劇場版ポケットモンスター/結晶塔の帝王のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 劇場版ポケットモンスター/結晶塔の帝王
 > (レビュー・クチコミ)

劇場版ポケットモンスター/結晶塔の帝王

[ゲキジョウバンポケットモンスターケッショウトウノテイオウ]
(劇場版ポケットモンスター/結晶塔の帝王 ENTEI)
Pocket Monsters: Lord of the Unknown Tower
2000年【日】 上映時間:70分
平均点:6.78 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-07-08)
アドベンチャーファンタジーアニメシリーズものファミリーTVの映画化モンスター映画ゲームの映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-03-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督湯山邦彦
松本梨香サトシ
大谷育江ピカチュウ
飯塚雅弓カスミ
上田祐司タケシ
林原めぐみムサシ
三木眞一郎コジロウ
犬山イヌコニャース
山寺宏一デイビット
加藤あいリン
薬丸裕英ジョン
竹中直人シュリー/エンテイ
小西克幸マンタイン
西村ちなみジュンサー
豊島まさみハナコ
こおろぎさとみトゲピー
かないみかチコリータ
石塚運昇オーキド博士
愛河里花子ロコン
小桜エツ子エイパム
沢海陽子レポーター
坂口候一カメラマン
関智一ケンジ
矢島晶子ミー
原作田尻智(原案)
脚本園田英樹
首藤剛志
音楽宮崎慎二
齋藤裕二(音楽プロデューサー)
作曲たなかひろかず「虹が生まれた日」/「OK!2000」
編曲たなかひろかず「虹が生まれた日」/「OK!2000」
主題歌森公美子「虹が生まれた日」
松本梨香「OK!2000」
撮影スタジオコスモス
白井久男(撮影監督)
製作宮川鑛一
福田年秀
八木正男
小学館(ピカチュウプロジェクト2000)
メディアファクトリー(ピカチュウプロジェクト2000)
任天堂(ピカチュウプロジェクト2000)
テレビ東京(ピカチュウプロジェクト2000)
OLM(ピカチュウプロジェクト2000)
小田部羊一(アニメーション監修)
プロデューサー松迫由香子
盛武源
吉川兆二
石川博(アソシエイトプロデューサー)
山内克仁(アソシエイトプロデューサー)
久保雅一(エグゼクティブプロデューサー)
川口孝司(エグゼクティブプロデューサー)
制作小学館プロダクション
OLM(アニメーション制作)
配給東宝
作画湯山邦彦(絵コンテ)
玉川明洋(作画監督)
一石小百合(作画監督)
松原徳弘(作画監督)
辻初樹(絵コンテ/原画)
井ノ上ユウ子(原画)
増尾昭一(原画)
高橋英樹[作画](原画)
編集辺見俊夫
JAY FILM
録音三間雅文(音響監督)
その他IMAGICA(現像)
あらすじ
グリーンフィールドの大きな館で寂しく暮らす少女ミー。ある夜、行方不明になってしまった父親シュリーが残した奇妙な文字のカードを並び替えたことがきっかけで、謎のポケモンアンノーンが現れる。すると、グリーンフィールドはみるみる結晶に覆われてしまう。そこへ伝説のポケモンエンテイが出現。父がエンテイになって戻ってきたと思い込んだミーは、「ママが欲しい」と頼む。そしてエンテイはなんとサトシのママを結晶塔に連れ去ってしまう・・・!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.《ネタバレ》 エンティ。過保護ポケモン。アンノーンというファンネルを駆使して幼女を守ろうと頑張る。ミーもワガママ放題で大変。心の壁で塔一つ建ててしまうゆとりパワー。エンティは板挟みのフルボッコで涙目。サトシのママが最強すぎる。

離れていたリザードンがサトシを助けるべく駆けつける姿はカッコイイ!頼りになるな~。一番好きなポケモンはサトシのリザードンだったりする。
すかあふえいすさん [地上波(邦画)] 8点(2014-12-31 18:52:14)
8.家族の絆というテーマがなかなかいいね。どちらかというとバトルがメインになっているけど。
でも、あのエンディングでミーの母親が出てくるのは蛇足だと思った。ミーにとって母親は誰でもよかったのか?そうすると、ミーの印象悪くなるんですけど・・・。
シェリー・ジェリーさん 6点(2004-08-14 10:04:08)
7.《ネタバレ》 親子の絆ものには弱いです。6.5点って感じだけどオマケして7点。いっぱい泣いちゃいました。アンノウンで目が回りそうでしたが。
あかりん☆さん 7点(2004-01-19 21:29:08)
6.ボケーと見ていた一本。パーティから抜けたリザードンが友情出演してくれたり、おいしいところは押さえてある。
流月さん 6点(2004-01-04 18:41:05)
5.2作目が今ひとつだったけど、今回はちょっと盛り返したかな?なかなかいいんじゃないですか?
たかちゃんさん 5点(2003-12-12 22:44:30)
4.竹中直人の声聴きたさに観ちゃいました。なのでエンテイ(パパ)目当てです。幻なのにたっくさん喋ってくれてありがとう!それにしてもポケモンバトルってどこで勝ち負け決まるの?
ぽんこさん 5点(2003-03-24 11:43:07)
3.感想は別にないけど今回は普通におもしろいと思います。エンテイもかなり強かったしね。でも幻のポケモンてなんでしゃべれるんでしょね。。。
バカ王子さん 7点(2002-04-29 13:22:57)
2.泣けるぜ!!!感動巨編だ~!(笑)
ピカァ~~~~!さん 10点(2001-07-22 17:00:31)
1.短編「ピチューとピカチュウ」は、全編に渡ってディズニー映画のような流れがあってなかなかの出来。本編の「結晶塔」は・・・まあ・・・なかなか楽しめたかなぁ・・・もう中学生だしポケモン映画も卒業しなければ。でも来年も見に行くだろうな・・・
プレデターさん 7点(2001-01-24 06:17:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 6.78点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5222.22%
6222.22%
7333.33%
8111.11%
900.00%
10111.11%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS