Menu
 >
 >
 > ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

Rogue One: A Star Wars Story
2016年【米】 上映時間:133分
平均点: / 10(Review 65人) (点数分布表示)
アクションSFアドベンチャーファンタジー戦争ものシリーズもの
[ローグワンスターウォーズストーリー]
新規登録(2016-05-03)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-05-14)【Hb.tbhjbj】さん
公開開始日(2016-12-16
公開終了日(2017-04-27)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ギャレス・エドワーズ〔監督〕
キャストフェリシティ・ジョーンズ〔女優・1983年生〕(女優)ジン・アーソ
ディエゴ・ルナ(男優)キャシアン・アンドー
ベン・メンデルソーン(男優)オーソン・クレニック
ドニー・イェン(男優)チアルート・イムウェ
チアン・ウェン(男優)ベイズ・マルバス
フォレスト・ウィテカー(男優)ソウ・ゲレラ
マッツ・ミケルセン(男優)ゲイレン・アーソ
アラン・テュディック(男優)K-2SO
リズ・アーメッド(男優)ボーディー・ルック
ジェームズ・アール・ジョーンズダース・ベイダー
加瀬康之キャシアン・アンドー(日本語吹き替え版)
三上哲[声優]オーソン・クレニック(日本語吹き替え版)
根本泰彦チアルート・イムウェ(日本語吹き替え版)
立木文彦ソウ・ゲレラ(日本語吹き替え版)
てらそままさきベイル・オーガナ(日本語吹き替え版)
さとうあいモン・モスマ(日本語吹き替え版)
楠大典ダース・ベイダー(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしC-3PO(日本語吹き替え版)
田中正彦ゲイレン・アーソ(日本語吹き替え版)
樋浦勉ラダス提督(日本語吹き替え版)
林真里花ライラ・アーソ(日本語吹き替え版)
伊藤和晃モフ・ターキン(アーカイブ映像・CG)(日本語吹き替え版)
出演ピーター・カッシングモフ・ターキン(アーカイブ映像・CG)
キャリー・フィッシャーレイア・オーガナ(アーカイブ映像・CG)
原作ジョージ・ルーカス(キャラクター創造)
音楽マイケル・ジアッキノ
ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](テーマ音楽)
製作キャスリーン・ケネディ
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
字幕翻訳林完治
スーツアクターアンソニー・ダニエルズC-3PO
あらすじ
遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・。時代はエピソードⅣの少し前。帝国軍はデス・スターの完成を急ぐため、逃亡した開発の中心となった科学者ゲイレン・アーソを探し出し連れ戻す。妻が殺されたが娘のジンは難を逃れる。ジンはやがて反乱軍の戦士となるが、その反乱軍も一枚岩ではなかった。デス・スターが完成間近となるが、ゲイレンはその弱点を逃亡したパイロットに託す。だが、攻撃するにはデス・スターの設計図が必要だった。反乱軍は、ジンやはぐれ者で構成するチーム「ローグ・ワン」に設計図の強奪を託す。ローグ・ワンは設計図を手に入れて「新たなる希望」へつなげることが出来るのか・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
65.《ネタバレ》 スター・ウォーズという映画が初めて登場した時の衝撃は何と言ってもその映像。脳内補完力が高かった当時の人間(笑)にとって補完を必要としない、さらにその上を行く現実感のあるSFというのは「神が地上に降りてきた」がごとき衝撃だったのだ。その意味でこの映画が素晴らしいのはリアリティを進化させていること。特に大破壊の表現が素晴らしい。かつてのSFがちまちましていたのは技術のなさというより想像力と、それの元になる知識がなかったからだ。

シリーズ初となる東洋人キャストはどうなのかと思っていたが、これが良かった。スター・ウォーズというのは過去の物語であって、つまり純粋なSFではなくファンタジーだ。だからEP4のイギリス訛りの白人ばかり+エイリアンという人種構成も成り立つ。なので回を重ねるごとにちょこっと黒人キャストが出てくるのが変な感じだった。東洋人もいれば「単にいろんなヒューマノイドがいる」という世界観が成り立つ。やっと。

個人的に残念だったのはダース・ベイダーの動きが軽いこと。ベイダーは普通に立って歩くだけでも怖い。なのにいかにも悪そうな台詞回しやヤクザが威嚇しているようなガチャガチャとした歩き方、フォースなんかなくてもおれは強いぃ―と主張するかのような軽快な殺陣は興ざめだった。

この映画の凄さは惑星規模のスケール感を表現しきったことだろう。惑星に薄く張り付くような大気、気の遠くなるような遠景、地球にはない絶景、信じられない超巨大建物、そのサイズ感が映像で出現した。これがSF映画としてのスター・ウォーズの意義だ。そこに役者がちゃんと演技してくれれば、もうそれでいいんだよ。だからスター・デストロイヤーがおもちゃっぽく見えてはいけない。

結果的にはドニー・イェンが大方を持っていってしまったが、しかし冷静に思い起こすとあのキャラ本当に要るか?いやそういうのが大活躍するのもスター・ウォーズ・・・。
tubirdさん [映画館(字幕)] 8点(2017-05-28 01:02:32)★《更新》★
64.《ネタバレ》 何で今時、スターウォーズのスピンオフを作っているんだよ。EP7公開に便乗しているのだろうが、金儲けバリバリ臭が感じられる。映像的には悪くないが、一度見ただけでは何だか分かりにくい。登場人物の掘り下げの浅さや、ストーリー構成展開の悪さ等、あまり引き込まれん。最後でようやく見せたいものを見せたようだが、この映画の監督は、ゴジラ(2014年)と同じで、見せ方が悪く、しかも、どうりで最後まで引っ張るわけだ。この盛り上がり寸止め野郎は、もったいぶりなケチな野郎だぜ。
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 4点(2017-05-27 20:16:26)★《更新》★
63.《ネタバレ》 国際線の機内映画で視聴しました。
エピソードIVへと繋がる時系列のストーリーなのですが、とても面白かったです。
アメリカ議会にまでネタにされた「一人乗りの戦闘機に破壊される巨大兵器」の矛盾を補完する設定に感心しました。
闇の中に現れる赤いライトセイバー、から始まるダースベイダーの戦闘シーンも素晴らしかったです。恐怖と絶望の象徴として存在感を放っていました。
大義のために死ぬ事を美しいと感じるのは日本人だけかと思っていましたが、そうではなかったようですね。
alianさん [ビデオ(字幕)] 8点(2017-05-21 18:00:01)
62.《ネタバレ》 スターウォーズのイメージを二字熟語で表せば「快活」とか「爽快」である。

それに対しローグワンは暗く、重く、そして最後は全員死亡って、シェイクスピアの「ハムレット」か。

スターウォーズはそっち路線ではない。

EP3ではアナキンがダークサイドに堕ちてしまったので、ある意味悲劇だが、死んでないし、それに悪役誕生というある意味物語展開上、必要な悲劇要素だった。

アミダラ姫は死んだが、2人の重要キャラを産み、自ら名づけたあとの昇天であるがゆえ、それは安らかな死でもあった。

それに対してローグワンでの登場人物全員死亡は、救いがない。

当然、新キャラはEP4にはいないので、いたら困る、だから殺してしまえ、それは分かる。

だが、そんなことをしてまで、むりやり3と5の間の話をこねくりまわす絶対的必要性があったのかどうかと、どう考えてもスターウォーズブランドに乗っかりたい気持ちと、EP6で終わったあとにEP7で寝た子を起こすようなことをしたうえに失敗までしたので、だったら安全圏の3と4の間の話ならどうよという、調子のよすぎる動機しか見当たらない。

スターウォーズ1~6までを愛するものとしては、ローグワンの背景に見えるご都合主義は、ルーカスの一連のシリーズに対する侮辱にしか思えず、エンドロールをうつろな目で眺めながら嫌悪感しか沸かなかった。


こんなふうに主要人物がひとり死に、二人死に・・・と、どんどん死んでいく展開は、どっかの山奥の山荘で殺人鬼に追われて一人死に、二人死に・・・っていうB級ホラー映画にしか思えない。
フィンセントさん [映画館(字幕)] 1点(2017-05-16 11:30:17)(良:3票)
61.《ネタバレ》 もともとスターウォーズは冒険活劇っぽくてあまり好きになれませんでした。そもそもEP4~6はかなり映像が古いし、EP1~3はCG色が強く物理法則を無視したようにクルクル飛んだり跳ねたりで萎えるし、、話題になったEP7はまるでEP4の焼き増し感満載でチョット残念だったし・・。 EP4~6の準世代ではありますが、なかなかシックリくるスターウォーズに出会えなかったのが正直なところでした。(かえってアニメシリーズのほうが自然で良かったりして) しかし!! 今回は最高に良かったです!

ローグ・ワンはシリアス路線&中途半端にジェダイが出なかったもかえって良かったと思います。皆さんもお書きになっていますがK2の活躍も素晴らしく、グッバイで不覚にもウルウル。またラストの抱き合うシーンも吹き飛ばされるのではなく、光に包まれて終るというセンスがとても良かったです。フォース風のカンフー(ドニー・イェン&チアン・ウェン)の活躍もリアル志向をより高めていて相乗効果があったと思います。

ネタバレしますがCGで完璧な姿で登場した若きレイア姫&ターキンも素晴らしいし、Xウィングの人々のCG補完も良いです。そしてやはりなんといってもダース・ベイダー!!ベイダーのセーバー戦もオーソドックスでシブいシーンに仕上がっています。(マントがはためいているとか動きが遅いとか早すぎるとかいろいろ言われていますが、そのへんは華麗にスルーしたい) 私にとっては初めて手放しで喜べるパーフェクトなスターウォーズでした!!(テーマソング&オープニングスクロールがあればパーフェクトの二乗でしたが)
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2017-05-08 18:07:02)
60.《ネタバレ》 シリーズは一通り見てる程度です。

結末(登場人物達の末路含め)が分かっているところへ進んでいく雰囲気は『HALO:Reach』と言うゲームににた感覚を覚えた。
しかし、そちらと比べ登場人物の動機が弱く、主人公やヒロインはともかく、ゴッツイ銃のおっさんはなんで付いてきたのか分からず死んだり、パイロットの人も反乱に至る過程が一切描かれていないため感情移入しにくい。
正直後半の戦闘シーンも目新しさは無くマンネリ感が強く、ダースベーダー登場シーンも、そこまで思い入れがない私としては別段感動も無かった。

そして本作最大の欠点としては、ライトセイバー戦が無いところ。
てっきり盲目の人が実はジェダイで、座頭一よろしく、杖の中に仕込んでいたライトセイバーを使って最後の戦いを繰り広げると思っていたら、なんか普通に爆発に巻き込まれて退場と、これまでの思わせ振りな演出をスルーして興醒め。
つか、個人的に一番SWに期待しているのが『今作はどんなライトセイバー戦が見れるのか』と言う部分なので、それが無いのは大減点。
ムランさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2017-05-06 10:00:48)
59.《ネタバレ》 キャストがみんな魅力あってよかったです。ベイダー登場かっこよすぎ。
osamuraiさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2017-05-05 20:07:05)
58.《ネタバレ》 「フォースの覚醒」がイマイチだっただけに、SW関連の新作は期待薄だったものの、見事に楽しめた。
エピソードⅢとⅣの接続作として違和感なく、主人公がデス・スター開発者の娘いう目線が絶妙。
序盤は退屈だったものの、中盤以降はのめり込んだ。
オリジナリティとしては、盲目の戦士が目立っていて戦闘シーンに惹かれた。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-04-28 22:14:06)
57.《ネタバレ》 その昔、ブルース・リーの遺作「死亡遊戯」をしてラスト10分の映画だとする評価に納得したことを思い出した。SWシリーズに流れる冒険活劇のエンターテイメント要素が薄いこの作品にあって、そこに不満を持つ頭の固いオールドファンであっても、ラストに用意された「新たなる希望」へ繋がる10分間には思わず魂がくすぐられたに違いない。そう、そういう意味ではこの作品もラスト10分間の映画と評されても私はあえて反発はしない。あの映画史を変えたエピソードⅣに感激しSWマニアになった者であっても、その感激の中身は決して同じではないのだ。ましてや映画人となるほどの感性を持った者は独自のSW感を持ち、幸運にも夢の監督に抜擢されれば、最大限自分の世界を追求するだろう。例えるなら、これはという美味しいお酒に巡り合っても、1合で満足する者もいれば一升でも足りない者がいるように(何か違う)。と、とにかく監督のギャレス・エドワーズの感激の質はこういうものだ。まあ、シリーズの主流作品監督ではなくとも、盲腸みたいなはぐれ作品でも満足だというように(これも違う)。とにかく、そういうことなのだ(どういうこと?)。
パセリセージさん [映画館(字幕)] 10点(2017-04-13 22:38:24)(良:1票)
56.正直、飛行機の小さな画面で見たためか、スピンオフだからかそこまで面白いと思いませんでした。
スターウォーズはもちろん、全作みていて、スターウォーズは好きなのですが、
何だろう、やっぱりスピンオフということで、イウォーク・アドベンチャーをみているような、
スターウォーズの設定を使っているだけで、別物というか、やっぱり、ルークやハンソロが活躍しないと
何となく物足りなさを感じてしまいます。
アクションや、戦闘シーンも良くできているんですけどね。
所詮知らない人たちが活躍してもという感じですか。
メージャーリーグ3的な、チャーリーシーンが出てこなきゃやっぱり別物だよねという感じです。
現時点で、7点以上という評価の高さは、ファンしか見ていないからという気がします。
シネマファン55号さん [インターネット(吹替)] 5点(2017-04-09 02:42:35)
55.《ネタバレ》 ダメなところ
・冒頭のジンのママが殺され、パパが拉致されるシーンが後にセリフで語られるので必要ない。しかも退屈。
・チアルート・イムウェが登場する辺りまでとにかくダレる。
・ローグ・ワンはジンとK-2SOとチアルート・イムウェ以外まるでキャラが立っていない。
・オーソン・クレニックがただのオッサン中間管理職でまったく悪役の魅力が感じられない。
・ダース・ベイダーが顔見せていどであまり活躍しない。
致命的と言ってもいいくらいの欠点である。
ガッカリだ!
俺は、はみ出し者の集まりローグ・ワンがデス・スターの設計図奪取のため、『ミッション:インポッシブル』シリーズのように互いの特技を活かし、時には自らを犠牲にしたり、支え合いながら、チームプレイでダース・ベイダーを何度も追い詰めるが、今一歩のところで敗れ、一人また一人と散っていく、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』、『エイリアン2』、『十三人の刺客』などのような戦士たちの熱い死にざまを観たかった。
ジンとアンドーがまるで恋人同士のように見詰め合いながら惑星の爆発に飲み込まれていく最期などもってのほかだ。
ガブ:ポッシブルさん [映画館(吹替)] 6点(2017-04-07 20:45:33)
54.《ネタバレ》 これは、スター・ウォーズ史上最もシリアスな物語。

多くは語りませんが、トリロジーファンには満足のいく【Episode 3.9】でした。
ギャレス.E、GODZILLAの10倍いい仕事してる!!(再撮影も多かったようですが…笑)

映画だけでスター・ウォーズを知っている人に1つだけ書いておきます。
デス・スターのコアアイテムとして登場する《カイバークリスタル》は、ライトセイバーのコアパーツでもあります。
善と悪の表裏一体性はフォースの概念にも通じていて、スター・ウォーズの真のテーマでもあり
オリジナルトリロジー、プリクエルと、ローグ・ワンが同じテーマで貫かれている証拠だと思いました。

《注意。以下は具体的なネタバレです!》
今作のVFXは実物大のセット以外、ほぼ全てCGだと思われますが・・・
・何故かデス・スターをアップで中央から上に舐め上げるシーンでカメラが歪(いびつ)に動く
・ファンサービス的にEpi.4のキャラが数多登場
・激似の帝国軍総督様とラストの姫はパフォーマンスキャプチャー+CGI(マズ・カナタ式)と思われる
・レッドリーダーとゴールドリーダーは、Epi.4当時の映像を再利用していると思われる

後半のローグ・ワンの戦いを見て既視感を覚えた。1978年公開の劇場版アニメ「宇宙戦艦ヤマト - 愛の戦士たち」だ。
・強大な敵に、反乱者の汚名を背負ってたった一隻で出撃する勇者たち
・無敵の破壊要塞基地のピンポイントな弱点と、それを伝える伝説的な内通者
・鉄壁の防御を誇る要塞都市のゲートを巡る空中戦。特攻的な犠牲もありゲートを突破し突入する戦闘機隊
・少数の潜入チームの劇的活躍と友情と死。
・ロボットの自己犠牲(※実写版)
・強大な悪に対する反撃=主人公の犠牲=死と引換の希望と勝利
「宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士たち」は、製作中の1977年に全米公開された2つのSF映画に多大な影響を受けていた。
スピルバーグの「未知との遭遇」とルーカスの「スター・ウォーズ」だ。
ギャレス監督やライターがオマージュしたかどうかは不明だが、具体的な類似点がとても多いのは興味深い。
さらばヤマトも、来年「宇宙戦艦ヤマト2202」としてリメイク版が公開される予定。
墨石亜乱さん [映画館(吹替)] 7点(2017-03-26 16:23:29)(良:2票)
53.《ネタバレ》 ダースベイダーのかっこいい戦闘シーンが個人的に一番の見どころでした。エピソード4との繋がりも上手く描けているし、悪い映画ではないんだと思いますが、いかんせん面白さを感じるまで、特に序盤がきつかったです。あと、色んな方がご指摘されている通り、SWにカンフーアクションは不要だと思います。
なすさん [映画館(字幕)] 6点(2017-02-13 23:33:43)
52.ラストのダースベーダーのシーンは鳥肌。

SW本編以外で一番おもしろい。

エピソード4を予習しとくと楽しさ倍増します。
fujicccooさん [映画館(吹替)] 6点(2017-02-02 15:06:45)
51.《ネタバレ》 いつもなら延々とあらすじを流す(ジョージ・ルーカスが好きな「フラッシュ・ゴードン」の連続活劇よろしく)「スター・ウォーズ」シリーズだが、本作は一気に本編へ雪崩れ込む。

「帝国の逆襲」を思わせる撮影・圧倒的劣勢の中で抵抗を続ける人々、そして「新たなる希望」のデス・スターによって“星屑(スターダスト)”になってしまった名も無き人々の戦い。
彼等は何を成し、何を残したのか。そこには深遠で無数に輝く星々の如く物語が存在するのだろう。

空から降りて来るもの、その下に拡がる大地を懸命に走り続ける少女の表情が物語る恐怖。
両親から託される意志、草むらから見てしまったもの、走り続けた先で遭遇する“扉”。

この映画はひたすら「扉」といった障害物に遭遇する。時にこじ開け、守るために閉ざし、吹き飛ばし、身を挺して「何か」を託して託して託し続ける。

「何か」を心の支えにし、繰り返し唱え、眼に見えない反旗を掲げ続け、己や仲間を鼓舞して何十年と戦ってきた。それがフォースであれ何であれ。
盲目のはずの男は音と気配・経験で敵の位置を知り、棍棒でブチのめしまくり戦闘機を撃墜までしてしまうのだ(つうかドニー・イェン強すぎ)。敵のドロイドでさえプログラムを変えれば心強い味方になってくれる。

出だしの単調さを吹き飛ばすドニー・イェン&チアン・ウェンの愛すべきおっさんコンビの無双振りよ!それが…ああ無情。


その「何か」は同じ叛乱を志す者たちに亀裂も生じさせる。
ある者は命の恩人をシャベルで殴りつけてしまうほど疑い深くなり、或る者は住民ごと爆弾で吹き飛ばすくらい苛烈に憎悪を燃やし、いがみ合い、疑心にかられ、何も信じられなくなり、すれ違い、味方にすら銃口を向け、「再会」を敵の基地ごと吹き飛ばしてしまう複雑な思い。

「何か」を失い続ける連戦、キリのない戦いと逃走の繰り返し、追い詰められていく戦況。

それでも、わずかでも希望があるなら、戦士たちは鹵獲した船に乗り込み敵の懐へと飛び込んでいくのだ!
何も言わずに武装し乗り込んで行く漢たち女たち義勇軍の雄姿。出会ったばかりで名前もよく知らない、知る間もなく別れることになろうとも。
突入間近で「何も成せなかったらどうする」と後悔するような、死の恐怖を示す表情。
それを勇気づけ突き動かす「何か」。自分たちがやらなきゃ他に誰がやる?どうせ敵のど真ん中、逃げ場はない、進むしかないなら死んでも未来に繋げてやらあっ!

すれ違いが引き起こす混乱・混沌、猛烈な爆炎、銃撃、戦闘機が飛び交い戦艦が激突・爆散し兵士たちの屍と瓦礫で埋まり真っ黒に染まる戦場!兵士は消耗品だと言わんばかりに次から次に死んでいく。

その死闘を嘲笑うように、地平線から姿を現すデス・スターの圧倒的絶望感。暗闇から鉛色のシルエットが浮かび上がる瞬間といい、こんなにもデス・スターを恐ろしいと思ったことはない。普段はあんなザル警備なのに…

ギャレス・エドワーズの照射とメッセージを交互に映す演出はじれったすぎて「またあの「GODZILLA ゴジラ」のクソ演出を繰り返すつもりか」とうんざりしていたが、トニー・ギルロイはそれをあえて繰り返すことでクライマックスの虚しさを引き立ててくれる。
一撃が炸裂する刹那、もうどうしようもない、成す術もなく、抱きしめ合い身を任すことしか出来ない姿の…。

それに追い打ちをかけるように、未来へ飛ぼうとする人々を粉々に打ち砕くダース・ベイダーの来襲!白い光が黒いシルエットを際立たせ、扉をこじ開け、真っ赤な閃光を奔らせ薙ぎ払い迫り来る恐怖の権化。この容赦の無さこそベイダーよ!

そんな状況でも扉の向こうへ託そうと抗い続ける散り様、それを受け継いだ者たちが次の「スター・ウォーズ」を語り続ける。名も無きものたちの闘いを忘れない、無駄にしないために。
すかあふえいすさん [映画館(字幕)] 9点(2017-02-02 04:39:09)(良:1票)
50.《ネタバレ》 「シスの復讐」と「新たなる希望」の間に起きたデス・スターの設計図をめぐる攻防を描いたスピンオフ映画。この二本を見ていれば見られる内容にはなっているが、ファンが思い描いていた部分の映像化ということで少し制作側の商売根性たくましさを感じてしまう。でも実際に見てみるとそこまでつまらない映画ではないし、終盤はけっこう盛り上がる。(「新たなる希望」を見ていると結果が先に分かってしまっていて、その分、ドキドキ感はないのだが。)ただ、シリーズのコアなファン向けという印象は確かにあって、自分のようなそこまでこのシリーズに入れ込んでいない人には少しついていきづらい映画かもしれない。無事設計図を手に入れそれを送信したものの、作戦に関わったメンバーは全員死亡するという決してハッピーエンドではない結末が仕方がないとはいえ、少し後味の悪さを感じる。でも、「新たなる希望」へのつなぎ方は見事で、いちばん最後のシーンに出てくる若きレイアを見てまた「新たなる希望」が見たくなった。この若きレイアはCGによる再現なのだが、もう一人CGで再現されているモフ・ターキンがカメオ出演レベルの出番ではなく、最初のほうから最後のほうまでがっつりと出ていたのにはびっくり。
イニシャルKさん [映画館(字幕)] 6点(2017-01-30 20:04:10)
49.《ネタバレ》 ビーチで Xウィングとタイファイターがドッグファイトしてる!!最後の戦闘シーンは熱くなった。見終わった後の感想は、宇宙の八犬伝だね。
センブリーヌさん [映画館(邦画)] 7点(2017-01-29 22:01:41)
48.《ネタバレ》 話を深く知りたいファンにはたまらないんでしょう。
自分はそこまでディープなファンではないので、ヘェ〜ってな感じで見てましたが。
仕方がないことですが、登場人物ほとんど死んじゃうのはやるせない。
おとばんさん [映画館(吹替)] 7点(2017-01-29 21:54:41)
47.《ネタバレ》 率直に言って、筋金入りのSWファンには受けないだろうな、という感想です。とにかく暗い、救いがない、ジェダイがいない(笑)。でも本作は、Epi.Ⅳ有史以前に、悪しきデス・スターの設計図奪取のために命を懸けた者たち、すなわち死んだ者たちのエピソードと予めわかっていたこと。むしろ結末が読めていても最後まで一つも飽きずに鑑賞できたのは、これは新監督の手腕に脱帽せざるをえない。主演二人が穴に落ちそうになる場面など、レイア姫とルークが昔全く同じことやってましたし、オールドファンなら思わずニヤリとする場面の数々に、監督の旧作への敬愛も充分感じました。王道の娯楽映画でありつつ、SWのエピソードの一貫としていかにEpi.Ⅳにバトンを渡すか、監督はこの大役を見事に果たしたと思います。唯一残念なのは、主要キャストとダースベイダーの対峙(バトル)がなかったこと。ジェダイ抜きでいかにして戦うのか、個人的にはそれをかなり期待していたのだが・・。なおご存知のように、先日、C.フィッシャーというSWの歴史を彩った大きな存在が一つ、星に帰りました。その事実もあって、最後に懐かしいレイア姫の姿とその言葉を目の当たりにして、思い出したように唐突に感極まった。SWのスピンオフ映画とはかくあるべし、この後改めてEpi.Ⅳを観直したいと思う。レイア姫の姿に、そして"希望"という言葉に隠された壮絶な歴史を知った今では、冒頭から涙出そうでちょっと心配なのだが。
タケノコさん [映画館(字幕)] 8点(2017-01-20 21:33:49)(良:1票)
46.《ネタバレ》 冒頭、過剰説明でゴチャゴチャし過ぎ。色んな人が出てくるけどエピソードが薄いし印象に残らない。色んな星が出てくるけど特に意味はない。監督のギャレス・エドワーズは「GODZILLA」の時もそうだったけど、人物描写の掘り下げが下手。なので観ているこちらはキャラに感情移入も出来ないし、そのキャラが死んでもそんなに悲しくない。ただ、K2SOというドロイドはよかった。映画は全体的に暗めの話だけど、そんな中、コメディでいいアクセントになってくれていた。スター・ウォーズシリーズのいつものあのセリフ、「I've got a bad feeling about this.」が途中で遮られてしまうのはかわいそうだけどおもしろかった。
あと最後はうまくエピソード4に着地させたなぁと思った。
最後にもうひとつ。なぜモス・アイズリーの酒場でオビワンに腕を切られた奴を劇中に出そうと思ったのか。ちなみに名前はドクター・エヴァザンというらしい。
たろささん [映画館(字幕)] 8点(2017-01-19 01:52:52)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 65人
平均点数 7.25点
000.00%
111.54%
200.00%
311.54%
434.62%
523.08%
61320.00%
71320.00%
81726.15%
91015.38%
1057.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.16点 Review6人
2 ストーリー評価 7.25点 Review8人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review9人
4 音楽評価 7.50点 Review8人
5 感泣評価 7.42点 Review7人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS