運び屋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 運び屋
 > (レビュー・クチコミ)

運び屋

[ハコビヤ]
The Mule
2018年【米】 上映時間:116分
平均点:7.33 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-08)
公開終了日(2019-06-19)
アクションドラマサスペンス
新規登録(2019-01-06)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-06-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
キャストクリント・イーストウッド(男優)アール・ストーン
ブラッドリー・クーパー(男優)コリン・ベイツ
ローレンス・フィッシュバーン(男優)
マイケル・ペーニャ(男優)
ダイアン・ウィースト(女優)
アンディ・ガルシア(男優)
アリソン・イーストウッド(女優)
タイッサ・ファーミガ(女優)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
桐本拓哉(日本語吹き替え版)
相沢まさき(日本語吹き替え版)
鈴木れい子(日本語吹き替え版)
宮田浩徳(日本語吹き替え版)
脚本ニック・シェンク
製作クリント・イーストウッド
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.いや~なかなか面白かったですよ。
87歳のクリント・イーストウッドがシンプルに仕上げた、誰が見ても理解できるドラマです。
87歳で娘と孫がいるなんて設定がおかしいんじゃないかと思ったのですが、娘役はアリソン・イーストウッドだったんですね。
私は吹き替えで見たのですが、いくらイーストウッド=山田康雄だからって、それを無理やり波多野洋平さんに担当させるのは
少々強引だったように思います。
上手かったですけどね。
まだまだ現役で頑張ってもらいたいなぁって思いました。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2019-12-02 09:52:50)
15.《ネタバレ》 実話がベースになっているんですね。
麻薬カルテルとDEAが出てくる割には緊迫感はなく、始終のんびりした雰囲気なんですよね。
高齢の運び屋アールという人のキャラを楽しむような映画でした。

「伝説のじーさん」昔、こんなじーさんがいて・・・と語り継がれるような人の話。
イーストウッド自身、すでに伝説の人なんだけれども、まさにイーストウッドならではのキャラクターで
ニタニタしながら観てました。
監視役になったフリオも無事に生き延びれば年を取った時、アールのことを語るようになるんだろうなと
思わずにはいられない。
頑固で毒舌で、いいカッコしいで外面は良く家族は蔑ろ。孤独になる要素満載のじーさんなんだけれども
基本善人で頭も柔らかい、フリオもサルもいつのまにか一緒にいるとどことなく癒される存在のようになっていく。
イーストウッドは男同士の共感、男から慕われる男を描くのが抜群に上手いと思う。
脇役もすごいね、ダイアン・ウィーストもアンディ・ガルシアも年取っちゃったな~~
結局12回だったかな?イリノイ州からメキシコあたりまで往復したんですね、
高齢者には長距離過ぎで話の筋よりそっちにハラハラしてしまいました。
イーストウッド監督の新作が年明けに公開されるのかな?たのしみです。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2019-11-30 14:09:05)
14.《ネタバレ》 いい余韻の残る映画でした。
イーストウッド御年89歳
若い頃は、マグナム銃をぶっ放していましたねぇ。
これ程、銃が似合う人はなかなか居ません。

本作では、残り少ない人生の中で善と悪の境界線が曖昧になってしまった老人役
しかしながら、本来善人であり家族思い
何とも、いい味わいを出していました。
イーストウッドに枯れた演技をさせたら、右に出る俳優がいませんね。
TerenParenさん [DVD(字幕)] 8点(2019-11-10 14:57:51)
13.《ネタバレ》 90歳にしてアメリカ最大の麻薬密売組織の運び屋となった男を実話を基にして描くクライム・サスペンス。監督・主演を務めるのは、もはやハリウッドの生ける伝説と言っても過言ではない御大、クリント・イーストウッド。名作『グラン・トリノ』で名実ともに俳優業からは引退と思っていましたが、まさかこんな役でカムバックするとは嬉しい驚きですね。沢山の家族に囲まれ枯れた余生を謳歌するような幸せな老人ではなく、ひりひりするような綱渡り生活を続ける麻薬の運び屋役というのがまた彼らしい。ストーリー自体は極めてシンプル。でも、無駄を削ぎ落したその物語はとてもサスペンスフルで最後まで引き込まれて観ることが出来ました。ここらへんは長年の経験がなせるベテランの技なのでしょう。いつ、この爺さんが事故っちゃわないか、いつ警察にバレて窮地に陥ってしまわないか、あるいはいつヘマをして麻薬組織から酷い目に遭わされはしまいかと終始ハラハラしっぱなしでした。その中で、最初は反発し合っていた監視役のチンピラと、何気なく一緒にポークサンドを喰ったことでほのかな友情が芽生えるというエピソードはなかなか微笑ましい。そして終盤、長年連れ添った元妻の危篤を知った主人公が葛藤の末に取った行動には、本当に胸が締め付けられる思いでした。ここには90年がむしゃらに生きてきた老人の生き様がしっかりと詰まっている。ブラットリー・クーパーやアンディ・ガルシアといった、油の乗った俳優たちも彼の前では単なる引き立て役になっていたのも凄いことだと思います。人生の深い哀歓を感じさせる、渋みに満ちた人間ドラマの佳品でありました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2019-09-25 21:52:15)
12.《ネタバレ》 外では人気者で家では厄介者。自由気ままな旅暮らし。あれ?まるで寅さんじゃん。でも唯一違う点は、寅さんは決して悪事に手は染めない。とはいえテキヤ稼業も3割はヤクザみたいなもんだけど。(^_^;)

実話を元にしているし、いくらなんでもこのまま何事もなく終わるわけないっていうのは分かってはいても、それでも感情移入しすぎて、なんとか逃げおおせてくれって、真面目な話何度も何度も祈っちゃいましたよ。いやぁ~恐るべし、イーストウッド様。

ただ、一度黒いトラックがやたら止められている光景を目撃しておいて、そのまんま黒いトラックを使用した点が気になって気になって仕方なかった。そもそもあれだけの組織なんだから逆に警察無線の傍受や、スパイや情報屋がいてもいいと思うんだけど、なんか悪い奴らにエールを送るわけじゃないけど、もうちょっと頭使えよな!て思っちゃいました。

いろいろと良いシーンはあるんだけども、個人的に一番好きなのは、ナチ総統閣下呼ばわりしていたフリオに旨いチキンバーガーを食べさせてあげたところ。年代や人種や多様な弊害があったとしても、旨いものを分かち合うことで生まれる連帯感や信頼感みたいな、もうね言葉なんかいらないんですよ。ああいうのホント好きです。

ただなぁ~なんだろう、めっちゃ良い映画なんだけど、ラストの法廷での家族の対応。特に娘さんは散々嫌っていたんだから今までのお金が実は犯罪で得たお金だって知ったら、もっと嫌いになってもいいはずなんだけどな~。それとも悪いことしてでも家族のために頑張った、とでも脳内変換しちゃったんだろうか。あの園芸農園だって汚いお金で買い戻したんだし、それって世間にバレちゃうんじゃないの?そんな農園のお花を買ってくれる人や評価してくれる人たちが現れるんだろうか。てまあ余計なことまで妄想させられちゃいました。恐るべし、イーストウッド様。
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2019-09-03 13:25:01)(良:1票)
11.ストーリーが単純かつ分かりやすくて気軽にみられて楽しめた。映像や音楽も良かった。
ホットチョコレートさん [DVD(吹替)] 8点(2019-08-17 16:23:03)
10.《ネタバレ》 「グラン・トリノ」がもう10年以上前の作になるんですか。彼の作でも、こういう風に年をとったらいいじゃん(困難だけど)という人生の手本をいただいたような気がしていましたが、本作でもそう。「チクショー」って言いながら、車転がして「あちこちに行く」。年齢と戦わず、年齢を味方につける。クリント・イーストウッドの佇まいがカッコいいのが説得力だとは思います。しかし、とにかく。健康第一。病床の奥さんとのシーンも良かった。
なたねさん [DVD(字幕)] 8点(2019-07-25 22:17:00)
9.《ネタバレ》 ボスが変わるのをスイッチにしてガラリと緊張感が出てくる。それまでは、ヤバいことをしながら楽しんでいるような。その後はいつどうなるか分からない展開になるかと思いきや・・・・ 違いました、これは家族の話です。観終わった後、あのオープニングからの数分を思い出す。そして、イーストウッドの映画は、印象に残るセリフがいつも多いですね。
ラグさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2019-06-24 22:31:41)
8.《ネタバレ》 もう90歳に近いのに監督して主演するバイタリティは何処から。その存在感はB・クーパーもすっかり脇役扱い。ただ、やっぱりお年を取りましたね。ブレーキとアクセルを間違えて踏まないかとハラハラして観てました(失礼!)。にしても、イーストウッド映画はいつも音楽がいいなあ。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 8点(2019-06-21 23:33:59)
7.《ネタバレ》 これはイーストウッド御大による、人生の教訓、教えですね。
とは言っても、決して目新しいことを言ってるわけではなく、至極普通の教えなんですけどね。
でもそれを目上の人にいちいち口で言われても、全然響かない。
それどころか、「ま〜た老人が若い人にグチグチ言ってるよ」みたいなね、そういう気持ちが私は湧いてきちゃうんですけど、
こうやって物語としてそれを伝えてくれると、全く押し付けがましくないんですよね。すっと心に染み込んでいく。
苦味はあり芳醇なコーヒーを寒い日に飲んで、それが体に染み渡っていくように、御大の伝えたいことが心地よく入っていく。
見終わった後のこの満足感。イーストウッド御大、今回もまた素晴らしい映画と良き教えをありがとうございます、と手を合わせて感謝致しました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2019-06-20 20:06:18)
6.《ネタバレ》 イーストウッド、単なる犯罪映画ではない家族との関係、繋がりを感じさせる映画作りには感心させられた。犯罪組織とのやり取りも笑える事を放つ。組織の一人に頭痛のタネとか言われたら、医者で見てもらえみたいな事を言って笑わせたりする。そして、命の危険な立場であるにも関わらず、別れた元奥さんの最期を看取る為に家族達の元へ戻ってくる素晴らしさ、お金で何でも買えたけど時間は買えない。この台詞こそこの映画の一番、言いたかった事だと感じることができる。それもイーストウッドが語るからこそ説得力を感じさせるのだ。イーストウッド歳を取っても変わらないかっこ良さ、この映画を見て、あんな風に自分も歳を取ってもかっこ良く生きていくことができたらと思う。この映画はイーストウッドが監督し、自身も主人公を演じるからこその映画であって、他の人ではここまでの説得力は感じないだろう。
青観さん [映画館(字幕)] 8点(2019-03-20 21:51:17)(良:2票)
5.サスペンス映画かと思ってたら、家族ドラマで、素敵だなぁ~・・・っと、胸にぐっとくるところもありました。
イーストウッドがすげぇいい味だしてて、はまってたと思います。
まだまだ現役でいてほしい。
へまちさん [映画館(字幕)] 8点(2019-03-17 19:33:01)
4.《ネタバレ》 ★あれ、「グラン・トリノ」で主演は打ち止めじゃなかったっけ?それで「えー、なんだよー」と思って「グラン・トリノ」は辛い点を付けたんだけど・・・まあいいか(笑) ★面白かったです。さすがに往年のタフガイみたいなマネは出来ない(時代的にも)なんだけど、悪党相手にも物おじしない態度、女性に対する粋なセリフ(まあ今の基準からはセクハラとも言われかねないが)、それに比べて家族に対するぎごちない言動、そして(わざとだろうけど)差別的なセリフもぜんぜん躊躇ないとか、いかにも「イーストウッド」演じる主人公、らしくって。 ★やっぱりこの映画のキモは、90歳の老人が主人公、ってとこなんですよね。二十歳の若造がこんなことしててもこの馬鹿としか言えないんだけど(いや老人でもばかなんだけど)、人生の終境(造語)に入っていてもこんなことしちゃうってのがね。さすがにマグナムぶっ放して解決、とはいかないんだけど、いろんなトラブルも運と機転で乗り切ってくとこなんか地味なストーリーながら面白かった。 ★映画の最後に流れる歌では、「老いを受け入れるな」って歌ってるんですよね。やったこと(運び屋)はもちろん悪いことなんだけど、あのイーストウッドでさえこんなよぼよぼした老人になっちゃうのに、それでも妙に物分かりのいい、好々爺とかになっちゃわないし。 ★最後、裁判で自分から有罪と宣言したのもかっこよかった。エンドシーン、刑務所で花を植えてるのは笑いました。「家族が一番大事」って繰り返し言ってるんだけど(自分を追ってきた~はずの~捜査官に対しても・・・ここは脚色かな?)懺悔のわりにはそうなってないとかね。 ★まあこれだけ無茶しながら最後は家族と和解しちゃうとこはちょっと出来すぎかなあと思いますけどね。いや、ほろっと感動きましたよ。よかったんですけど・・・ハッピーエンドになると思ってなかったんで(笑) ★PS、マフィアのボス?の携帯、i-phoneのあのおバカ着信音・・・もっとマトモなのにしとけよー!!
wagasiさん [映画館(字幕)] 8点(2019-03-16 21:40:45)(良:1票)
3.《ネタバレ》 映画としては、ドラッグ絡みの犯罪ドラマとして、また家族をテーマにしたヒューマンドラマとしても、特出した傑作とは言えません。だから本作はあのC・イーストウッドが監督し、そして主演していること、もうとにかくこれに尽きます。ついでに実話を伝えることはあまり重要ではなくて、老人アール・ストーンを語り部として、イーストウッドが自らの人生を顧みるような、そんなお話。 (少ないとは思うが) 彼を全く知らない人が本作を観るなら、主人公はただの身勝手な老人で終わるのでは? ただの年寄りで、マグナムを抜けないだけならまだいい。何しろ、その奔放さから家庭を崩壊させ、ヤクの運び屋となり、差別用語を連発して3Pまでして、その上で若者にはお説教するという、トンデモないじじいです。実在のアール氏は知りませんが、このすこぶる自虐的なキャラ設定は誰もが愉快に観ていたことと思います。そして何度も何度も、しつこいほどに繰り返される運び屋稼業。なぜこんなにリピートするのか?それは、続けていてはよくない、もうやめなければいけないと思う時もあったが、 "大金を渡すことでしか家族に顔向けできない男" にとって、それを続けるしか他に方法がなかった、と強く伝えようとしています。老人が抱える苦悩や後悔は、今のイーストウッドの心境を投影しています。思えば「グラン・トリノ」が、映画史上、正義の名の下に多くの人を殺めてきた男による、 " 俳優 C・イーストウッド " としてのけじめならば、本作は俳優としてではなく、ただの一人の男としての罪の告白であり改悟の物語と思います。失敗しない人間はいません。僕らも、聖職者も、そしてC・イーストウッドも。でも、、(反面教師的に・・) 過ちのない人生なんてつまらないもの! この老人が話す一言一言、それは明らかに僕らに伝えるべく選び抜かれた言葉であり、決して一映画の台詞に留まらない、とても大きな意味を持っています。
タケノコさん [映画館(字幕)] 8点(2019-03-16 13:54:55)
2.家族との間に生じた溝を修復できないまま年老いた男の人生のケジメの付け方。
本作は実話に着想を得た作品ですが、前回のイーストウッド監督主演作「グラン・トリノ」を思い出した。
名監督イーストウッドの作品に、名優イーストウッドが帰ってきてくれたことがまずは嬉しかった。
相変わらず、イーストウッド演じる男は偏屈な一面もあるが、意外にも犯罪組織の連中と饒舌に接している時や、
鼻唄まじりにヤバいブツを運んでいる最中は妙にユーモラスでのんびりとしている。
ピンとしていた背中も少し丸くなってはきた。もうすぐ90歳。それも当然だろうし、だからこその味もあったと思う。
何度も繰り返される運び屋稼業。その中に挿入される家族との関係や、DEA捜査官との味のあるやりとり。
それらが最終盤になって効いてきます。犯罪組織の連中との関りは不完全燃焼な感もありますが、
それよりも最終盤は家族との関わりとケジメの付け方をじっくり見せる。これで良かったと思えました。
そしてラストに流れる主題歌の歌詞がジ~ンと胸に響きます。
とらやさん [映画館(字幕)] 8点(2019-03-14 16:16:16)(良:1票)
1.さすがイーストウッド監督作だけあってこの映画から得られる教訓やメッセージ性は多い。
基本的には爺さんの説教めいた失敗談を延々と聞かされるようなそんな映画だったが不思議と退屈しない。
構成がシンプルで分かりやすい上にしっかりサスペンス要素が盛り込まれているからだろう。とにかくエネルギッシュなお爺ちゃんの暴れっぷりがサイコー!90歳が撮る映画じゃない。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 8点(2019-03-11 19:12:12)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
512.78%
6719.44%
71027.78%
81644.44%
912.78%
1012.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS