Menu
 >
 >
 > 君の名は。(2016)

君の名は。(2016)

YOUR NAME.
2016年【日】 上映時間:106分
平均点: / 10(Review 156人) (点数分布表示)
SFラブストーリーアニメ青春もの
[キミノナハ]
新規登録(2016-07-31)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2017-05-11)【イニシャルK】さん
公開開始日(2016-08-26
公開終了日(2017-07-26)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督新海誠
神木隆之介立花瀧
上白石萌音宮水三葉
長澤まさみ奥寺ミキ
市原悦子一葉
悠木碧名取早耶香
石川界人高木真太
てらそままさき宮水トシキ
大原さやか宮水二葉
花澤香菜ユキちゃん先生(雪野百香里)
井上和彦瀧の父
茶風林勅使河原の父
谷花音宮水四葉
原作新海誠
脚本新海誠
音楽RADWIMPS
作詞野田洋次郎「前前前世」
作曲野田洋次郎「前前前世」
主題歌RADWIMPS「前前前世」
撮影新海誠
製作市川南〔製作〕
東宝(「君の名は。」製作委員会)
KADOKAWA(「君の名は。」製作委員会)
コミックス・ウェーブ(「君の名は。」製作委員会)
企画川村元気
プロデューサー川村元気(プロデュース)
制作コミックス・ウェーブ
Production I.G(制作協力)
スタジオカラー(制作協力)
シャフト(制作協力)
テレコム・アニメーションフィルム(制作協力)
配給東宝
作画新海誠(絵コンテ)
安藤雅司(作画監督/キャラクターデザイン)
黄瀬和哉(作画監督)
田中将賀(キャラクターデザイン/オープニング作画監督/原画)
美術丹治匠(美術監督)
編集新海誠
その他IMAGICA(デジタルラボ)
岩井俊二(スペシャルサンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
76.《ネタバレ》 話題の3本。シンゴジラ、この世界の・・、そしてこの作品を見ました。
点数は辛目で、7点かな。
吹っ飛んだストーリーにしたのは良いけど、良く考えると無理が多いので
見ている途中で萎えてしまった。SFではなく、ファンタジーとしての価値?
異性の他人の体で目が覚めたら、いやいやそりゃもう隠せないでしょ。
ていうか表に出られません。出たとしても、自ら精神病院探すかも。
終始その違和感を引きずってしまい、周りの若者たちと同じ目線で見られないのを
悲しむべきか・・ それにはもう年を取り過ぎました。
壮大な出来事の後で、かすかな記憶の女性を目の前にして例のセリフ。
そりゃ感動はしましたよ。ただしつこく使われるJポップが、年寄りにはウザイ。
アニメ版「時かけ」のようなピアノ主体の歌を使えば正解というつもりは無いが
若い世代の感性だと、これが正解なのかもね。これが今の売れ線、王道なのかも。
絵がキレイなのは評判通りでした。でもあまり残らない普通のアニメ感が・・


再視聴して、違和感が更に増えてしまい、もはや評価のテーブルにも載せられない感が。
のっぺりのキャラは置いといて、背景の絵は悪くない。どうにもこの幼稚な脚本に嫌悪してしまう。
聞けば、脚本賞なの? 唖然として言葉も無い・・。 才能ある作家の登場が待ち遠しい。
グルコサミンSさん [映画館(邦画)] 4点(2016-12-16 15:29:44)
75. 話題になっているので見ましたが、どうも入り込めない作品でした。
 世間の評判がよくても、自分が面白いと思うかどうかは別だと改めて感じました。
海牛大夫さん [映画館(邦画)] 5点(2016-12-13 17:27:46)(良:2票)
74.《ネタバレ》 心の中の〝美しい風景〟で綴られたジュブナイルファンタジー

現実よりも鮮やかに光り輝く〝焼きついた一瞬の美しい光景〟
それだけで構成されたようなアニメーション映画だった。
某艦長の言葉を借りれば、なにもかも・・・みな美しい。

その魅力は、新海誠という感性と技術をあわせ持った監督の存在につきるのだが、
ここまでの超ヒットになった要因は、それだけでなく
彼をサポートした老練なアニメーションスタッフの功績も大きいと感じた。
あらゆる年代が受け入れ易いキャラクターをデザインした 田中将賀
アニメーション本来の動きの魅力を作品に付加した安藤雅司。
安藤と共に、青春の躍動感たっぷりにキャラを生き生きと動かした 黄瀬和哉。
物語の構成や演出で的確な助言をしたであろう 岩井俊二。
目だけでなく耳から感情の波紋を広げていった RADWIMPSの音楽。

その全てが見事にかみ合って、強力な魅力を持つアニメーションに結実したのだと思う。
これは間違いなく、宮崎駿が引退して以降で最も〝良く出来た青春ファンタジー映画〟だ。

そして、この作品のもう1つの価値は、マニアックな個人レベルの創作から脱却し
新海監督がアニメーションの表現のレベルを押し上げ、絶大な結果を出したことにある。
「君の名は。」には、2Dアニメが海外で成功するためのヒントが数多く内包されている。
今後それが共有され、洗練されて、日本のアニメーション産業の健全な発展に寄与する事を願うばかりだ。

【追記】
〝今年1番の映画〟は?と聞かれて・・・「シン・ゴジラ」で決まり!と思ったら「君の名は。」が登場。
アニメビジネスの未来を変えるほどの結果を出し続け、快進撃が止まらず、
「君の名は。」で決まった!と思ったら、今度はまったく別次元の「この世界の片隅に」が出現した。
どの作品も革新的で、才能の固まりで、素晴らしい…
できれば、三作品とも1位表彰台に立って欲しい。いや本当にそう思いますよ、ありがとうだよ!

【追々記】
『君の名は。』が見ていて気持ちいいのは、映画を観始めた中学生の頃に好きだったライトな
〝ユルSFラブストーリー〟の感じだからだと思う。批判を怖れずに言えば『君の名は。』は
不思議な運命で結ばれた男女の…とてもスリリングで、素敵でハッピーなユル〜いSF映画。
似ている作品は『タイム・アフター・タイム』や、あの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。
ポイントは、気楽に見れる。深いテーマはない。ご都合主義的ハッピーエンドなんだけど
そこがイイんだなコレ !!
墨石亜乱さん [映画館(邦画)] 8点(2016-12-12 17:08:28)
73.子供の付き添い(と言うことにして)見に行った。
構造的に稚拙で突っ込み所満載の映画。絵はともかくストーリー的な完成度は低い。
記録的ヒットとは裏腹に批判が多いのも頷ける(これはヒット映画の宿命か)。

でも,この映画は私に約10年ぶりのシネマレビューを書かせた。これがこの映画の全てを物語っている。
頭の中で楽しかったなで終わる映画ではなく,自分の心の奥底でなにかが動き始める映画。
君の名は。は後者だった。自分はそういう映画がスキなんだってことが分かった。
願わくば思春期の頃に観たかった。
煮タマゴさん [映画館(邦画)] 9点(2016-12-12 12:09:03)
72.《ネタバレ》 私なら奥寺先輩に惚れます。
先輩をこんな完璧でなく、もう少し普通の人にしてくれぇぇ。
雲の上からさん [映画館(邦画)] 7点(2016-12-12 00:11:03)
71.個人的には雪野先生登場シーンが一番盛り上がった。「言の葉の庭」の後も教師を続けていたのか、元気そうだしよかったと思った。けど、調べてみたら2013年は東京で教師をしている。そもそも故郷は四国だしなぁ。なんで今作では岐阜にいたんだろ?説明がつかない。
カメオ出演は嬉しいけど整合性がないと嬉しさは半減。「君の名は。」と「言の葉の庭」は別世界のパラレルワールドと考えるしかないのか。
たろささん [映画館(邦画)] 7点(2016-12-11 19:15:11)
70.さすがの風景描写で、この作品でもとくに空の綺麗さは際立っています。
色彩や奥行きなどは映画館で観るからこそさらに映えるというもの。
ストーリーも申し分なく、さすがにトップクラスの動員数を誇るだけの見応えがあります。
まあ細かいことをいえばキリがないのですが、そこは割りきって観られるかどうかです。
現代の東京と地方の描写、人物の描写、東日本大震災を思いおこさせるシーンなど多彩で、何度かみないととても消化できるものではない。
透明感のあるRADWIMPSの音楽もこれでさらに世間に知られることになりましたが、昔から囓っていた人間にはこのクオリティーがあたりまえだといいたい。日本を代表する映画にふさわしい名作です。
mhiroさん [映画館(邦画)] 8点(2016-12-10 14:49:24)
69.《ネタバレ》 飛行機でみました。なんで映像が綺麗かどうかは評価にははいっていません。
まあ、悪くなかったです。ただ、そんな大ヒットする程面白いわけではないかなと。
この映画が、今、興行収入の記録を更新し続けて、日本を代表する映画になろうとしているのですが、なんかやだな。
まだ、千と千尋のほうが、日本映画といえばといって違和感なく受け入れられる。まあ千と千尋も初めて見た時はたいして面白いと思わなかったが。

この映画は、もしも東日本大震災の津波を予測できれば的なところから、インスピレーションを受けて作られているのかな?という内容でした。
まあ、それはいいんですが、あまりにもご都合主義すぎの突っ込みどころ満載な映画です。
この新海監督の他の作品もそうでしたが、まあ、内容が薄いというか、細かいところを気にしないというか、
絵は凄い細かいところを気にする割に、ストーリーは全く気にしないという感じの人なのでしょう。

まず一番に突っ込みたいのは「君の前前前世から僕は君をさがしはじめたよ」という歌詞はいんですが、探すの遅すぎだろ!!
最初に二人が入れ替わって何をすると普通に考えると、まず、普通はここがどこで自分が誰で、というところを調べるだろう。
まして、この時代がスマホのある時代なのだから、簡単に場所も、時間も全てが一瞬で分かるはずなのだから。
のんびり、知らない相手の学校や、友人関係等の生活を維持してあげてる場合じゃない。

そもそも、私がこの映画を見る前に、違う場所の人間と入れ替わるというストーリーを聞いたとき、お互いを探しあう映画を想像してたくらいなんで。
せめて、パソコンがない時代1990年代前半くらいの設定なら、まだしも、パソコン全盛期、お互いスマホ持ち。日にちすら気にしない。
あまりにもご都合主義過ぎて、ちょっとひいてしまうほどです。

なんで、まあ、ヒットの要因としてはプロモーションの成功という部分が大きいかなと。
アナと雪の女王もディズニー映画としてはたいして面白くないが、歌部分で大ヒットという感じなんで、
今映画がヒットするためにはいかに、普段映画をあまり見ないライトなにわかの人たちを取り込むかのプロモーションが重要ということを改めて感じさせてくれる映画でした。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 5点(2016-12-07 11:46:27)(良:3票)
68.とても面白かった!
「ただの恋愛もの(ちょっとSF風)」かと思ったら,とても緻密なストーリーに,大胆な構成力。ミステリー好きとしても,大満足でした。
情報量が多すぎて,1度目は「何でいきなり2人はお互いを好きになってるの?」と思いましたが,2度観て,時系列的にも整理できて,スッと飲み込めました。
歌の入り方も,映画ではあまり見ない演出でしたが,これもとてもよかったです。

でも,ごめん,一言だけ。
「家を出る時は,カギをかけてください!」
プランクトンさん [映画館(邦画)] 10点(2016-12-05 13:49:38)
67.《ネタバレ》 子供のおつきあいで遅ればせながら鑑賞。色々とマスコミでも取り扱われているのでどんなものかと期待しながら見ましたが、評価は点数の通りです。絵は丁寧できれいでした。ただ主人公たちの行動にやや違和感を感じ、鑑賞中それがずっと気になってしまいました。体が入れ替わって、入れ替わった相手の情報もお互いそれなりに知っていたのであれば、普通はもう少し色々と行動を起こすのではないかとか、自分の記憶が飛んでいる日に関してもっと気にするのではないかとか、色々と気になる部分はありましたが、一番違和感を感じたのは、「思春期男子が乳揉む程度のそんなきれい事で済むはず無いだろ!」ということでした。まあ、その辺やりすぎると家族では見られなくなるとは思いますが。
丸に梅鉢さん [映画館(邦画)] 6点(2016-12-04 18:56:19)
66.ラッセンの絵のような映画でした。
ピチクンさん [映画館(邦画)] 7点(2016-12-04 15:45:42)
65.ちょっと期待しすぎた感がある。
音楽がちょっとこれRADWIMPSのプロモーションビデオだよなぁ、と感じた。
普通の歌が劇中のあらゆるシーンで流れるためか、それ以外の無音に近いシーンが結構目立つというか気になった。
これが将来的に毎年繰り返しで地上波放映されるかも?と想像すると、少し辛いかな?とも思う。
ただSF的矛盾だとかストーリーの破綻とかそこら辺は無視して素直に楽しむもんだとは思います。
話としてはもう一山、盛り上がりが欲しくなった、せわしない部分も多かった。
とりあえずポスト宮崎駿ではないことだけは絶対に言える。ジブリファンでもなんでもないけども。
この大ヒットが今後の新海監督にどういう影響を与えるか、複雑だ。
終盤、涙もろい乙女脳なおっさんの自分は切ねぇ甘酸っぺぇ!と涙をこらえてたのは秘密である。
HIGEニズムさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2016-12-02 00:11:54)(良:1票)
64.《ネタバレ》 世の中の流れに乗せられて映画館で観てしまいました。なるほど、こういう話だったのですね。下の方も書いていらっしゃるように、それぞれのパーツは、特殊な天体現象、男女の入れ替り、時をまたいだ交信、タイムスリップ、自然災害、歴史改ざんなどなど、どれもどこかで観たような聞いたようなものなのですが、それらをうまく組み合わせると結構なお話が創作できるという典型的な作品でしょうか。特にテレビのサスペンスドラマのように何から何まで主人公が語って聞かせるのではなく、細部は意味不明な部分を残しておいて、観る側に考えさせる余地を残すところが、この作品をここまでヒットさせた一つの理由ではないかと思いました。リピートしたくなる人の気持ちが分かります。

テレビニュースなどでは中高年の人も涙を流していたようですが、残念ながら涙は出てきませんでした。過去にこんな出会いや別れがなかったからなのか、それとも既に感性が枯渇してしまったのか。主人公たちと同世代の時に観ていればまた違った感じ方をしたかもしれません。

それにしても若い人たちって、喫茶店をサテンではなくってカフェって呼ぶんですか。自分が高校の頃にそんな呼び方したらキザかダサイかどちらかだと思われたかも。時代は変わりますね。

追記:地上波発放送で録画してじっくりと観ました
改めて観ると、見ている最中は鮮明に登場人物やストーリーを覚えているのに目が覚めた途端にあっという間に忘れてしまう「夢」というものの特性を巧みに使っている点に感心しました。いつか夢の中で手のひらに文字が書かれて、目覚めて見てみると現実の自分の手のひらにその文字が残っていたら・・・なんて期待する歳では残念ながらないですがね。
一つだけ突っ込みを入れると、技術の進歩の速い昨今、ミツハちゃんはタキ君より3年遅れているわけで、タキ君に入れ替った時に果たして未来の携帯端末やアプリを使いこなせたのか、なんて思ってしまいます。
キムリンさん [映画館(邦画)] 6点(2016-12-01 15:24:35)
63.《ネタバレ》 入れ替わりタイムスリップ記憶の希薄化、ストーリーのプロットはさんざん使い古されたモノの寄せ集めではあるんだけど、やっぱりこの設定は王道で皆大好きなんで心にズシンと響く。自分もやっぱり感動してしまって上映中涙涙涙だった。中途、パラドックスは?とか疑問を持ったり考えないでもなかったけど、その辺りの細部の粗さは横に置いて純粋な気持ちでお話を楽しんだ。メインキャラの作画は平凡だったけど、風景の描写は最高!最高峰!それだけでも感動できる。もはや実写越えるくらいなんだ。聖地巡礼をしたくなる気持ちは十分理解できた。自分もしたくなった。たぶんしちゃう。それくらい物語に感情移入しちゃって、一緒に風景を共有したくなってしまう。神木君のナレーションも素晴らしいなあ、もはや定番化だ。実はメディアでの大ヒットの評判を聞き鑑賞に向かい、どれどれどう評価してやろうかという不純な動機も鑑賞前はあったんで、ハードル上げて身構えたのも事実。でもそんなせこい自我を吹き飛ばして作品に没入してしまった。ちょうど新幹線に乗った時くらいからだ。国民的大ヒットは当然。この作品の心情って、アジアの人にはドンピシャなんでは。三葉のいた町の風景、そして東京の風景、そこにこめられた郷愁や都会へのあこがれ。日本人以上にインパクト与えるかもしれない。中国で大化けしそうな気もする。
タッチッチさん [映画館(邦画)] 9点(2016-11-30 19:30:13)
62.《ネタバレ》 今年は、この映画がシン・ゴジラの次に面白かった。
女の子の良くない未来を変えようと奮闘する点は、何年か前に観た洋画のSFを、少し思い出した。
長く生きていると、それなりにたくさん観てるので仕方ないですね。
だけど、それを超える面白さがあった。
サスペンス、スリル、SFっぽいのが好きなので、そういう展開になって嬉しかった。
最後は、あれじゃない方が余韻は残ったかもしれないけど、あれはあれで良かった。
RADWINPSの曲は、「おしゃかしゃま」しか買ったことなかったけど、この映画で使われた何曲かは久々に買いたいと思える曲だった。
たぬき野郎さん [映画館(邦画)] 8点(2016-11-27 15:34:24)
61.《ネタバレ》 鑑賞したのはひと月ほど前。平日の昼間にも拘わらず、けっこうな入場者数に驚きました。鑑賞後は今年を代表する邦画作品であることを納得しました。作品レベルと迎合性のバランスと云う意味です。
予備知識ナシで観に行きました。男女の中身入れ替わりはかなりやり尽くされている設定。なので、冒頭で期待感が萎んだのは確かです。でも、その後に?がたくさん浮かぶ展開となり、?を消化しながら最後はこの監督らしくまとめた。そんな感想です。
東京 ⇔ 飛騨、物語の現在 ⇔ 3年前 ⇔ 現代。若い男女の間に「時間」と「距離」を設定し、それでストーリーを作る。時間と距離は恋愛を彩る重要なファクターですが、新海監督はアニメでそのテーマに取り組み続けている稀有な方です。しつこいくらいw 本作の時空の隔たりはSFと云うよりミステリーとファンタジーの要素が強く、目的はやはり情の高揚にリンクさせること。突っ込みどころを抱きながらも、それなりに高揚させてもらいましたから及第です。それと、いつも通り空の描写が素晴らしかった。広さ、奥行き、色彩。惚れぼれするほど上手ですね。
ティーンのありふれた感情を描くために相当に極端なことをやっていて、それがこの監督の確固とした個性である、と以前「ほしのこえ」のレビューに書きました。本作でも「極端」は相変わらずで、SF設定としては甘々だと思います。中身が入れ替わってもカレンダーくらいは見るだろう。でも、災害回避の大義をストーリーの中核に据えたことで、個性を維持したままマスターベーション感が和らぎました。それが多くに受容された大きな理由だと思います。青春ラブストーリーSFアニメ。私がもう少し若かったらもっと感激していたでしょうが、そこそこ年配でも楽しませてもらいましたよ。
アンドレ・タカシさん [映画館(邦画)] 7点(2016-11-27 15:25:40)
60.音楽と映像が大変よかったのでおまけの6点です。
BGMが素敵で、映画館でみてよかったです。
恋愛にあまり興味のない、ストーリーにこだわる映画通の方にはおススメしません。
思春期の心に戻れる大人ならおススメです。
中学生や高校生の初デートの映画鑑賞なら最適だと思います。
まっかさん [映画館(邦画)] 6点(2016-11-27 09:23:48)
59. なかなかおもしろかったですけど、そんなに絶賛されるほどではないかと思います。
 ひとつだけ苦言を呈します。それは劇中何度もかかるJ-POPです。はじめは青春っぽさを演出しているんだろうなと思いました。歌詞も作品の世界観を表現しているような感じで、楽曲そのものもそんなに悪くはなかったです。
 しかし、劇中に流れる頻度が多くて、申し訳ないですが、くどいなと感じるようになってきました。それもギターリフとかが、けたたましくて、正直うるさく、スクリーンに展開されているドラマをじっくり堪能したいのに、それが音楽によって、そがれてしまったのは事実です。ここぞというところで効果的に流してくれれば、より映像とマッチして、感動を助長してくれたのでないかと思います。でも、監督さんがこういうBGMの使い方をして、この音楽をこのタイミングで聴きなさいということで、作品を仕上げたのですから、私たちはそれを甘んじて鑑賞するしかないのです。
 1人で鑑賞に来ていた隣の30代くらいの女性は、映画に感動して途中で鼻をすすりながら泣いていました。ちなみに私はシニア割引で観れるのがうれしい1950年代生まれです。最後に、音楽を提供したJ-POP楽団のファンの方たちに謝罪申し上げます。あまり評価しなくてすみませんでした。
大通り・ヘップバーンさん [映画館(邦画)] 6点(2016-11-24 12:09:47)(良:2票)
58.《ネタバレ》 ただ若い男の子と女の子が入れ替わってラブラブやって、そこにきれいな映像が乗っかってるだけなら、ベートーベンの第九に「夢をあきらめないで。あなたを愛してるわ〜」なんて歌詞をつけたような作品になってしまっただろう。しかし新海監督はただきれいな映像を撮るだけの男ではなかった。人間と町、その土台となる文化と価値観、そういったものをきちんと細部まで描き、ストーリーが映像の単なる付属物ではなく、相乗効果と説得力を生み出す土台としてきちんと機能させている。口噛み酒、組紐、そしておんぶされたおばあちゃんの語りのシーンを観て「あ、この映画は大丈夫だ」と思った。人や物に対する新海監督の優しい想いのようなものが垣間見えた瞬間でもあった。
圧巻だったのは彗星が町へと墜落するまでの一連の流れだ。本来なら町を救えるのか?というシリアスな局面であり、不安でドキドキするところなのだが、美しく壮大な映像をRADWINPSのイヤーン!ステキ!な曲にのせて、トキメキドキドキへと変えてしまった(一応断っておくけれど私はRADWIMPSのファンではございません)。町を壊し、好きな人を死に追いやる彗星すら容赦なく感動的で美しいものにしてしまう、これぞ新海マジックだ。全くもって憎らしい限りである。
私ももう30オーバーのおっさんであるが、中高生のときに観てしまったら鑑賞後はさぞかし妄想・・いや感動で胸がいっぱいになったにちがいない。次回作は果たしてどうなるのか今から楽しみである。

ところであいつら、いつお互いを好きになったのか?まあいいか。
ばかぽんさん [DVD(字幕)] 8点(2016-11-23 09:06:57)
57.《ネタバレ》 阪神淡路大震災、東日本大震災という大災厄を前にしながらその当事者ではなかった私のような人間が持つ、3つの「思い」。いやそれは、大災厄に限られる訳ではなく、凶悪な殺人事件のニュースを目にして何ともやり切れない気持ちになった時にも持つ「思い」なのだけど。いずれにせよ、その3つの「思い」が、この作品にも色濃く反映されているのを感じます。
1つ目の「思い」とは・・・死んでいった人たちの無念や苦しさは如何ばかりか、と、つい想像してしまうこと。もし自分がその死んでいったひと本人であったなら、と。到底、生きている自分には想像などし切れないにも関わらず、ただ感じる、息苦しい思い。この作品の物語では、ズバリ、実際に他人に成り代わってしまうという設定が用いられ、しかも主人公のひとり(男)は、成り代わりえたもうひとりがすでに死んでいるという事実を突きつけられる。他人の死を自分事として認識することすらもできたはずの自分、にもかかわらず、そのチャンスは失われ、すべてはもう終わっていた、という事実。その虚しさ。
2つ目は・・・すでに終わってしまった、もはや取返しがつかない事であるのがわかっていながら、つい、本当にもうどうにもならないのか、何とかなるんじゃないのか、と考えてしまうこと。この作品は、ファンタジーとして敢えてそこに夢を紡いで見せる。本来ならばあり得ない、最後のチャンスを。
そして3つ目は・・・そのように悲しみや憤りを感じていたにも関わらず、結局は、過去のこととして忘却していってしまう自分に、気づくこと。この3つ目の点にまで踏み込んだ本作だからこそ、我々の胸に痛切に迫ってくるものがあります。
作品を通じて、どのようにあの震災と向き合うか、多くのクリエイターたちが悩み、苦しみ、格闘してきたんだと思いますが、震災への「思い」にまで真摯に踏み込んでみせた本作、しっかり感動させていただきました。
鱗歌さん [映画館(邦画)] 8点(2016-11-21 22:28:20)(良:3票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 156人
平均点数 6.95点
000.00%
110.64%
221.28%
342.56%
485.13%
5138.33%
62616.67%
73925.00%
83522.44%
91912.18%
1095.77%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.16点 Review12人
2 ストーリー評価 7.36点 Review19人
3 鑑賞後の後味 7.55点 Review20人
4 音楽評価 7.52点 Review19人
5 感泣評価 5.80点 Review15人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS