宮園かをりが演奏後倒れない
・宮園かをりの両親の掘り下げカット(※尺考えるとしょうがないけど、ここらへんが好きだけに残念)
・椿が早めに嫉妬(原作は海岸沿いで気づく※こっちが圧倒的に好きだけど尺考えるとしょうがない)
・公正の初ソロコンサートらへんもカット
・スヌーピーの名言らへんもカット
・椿の彼氏もカット
・相座兄妹、井川 絵見、諸々の先生とか三池もカット。三池がカットなので、宮園かをり欠席の説得先が審査委員長
・当然相座・井川の演奏もカット、連弾もカット。
・チェルシーとか猫関係も全面カット
・「いちご同盟」に関するエピソードカット
・宮園かをりが一日退院して公平と外出する場所のデート感強い(★)
・一日退院後再度病院へ(原作は二人乗りで帰る)
・椿の告白後の心境が後悔(原作では前向き)
・カヌレなし
・公正と渡が御見舞に行くシーンがカット(つまり宮園かをりの病状が悪化するシーンカット)
・公平が「君」ではなく「宮園」と呼ぶ(★ お互い君呼びじゃないとタイトルのミスリード的に良くないかと)
・さらに告白しちゃう(原作は「君に会いたいんだ」ぐらい)(★)
・演奏中有馬公生が宮園かをりの幻想を見て色々気づくのがちょい後(★)
・一緒に映った写真なし
2017-04-24 00:43:13 | 映画関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

放送禁止 - ワケあり人情食堂

待望の新エピソードがこの間放送されてました。
これの扱いをどうしたものか(連続ドラマではないけど、SPドラマなのか?)

ってことでブログで感想を。

今回は世にも奇妙な物語みたくナビゲーターが存在しますが、
この番組を知らしめる上では必要だと思うのですが
昔からのファンはこれ結構邪魔だったんじゃないですかねぇ。

データなどの真実部分を巧妙にいれていて
ドキュメンタリーだと思っていたものが違うものに見えていく感じだったり

違和感を何度も見直して自分なりに組み立てていく感じが良いのですが、
今回そこを説明しちゃってますからねぇ。
それでも、楽しめるのがこのドラマの良いところです。

以下伏線やら小ネタです。(がっつりネタバレしますので、見てない人は是非ドラマを見てから見て欲しい)

◯登場人物の簡単なおさらい
・心さん(肝っ玉母ちゃん)→暗殺者。大富豪の関係者(もしくは嫁?)
・亜佐雄さん(旦那)→実は3人いる。大富豪の優秀な部下→だから海外のメニューが出せる
・日奈子(バイト)→大富豪の子供
・トクさん(ゲイ)→暗殺に利用されたかわいそうな人→酒が入ると自制が効かない
・グエン(留学生)→大富豪を殺した犯人。→wikiによるとベトナム人の姓らしい
・フェイ→彼氏の暴力におびえている→このエピソードのバックボーンをだいたい話してくれる
・ガブリエル→暗殺に利用されかかえた人→神の人という意味の名前だけどあまりそこは関係ない

◯お店に関する部分
・店名は等々食堂→answer answer食堂→アンサーツー食堂
・人生の答えは一つじゃない。答えは二つある→アンサーツー
・answer two→アンサーツー(全部暗殺)
・メニューが状況でコロコロ変わる(頭文字)
 ・ひょうてきはぐえんおやのかたき
 ・ぐうぜんをよそおってあんさつせよ
 ・もくてきはたっせいした
・2年前にオープン→富豪が殺された年

◯途中の解説に関する部分
・基本ここのデータは真実(そこが良い)
・外国人同士の争いが多い→ガブリエルにグエンを殺させようとした伏線

◯心さんに関する部分
・下手な鉄砲も数打ちゃ当たる→グエンを必ず窓際に→トラックとか突っ込んでくる事を期待
・トクさんの相談だけ諦めさせていた→これが結果グエンを狙わせる事
・相談中後ろでたまに移る赤いジャージ?みたいな人の正体は不明
・相談者側の窓がちょっと割れていた事も不明

◯亜佐雄さんに関する部分
・グエンの横にある窓に移る客も3人のうちの一人
・ガブリエルにご飯を届ける時に後ろにいたのも3人のうちの一人
・ガブリエルが暴れた時に抑えるのも3人のうちの一人
・グエンとトクさんの告白後土手にいたもの3人のうちの一人
・つまりグエンを監視したり、暗殺に利用できるものを調査していた役回り
・心さんとふたりでアサシンみたいな名前

◯日奈子さんに関する部分
・2年前からバイト
・グエンを鏡越しに監視
・心さんのインタビュー中、亜佐雄さんと話ししていたのは、色々指示していた感じがする。
・ガブリエルが暗殺試み中、グエンを押し出す
・ガブリエルが暗殺に失敗した時に手ぬぐい?をバーン
・最後のお店を遠巻きに映るシーンを見ると、全ての指示を出してる感じがする

◯トクさんに関する部分
・グエンがガブリエルに暗殺されかけた時に寄り方が近すぎる
・心さんグエンいけるで。って説得されていたぽい
・振られた時も酒飲まされて、まだいけるでって言われていた予感

◯グエンに関する部分
・色んな暗殺パターンを試されている感じ
・微妙に日本語使えないので、トクさんへの文句も心さんからすんなり受け入れる

四月は君の嘘の直前SPを見て(漫画の実写化)

たまたま深夜でやってたので見ました。

'これ見て思いましたが、劇場に見に行くかどうかはおいておいて(多分見ない)
レビューしずらいっすね。

ロンド・カプリチオーソを演奏してるのに
ハトと少年演奏してないじゃん!とか

演奏シーンが変じゃん!とか

かをり金髪じゃないいのかい。とか

公生が宮園と呼び捨てするのは違和感(原作では、ずっとお互い「君」と呼んでいて、タイトルの君がどちらの君かが意図的にわからないようになっている)とか、

二時間の尺に収めるとしたら
井川 絵見とか相座 武士がいないんだろうなぁ。とか

大事な◯◯のセリフ・エピソードがカットされてる!とか

漫画とアニメと比べそうですしねぇ。

なので、作品としての正当な評価がしづらいなぁって思いました。
※アニメの音が聞こえないシーンを水の中にいる表現はとても良かったですし

なお、「君の名は。」と客層と放映時期がかぶってるのがちょっと可哀想

あと直前SPはとてつもなくネタばれしてますよ。
2016-09-12 22:55:15 | 映画関連 | コメント(0) | トラックバック(0)

リオ五輪

リオ五輪

ついに終わってしまいました。
結果を知らずに録画を確認したり、リアルタイムで見たのは柔道(全試合)と水泳と男子体操ぐらいですが
ダイジェストとか見た結果、メダル数にも現れてますが大活躍で良かったと思います。

基本的に五輪では技に感動してすげーって思うことはあっても
感動して泣くまで至らないのは

この五輪までの経緯をずっと追っていないのが大きいですね。
ミルコvsヒョードルとか、2014年ホークス最終戦はやっぱりずっと追っていたので感動して泣きそうでした。

で、今回の五輪で印象に残った分を抜粋してみました。(メダル獲得瞬間とかは省略しています)

<水泳>
・男子400m個人メドレー

<体操>
・金メダルの内村選手に失礼な事を言ったインタビューワーに二位の人が切れているシーン
・予選で落下した後の、内村選手の個人決勝における鉄棒の着地(腰痛そう)

<柔道>
・大野選手の一本を狙い続ける柔道。と決勝で勝って畳を降りるまでの振る舞い(侍のよう)
・ベイカー茉秋選手のホークス五十嵐に激似っぷりと、決勝勝利時のはしゃぎっぷり
・金メダル獲得でも険しい顔のままの井上康生監督
・井上康生監督と篠原の直前トークスペシャル
・海老沼選手のうちわ
<テニス>
・錦織選手の3位決定戦

<卓球>
・銅決定後の愛ちゃんのインタビュー
・水谷選手の異次元なラリー

<バトミントン>
・女子ペア 決勝の試合

<レスリング>
・伊調選手の決勝残り数秒
・吉田選手の敗戦とインタビュー(悲しいというより何か寂しかった。※千代の富士が負けた時と同じ感覚)
・吉田選手の敗戦に号泣する登坂選手(可愛い)
・吉田選手に勝った相手選手のコメントとコーチがダルビッシュの嫁

<400mリレー>
・ジャマイカを抜いた時の予選の走り
・決勝のリレー
・決勝後に握手を求めるボルト選手(格好良い)

<女子陸上5000m>
・転倒した選手を助け、完走を励ます選手(これぞ五輪)

<閉会式>
・東京五輪に関する煽りV(RIOがMARIOになる辺りとか)※アナウンサーの説明はいらなかった(テンポが悪い)

ポケモンGo と Ingress

日本でもようやく公開されましたね。
自分も始めました!

で、システムの元になったIngressもやっていますので
その比較をなんとなくしてみます。

◯ とっつきやすさ

・ポケモンGo
ポケモンを捕らえる/成長させる/ジムで他と戦わせる。とシンプルな構成な上
ポケモンなのでとっつきやすいです。

また説明が丁寧です。

・Ingress
最初英語な上(今ローカライズされてる)、最初良くわからない上
レベル8になるまでチュートリアルみたいなものなので
非常にとっつきづらいです。

レベル4になるくらいまで攻撃も全然効かないので、何してるんだろう感があります。

◯ プレイヤーとの遭遇

・ポケモンGo
とっつきすい上、あんなけニュースで報道された影響で
参加者が恐ろしく多いです。

しかも上下にフリックする操作が結構激しい人が多いので
丸わかりです。

が、プレイヤーと分かったとしても、
この人もやってるんだーぐらいなもんです(ジム壊された!?とかはあるかもしれませんが)

・Ingress
ポケモンGoに比べたら少ないですが、
ポータル付近で牛歩になるのと連打してるのでそれなりに分かります。

Ingressは取るか取られるか。の世界で
しかも所有意識が強いので、殺伐しまくりです。
サムライの精神に近い

◯ 課金性

・ポケモンGo
課金アイテムを入手できる仕組みを作った上で
課金しやすいように設計されているように思えます。
※Nianticボロ儲けしてそう。

・Ingress
課金しなくても十分楽しめるので、
あんましてないんじゃないですかねぇ。

◯ 戦略性

・ポケモンGo
ぶっちゃけ、よく分かっていないです(´,,・ω・,,`)
レアポケモンの情報を入手してそこにいくって感じですかねぇ

・Ingress
intelマップを眺めながら、ここを壊して、こっからいっきにフィールドを4つぐらい作って
その先の中立取って。みたいな戦略練りまくりです。

勤務地までの移動の間のポータルキーはポータルあたり5個とかもって
いつでもリンク貼れる状態にするとか

そこがIngressの魅力でもあります。

◯ 総括

ポケモンGoやったばかりな上
機能改善の余地もかなりあるので
まだ分からないですが

現時点ではIngressの方が楽しいです。
旅行行く楽しみをここまで上げるツールは素晴らしいです。
2016-07-26 19:36:22 | 雑談 | コメント(0) | トラックバック(0)